銀行カードローンおすすめ人気ランキング【2023年】メガバンクやネット銀行で借入れ可能な3選を比較!

銀行カードローンおすすめ人気ランキング【2023年】メガバンクやネット銀行で借入れ可能な3選を比較!

「銀行のカードローンはどれがおすすめ?」
「自分に合った銀行カードローンはどうやって選べばいい?」

銀行カードローンは銀行が提供しているカードローンなので、ほかのカードローンよりも馴染み深く、安心感が大きいでしょう。銀行カードローンの最大の特徴は、金利の低さです。

しかし、よく比較対象となる消費者金融カードローンよりも、すべての面で優れているわけではありません。銀行カードローンのメリットだけでなく、デメリットや注意点も把握したうえで申込むことが重要です。特徴を理解することで、審査通過率が高まり、納得いくカードローン選びができます。

そこで今回は「銀行カードローンのメリット・デメリット」・「審査内容と選び方」をご紹介。2024年版おすすめ人気銀行カードローン3選も比較しながら解説します。

無利息期間を利用して賢く借入れしたいあなたは、今すぐ下のボタンをタップして東京スター銀行「スターカードローンα」に申込みましょう。

目次

銀行カードローンとは?消費者金融カードローンとの違い

銀行カードローンとは?消費者金融カードローンとの違い

カードローンとは、金融機関やクレジットカード会社などの貸金業者が借入限度額の範囲内で提供している個人向け融資サービスです。カードローンは、大きく分けると銀行カードローンと消費者金融カードローンの2種類に分けられます。

それでは、銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いは何なのでしょうか。わかりやすいよう、銀行カードローンと消費者金融カードローンの特徴を一覧表にまとめました。違いは、以下のとおりです。

カードローンの種類銀行カードローン消費者金融カードローン
対象の法律銀行法貸金業法
総量規制対象ではない対象になる
年上限金利約15%約18%
申込み~融資までの所要時間最短翌営業日最短即日
審査基準やや高めやや低め

一番の違いは対象となる法律です。銀行カードローンは銀行法、消費者金融カードローンは貸金業法に基づいて運営されています。銀行カードローンは、銀行法に則って貸金業を行なうため、総量規制は適用されません。また、銀行法の兼ね合いなどから、審査に日数を要し、審査が厳しい傾向にあります。

年上限金利は、消費者金融カードローンよりも銀行カードローンのほうが低めに設定されています。銀行が提供しているカードローンというだけあって、ほかのカードローンよりも安心感がある点が大きな魅力です。

銀行カードローンはここがおすすめ!5つのメリット

銀行カードローンはここがおすすめ!5つのメリット

銀行カードローンと消費者金融カードローンとの違いがわかりました。次に、銀行カードローンについて、具体的にどのようなメリットがあるのかみていきましょう。銀行カードローンのメリットは、以下の5つです。

最近では、銀行カードローンの審査が厳しく遅い傾向は変わりつつあります。消費者金融カードローンの審査は落ちて、銀行カードローンの審査に通った人もなかにはいるほどです。それぞれ詳しくみていきましょう。

①低金利でお金が借りられる

銀行カードローンのメリット1つ目は、低金利でお金が借りられることです。銀行カードローンが消費者金融カードローンよりも低金利で貸付けできる理由は、預金という形で融資する資金を集められるからです

一方、消費者金融は、銀行のようには顧客から預金を集められません。消費者金融は、顧客へ融資する元手となるお金は、銀行などから貸してもらう必要があります。銀行に資金を借りる分の利息を支払う必要があるため、消費者金融は金利を高くせざるを得ません。

銀行は預金を利用して、融資する資金を低コストで準備できることにより、低金利を実現しています。

②銀行口座があると手続きがスムーズになる

銀行カードローンのメリット2つ目は、銀行口座があると手続きがスムーズになることです。銀行カードローン申込時には、必要書類を準備して、審査を受ける必要があります。書類の作成には手間と時間がかかるため、取り掛かるのに気が重くなるのも無理はありません。

しかし、すでに保有している銀行口座であれば、申込時の入力などを簡略化でき、手続きに要する時間も短縮化できます。なかには現在持っている銀行のキャッシュカードで借入れができるカードローンもあります。

