ニュースレター登録

カード

モバイルSuicaを、「もっとお得に利用したい」と考えている人も多いのではないでしょうか。

モバイルSuicaを賢く利用するためには、モバイルSuicaと連携して得するクレジットカードを選ぶことが重要です。

ほとんどのクレジットカードがモバイルSuicaへのチャージに対応しているものの、実はチャージでポイントが付くクレジットカードは多くありません。そこで、この記事ではモバイルSuicaへのチャージでポイントが付くクレジットカードをまとめました。

それぞれのクレジットカードの特徴も紹介していますので、ぜひ自分に合った1枚を選ぶためにお役立てください。

\ 「オリジナル家計診断書」無料プレゼント /

無料診断する

モバイルSuicaのメリットやデメリットなど基本をおさらい

まずは、モバイルSuicaのメリットやデメリットなどの基本情報をおさらいしておきましょう。

発行方法 ・Suicaアプリ(iOS・Android)
・Wallet(iOS)
・Google Pay(Android)
・楽天ペイ(Android)
発行手数料 無料
還元率 ・JR東日本の鉄道利用:2.0%
・対象店でのSuica電子マネー利用:0.5%または1.0%
付与ポイント JRE POINT
チャージ方法 ・登録クレジットカードでチャージ・オートチャージ(ビューカードのみ)
・コンビニやイオンなどで現金チャージ
・JRE POINTからチャージ
・楽天ポイントからチャージ(楽天ペイのみ)
チャージ手数料 無料
残高上限 2万円

参照:JR東日本「モバイルSuica」

モバイルSuicaは、iPhoneやAndroid端末の各種アプリ上から無料で発行することができ、チャージは主にアプリに登録したクレジットカードで行います。

モバイルSuicaのメリットとデメリットを確認していきましょう。

メリット:利用範囲が広くJR東日本エリアではポイントも貯まる

モバイルSuicaは、コンビニなど交通系電子マネーが使えるお店や、電車やバスで利用できます。電子マネーだけではなく「切符」としての機能があるため、nanacoやWAONなどと比べて利用範囲が広いことがメリットといえるでしょう。

FeliCaポートがあればAmazonやYahoo!ショッピングなどのネットショッピングでも残高での支払いが可能です。

JR東日本エリアでの鉄道利用や対象店舗での利用はJRE POINTが貯まります。

デメリット:エリア外ではポイントが貯まりにくく残高上限は2万円

愛知県や福岡県、大阪府などはJR東日本エリアではないため、モバイルSuicaで鉄道を利用してもポイント付与の対象外です。また、モバイルSuica利用でポイントが貯まるお店は主にJR東日本グループのお店です。関東圏に住んでいない人はモバイルSuicaでポイントを貯めにくいといえるでしょう。

nanacoやWAON、楽天Edyは残高の上限が5万円である一方、モバイルSuicaは2万円と低めである点はデメリットとなるかもしれません。

モバイルSuicaと相性の良いクレジットカードの選び方

モバイルSuicaは利用範囲が広い一方で、関東圏に住んでいない人はポイントが貯まりにくいことを紹介しました。しかし、モバイルSuicaと相性の良いクレジットカードを選べば、エリアを問わず「チャージ」でクレジットカードのポイントを貯めることができます。

「モバイルSuicaをお得に利用したい」人に向けてモバイルSuicaと相性の良いクレジットカードの選び方を紹介しますので、1つずつ確認していきましょう。

選び方①年会費が無料

モバイルSuicaへのチャージに利用するクレジットカードは、年会費が無料のカードを選びましょう。クレジットカードの年会費が高ければ、その分だけお得度が減ってしまうからです。

現在では、マイル系カードなどを除くほとんどの一般カードが年会費無料または達成難易度の低い条件付き無料となっています。

選び方②モバイルSuicaへのチャージでポイントが貯まる

モバイルSuicaをお得に利用するための大前提ですが、実は多くのクレジットカードはモバイルSuicaへのチャージをポイントの付与対象外としています。

モバイルSuicaチャージをポイントの付与対象外としているカード例:

  • au PAYカード
  • 三井住友カード
  • JCB CARD W
  • dカード
  • MUFGカード
  • VIASOカード
  • ローソンPontaプラス

