学生におすすめのカードローン11選!ローンの種類や借りるための条件、メリット・デメリットも解説

「学生でもカードローンは申込みできる?」
「学生ローンを利用したいが、どこの会社がいいの?」

大学の授業やサークル活動とアルバイトの両立が難しく、生活費が足りないというときに役立つのがカードローンです。学生でも条件を満たしていれば、カードローンを利用できます。

本記事では学生におすすめのカードローン11選を紹介します。カードローンの種類や借りるための条件、メリット・デメリットについても解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

なお、学生に最もおすすめのカードローンはプロミス。最短3分融資が可能なので、お金に困っている方はこちらからプロミスへ申し込んでください。

\ 30日間の無利息期間あり! /

目次

学生ローンとは?

学生ローンとは、その名の通り学生を対象に貸付を行う金融サービスのこと。教育学費・資格取得費・運転免許取得費・旅行費など、さまざまな用途で柔軟に借入れできるのが大きなメリットです。学生に特化したカードローンなので、銀行カードローンよりは審査に通りやすいでしょう。

ただし学生ローンを取り扱う会社は規模が小さく、大手企業と比較するとサービス面が劣るのがデメリット。さらに利用限度額も50万円〜80万円と少額なのも、一般的なカードローンと異なる点です。

学生が借りられる3つのカードローン

ここからは学生でも利用できる3つのカードローンについて解説します。内容は以下の通りです。

カードローンの種類によって、審査スピード・申込み条件・借入れ限度額に違いがあります。自分の利用シーンに合ったカードローンを選ぶためにも、それぞれの特徴やメリットを把握しましょう。

①消費者金融カードローン

消費者金融カードローンは、安定したアルバイト収入があれば学生でも利用可能。借入限度額が高く設定されている点が学生カードローンとの違いです。審査スピードが早く、最短即日の融資を行なうところも多いため、今すぐお金が必要という方に適しています。さらに無利息期間サービスを実施しているところもあり、期間内に完済できれば金利がかかりません。

電話確認を個人名で実施したり送付物を無しに出来たりと、プライバシーに配慮した対応をしてくれるのもポイント。親や知人にお金を借りていることを知られたくないという方でも安心です。ただし銀行系カードローンに比べて、金利が高めなのがデメリット。少額の金額を短期間借入れしたい場合に適しているでしょう。

②銀行カードローン

銀行カードローンは、金利の低さが最大のメリット。個別に設定される利用限度額によっても異なりますが、消費者金融よりも金利が低めなのがほとんどです。返済が長期化しそうな場合や比較的大きな金額を借入れしたい場合に向いています。

ただし銀行カードローンは消費者金融に比べ、審査が慎重に行われる傾向にあります。成人であっても学生の申込みを受付けていないところもあるため、申込み条件をしっかり確認するようにしましょう。

また銀行カードローンでは即日の融資を行っていません。警視庁データベースを利用した反社会勢力についてのチェックが行われているため、審査に1営業日以上の時間がかかります

※参照:一般社団法人全国銀行協会「反社会的勢力との関係遮断に向けた対応について

③学生カードローン

学生カードローンは、学生しか申し込めないのが大きな特徴。銀行カードローンに比べ審査に通りやすく、アルバイトなどの収入がそれほど高くなくても利用できるのが強みです。少額の金額をなるべく早く用意したい方・アルバイトの収入がそれほど多くはないが融資を受けたいという方に適しているでしょう。

学生カードローンは通常、消費者金融が提供しており、銀行や信用金庫で取り扱っていることはほぼありません。

学生がカードローンを借りるための条件

カードローン会社によっても異なりますが、学生がカードローンを利用するための主な条件は以下の3つです。

学生がカードローンを借りるための条件

  • 満18歳以上であること ※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)を除く
  • アルバイトなどによる安定した収入があること
  • 学生カードローンで借りる場合は学生である証明ができること

カードローンの申込みは満18歳以上が最低条件です。ただし高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)は申し込みできません。また銀行カードローンや一部の消費者金融では満20歳以上となり、なかには年齢をクリアしていても学生だと申込みができないケースもあります

カードローンの審査では申込者の信頼度や返済能力をチェックされています。短期間でアルバイト先が変わっている方よりは、1年以上同じところで働いている方のほうが返済能力がある・信頼できる人物だと判断されやすいでしょう。

学生カードローンで借入れする際は、学生である証明が必須です。学生証がそれにあたりますが、紛失などの理由で用意できない場合は事前に再発行するなどの準備をしておきましょう。

学生ローンを親に内緒で利用するためのコツ

学生ローンを利用したいと考えているものの、親にバレたくないという方も多いでしょう。親に内緒で学生ローンを利用するためのコツは以下の5つです。

親に内緒で利用するためのコツ

  • 申込みはWebで完結させる
  • 利用明細をWeb確認にする
  • 連絡先を自分の携帯電話で登録する
  • 店頭での借入れ・返済を最小限にする
  • 返済期日を守り延滞・遅延しないようにする

親や同居の家族にバレる大きな原因のひとつは、契約書類やキャッシングカード、利用明細などの送付です。Web申込み・Web明細など、送付物が届かない手続き方法を選びましょう。カードローンの審査では、申込み内容の確認で電話がかかってくる可能性があります。連絡先は自宅の番号ではなく、自分の携帯電話番号で登録するようにしましょう。