③銀行が運営しているため安心感がある

銀行カードローンのメリット3つ目は、銀行が運営しているため安心感があることです。銀行が法外上限金利を超える金利を設定したり、強引な取り立てを行なったりすることはありません。なぜなら、銀行は銀行法に則ってカードローンサービスを行なう必要があるからです。

消費者金融も管轄法律は異なるものの、貸金業法に基づいて金融庁から営業の許可を得ています。金融庁の登録貸金業者情報検索サービス、財務局または都道府県へ最新情報を確認してみましょう。金融庁の許可を得ている安全な金融機関として登録されているかどうかを確認することで、安心感が得られるはずです。

④総量規制の対象にはならない

銀行カードローンのメリット4つ目は、総量規制の対象にはならないことです。総量規制とは、以下のような内容となっています。

総量規制とは

総量規制とは、借りることのできる額の総額に制限を設ける、新しい規制のことです。

この新しい規制は、平成22年6月18日から実施されています。

具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れをすることができなくなります。ただし、すでに、年収の3分の1を超える借入残高があるからといって、その超えている部分についてすぐに返済を求められるわけではありません。

引用元:金融庁「貸金業法のキホン」

貸金業法に則って営業しなければならない消費者金融は、総量規制を遵守する必要があります。対して、銀行は銀行法に則っているため、総量規制は適用されません。とはいえ、自己破産防止のため、各銀行がその人に見合う金額を決定しています。

以下のように、金融庁の銀行カードローンの実態調査では、銀行の約7割が融資上限枠を設定していることがわかりました。

申し合わせに則した形で自行・他行カードローン及び貸金業者貸付を勘案して融資上限枠を設定している銀行は約7割(71 行)となっている。このうち、年収の2分の1を上限に設定している銀行は約8割(59 行)と最も多く、年収の3分の1を上限としている銀行も約1割(9行)あった。

引用元:金融庁「銀行カードローンの実態調査結果について」

年収の3分の1よりも基準が緩和される年収の2分の1を上限に設定している銀行が最も多く、約8割存在します。総量規制の対象とならないことで、融資上限枠が年収の2分の1まで引き上げられる魅力が銀行にはあります。

⑤自動融資に対応しているものがある

銀行カードローンのメリット5つ目は、自動融資に対応しているものがあることです。自動融資とは、公共料金やクレジットカード決済などで、返済用普通預金口座残高が不足した場合に融資が行なわれることです。融資額は、カードローン利用限度額内となり、不足額を自動で融資してもらえます。

口座残高を確認し忘れていても、残高不足で引き落としができない事態には陥りません。多くの銀行が提供しているサービスですが、カードローン申込時に自動融資に対応している銀行かを確認しておきましょう。

銀行カードローンならではの5つのデメリット・注意点

銀行カードローンならではの5つのデメリット・注意点

銀行カードローンはメリットがある一方で、デメリットも存在します。比較対象となる消費者金融よりもすべての面で銀行カードローンが優れているわけではありません。銀行カードローンのデメリットは、以下の5つです。

銀行カードローンのデメリットを把握して、あなたに合うかどうかを見極める必要があります。それぞれ詳しくみていきましょう。

①無利息期間はほとんどない

銀行カードローンのデメリット1つ目は、無利息期間がほとんどないことです。無利息期間とは、契約日または借入日から利息が発生しない一定期間のことです。消費者金融では無利息期間が適用される場合が多いですが、銀行カードローンでは無利息期間がほとんどありません。30日程度の短期間での借入れを希望している場合、無利息期間が適用される消費者金融カードローンの利用が適しているでしょう。

ただし、一部の銀行は無利息期間を適用しています。検討している銀行カードローンに無利息期間があるかチェックしておきましょう。

②消費者金融と比べると借入れまでに時間を要する

銀行カードローンのデメリット2つ目は、消費者金融と比べると借入れまでに時間を要することです。以下のように、銀行は2018年1月より、個人向け即日融資を停止しています

銀行、個人向け即日融資停止へ カードローン縮小

国内の銀行各行はカードローンなど新規の個人向け融資で審査を厳しくする。来年1月から警察庁のデータベース(DB)への照会で審査に時間をかけ、即日の融資を停止する。家族らの申し出で貸し付けを自粛することも検討。

