レイクとSMBCモビットを徹底比較!審査基準や金利・限度額を解説

レイクとSMBCモビットを徹底比較!審査基準や金利・限度額を解説

「レイクとSMBCモビットの違いは?」
「それぞれの特徴は?」

レイクとSMBCモビットの違いの1つには、Vポイントが使えるかどうかがあります。SMBCモビットは、Vポイントを返済に使えます。

レイクの特徴は、無利息期間が長いことや学生や主婦でも申し込みができる点です。SMBCモビットは、即日融資が受けられる点やVポイントが使える点です。

本記事では、レイクとSMBCモビットの借入限度額や金利、無利息期間などを比較します。本記事を読むことで、自分のどちらが使いやすいのかどちらが得をするのかが判断できるでしょう。

\ 10秒で簡易審査後、本審査も進めておけば手続きがスムーズに

目次

レイクとSMBCモビットの比較表

レイクとSMBCモビットの比較表

レイクとSMBCモビットの比較表は以下のとおりです。

カードローン名レイク

レイク

SMBCモビット
金利(実質年率)4.5%~18.0%3.0%~18.0%
利用可能限度額500万円800万円
利用対象者年齢が20歳以上70歳以下の国内に居住する方20~74歳で定期的に安定した収入を得ていること
申し込み方法自動契約機、インターネット、電話Web、スマホ、電話、三井住友銀行内ローン契約機
審査可能時間8:10~21:509:00~21:00
最短審査時間最短25分30分
借入方法口座振込、SBI新生銀行カードローンATM、提携ATM振込、提携ATM、スマホATM取引
返済方法ウェブ返済、SBI新生銀行カードローンATM、口座振替、スマホATM取引、提携ATM、銀行振込提携ATM、口座振替、銀行振込、インターネット、ポイント、スマホATM取引
返済回数・期間最大96回、最長8年最長60回(5年)
遅延した際の年率20.0%20.0%
口座開設の
要・不要
不要不要
お得な情報はじめての申込みで60日間利息0円なし
詳細公式サイト公式サイト
ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、合理的な理由があるとSMBCモビットが認めた場合には、最長106回(8年10ヶ月)

SMBCモビットは最低金利が3.0%と低く、利用可能限度額は800万円と高いです。利用対象者は定期的な安定収入を持つ20〜74歳までとなっています。また、最大返済回数と期間は最長60回(5年)です。

一方、レイクは金利が4.5%~18.0%で、利用可能限度額は500万円で、利用対象者は20歳以上70歳以下の国内居住者で、返済は最大96回・8年まで可能です。また、レイクは初回申込みで60日間利息0円の特典があります

レイクの3つの特徴

レイクALSA
出典:lakealsa.com
金利(実質年率)4.5%~18.0%
利用可能限度額500万円
利用対象者満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)
申込方法Web・電話・来店
審査可能時間8:10~21:50(Web申し込み)
最短審査時間25分
借入方法ATM,振り込み
返済方法口座振替,振り込み,Web,ATM
返済回数・期間最大60回・最長5年
遅延した際の年率  (遅延損害金)20.0%
口座開設の要・不要不要
担保不要
お得な情報最大180日間利息0円

レイクは、初回利用者に優れた特典を提供し、比較的高額の融資が可能で、さらに長期間の返済期間を設けています。しかし、遅延すると高い遅延金利が発生するため、計画的な借入と返済が必要です。詳しいレイクの特徴は以下の3つです。

それぞれ特徴を詳しく解説します。

無利息期間が最大180日ある

レイクは、最長180日間の無利息期間を提供している点が特徴です。他の消費者金融や銀行のカードローンで見られる無利息サービスは30日間が多く、180日間はレイクだけのサービスです。銀行のカードローンでは、無利息期間の提供がない場合もあります。

レイクの180日間無利息サービスは、借入額が5万円までの場合に適用されます。しかし、Webで申し込むと、借り入れた全額に対して60日間無利息サービスが選択可能です。無利息サービスは契約日の翌日から適用され、60日間または180日間、利息なしで元本だけを返済できます。

最短25分で借入できる

レイクではWebで21時までに手続きを完了すれば、最速で25分後に資金を受け取れます。申し込み後、最短15秒で審査結果が表示されるため、即座に審査結果を知れることがメリットです。

手続きはすべてスマホで済ますことが可能で、自宅への郵送物もありません。そのため、都合の良い時に気軽に申し込むことができ、最短でその日のうちに融資を受けられます。急にお金が必要になった場合や支払いの期限が迫っている場合でも、サービスを利用することで困難を避けられるでしょう。

学生や主婦でも申し込みができる

レイクは、学生や主婦でも申し込みができる点が特徴です。新生銀行グループの方針に従い、無担保ローン事業で新たな顧客を獲得することを目指しています。

そのため、アルバイトをしている学生やパートタイムで働く主婦など、幅広い層からの申し込みを受け付けています。学生や主婦を対象にしたカードローンは他には少ないため、レイクのサービスは学生や主婦にとって大きな助けとなるでしょう。

初めての利用なら60日間無利息!

