派遣社員が在籍確認を通過するには?おすすめのカードローン3選も紹介

派遣社員 在籍確認

お金が急きょ必要な時に役立つのが、カードローンです。しかし、「派遣で働いているから、利用できないのでは」と不安に思う人もいるかもしれません。

実は、派遣社員でもカードローンを利用できます。ただし、「在籍確認」というハードルを越えなければなりません。

在籍確認とは何か、はっきりと知らない人もいるでしょう。そこで、本記事では派遣社員がカードローンを利用する際に注意すべき在籍確認の概要と対処策を解説します。また、カードローンを実際に申し込む時のポイントや、カードローン以外の資金調達方法を紹介していきます。

派遣社員におすすめのカードローン3選もあわせて紹介しているので、どのカードローンを利用するか迷った場合はぜひ参考にしてください。本記事を読んでおくと、お金が突然必要になった時でも慌てずに対処できます。

【最短即日】おすすめのキャッシングサービス

目次

派遣社員でもお金を借りられる!重要なのは安定収入があること

派遣社員でもお金は借りられる!重要なのは安定収入があること

「派遣社員だとお金が借りられない」と思っているかもしれませんが、それは誤解です。次の2点を満たしていると、派遣社員だけではなくパートやアルバイトもカードローンを利用できます

必要な条件

  • 安定した収入がある
  • 返済能力がある

そのため、派遣社員でも定期的な収入があるとカードローンの審査に通ります。ただし、申し込みの際に記載する個人情報は正確に書くことが重要です。「少しでもよく見せた方が審査に通るのでは」と考えて、年収を多めに書いたりすることはかえって逆効果です。

真実でない情報を記載していた場合、信用できないと判断されるため、審査中に虚偽記載とばれた段階で落とされます。カードローン会社からの信頼を得られるよう、正確な情報を申告しましょう。

派遣社員が「在籍確認」をスムーズに通過するためのポイント2つ

派遣社員が「在籍確認」をスムーズに通過するための2つのポイント

「そもそも、在籍確認が何かよくわからない」という人もいるでしょう。在籍確認とは、カードローン会社が「この人は申告した勤務先で本当に勤務しているか」を確かめる手続きです。多くのカードローン会社では、審査担当者から勤務先に電話をかけて確認します。

「電話をかけられたら困る」と思うかもしれませんが、多くは審査担当者の個人名で電話するため、勤務先にばれる心配はありません。在籍確認ができると、勤務先で働いており安定した収入があるとわかるので、審査が次の段階に進みます。

そのため、在籍確認を通過することは、カードローン利用において重要なステップです。派遣社員が在籍確認をスムーズに通過するためのポイント2点を、以下で解説します。

①在籍確認があることを事前に派遣元に伝えておく

派遣社員の勤務先は派遣元であり、派遣先の会社ではありません。在籍確認は派遣元に電話連絡されるため、事前に派遣元に在籍確認があると伝えておく必要があります。

その理由は、派遣元に連絡が来ても、派遣先で勤務していると自分で電話に出られない可能性があるからです。また、派遣元の社員が派遣社員全員を把握できていない場合、在籍しているかどうかわからず確認できないおそれがあります。

本人が電話に出られなくても、電話で応対した社員が「本人がいる」ことを伝えると、在籍していると確認できるため、派遣元に事前に伝えておきましょう。

「カードローン利用がばれたくない」と思う人も多いでしょう。派遣元には「クレジットカードの審査で在籍確認がある」と伝えておくと、ばれる心配がありません。

②カードローン会社に事前に相談しておく

個人情報保護等の問題により、派遣元の社員が派遣社員の情報を知ることができず、在籍確認に応じられない場合があります。派遣元が「在籍確認は無理」という場合は、カードローン会社に前もって相談しましょう。

また、どうしても電話での在籍確認を避けたい場合も、同様にカードローン会社に事前相談する必要があります。いずれの場合も、カードローンを申し込む前または申し込んだ直後に電話等で相談します。