引用元:日本経済新聞(2017年9月15日)

警視庁のデータベースへ照会する仕組みを導入して、反社会勢力との取引排除を徹底することが目的です。融資審査には数日かかるとされ、最短で翌営業日となります。借入れを急いでいる人にとっては、銀行カードローンは不便に感じるかもしれません。

③消費者金融と比べると審査がやや厳しい

銀行カードローンのデメリット3つ目は、消費者金融と比べると審査がやや厳しいことです。銀行は審査業務を消費者金融などの保証会社へ一任する方向を転換し、銀行自体でも審査体制構築に努めているとのことです。警視庁のデータベースへの照会や収入証明書の提出判断基準引き下げなど、銀行のカードローン審査厳格化が進んでいます

また、消費者金融カードローンよりも、銀行カードローンは低金利を設定しています。低金利で大型融資を行なった場合、利用者が返済できなければ銀行は賃金回収ができず、督促費用も負担しなければなりません。債務不履行を防ぐため、消費者金融と比べると銀行の審査がやや厳しくなることを把握しておきましょう

④銀行口座を開設する必要があるものがある

銀行カードローンのデメリット4つ目は、銀行口座を開設する必要があるものがあることです。銀行カードローン利用時には、その銀行の口座を開設しなければならないかもしれません口座開設が必要であれば、カードローン利用開始までに手続きの時間も手間もかかってしまう恐れがあります

ただ、なかには、口座開設不要の銀行カードローンも存在します。ネット銀行系は、口座を持っていなくても申込・契約まで行えることがほとんどです。例えば、楽天銀行スーパーローンやauじぶん銀行カードローンです。とはいえ、自社銀行口座を持っていることで24時間振込可能などの優遇措置があります。そのため、時間があるなら、銀行口座も一緒に作るのがおすすめです。

⑤10万円以下の少額融資には対応していない

銀行カードローンのデメリット5つ目は、10万円以下の少額融資には対応していないことです。おもな銀行の最低利用限度額は、10万円からとなります3万円の融資が受けたい場合でも、10万円を借入れなければいけません。そうなると、本来必要ない7万円分の金利も払わないといけないのです。また、銀行カードローンは無利息期間を設けていません。

消費者金融カードローンなら、1万円から借りられるところがほとんどです。そのため、少額の融資が受けたいなら、消費者金融カードローンの方が返済額が少なくて済む可能性が高くなります。

銀行カードローンで審査される5つの内容

銀行カードローンで審査される5つの内容

銀行カードローンのメリット・デメリットを理解したところで、ここからは銀行カードローンで審査される内容を解説します。銀行カードローンの審査内容は、以下の5つです。

銀行カードローンの審査内容を満たしていないにもかかわらず、安易に申込んではいけません。審査内容を確認せずに短期間で繰り返しカードローンに申込むことで、審査に落ちやすい状況に陥ってしまう恐れがあります5つの審査内容について条件を満たしているか、申込み前に必ず確認しておきましょう

①毎月安定した収入を得ているか

毎月安定した収入を得ているかどうかは、銀行カードローンにおける必須の申込条件です。安定した収入を得ているとは、正社員だけを指すわけではありません。雇用形態は関係なく、パート・アルバイトの人も申込可能です。

ほとんどの銀行カードローンでは、50万円以上の借入れ希望の場合、収入証明書(源泉徴収票など)の提出が必要となります。各銀行カードローン公式サイトに「借入診断」が設置されているので、不安な人は試してみましょう。

②申告内容に不備や虚偽の内容がないか

申告内容に不備や虚偽の内容がないかを確認しましょう。提出書類に不備があれば、電話対応が発生するなど審査時間が余計にかかってしまいます。たとえ入力ミスによる不備であっても、審査担当者は虚偽申告なのかの判断がつきません。

連絡が取れなければ審査落ちとなる可能性も高まるため、連絡先となる電話番号やメールアドレスは特に気をつける必要があります。提出する前に再度チェックを行うようにしましょう。

