ニュースレター登録

車のガソリン代を抑えられるおすすめのクレジットカード10選!高還元率カードも紹介

車の維持費の負担は決して安くありません。誰もが「車の維持費の負担を抑えたい」と考えていることでしょう。

実は、車の維持費はクレジットカードで支払うことで負担を抑えることができます。特にガソリン代は石油会社系のクレジットカード(ガソリンカード)がお得です。

そこで、本記事では車のガソリン代負担を抑えられるおすすめのクレジットカードを紹介します。クレジットカードの選び方を理解して、ぜひ自分に合った1枚を選ぶために役立てください。

もしかして、「なかなかお金が貯まらない。。」とお悩みではないですか?
マネーコーチの家計診断では、FPに無料で診断してもらい、家計を診断・改善することができます。
今なら、家計状況をまとめたオリジナルの診断書をプレゼントしています。
お金のことで悩みがあるという方も、この機会に是非一度利用してみてください。

オリジナル家計診断書をプレゼント中

車ユーザーにおすすめのクレジットカードはどんなカード?

まず、車の維持費とクレジットカードの関係を見てみましょう。

車の維持費をクレジットカードで支払えるかどうか:

  • 車の購入費:一般的に不可能
  • 自賠責保険料と税金:一般的に不可能
  • 任意保険料:一般的に可能
  • メンテナンス代:一般的に可能
  • 燃料代:可能
  • 駐車場代:一般的に不可能
  • 高速道路代:ETCカードで可能

簡単にまとめると、任意保険料やメンテナンス代、燃料代、高速道路代(ETC)はクレジットカードで支払える維持費です。

クレジットカードは「一部のお店でお得になる」ことがあるため、よく利用するお店でお得なカードを選ぶことがおすすめです。本記事では、ガソリンスタンドや高速道路でお得に利用できるクレジットカードを紹介しています。

ガソリン以外のお買い物でもお得な高還元率カード

車ユーザーであっても、普段のお買い物でクレジットカードを利用するでしょう。そのため、一般に高還元率カードと呼ばれるクレジットカードは、車ユーザーにもおすすめです。

「あまり車に乗らないので給油の頻度は多くない」という人であれば、なおさら普段のお買い物でもお得な高還元率カードを選ぶと良いでしょう。

「ガソリン以外」で考えると、高速道路代(ETC代)のポイント還元率がアップする珍しいクレジットカードもあります。

高速道路代のポイント還元率が高くなるクレジットカード:

  • レクサスカード:1.5%から3.0%にアップ(※)
  • エポスゴールドカード:0.5%から1.5%にアップ
  • VIASOカード:0.5%から1.0%にアップ

※トヨタやレクサス販売店で新車を購入する場合の還元率

よく利用するガソリンスタンドでお得なガソリンカード

「ガソリン代が高い」と感じることは多々あるでしょう。そこで、車ユーザーにおすすめするカードが石油会社系のクレジットカードです。ガソリンカードと呼ばれることもあります。

ガソリンカードは、ガソリン代が値引きされることがある点が特徴的です。

ただ、ガソリンカードでなくても楽天カードやdカード、ビューカードなどが一部のガソリンスタンドでポイントがアップします。詳細は後述していますのでぜひ参考にしてください。

おすすめの自動車メーカー系クレジットカード2選

それでは車ユーザーにおすすめのクレジットカードを紹介します。最初に紹介するのは「自動車メーカー系」といえる2つのクレジットカードです。

レクサスカード:ETCやENEOS利用で魅力的な特典あり

年会費 22,000円
基本還元率(※1) 1.0%/1.5%
国際ブランド Visa
特典 ・ENEOS利用で請求時3.0%割引(※2)
・ENEOSでポイント1.5倍
・ETC利用でポイント2.0倍

※1:指定店舗での車検や商品購入時は1.0%、新車購入時等は1.5%
※2:年間200万円以上利用で5%割引

レクサスカードは、レクサス車オーナーのみ持てる特別なカードです。以降で紹介するクレジットカードとは一般・ゴールド・プラチナなどで区分されるランクが異なりますが、カーライフ特典が非常に魅力的です。