SMBCモビットの3つの特徴

出典:SMBCモビット
金利(実質年率)3.0~18.0%
借入/返済手数料三井住友銀行のATMなら手数料無料
利用可能限度額800万
利用対象者年齢満20歳〜74歳の安定した定期収入のある方(当社基準を満たす方)
アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能
収入が年金のみの方はお申込いただけません。
申込方法Web・ローン契約機・電話
審査可能時間9時〜21時
最短審査時間30分
申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
借入方法振込キャッシング・提携ATM・スマホATM取引
返済方法口座振替・ATM返済・振込返済・インターネット返済ならびにポイント返済
返済回数・期間最長60回(5年)ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、
合理的な理由があると当社が認めた場合には、最長106回(8年10ヶ月)
遅延した際の年率 (遅延損害金)20%
口座開設の要・不要不要
お得な情報利息分の返済でVポイント付与

SMBCモビットは年齢や安定した収入があることを条件に、手軽に申し込め、比較的速やかに審査結果を得られ、さまざまな方法で借り入れや返済が可能です。しかし、返済が遅れると高金利が適用されるため、計画的な借り入れと返済が必要であることも理解しておくべきでしょう。

次に、詳しくSMBCモビットの特徴を3つ紹介します。

それぞれ解説します。

周りにバレずに借入ができる

SMBCモビットは、すべての手続きをインターネット上で行えるため、周りにバレることなく借入できます。原則自宅や職場への電話連絡や郵送物がなく、誰にも知られることはありません

必要な身分証明書類はWebサイトや専用アプリを通じて送信でき、契約書類や利用明細などもオンラインで確認可能です。融資の申し込みをWebで行えば、登録した口座に直接振り込まれます。そのため、カードを使うことなく利用でき、カードが家に郵送されることはありません。

即日融資が受けられる

SMBCモビットへの申し込み後、その日のうちに融資を受けられる点が特徴の1つです。申し込み後、最短30分で審査が完了し、必要な本人確認書類をWebで提出して契約を完了させれば、登録した口座にお金が振り込まれます

しかし、即日融資を希望する場合、平日の14時までに契約手続きを完了させることが推奨されています。それ以降だと、即日融資が難しくなる可能性があるでしょう。

三井住友銀行のローン契約機を利用すれば、平日だけでなく土日祝日も夜21時まで利用可能で、その場でモビットカードを発行してすぐに融資を受けられます。

なお、SMBCモビットの即日融資については、こちらの記事も参考になります。すぐにお金を借りたい方は読んでください。

Vポイントが利用できる

SMBCモビットは、Vポイントが利用できる点が特徴の1つです。「Tカードプラス」というサービスがあり、モビットカードローンやクレジットカード(Mastercard)、Tカードが一体となったものです。

Tカードプラスは多様な使い方ができ、返済時にVポイントが貯まるだけではなく、ポイントを返済にも使用できます。そのため、普段からVポイントを利用している方にとって、SMBCモビットのサービスは便利であると言えるでしょう。

なお、プロミスでは「Vポイント」との連携が可能です。

\ 10秒で簡易審査後、本審査も進めておけば手続きがスムーズに

【観点別】レイクとSMBCモビットを比較

【観点別】レイクとSMBCモビットを比較

レイクとSMBCモビットを3つの観点から比較を行います。比較の観点は以下の3つです。

レイクとSMBCモビットの比較

それぞれ解説します。

レイクとSMBCモビットの借入限度額を比較

レイクとSMBCモビットの借入限度額の違いは以下のとおりです。

借入限度額の違い

  • レイク 1万円〜500万円
  • SMBCモビット 1万円〜800万円

レイクの方が限度額が低く、見劣りするように感じるかもしれませんが、実際にはすべての人が最大限度額まで契約できるわけではない点を理解しておきましょう

これは、レイクのカードローンとモビットカードが共に総量規制の対象となっているためです。総量規制とは、年収の3分の1以上の金額を貸し付けることを禁じる法律のルールです。