③申告した勤務先に在籍しているか

申告した勤務先に在籍しているかも重要な審査基準です。申告した勤務先に在籍しているかを確認することを在籍確認といいます。在籍確認は、申込者の返済能力の有無を判断するために重要な審査です

申告した勤務先で働いていることが確認できれば、一定額の収入があるという根拠になります。申込者のプライバシーに配慮してもらえますが、銀行カードローンは原則電話での在籍確認が行なわれる点を覚えておきましょう。

④他社のカードローンでの借入れがないか

他社のカードローンでの借入れがないかも審査に影響を与えます。銀行は信用情報機関に登録されているデータから、あなたの返済能力を判断しています。なお、他社のカードローン申込み履歴は信用情報機関に記録されているため、他社の借入れ状況は隠せません

また、銀行カードローンは総量規制の対象外であっても、上限なく借入れできるわけではないので注意してください。多重債務の発生を防ぐために、総量規制に類似する自主的な基準を設定している銀行もあるため、借入れ状況を整理しておきましょう。

⑤信用情報に傷がないか

信用情報に傷がないかどうかも審査対象となります。信用情報とは、以下のような内容です。

信用情報とは、クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。

(中略)

そのため、信用情報には人種や思想、保健医療、犯罪歴などの項目は、一切含まれません。

引用元:CIC「信用情報とは」

カードローン審査では、クレヒス(クレジットヒストリー)が重要です。クレジットカードやローンの利用履歴でクレヒスに傷がついていれば、カードローン審査に落ちやすくなってしまいます。この利用履歴は、信用情報機関に記録されています。日本にある信用情報機関は、以下の3つです。

インターネットや郵送で簡単に開示できるため、あなたの信用情報に傷がないか確認しておきましょう。

あなたに合う銀行カードローンのおすすめの4つの選び方

あなたに合う銀行カードローンのおすすめの4つの選び方

それでは続いては、あなたに合う銀行カードローンのおすすめの選び方についてみてみましょう。あなたに合う銀行カードローンの選び方は、以下の4つです。

銀行カードローンで使えるATMに大差はありませんが、手数料には差が出てくる傾向にあります。差が出るポイントは、無料で取引できるかどうかです。手数料がかかる場合、1回100〜200円(税抜)程度かかり、積み重ねれば大きな差になります。余計な出費を少しでも削減していく意識を持つことは重要です。それぞれ詳しくみていきましょう。

①メインバンクの口座が活用できるカードローンを選ぶ

第1に、メインバンクの口座が活用できるカードローンを選びましょう。メインバンクは生活費口座として利用する口座であり、給与受取や固定費・クレジットカード引き落としの口座です。

メインバンクの口座を活用することで、申込時の入力などで滞ることはありません。審査で優遇特典が付くこともあり、振込融資が即時対応になるなどの利便性も高くなります。

キャッシュカードにローン機能が付帯されていれば、預金口座用のキャッシュカードをそのまま使えるかもしれません。ローンカードが別途郵送されてこないため、周りに見られても怪しまれずに済む点も魅力の一つです。

②金利が低いカードローンを選ぶ

第2に、金利が低いカードローンを選びましょう。お金を借入れた場合、借入額・借入期間に応じて金利を負担しなければなりません。そのため、銀行カードローンを選ぶ際には、金利に注目する必要があります

金利(実質年率)は、一般的に「◯%〜◯%」と記載されています。初めて融資を受ける場合、金利(実質年率)は最高金利が適用されることが多い傾向にあります。なぜなら、銀行からみた個人に対する信用度が高くないからです。返済負担が軽くなるように、金利の低い銀行カードローンに注目してみましょう。

③申込みから融資までのスピードで選ぶ

第3に、申込みから融資までのスピードで選びましょう。2018年1月より、銀行カードローンは新規個人向けの即日融資に対応していません。最短で翌営業日以降に融資が実行されますが、申込の曜日や時間帯・混雑状況によって遅くなる可能性があります。