ENEOSでガソリン代をレクサスカードで支払うと、ガソリン代についてカード請求金額から3%割引きしてくれます。さらに、年間200万円以上利用すると5%OFFにアップする特典付きです。

ETC利用でもポイント2倍となるため、まさに車ユーザーにおすすめのクレジットカードといえます。

貯まったポイントは以下のお店で利用でき、新車購入やリース、住宅の購入なら1ポイント1.5円としてキャッシュバック可能です。中古車購入やリース、車検、商品購入は1ポイント1.0円でキャッシュバックできます。

  • レクサス販売店
  • トヨタ販売店
  • ダイハツ販売会社
  • 日野販売会社
  • ジェームス
  • モデリスタ

TS CUBIC CARD:ENEOSで実質2.25%還元

年会費 初年度無料
2年目以降1,375円
基本還元率(※) 1.0%/1.5%
国際ブランド JCB・Mastercard・Vsa
特典 ENEOSでポイント1.5倍

※指定店舗での車検や商品購入時は1.0%、新車購入時等は1.5%

レクサスカードの一般カード版ともいえるカードがTS CUBIC CARDです。ENEOSでの値引きやETC利用でポイントアップする特典はありませんが、ENEOSではポイントが1.5倍です。

後半で紹介するカードもENEOSで1.5%のポイントが付与されるものもあります。ただ、TS CUBIC CARDは新車購入時に1ポイント1.5円として利用できるため、新車購入を前提にすると他のカードよりもお得です。

仮にENEOSで5,000円分給油すると75ポイント貯まり、新車購入時には約113円で利用できます。このときの還元率は約2.24%です。

おすすめの石油会社系クレジットカード4選

次に、出光やENEOS、コスモ石油が(提携)発行するおすすめのクレジットカードを4つ紹介します。

apollostation card:出光興産系列で2円/L以上の値引き

年会費 無料
基本還元率 0.5%
国際ブランド American Express・JCB・Vsa・Mastercard
特典 ENEOSでポイント1.5倍

apollostation cardは出光とセゾンの提携発行カードで、旧称は「出光カードまいどプラス」です。出光は昭和シェルとブランドを統一し、新ブランド「apollostation」となっています。

出光興産系列(※)でガソリン・軽油が2円/L値引きされるカードであり、年会費550円の「ねびきプラス」に登録すると、月3万円以上のカード利用で1万円ごとに値引き額が1円上がります。

※出光興産系列とは、apollostation、出光、シェルのことを指します。

ねびきプラスは月間適用上限が150Lまたは100Lまでの2種類から選ぶことができ、150Lまでのサービスを選ぶとカード利用でポイントが貯まりません。

カードを月に8万円以上利用しない人にとっては値引き額は同じなので、ポイントがたまる100Lまでのコースがおすすめです。

月間ショッピング利用額 月間150Lまで<br>※ショッピングポイント0.0% 月間100Lまでコース<br>※ショッピングポイント0.5%
3万円未満 2円/L値引き
4万円未満 3円/L値引き
5万円未満 4円/L値引き
6万円未満 5円/L値引き
7万円未満 6円/L値引き
8万円未満 7円/L値引き
9万円未満 8円/L値引き 8円/L値引き
10万円未満 9円/L値引き
10万円以上 10円/L値引き

どのコースを選ぶべきか迷った人は、以下のページでシミュレーションしてみましょう。ただし、年会費もあわせて検討することが重要です。

参考:出光カード「おトクシミュレーション」

シェル-Pontaクレジットカード:Pontaポイントが貯まって基本還元率も1.0%

年会費 初年度無料
次年度以降は年1回利用で無料
条件未達の場合は1,375円
基本還元率 1.0%
国際ブランド Mastercard・Visa
特典 出光興産系列では2Lにつき4ポイント貯まる