なお、楽天カードは少し特殊です。楽天カードからはポイント付与されませんが、一定の条件を満たせば楽天ペイからポイントが付与されます。

選び方③特典やポイントアップを受けやすい

モバイルSuicaへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードは複数ありますが、それぞれのカードで特典は異なります。

クレジットカードの特典とは、特定の店舗やサービスを利用すると割引優遇を受けられたり、ポイント還元率がアップしたりすることです。

例えば、ルミネカードはルミネで利用するといつでも5%の値引きを受けられます。ルミネを利用しない人だとスルーしてしまいますが、よく利用する人にとっては魅力的なカードです。

このように、クレジットカード選びの際は「特典を利用しやすいかどうか」を軸に選ぶと良いでしょう。クレジットカードの基本還元率が低くても、5%OFFやポイント2倍などの特典を多く利用するなら有力な選択肢となります。

選び方④貯まったポイントが使いやすい

ポイントがよく貯まるクレジットカードを選んでも、貯まったポイントが使いにくければ有効期限が切れてしまい無駄になってしまうことも

例えば、イオンカードは利用の都度200円につき1WAON POINT貯まりますが、電子マネーWAONにチャージしてもイオングループなどの対象店舗に用途が限定されます。イオン系列のお店を使わない人にとってはポイントを消費しにくいですが、イオングループの対象店舗を使う人にとってはWAON POINTを使用しやすいです。

楽天ポイントやPontaポイント、dポイント、Tポイントなどは自社グループ外の店舗でも利用できるため、どこでも使いやすいといえるでしょう。

クレジットカードを選ぶときは、ポイントが使いやすいかどうか検討することが重要です。

モバイルSuicaチャージがお得なクレジットカード8選【比較表】

クレジットカード ビックカメラSuicaカード JRE CARD ルミネカード エポスゴールドカード リクルートカード 楽天カード Orico Card THE POINT ライフカード
年会費 実質無料 2年目以降524円 2年目以降1,048円 条件付き無料 無料 無料 無料 無料
国際ブランド VisaJCB Visa VisaJCBMasterCard Visa MasterCardVISAJCB VisaMastercardJCBAmerican Express MastercardJCB MastercardJCBVisa
基本還元率 1.0% 0.5% 0.5% 0.5% 1.2% 1.0% 1.0% 0.5%
Suicaチャージ還元率 1.5% 1.5% 1.5% 1.5% 1.2% 0.5% 1.0% 0.5%

この記事の内容の他にも、「お金が貯まる29の知恵」を1冊にまとめました。
今ならLINE登録するだけで、無料でプレゼントしています。
この機会に是非一度LINE登録して、特典を今スグ受け取ってください。

【ビューカード編】モバイルSuicaチャージがお得なクレジットカードおすすめ3選

モバイルSuicaのチャージにおすすめするクレジットカードは、ビューカードです。ビューカードは提携発行カードを除き、モバイルSuicaを提供するJR東日本グループが発行します。

ビューカードは、「VIEWプラス」によってモバイルSuicaチャージ時の還元率は1.5%です。

「VIEWプラス」とは?

VIEWプラスとは、JR東日本のサービスをビューカードで利用すると、JREポイントの付与率が通常の0.5%よりもアップする特典です。

  • 「えきねっと」でJRきっぷを予約して決済:3.0%
  • 「モバイルSuica」でグリーン券を購入:3.0%
  • 「モバイルSuica」で定期券を購入:3.0%
  • 「モバイルSuica」にチャージ:1.5%

ここではビューカードを3種類紹介します。

ビックカメラSuicaカード:チャージ1.5%で通常利用も1.0%還元

年会費 実質無料
※初年度無料
※2年目以降524円
※前年1回以上の利用で無料
国際ブランド ・Visa
・JCB
基本還元率 1.0%
Suicaチャージ還元率 1.5%
付与ポイント ・ビックポイント
・JRE POINT
ポイント用途 ・ビックカメラ
・Suicaチャージ
・JRE POINT加盟店
・ルミネ商品券
・ビックポイント
・JALマイル
・JRキューポ

ビックカメラSuicaカードは、モバイルSuicaチャージ時に還元率1.5%となるビューカードです。普段のお買い物では1,000円につき5JRE POINTと5ビックポイントが貯まり、1pt=1円相当で利用できるため実質還元率は1.0%となります。