そのため、借入れできるまでに1週間はかかるとみておきましょう。なるべく早く借入れしたい場合には、申込みから融資までにかかる時間のチェックが必要不可欠です

④借入れ・返済方法の利便性で選ぶ

第4に、借入れ・返済方法の利便性で選びましょう。各銀行カードローンの借入方法・返済方法を確認してください。注目するポイントは、以下のとおりです。

借入方法・返済方法で注目するポイント

  • 自社ATM設置数
  • 提携ATMの種類
  • パソコンやスマートフォンでの振込キャッシングの有無

あなたのライフスタイルに合わせて、最も利用しやすい銀行カードローンを選択しましょう。

おすすめ人気銀行カードローン3選の比較一覧表

おすすめ人気銀行カードローン3選の比較一覧表

銀行カードローンのメリット・デメリット・審査内容・選び方がわかりました。それでは、具体的におすすめの人気銀行カードローンをご紹介します。数ある銀行カードローンのなかでもおすすめの銀行カードローンは、以下の3つです

3つの銀行カードローンの特徴を比較一覧表にまとめましたので、参考にしてみてください。

カードローン名東京スター銀行
「スターカードローンα」
東京スター銀行
「スターカードローンα」
楽天銀行スーパーローン
楽天銀行スーパーローン
三菱UFJ銀行
三菱UFJ銀行
「バンクイック」
金利(実質年率)1.5%~14.6%1.9%~14.5%年1.8%~年14.6%
利用可能限度額1,000万円800万円500万円
利用対象者20歳以上69歳以下の方20歳以上62歳以下の国内居住の方満20歳以上65歳未満の
国内在住の人
申し込み方法WebWebインターネット、アプリ
審査可能時間不明8:00~22:00インターネットは24時間、電話は平日9:00~21:00、
土・日・祝日9:00~17:00
最短審査時間不明最短即日翌営業日に連絡
借入方法インターネットバンキング、ATM、振込会員専用サイト、電話、提携ATMATM、振り込み
返済方法口座振替、インターネットバンキング、ATM口座引落、提携ATM、会員専用サイト、口座振込自動支払い(口座引き落とし)、ATM、振り込み
返済回数・期間不明不明回数指定なし、35日サイクルでの返済
遅延した際の年率借入利率と同じ19.9%非公開
口座開設の
要・不要
必要不要不要
お得な情報30日間利息0円楽天銀行スーパーローン新規入会で1,000円分プレゼントATM利用手数料無料
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る

銀行カードローンおすすめ人気ランキング3選を紹介

銀行カードローンおすすめ人気ランキング3選を紹介

東京スター銀行の本店は東京都港区であり、おもに首都圏に店舗を展開している第2地方銀行です。第2地方銀行と地方銀行である第1地方銀行は、ともに地域に密着した普通銀行です。個人や中小企業を対象とした金融サービスを提供しており、業務内容に大きな違いはありません。楽天銀行はネット銀行、三菱UFJ銀行はメガバンクです。

それでは、それぞれの銀行カードローンの特徴をみていきましょう

1位:東京スター銀行「スターカードローンα」

東京スター銀行 スターカードローンα

出典:東京スター銀行 スターカードローンα

金利(実質年率)1.5%~14.6%
利用可能限度額1,000万円
利用対象者お申し込み時の年齢が、満20歳以上69歳以下の方
定期的な収入がある方(パート・アルバイトの方もご利用できます)
日本国籍の方または外国籍で永住権をお持ちの方で国内居住の個人の方
保証会社(アイフル株式会社)の保証が受けられる方
20歳以上69歳以下の方
申込方法Web
審査可能時間不明
最短審査時間不明
借入方法インターネットバンキング、ATM
返済方法口座振替、インターネットバンキング、ATM
返済回数・期間不明
遅延した際の年率借入利率と同じ
口座開設の要・不要必要
お得な情報契約日から30日間利息0円

おすすめ銀行カードローン1位は、東京スター銀行「スターカードローンα」です。東京スター銀行のスターカードローンαは、手続きがすべてインターネットで完結できます。そのため、来店する必要はなく、24時間申込可能です。返済用の口座が残高不足となった場合に備えて、自動融資サービスにも対応しています。

最大の特徴は、契約日から30日間利息0円サービスを実施していることです。無利息期間は消費者金融カードローンでは一般的ですが、銀行カードローンでは稀です。早めに返済できる予定があるなら、ぜひ選択肢に入れてみましょう。安心感のある銀行カードローンで無利息期間を利用したいあなたにおすすめです。今すぐ下のボタンをタップして東京スター銀行「スターカードローンα」に申込みましょう。