シェル-Pontaクレジットカードは、出光と三菱UFJニコスが提携して発行するクレジットカードです。出光興産系列で2Lにつき4Pontaポイント貯まり、基本還元率も1.0%と、Pontaポイントが貯まりやすい特徴があります。

出光興産系列でお得なカードには、apollostation cardもありました。あくまでも目安ですが、給油量が多い場合は大きな値引き額を狙えるapollostation card、比較的少ない場合には基本還元率1.0%のシェル-Pontaクレジットカードを選ぶと良いでしょう。

ENEOSカード:3タイプから自分に合ったものを選択可能

年会費 初年度無料
次年度以降は1,375円
※ENEOSカード Sは次年度以降は年1回利用で無料
基本還元率 0.6%(ENEOSカード Cはポイントなし)
国際ブランド Visa・JCB
特典 ENEOSカード S:2円/L値引き
ENEOSカードP:ENEOSで3.0%ポイント付与
ENEOSカード C:利用金額に応じて1~7円/L値引き

ENEOSカードは3つのタイプから選べることが特徴で、いずれもENEOSで大きな特典を得られるカードです。「S」「P」「C」は特典の特徴を表しています。

  • S:スタンダード
  • P:ポイント
  • C:キャッシュバック

年会費がかかるタイプもあるためタイプ選びが難しいですが、迷ったらSタイプを選ぶと良いでしょう。年1回の利用で年会費無料で、ENEOSでは2円/L値引きされます。

年間約500L(月間約42L)以上給油するならPタイプも検討すべきです。CタイプはENEOSカードで普段のお買い物が多い場合に値引き額が最大7円/Lとなるためお得です。

年間500L給油したときの年会費を考慮した特典額:

  • Sタイプ:値引き額2円/L×500L=1,000円
  • Pタイプ:(給油額79,500円×ポイント還元率3.0%)-年会費1,375円=1,010円

※ガソリン単価は経済産業省「給油所小売価格調査(2021年9月29日)」を参考に、159円/Lで試算しています。

コスモ・ザ・カード・オーパス:コスモ石油が会員価格になるイオンカード

年会費 無料
基本還元率 0.5%
国際ブランド Visa・Mastercard・JCB
特典 コスモ石油で会員価格

コスモ・ザ・カード・オーパスは、コスモ石油で会員価格を利用できるイオンカードです。出光興産系列やENEOSでお得なカードは多いですが、コスモ石油でお得なカードは選択肢が限られています。

通常、イオングループやコスモ石油ではポイント還元率1.0%です。さらに、イオングループのお客様感謝デーでは5%OFFの優遇を受けられます。

イオングループのお店やコスモ石油をよく利用する人におすすめの1枚です。

車ユーザーにおすすめの一般カード4選

自動車メーカーや石油会社系のクレジットカードでなくても、ガソリンスタンドでお得なクレジットカードはあります。車ユーザーにおすすめの一般カードを4つ紹介するので、ぜひ参考にしてください。

majica donpen card:宇佐美直営店で2円引き

年会費 無料
基本還元率 0.5%
国際ブランド Mastercard・JCB
特典 宇佐美直営店で2円/L値引き

majica donpen cardは、「ドン・キホーテのカード」として知られるUCSカードです。ガソリンスタンドの宇佐美直営店で2円/Lの値引きを受けられます。

ドン・キホーテなどで使える電子マネー「majica」アプリにクレジットカードを登録すれば、ドン・キホーテの利用で還元率が1.5%となります。

宇佐美直営店で給油する人やドン・キホーテをよく利用する人におすすめのカードです。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレスカード:QUICPayで3%還元

年会費 1,100円
前年1回以上の利用で翌年度無料
基本還元率 0.5%
国際ブランド American Express
特典 QUICPayで3%還元

セゾンパール・アメリカン・エキスプレスカードは、QUICPay利用で3.0%還元されるお得なカードです。特定のガソリンスタンドで値引きやポイントアップするものではありませんが、QUICPayが利用できるガソリンスタンドは多くあります。