普段のお買い物で還元率1.0%となるのは、ビューカードのなかでこのカードしかありません。

  • モバイルSuicaチャージ1,000円:15JRE POINT(還元率1.5%)
  • 普段のお買い物1,000円:5JRE POINTと5ビックポイント(還元率1.0%)

さらに、ビューカードの年会費は通常524円以上(※)ですが、ビックカメラSuicaカードは「年1回の利用で翌年無料」です。

※「ビュー・スイカ」リボカードを除く。

ただし、普段のお買い物で貯まったビックポイントをモバイルSuicaにチャージする場合は「1ビックポイント=約0.67円分モバイルSuica」となるため注意しておきましょう。

JRE CARD:チャージ1.5%で通常0.5%だが駅ビルやルミネは3.5%還元

年会費 ・初年度無料
・2年目以降524円
国際ブランド Visa
基本還元率 0.5%
Suicaチャージ還元率 1.5%
付与ポイント JRE POINT
ポイント用途 ・Suicaチャージ
・JRE POINT加盟店
・ルミネ商品券

JRE CARDの基本還元率は0.5%ですが、ビューカードなのでモバイルSuicaへのチャージで還元率は1.5%となります。

ビックカメラSuicaカードと比較すると基本還元率で見劣りしますが、JRE CARDは駅ビル・ルミネ・ニュウマンなど(※)で利用すると還元率が約3.5%となる点が魅力的です。

※最新の対象店舗はホームページで確認してください。JRE CARD優待店では100円(税抜)につき3ポイント貯まるため、「約3.5%」と表記しています。

対象店舗をよく利用する人であれば、実質還元率が1.0%を超える高還元率カードとして利用できるでしょう。貯まったポイントはモバイルSuicaへのチャージに利用できます。

ルミネカード:チャージ1.5%で通常0.5%だがルミネは常時5%OFF

年会費 ・初年度無料
・2年目以降1,048円
国際ブランド ・Visa
・JCB
・MasterCard
基本還元率 0.5%
Suicaチャージ還元率 1.5%
付与ポイント JRE POINT
ポイント用途 ・Suicaチャージ
・JRE POINT加盟店
・ルミネ商品券

ルミネカードも基本還元率は0.5%、モバイルSuicaチャージ時は還元率1.5%となるビューカードです。他のビューカードにはないルミネカード独自の特典を紹介します。

  • ルミネ・ニュウマンの利用で、カード代金請求時に5%OFF
  • ルミネのネット通販「アイルミネ」でも5%OFF
  • ルミネ・ニュウマンで年に数回カード会員限定で10%OFFキャンペーンが実施
  • 「アイルミネ」の年間利用額に応じて1,000円から5,000円分のルミネ商品券

以上のように、ルミネカードはルミネ・ニュウマンで5%以上の得をするカードです。

例えば、ルミネ・ニュウマンのみ年間24万円利用した場合、請求時割引額は1.2万円で、1,140JRE POINT貯まります。さらに、年間利用額に応じた1,000円分のルミネ商品券をもらえます。

年会費は2年目以降1,048円ですが、これを考慮してもこの例では実質還元率5.455%です。ルミネカードは、ルミネ・ニュウマンをよく利用する人にとっては非常にお得なカードといえます。

なお、3,600JRE POINT以上貯めれば1pt=1円以上のレートでルミネ商品券と交換できます。

【ビューカード以外編】モバイルSuicaチャージがお得なクレジットカードおすすめ5選

これまでJR東日本グループが発行するビューカードを紹介してきましたが、ここからはビューカード以外のおすすめクレジットカードを紹介します。

エポスゴールドカード:チャージ1.5%で通常利用は0.5%だが実質還元率を上げやすい

年会費 ・招待の場合は永年無料
・年間50万円以上利用で翌年以降永年無料
・上記以外5,000円
国際ブランド Visa
基本還元率 0.5%
Suicaチャージ還元率 1.5%
付与ポイント エポスポイント
ポイント用途 ・エポスVisaプリペイドカードチャージ
・マルイショッピング割引
・Amazonギフト券
・tsumiki証券
・dポイント
・Pontaポイント
・ANAマイル
・JALマイル
・スターバックスカード
・ノジマスーパーポイント