状況次第では、書類での在籍確認が可能です。その場合、派遣元への在籍が確認できる給与明細や、在籍証明書、収入証明書等の提出を求められるので、指示通り提出してください。ただし、必ず書類で対応可能というわけではないことを了承してください。

なお、カードローン大手・プロミスの在籍確認に関しては、こちらの記事に詳しく書いてあります。プロミスへ申し込む方は、前もって読んでください。

派遣社員がカードローンへの申し込み時にチェックするべき5つのポイント

派遣社員がカードローン申し込み時にチェックするべき5つのポイント

「在籍確認さえ通過すれば、カードローンが利用できる」というわけではありません。派遣社員がカードローンを利用するためには、申し込み前に次の5つのポイントをチェックしておきましょう。

これらのポイントをおさえておくと審査がよりスムーズに進み、また、お金を借りることができる可能性が高くなります。以下で各ポイントについて詳しく解説します。

①派遣会社に登録して勤務を開始してから申し込みする

カードローンの申し込みは、派遣会社に登録し実際の勤務が開始した後にしましょう。カードローン審査のポイントは「安定した収入があるかどうか」です。

派遣会社に登録しただけでは収入がないため、審査に通りにくくなってしまいます。勤務を開始して収入を得てから申し込んでください

なお、勤続年数が長いと安定性がより高いと判断されるため、審査に通りやすくなります。一般的に、派遣社員は1年以上勤務しているなら有利だといわれています。

②大手消費者金融カードローンで借りる

カードローンを利用する場合、派遣社員には大手消費者金融のカードローンをおすすめします。「カードローンには、銀行カードローンもあるのに」と思うかもしれません。銀行カードローンは消費者金融より金利が低いですが、その分審査が厳しくなることが一般的です。

地方銀行のカードローンには、そもそも派遣社員が利用できないものもあります。一方、大手消費者金融のカードローンはそこまで厳しい審査ではないため、派遣社員も申し込みやすくなっています

大手消費者金融のカードローンは確かに金利が高いですが、早く完済すると、さほど負担にはなりません。審査通過の確率を上げるために、大手の消費者金融を選びましょう。

消費者金融選びでお悩みの方は、こちらの記事が参考になります。カードローンおすすめ人気ランキングから、あなたに最適なカードローンを選んでください。

③勤務先は「派遣元」を申告する

申し込みの際、勤務先は「派遣元」で申告してください。「働いているのは派遣先企業なのにどうして」と思う人もいるでしょう。派遣社員が雇用契約を結んでいるのは派遣会社であり、派遣先企業ではありません。そのため、勤務先は派遣先ではなく「派遣元」となります

④借入希望額を少なめで設定する

借入希望額は少なめに設定しておきましょう。「せっかく申し込むのだから、めいっぱい利用したい」と思うかもしれません。しかし、審査では「支払い能力」と「計画的に返済可能かどうか」が重視されます。

年収に対して借入金額が大きいと、貸す側としては「返済できないのでは」と不安になってしまうでしょう。そのため、借入希望額を少なくしておくと「派遣社員であっても返済可能」とアピールでき、審査に通りやすくなります

⑤収入が証明できる書類を用意する

派遣社員の場合、在籍確認と本人確認書類に加えて収入証明書の提出を要求されることがあるので、あらかじめ用意しておきましょう。

派遣社員は派遣先によって収入が変化するため、直近の収入を確認する必要があるからです。また、借入額が高額な場合も収入証明書が必要です。収入証明書として認められる書類を、以下の一覧に挙げておきます。

収入証明書として認められる書類

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 給与明細書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