QUICPayが利用できるガソリンスタンド:

  • ENEOS
  • 出光興産系列(apollostation・出光・シェル)
  • コスモ石油

※一部店舗では利用できない場合があります。

貯まるポイントは「永久不滅ポイント」なので、ポイントの有効期限を気にする必要がありません。いつものガソリンスタンドでQUICPayが利用できる場合におすすめのカードです。

dカード:ENEOSで1.5%還元の高還元率カード

年会費 無料
基本還元率 1.0%
国際ブランド Mastercard・Visa
特典 ENEOSとコスモ石油で1.5%還元(200円ごとに3ポイント)

dカードはドコモが発行するカードで、基本還元率1.0%、ENEOSやコスモ石油では還元率1.5%です。

ENEOSはdカード特約店のため、dカードの提示は不要ですが、コスモ石油は提示が必要なことに注意しましょう。dカードの提示が必要な理由は、コスモ石油はdカード特約店ではなくdポイント加盟店のためです。ポイントを貯めるために、dポイントカードやdカードを提示しましょう。

また、基本還元率1.0%に上乗せされる0.5%分のポイントは200円ごとに貯まります。ガソリンスタンドで無駄なくポイントを貯めるために200円単位の金額指定をすることがコツです。

楽天カード:ENEOSで1.5%還元の高還元率カード

年会費 無料
基本還元率 1.0%
国際ブランド Mastercard・Visa・JCB・American Express
特典 ENEOSで1.5%還元
多くのガソリンスタンドでポイントが貯まる

楽天カードは基本還元率1.0%で、楽天市場を利用すると3%以上の還元を得られるカードです。ENEOSは楽天カードの特約店であり、還元率は1.5%となります。

ガソリンスタンドに関するカード特約店はENEOSのみですが、多くのガソリンスタンドが楽天ポイントの加盟店であることが特徴です。楽天カードを利用する際は、裏面にあるポイントカード(バーコード)を提示するとポイントが貯まります。

以下はポイントカードを提示して貯まるポイントと、楽天カードで支払った場合の合計還元率です。

楽天ポイント加盟店における楽天ポイントの付与率と合計還元率の目安:

  • SOLATO 太陽石油:1Lにつき1ポイント(1.63%)
  • キグナス石油:1Lにつき1ポイント(1.63%)
  • エネクスフリート(エネフリ):1Lにつき1ポイント(1.63%)
  • 伊藤忠エネクス:1Lにつき1ポイント(1.63%)
  • 丸紅エネルギー:1Lにつきにつき1ポイント(1.63%)
  • コスモ石油:200円につき1ポイント(1.50%)
  • 出光興産系列(※):2Lにつき1ポイント(1.31%)

※出光興産系列とは、apollostation、出光、シェルのことを指します。
※ガソリン単価は経済産業省「給油所小売価格調査(2021年9月29日)」を参考に、159円/Lで試算しています。

楽天ポイントを貯めたい人におすすめのカードです。

まとめ:自分に最も合ったクレジットカードを選びましょう

車の維持費、特にガソリン代を抑えるためにおすすめのクレジットカードを紹介しました。

車を日常で利用する機会が多いなど、ガソリンにかかるお金の割合が大きいのであれば、ガソリン専用カードとして石油会社系のクレジットカードを持つことがおすすめです。

一般カードのなかでも、ガソリン給油でポイント還元率がアップするクレジットカードを紹介しました。よく利用するガソリンスタンドを考えて、自分に最も合ったクレジットカードを選んでみましょう。

もしかして、「なかなかお金が貯まらない。。」とお悩みではないですか?
マネーコーチの家計診断では、FPに無料で診断してもらい、家計を診断・改善することができます。
今なら、家計状況をまとめたオリジナルの診断書をプレゼントしています。
お金のことで悩みがあるという方も、この機会に是非一度利用してみてください。

オリジナル家計診断書をプレゼント中

よく読まれている記事 すべて見る