規制は、過去に返済能力を超えるほどの大きな借金が社会問題になったため、借り手の保護を目的に貸金業法に組み込まれました。そのため、限度額だけで借入の判断を行う必要はありません。

レイクとSMBCモビットの金利を比較

レイクとSMBCモビットの金利は以下のとおりです。

金利の違い

  • レイク 4.5%〜18.0%
  • SMBCモビット 3.0%〜18.0%

SMBCモビットは非常に低い金利を提供しているように見えますが、必ずしもその通りであるとは限らない点を念頭に置くことが大切です。

レイクのカードローンもモビットカードも、15.0%以下の金利で借りられるのは100万円以上の契約となったケースです。

多くの方は大型契約をいきなり契約しません。その場合、最高金利での契約になるのが一般的ですので、どちらで契約しても金利は18.0%になります

そのため、大きい金額を借りる場合、金利だけで判断することは避けましょう。

なお、他社も含めたカードローン金利相場は、こちらの記事にまとめています。金利を比較したい方はご確認ください。

レイクとSMBCモビットの無利息期間を比較

レイクとSMBCモビットの無利息期間を比較すると、レイクがおすすめです。レイクを初めて契約する方は、以下3つの条件の無利息サービスを受けられます。

無利息期間の違い

  • 60日間無利息
  • 借入額の5万円までが180日間無利息
  • 30日間無利息 

それぞれのサービスを受ける際は、条件が異なっているため注意が必要です。Webで申し込みたい方は、60日間無利息か5万円までが180日間無利息のどちらかがおすすめです。

SMBCモビットがおすすめできない理由は、無利息サービスがないからです。そのため、無利息期間で選ぶ場合は、レイクを選びましょう

レイクとSMBCモビットの申し込み方法

レイクとSMBCモビットの申し込み方法

本章では、レイクとSMBCモビットの申し込み方法と必要書類を紹介します。必要書類がわからない場合、準備に時間がかかる可能性が高いです。すぐにお金が欲しい方にとっては、不利な状況です。

レイクとSMBCモビットの申し込み方法

スムーズに申し込みができるように参考にしてください。

レイクの申し込み方法

レイクの申し込み方法は以下の3種類があります。

レイクの申し込み方法

  • Web
  • 自動契約機
  • 電話

Webで申し込み場合は最短15秒で結果が見れるため、すぐにお金がお金が欲しい人におすすめの方法です

外出時にお金が必要になった方には、自動契約機で申し込む方法がおすすめです。自動契約機で申し込む際に、わからないことがあれば、備え付けてある受話器を使って、オペレーターに質問もできます。そのため、誰でも簡単に申し込みが可能です。

電話の申し込みの場合は、平日・土曜日が9時~21時、日曜日が9時~19時が問い合わせできる時間となっています。申し込みでわからないところを直接聞きたい方におすすめの方法です。

レイクの申し込みに必要な書類

レイクの申し込みに必要な書類には、本人確認書類と収入証明書の2つがあります。

本人確認書類では、運転免許証やパスポート、健康保険証、マイナンバーカードなどが必要です。収入証明書は、申し込み金額が50万円を超える場合か、他社からの借入の合計が100万円を超えている場合に収入証明書が必要になります

収入証明書は以下のものが当てはまります。

収入証明書

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通遺書
  • 納税通知書
  • 確定申告控え
  • 所得課税証明書
  • 給与明細書

給与証明書を提出する場合は、発行から2ヶ月以内のものを提出しなければなりません。

SMBCモビットの申し込み方法

SMBCモビットの申し込み方法には以下のものがあります。

SMBCモビットの申し込み方法

  • Web
  • 郵便
  • 電話
  • 契約機

Webで申し込み場合は、ネットですベての手続きが完了するため、誰にもバレずに申し込みが可能です

郵便の場合は、入会申込書をコールセンターか三井住友銀行から受け取り、本人確認書類と収入証明書を一緒に送付します。電話の場合はオペレーターに従って、手続きを進めます。審査では、郵便の場合と同様、本人確認書類と収入証明書が必要です。