2位:楽天銀行スーパーローン

引用:楽天銀行スーパーローン

金利(実質年率)1.9%~14.5%
利用可能限度額最大800万円
利用対象者毎月安定した定期収入がある方
以下の全ての条件を満たす方 ①満年齢20歳以上62歳以下の方(※1) ②日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方) ③お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方 ④楽天カード株式会社または三井住友カード株式会社の保証を受けることができる方(※2)
※1 但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下 ※2 当行が認めた場合は不要です
申込方法インターネット、アプリ
審査可能時間
最短審査時間最短当日
借入方法提携ATM、振込
返済方法ご指定口座からの自動振替
随時返済時は提携ATM、振込、インターネットが利用可能
返済回数・期間回数指定なし、月1回以上(引落日は1日、12日、20日、27日から選択可能)
※27日は楽天銀行口座をお引き落とし口座にご指定いただく場合のみお選びいただけます。
遅延した際の年率19.9%
口座開設の要・不要不要
お得な情報楽天会員ランクに応じて審査優遇(※一部例外あり)

おすすめ銀行カードローン2位は、楽天銀行スーパーローンです。楽天銀行スーパーローンは、ネット銀行カードローンで、通常金利が1.9%~14.5%に設定されています。楽天会員であれば、ランクに応じて審査が優遇されるため、カードローン審査に通るか不安な人でも、申込む価値があるでしょう

セブン銀行・ローソン銀行・イーネットなど、提携ATMを無料で利用できることもネット銀行ならではメリットです。なかには口座開設が必要なネット銀行もありますが、楽天銀行スーパーローンは楽天銀行口座を保有していなくても申込めます。

定期的に新規入会者を対象に金利が半額になるキャンペーンも実施されています。楽天会員で審査に不安を感じているあなたは、今すぐ下のボタンをタップして楽天銀行スーパーローンに申込みましょう。

3位:三菱UFJ銀行「バンクイック」

出典:mufg.jp

金利(実質年率)年1.8%~年14.6%
利用可能限度額500万円
利用対象者満20歳以上65歳未満の国内在住の人
申し込み方法インターネット、アプリ
審査可能時間インターネットは24時間、電話は平日9:00~21:00、土・日・祝日9:00~17:00
最短審査時間翌営業日に連絡
借入方法ATM、振り込み
返済方法自動支払い(口座引き落とし)、ATM、振り込み
返済回数・期間回数指定なし、35日サイクルでの返済
遅延した際の年率非公開
口座開設の要・不要不要
お得な情報ATM利用手数料無料

おすすめ銀行カードローン3位は、三菱UFJ銀行「バンクイック」です。申込みは土日も含め24時間、Webで完結できます。また、三菱UFJ銀行の口座がなくても申込み可能です。

三菱UFJ銀行・セブン銀行・ローソン銀行・イーネットのATMから借入れ返済が可能で、ATM利用手数料は無料。利用時間帯は、0:10〜23:50となり、ほぼ24時間提携ATM手数料が無料で利用できる特徴があります。Webで24時間申込受付を実施しており、口座開設不要なため、なるべく早めに借入れしたい人に最適です。

メガバンクの安心感と利便性を求めるあなたは、今すぐ下のボタンをタップして三菱UFJ銀行「バンクイック」に申込みましょう。

月1,000円から返済できる

まとめ:特徴を知ってあなたに合う銀行カードローンを選ぼう

まとめ:特徴を知ってあなたに合う銀行カードローンを選ぼう

銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも最高金利が低めに設定され、安心感があるため利用したいと考える人は多いでしょう。金利を重視して即日融資を希望していなかったり、周りに借入れをバレたくないと思っていたりする人にはおすすめです。

銀行カードローンは多くのメリットがある一方で、デメリット・注意点も存在します。各社の銀行カードローンの特徴を知って、あなたに合う銀行カードローンを選びましょう

無利息期間を利用して賢く借入れしたいあなたは、今すぐ下のボタンをタップして東京スター銀行「スターカードローンα」に申込みましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次