カードローン会社によって必要とされる書類が異なる場合がありますが、これらの書類を前もって用意しておくと円滑かつすみやかに審査されます。

派遣社員におすすめのカードローン3選|在籍確認不要の会社をチェック

派遣社員におすすめのカードローン3選|在籍確認不要の会社も

「カードローン会社は数多くあるので、どこを選べばいいのか」と悩むかもしれません。そこで、派遣社員におすすめのカードローンを紹介します。次の3つです。

消費者金融名プロミスアコム

アコム
アイフル

アイフル
金利4.5%~17.8%3.0%~18.0%3.0%~18.0%
利用可能限度額500万円800万円800万円※2
利用対象者年齢18~74歳のご本人に安定した収入のある方(高校生および定時制高校生、高等専門学校生を除く)
・18歳および19歳の方は収入証明書類のご提出が必須となります。
・収入が年金のみの方はお申込いただけません
20歳以上の安定した収入と
返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方
満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方で、基準を満たす方
申し込み方法Web,電話,来店Web,電話,来店,郵送Web,アプリ,電話,来店
審査可能時間9:00~21:009:00~21:00非公開
最短審査時間最短3分※4最短20分※1最短18分※3
借入方法ATM,振り込み,電話,来店ATM,振り込みATM,振り込み
返済方法口座振替,振り込み,
ATM,来店
口座振替,振り込み,ATM口座振替,振り込み,スマホアプリ(セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM),提携ATM
返済回数・期間最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回最大100回
最長9年7ヵ月
最大151回
最長14年6ヶ月
遅延した際の年率20.0%20.00%20.0%
口座開設の
要・不要
不要不要不要
お得な情報レディースキャッシング初めての申し込みなら
30日間利息0円
ファーストプレミアムカードローン
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る
※1お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。※2ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です※3お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます※4お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

いずれも、CMや街中の看板等で目にしたことがある大手消費者金融です。派遣社員の方でも利用しやすく、中には電話の在籍確認が不要なところもあるので、ためらわず申し込めます。以下でそれぞれについて説明します。

①プロミス:最高金利の設定が低め

出典:promise.co.jp
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
金利(実質年率)4.5~17.8%
利用可能限度額500万円
利用対象者年齢18~74歳のご本人に安定した収入のある方(高校生および定時制高校生、高等専門学校生を除く)
・18歳および19歳の方は収入証明書類のご提出が必須となります。
・収入が年金のみの方はお申込いただけません。
申し込み方法Web・アプリ・来店・電話
審査可能時間9:00~21:00
最短審査時間最短3分
借入方法インターネット振込・スマホATM・コンビニ・提携ATM・プロミスATM・プロミスコール(電話)
返済方法インターネット返済・口座振替・スマホATM・コンビニ・提携ATM・プロミスATM・銀行振込
返済回数・期間最終借入後原則最長6年9ヶ月(1~80回)
遅延した際の年率  (遅延損害金)20.0%(実質年率)
口座開設の要・不要不要
担保不要
お得な情報初めての方に30日間無利息サービス
お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

プロミスは最高金利の設定が低いのが特徴です。他社が最高18%に対し、プロミスは17.8%と0.2%低いのでお得です。また、50万円以下の借入なら収入証明書等が原則不要なため、少ない提出書類で済みます。

その他、「Web契約で即日融資可能」「初回利用は30日間無利息」といったメリットもあります。

なお、プロミスでお金を借りた後の返済に関しては以下の記事で解説しています。「お金を借りた後に返していけるかどうか不安」という方はぜひご確認ください。以下のボタンから申し込むことができます。

\ 30日間の無利息期間あり! /

②アコム:初めての申し込みで最大30日間金利ゼロで借り入れ可能

出典:acom.co.jp
金利(実質年率)3.00%~18.00%
利用可能限度額800万円
利用対象者20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方
申し込み方法Web、店舗、電話、郵送
審査可能時間9時~21時
最短審査時間最短20分※1
借入方法Web、スマホアプリ、電話、全国のアコムATM、コンビニ、金融機関ATM
返済方法Web、アコムATM、提携ATM、振込、口座振替
返済回数・期間最終借入日から最長9年7ヵ月・1回~100回
遅延した際の年率  (遅延損害金)20%
口座開設の要・不要不要
担保不要
お得な情報初めて利用する人に30日間無利息サービス
※1お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコムは初めて利用する場合、最大30日間金利なしで借入可能です。申し込みのために来店する必要がなく、Webや電話で24時間365日いつでも申し込めます。最短20分※1融資が可能なので、お急ぎの場合もあせらずお金を調達できます。