契約機で申し込み場合、自宅の郵便番号が必要となるため、事前に確認しましょう。契約機の審査では収入証明書が必要なため、準備することが大切です。

SMBCモビットの申し込みに必要な書類

SMBCモビットの申し込みに必要な書類は、本人確認書類と収入証明書類の2つです

本人確認書類には、運転免許書や健康保険証、パスポートなどがあります。運転免許証を使う場合、表面だけではなく、変更事項があれば裏面のコピーも必要です。

収入証明書類には、源泉徴収票の写しや税額通知書の写し、所得証明書の写し、確定申告書の写し、給与明細書の写しなどが必要です。給与証明書が必要な場合、2ヶ月分を提出しましょう。

レイクとSMBCモビットの借入方法

レイクとSMBCモビットの借入方法

レイクとSMBCモビットの借入方法を紹介します。

レイクとSMBCモビットの借入方法

それぞれの借入の流れは基本的に同じです。両方の借入までの流れを理解しておくことで、安心して借入ができるでしょう。

レイクの借入方法

レイクを借入をする手順は4つあります。最初は、レイクの公式サイトから申し込みを行い、申し込みが完了すると、在籍確認が行われます。

在籍確認は通常電話で行いますが、代わりに書類での対応も可能です。電話の在籍確認ができない場合、事前にレイクに相談をしましょう。

書類で勤務状況を確認したい場合、社員証や最新の給与明細書などが必要となります。書類がないと、手続きがスムーズに進みません。そのため、手続き前に書類を準備しておくことがおすすめです。

在籍確認完了後、審査に入ります。審査に合格すると、契約の手続きに入り、ATMや振込による借入が可能です

レイクの借入条件

レイクのカードローンに申し込むためには、一定の申し込み条件を満たす必要があります。レイクの借入条件は以下のとおりです。

レイクの借入条件

  • 一定の安定した収入のある方
  • 20歳以上70歳以下の方
  • 日本国内に居住されている方

条件を満たさないと審査に進めないので、申し込み前に条件を確認し、条件に合致していることを確認した上で申し込みましょう

未成年者や71歳以上の高齢者、専業主婦や失業者、アルバイトなどをしていない20歳以上の学生は、サービスの対象者とはなりません。さらに、日本国内に居住していても日本の国籍がない場合は、在留カードや特別永住権証明書が必須です。

SMBCモビットの借入方法

SMBCモビットの借入は4つの手順で完了します。まずは、公式サイトよりモビットカードを申し込みましょう。また、21:00~翌9:00は申込受付のみとなっているため注意が必要です。

申し込み完了後、審査結果がメールか電話で届きます。Web完結で申し込んだ方には、電話連絡は来ません。審査に合格したら、入会手続きを行います。

入会手続きでは、モビットカードの受け取り方法や返済期日の設定、返済方法の設定などを決めなければなりません。すべてを決めたあとに、ATMと銀行振込、スマホATM取引のうち1つを選んで借入を行います。

SMBCモビットの借入条件

SMBCモビットの借入条件は以下のとおりです。

SMBCモビットの借入条件

  • 満20歳以上74歳以下の方
  • 安定した収入がある方

申し込み条件を満たしているだけでは、必ずしもお金を借りることはできません。まずは審査を通過する必要があります。

職業や雇用形態に関わらず、正社員、アルバイト、パート、派遣社員、自営業など、安定した収入があれば申し込みが可能です。ただし、収入のない専業主婦は申し込むことができません。

レイクとSMBCモビットの返済方法

レイクとSMBCモビットの返済方法

ここでは、レイクとSMBCモビットの返済方法について解説します。返済方法に大きな違いはありませんが、SMBCモビットはVポイントで支払いができる点で異なります。レイクにも独自の特典があるため、どちらを利用するか迷う方もいるでしょう。

本章で紹介する返済方法を理解して、どちらが自分に適しているか判断しましょう。

レイクとSMBCモビットの返済方法

それぞれ詳しく解説します。

レイクの返済方法

レイクでの返済は、口座からの自動引き落とし、銀行振込、インターネット(ペイジー)を使った支払い、提携しているATM、セブン銀行ATMを使ったスマホATM取引などが可能です。しかし、レイクには直接行って支払うための店舗は存在しないため、店頭での返済はできません。

自社のATMは設置していないものの、親会社のSBI新生銀行のATMを手数料無料で使用できます。SBI新生銀行のカードローンATMでは、カードがなくても電話番号や生年月日、カードの暗証番号を使って返済可能です。これは、カードを忘れてしまったときや、カードを持ち歩きたくない人にとって有益なサービスと言えます。