エポスゴールドカードは基本還元率0.5%とそれほど高くないものの、「選べるポイントアップショップ」でモバイルSuicaチャージ時の還元率を1.5%にできます。

年間利用額に応じて最大1万円分のボーナスポイント、マルイやモディでの利用はポイント2倍(還元率1.0%)といった特徴もあります。ちなみに、エポスゴールド会員が丸井グループの株主になると、株主優待で年間2,000ポイント以上もらえます。

仮にモバイルSuicaチャージを年間24万円、通常利用年間76万円で合計100万円利用した場合、実質還元率は1.74%です。ポイントアップショップは3店舗まで選べるため、利用額の大きい順にショップを選ぶとさらに還元率が高くなるでしょう。

エポスカードは「利用の都度200円ごとに1ポイント」貯まるカードです。モバイルSuicaへのチャージは500円単位なので、500円チャージなら2ポイント、1,000円チャージなら5ポイントが貯まります。(選べるポイントアップショップ未指定の場合)無駄なくポイントを貯めるために、1,000円単位でチャージしましょう。

貯まったエポスポイントは、エポスVisaプリペイドカードに1ptから1pt単位でチャージでき、Visa加盟店で幅広く利用できます。その他、dポイントやPontaポイントなどにも交換可能です。

リクルートカード:月3万円までチャージ1.2%で通常利用も1.2%還元

年会費 無料
国際ブランド ・MasterCard(三菱UFJニコス)
・VISA(三菱UFJニコス)
・JCB
基本還元率 1.2%
Suicaチャージ還元率 1.2%
付与ポイント リクルートポイント
ポイント用途 ・dポイント即交換
・Pontaポイント即交換
・リクルートグループのサービス

リクルートカードは、2013年の発行当初から業界最高水準のポイント付与率を掲げている、基本還元率1.2%の高還元率カードです。楽天Edyを含む電子マネーチャージも月間3万円までポイント付与の対象となっています。

モバイルSuicaチャージ時の還元率は1.2%となり、1.5%のビューカードやエポスゴールドカードと比べるとやや落ちます。とはいえ、年会費無料にして基本還元率は1.2%、国内・海外旅行保険とショッピング保険が付帯するなど充実のスペックです。

ただし、ETCカードを発行する場合、国際ブランドがVisaまたはMastercardなら1,100円の発行手数料が発生します。手数料無料でETCカードを発行するならJCBを選びましょう。

貯まるポイントはリクルートポイントで、2021年5月からPontaポイントまたはdポイントに1pt以上1pt単位で即時交換できるようになりました。これにより、ポイントの利用範囲が大きく広がっています。

楽天カード:チャージ0.5%で通常利用も1.0%還元!楽天市場は3.0%以上

年会費 無料
国際ブランド ・Visa
・Mastercard
・JCB
・American Express
基本還元率 1.0%
Suicaチャージ還元率 0.5%
付与ポイント 楽天ポイント
ポイント用途 ・請求額充当
・楽天グループのサービス
※楽天証券におけるポイント投資を含む
・楽天ポイントが使える加盟店
・楽天ペイが使える加盟店
・楽天Edyチャージ
・楽天ペイのSuicaチャージ
・ANAマイル交換

楽天カードは、楽天グループの楽天カードが発行する基本還元率1.0%のクレジットカードです。楽天市場で利用すると、利用状況に応じて最低でも3%の還元率を達成できます。

  • 楽天市場の通常購入:1.0%
  • 楽天カード利用:1.0%
  • 楽天カード利用特典:+1.0%

このほかにも、楽天証券や楽天トラベルなど楽天のサービスを利用することで楽天市場のポイント倍率が上がるポイントアップ特典(SPU)があります。

楽天ペイに楽天カードを紐付けてSuicaにチャージすると、楽天ペイから(※)200円につき1ポイントの楽天ポイント(還元率0.5%)が付与されます。

  • iOS:チャージ月の2ヶ月後末頃までに付与(キャンペーンエントリーが必要)
  • Android:チャージの翌日に付与(エントリー不要)