また、アコムのATMやコンビニ設置の提携ATM等、幅広い支払い方法が用意されています。

初めてアコムを利用するなら30日間は利息0円なので、お得に借り入れたい方は以下のボタンから申し込んでください。

\最短20分審査で書類手続き不要!/

③アイフル:電話の在籍確認が原則不要

アイフル
出典:aiful.co.jp
金利(実質年率)3.0~18.0%
利用可能限度額800万円※1
利用対象者満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方
申し込み方法Web・アプリ・電話・無人店舗
審査可能時間非公開
最短審査時間最短18分※2
借入方法振込・スマホアプリ(セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM)・提携ATM
返済方法振込・提携ATM・コンビニ・口座振替
返済回数・期間1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い、借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
遅延した際の年率  (遅延損害金)20.0%
口座開設の要・不要不要
お得な情報初めての方に最大30日間利息0円サービス
※1ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です
※2お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます

アイフルの最大の魅力は、電話での在籍確認が原則不要な点です。派遣元に在籍確認がある旨を伝える手間がなく、気軽に申し込めます。審査がスピーディーで最短18分で審査結果が通知されるので、急ぎの場合も安心です。お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

また、初めて借り入れる場合は契約から最大30日間以内なら無利息なので、期間内に返済すると少額の利息の支払いで済ませることができます。アイフルには以下のボタンから申し込めます。

\ 申し込み時に原則在籍確認なし/

消費者金融以外の3つの選択肢|会社の制度も上手に活用しよう

消費者金融以外の選択肢3選|会社の制度も上手に活用しよう

「消費者金融でお金を借りるのはためらってしまう」という人もいるでしょう。その場合は、次の3つの方法を利用すると、必要なお金を調達できる可能性があります。

上記のうち最初の2つは会社の制度なので、勤務先に確認してうまく活用しましょう。以下でそれぞれについて詳しく説明します。

①給料の前払い制度を利用

勤務先に確認のうえ、給料の前払い制度を利用しましょう。派遣会社によっては、給料日前に給料を支払ってもらえます。ただし、あくまで勤務分に対応した金額のみが受け取れます。働いていない分に対する前借りはできません。

すべての派遣会社が対応しているわけではないので、勤務先である派遣元会社に確認する必要があります。なお、前払い制度に対応していない派遣会社であっても、事故や災害の被害に遭う等の非常時には、労働基準法に基づき給料の前払いを請求可能です。

②従業員貸付制度を利用

勤務先に従業員貸付制度がある場合、利用できると低金利でお金を調達できます。従業員貸付制度は基本的には正社員の福利厚生ですが、派遣社員でも利用できる場合があります。勤務先に確認してみてください。

③銀行カードローンを利用

消費者金融の利用に抵抗を感じる場合は、銀行カードローンを利用することも選択肢の1つです。消費者金融より金利が低いというメリットがあります。

ただし、審査は消費者金融より厳しくなる可能性があり、通過できないおそれもあります。また、審査が詳細に時間をかけて行われるため、即日融資は不可能です。急いでお金を入手する必要がなく、収入が安定している場合は銀行カードローンの利用もありだといえるでしょう。

まとめ:審査のポイントを押さえてからカードローンを利用しよう

派遣社員がカードローンを利用する際に確認しておきたいポイントや、おすすめのカードローン等を紹介しました。「派遣社員なので、正社員と比べるとお金が借りにくい」と思うかもしれませんが、ポイントをおさえておくとお金を借りられる可能性が高くなります

特に、次の3点を確認しておきましょう。

確認すべきポイント

  • 在籍確認を始めとして、審査を通るために手間を惜しまない
  • 派遣社員には大手消費者金融のカードローンがおすすめ
  • 安定した収入と返済能力が求められる

本記事で挙げたポイントを1つ1つ実行することで、カードローンの審査通過率を上げることができます。突然お金が必要となった場合は、ぜひ本記事を参考にしてください

【最短即日】おすすめのキャッシングサービス

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次