SMBCモビットの返済方法

SMBCモビットでは、口座からの自動引き落としや銀行振込、インターネット(ペイジー)を使った支払い、提携しているATM、セブン銀行ATMを使ったスマホATM取引などに加え、Vポイントを利用した返済もできます

数ある消費者金融の中で、Vポイントを使った返済が可能なのはSMBCモビットだけです。さらに、ポイントを使った返済でVポイントが貯まるという大きな特徴もあります。

具体的には、Vポイントで返済した場合、返済額の利息分200円ごとにVポイントが1ポイント貯まります。ポイントバック率は0.5%とはいえ、少しでもポイントが戻ってくるのは嬉しいサービスです。

レイクがおすすめな人

レイクがおすすめな人

レイクがおすすめな人は以下の特徴を持っている方です。それぞれの理由を解説します。

レイクがおすすめな人

  • 学生や主婦の人
  • Webで申し込みを行いたい人
  • 長期間の無利息期間を選びたい人

レイクは幅広い人を貸付の対象としているため、学生や主婦でも申し込みが可能です。学生や主婦に貸す消費者金融は少ないため大きな助けとなってくれるでしょう。

また、誰にもバレずにWebで申し込みたい方にもおすすめです。Webで完結するため、オンライン上でお金を借りられます。

レイクの特徴でもある長期間の無利息期間を選びたい方にもおすすめです。他の消費者金融や銀行のカードローンでは、最長で30日間の無利息期間サービスがある場合があります。

しかし、180日間の無利息期間を提供しているのはレイクだけです。一方、銀行のカードローンでは、無利息期間サービスは一般的に提供されていません。

SMBCモビットがおすすめな人

SMBCモビットがおすすめな人

SMBCモビットがおすすめな人は以下の特徴を持っている方です。それぞれの理由を解説します。

SMBCモビットがおすすめな人

  • 周りにバレたくない人
  • Vポイントを活用したい人
  • 即日融資を受けたい人

SMBCモビットはレイクと同様、周りにバレにくい工夫を行っているため、周りに借りていることを知られたくない方におすすめです。また、特徴の1つでもあるVポイントを活用したい人にも最適な金融機関です。Vポイントを使って、お金を返すことができるサービスはSMBCモビットのみでしょう。

SMBCモビットへの申し込み後、最短でその日のうちに融資を受けられます。申し込みを行った後、最速で30分で審査が完了します。

その後、身分証明書といった本人確認書類をWeb上で提出し、契約が完了すれば、指定した口座にお金が振り込まれるでしょう。

レイクとSMBCモビットに関するよくある質問

レイクとSMBCモビットに関するよくある質問

本章では、レイクとSMBCモビットに関するよくある質問とその回答を2つ紹介します

それぞれ詳しく見ていきましょう。

レイクとSMBCモビットのどちらが無利息期間が長い?

レイクとSMBCモビットの無利息期間について比較すると、レイクの方が長いことが特徴です。レイクでは初めての利用者がWebから申し込むと、無利息期間が60日間となります。約2ヶ月間利息を支払う必要がないため、カードローンをお得に利用したい方にはおすすめです。

一方、SMBCモビットには無利息期間を利用できるサービスが存在しません。

周りにバレたくない場合はレイクとSMBCモビットのどちらを利用した方がいい?

レイクとSMBCモビットのどちらが周囲にバレにくいかという観点から見ると、「WEB完結」申し込みを選べば相違ありません。

すべての手続きをオンラインで行えるため、店舗に行く必要がなく、他人に見られるリスクが低いのが特徴です。しかし、無人店舗を利用する際には注意しましょう。一般的に、利用頻度が重なるときには便利ですが、他人に見られる可能性もあります。

まとめ:自分の条件に適した消費者金融を選びましょう

まとめ:自分の条件に適した消費者金融を選びましょう

本記事では、レイクとSMBCモビットの借入限度額や金利、無利息期間などを比較しました

レイクは、学生や主婦の方が借りられたり、長期間の無利息期間を選択できたりします。そのため、学生や主婦でお金が必要となった際に、長期的な返済計画を持っている方は、レイクがおすすめです。

SMBCモビットは、即日融資を受けたい方におすすめです。また、Vポイントを返済に使えるため、日頃の買い物でVポイントを貯めてる方に最適なサービスと言えるでしょう。毎日コツコツとポイントを貯め、返済のための行動をしたい方は、SMBCモビットを利用しましょう。

SMBCモビットに興味のある方は以下より申し込みましょう。

\ 10秒で簡易審査後、本審査も進めておけば手続きがスムーズに

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次