※楽天カードはSuicaチャージをポイント付与の対象外としており、楽天ペイからポイントの還元が受けられます。

貯まったポイントでクレジットカードの代金を支払えますし、ポイントで投資をしたり、旅行に行けたりなど使いみちも豊富です。

ただし、楽天カードは一部の公共料金で還元率0.2%となる点には注意しておきましょう。ANAマイルを除き、他社ポイントへの交換もできません。

Orico Card THE POINT:チャージ1.0%で通常利用も1.0%還元

年会費 無料
国際ブランド ・Mastercard
・JCB
基本還元率 1.0%
Suicaチャージ還元率 1.0%
付与ポイント オリコポイント
ポイント用途 ・オリコプリペイドカードチャージ
・Amazonギフト券
・Edyギフト
・nanacoギフト
・WAONポイント
・Tポイント
・Pontaポイント
・ANAマイル
・JALマイル

通常のオリコカードは基本還元率0.5%ですが、Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)は基本還元率1.0%です。

ポイント特化型のカードであり、以下のような特徴を持っています。ただし、海外・国内旅行保険が付帯しません。場合によってはサブカードとしての利用を検討すると良いでしょう。

  • モバイルSuicaチャージで還元率1.0%
  • iDとQUICPayをダブル搭載
  • 入会後6ヶ月間はさらにポイント2倍の還元率2.0%(上限5,000ポイント)
  • オリコモールの利用でネットショッピングは常に還元率2.0%以上

貯まったポイントは500ptからオリコプリペイドカード(JCB・Visa)やAmazonギフト券、各種共通ポイントやマイルと交換できます。なお、2021年10月1日から楽天ポイントへの交換はできません。

ライフカード:チャージも通常利用も0.5%だが誕生月は1.5%

年会費 無料
国際ブランド ・Mastercard
・JCB
・Visa
基本還元率 0.5%
Suicaチャージ還元率 0.5%
付与ポイント LIFEサンクスポイント
ポイント用途 ・Vプリカギフト
・現金キャッシュバック(1pt=4.00~4.72円)
・Amazonギフト券
・dポイント
・Gポイント
・楽天ポイント
・ANAマイル

ライフカードは、「過去に延滞がある方」にもおすすめなどホームページで記載しており、独自の審査基準を持っています。基本還元率は0.5%で、モバイルSuicaチャージ時も同様です。

その他、以下のようなメリットがあります。

  • 入会後1年間はポイント1.5倍(0.75%)
  • 誕生月はポイント3.0倍(1.50%)
  • 年間50万円以上の利用で300ポイントプレゼント
  • 年間利用額に応じてポイント最大2倍(1.00%)

仮に年間50万円利用すると「スペシャルステージ」でポイント1.5倍となり、ボーナスポイントを含めると年間1,050ポイント貯まります。この場合、基本還元率0.5%に対し、実質還元率は1.05%です(※)。誕生月の利用割合を増やすことで、さらに高い実質還元率を目指せます。

※入会後1年間および誕生月のポイントアップは考慮していません。1pt=5円のレートでポイントを利用した場合の実質還元率を示しています。ポイントは、利用の都度100円ごとに0.1ポイント加算されます。月間合計利用金額が対象ではありません。

貯まったポイントはAmazonギフト券や各種共通ポイントに交換できます。また、現金キャッシュバックもありますが、交換レートが低くなる点は注意しておきましょう。

まとめ:モバイルSuicaと相性の良いクレジットカードから自分に合ったものを選びましょう

モバイルSuicaへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードを紹介してきました。

モバイルSuicaチャージ専用のカードとして利用するのであれば、チャージ還元率1.5%のビューカードがおすすめです。ビューカードのなかでどれを選ぶべきか迷ったら、年1回の利用で年会費が無料になるビックカメラSuicaカードを選ぶと良いでしょう。

JR東日本の電車やサービスを利用する機会が少ないなら、特典が魅力的なビューカード以外のクレジットカードもおすすめです。

  • 年間50万円以上利用する:エポスゴールドカード(チャージ1.5%~)
  • 普段のお買い物でも高還元率が良い:リクルートカード(チャージ1.2%)
  • ネットショッピングをよく利用する:Orico Card THE POINT(チャージ1.0%)
  • クレジットカードの入会審査が不安:ライフカード(チャージ0.5~1.0%)

その他、ぜひ本記事を参考にライフスタイルなどに応じて自分に合ったクレジットカードを選んでください。

\ 「オリジナル家計診断書」無料プレゼント /

無料診断する

CONTENTS 注目のコンテンツ

THIS WEEK’S RANKING 今週の記事ランキング