借入れ・返済のためにローン会社の店舗や専用ATMに何度も出入りすると、家族や知人に目撃されてしまう可能性が高まります。借入れ・返済時はコンビニなどの提携ATMや振り込みキャッシングなどを利用し、店舗や専用ATMへの出入りを最小限にするのがおすすめです。

カードローンの返済を遅延・延滞すると自宅に電話がかかってきたり、場合によっては督促状が郵送されたりします。親バレだけでなく、信用情報機関へ異動情報が登録され、新たなローン契約などに悪影響を及ぼすリスクがあるため、カードローンの返済には遅れないよう注意しましょう。

学生カードローンのメリット

学生だからといって、必ずしも学生カードローンがおすすめというわけではありません。通常のカードローンとの違いを把握するためにも、まずは学生カードローンのメリットを見てみましょう。内容は以下の3つです。

学生カードローンのメリット

  • 学生に特化したカードローンのため審査に通りやすい
  • アルバイト先への電話確認がほぼないため周囲にバレにくい
  • 申込みから契約・返済までWebで完結できる

学生カードローンは学生に特化している分、アルバイトなどの収入が少ない方でも利用できる可能性が高いです。カードローンの審査に通るか不安な方は検討してみるといいでしょう。

学生カードローンは利用限度額が小額なため、アルバイト先への電話確認はほぼありません。一方、通常のカードローンの審査ではアルバイト先への電話確認が実施される場合があります。さらに申込みから契約・返済までWebで完結できるため、外出先でもスマートフォンから申込み可能です。親バレしたくない方はもちろん、授業やアルバイトが忙しい方にも適しています。

\ 30日間の無利息期間あり! /

学生カードローンのデメリット

学生カードローンのデメリットは以下の4つです。

学生カードローンのデメリット

  • 銀行カードローンに比べて金利が高め
  • 提出書類が多く学生証の提出が求められる
  • 借入限度額が低い
  • フリーローンのため追加融資の際に再度審査が必要

学生カードローンは銀行カードローンに比べて金利が高く、利用限度額が低いのがデメリット。また学生証や収入証明書など、必要書類が比較的多いのも通常のカードローンと異なる点です。申込みの際は必要書類をしっかり確認し、不備がないよう注意しましょう。

学生カードローンはフリーローンのため、追加融資のたびに審査が必要です。一般的なカードローンでは利用限度額の範囲内であれば、繰り返し何度でも借入れできます。使い勝手のいいカードローンをお探しの学生の方は、消費者金融カードローンも検討してみるといいでしょう。

学生カードローンを選ぶポイント

学生カードローンを選ぶ際は、以下の3つのポイントを確認しましょう。

学生カードローンを選ぶポイント

  • 申込み条件
  • 金利(実質年率)
  • 無利息期間サービス

とくに貸付対象年齢と融資限度額は重視すべきポイントです。民法改正により、2022年4月1日から成年年齢が20歳から18歳に変わりましたが、カードローン会社によっては20歳未満は申込めないところもあるので注意しましょう。また高額融資に対応していないケースもあるため、どこで借りるかを決める前にしっかり確認するのが大切です。

カードローンは金利によって、支払総額に大きな差が出ます。上限金利は金利制限法により、利用限度額に応じて年15%〜20%と定められています

元本の金額上限金利
10万円未満年20%
10万円~100万円未満年18%
100万円以上年15%
※参照:日本貸金業協会「5 お借入れの上限金利は、年15%~20%です

初めてカードローンを利用する場合や小額での借入れの場合、上限金利が適用されるケースがほとんど。カードローンを申込む際は、上限金利で比較するのが大切です。

カードローンの多くは、初回申込みを条件に無利息期間サービスを実施しています。一定期間内に完済できれば、利息がかからず元本のみの支払いで済むため、支払総額を抑えたい方は忘れず利用しましょう。キャンペーンや特典、利用にあたっての条件も申込むカードローン会社によって異なります。自分の利用シーンや用途に合わせて選ぶといいでしょう。

\ 30日間の無利息期間あり! /

学生が利用できる消費者金融カードローンおすすめ5選

学生が利用できる消費者金融カードローンおすすめ5選を紹介します。おすすめの消費者金融カードローンは以下の通りです。

消費者金融カードローンおすすめ5選

消費者金融カードローンは、審査スピードの早さ・最短即日の融資が可能なのが大きなメリットです。急な出費でお金が必要になったときに、一番使いやすいカードローンといえるでしょう。また無利息期間サービスを提供しているところも多く、金利の負担を軽減できるのも魅力です。

①プロミス

出典:promise.co.jp
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
金利(実質年率)4.5~17.8%
利用可能限度額500万円
利用対象者年齢18~74歳のご本人に安定した収入のある方(高校生および定時制高校生、高等専門学校生を除く)
・18歳および19歳の方は収入証明書類のご提出が必須となります。
・収入が年金のみの方はお申込いただけません。
申込方法Web・アプリ・来店・電話
審査可能時間9:00~21:00
最短審査時間最短3分
借入方法インターネット振込・スマホATM・コンビニ・提携ATM・プロミスATM・プロミスコール(電話)
返済方法インターネット返済・口座振替・スマホATM・コンビニ・提携ATM・プロミスATM・銀行振込
返済回数・期間最終借入後原則最長6年9ヶ月(1~80回)
遅延した際の年率  (遅延損害金)20.0%(実質年率)
口座開設の要・不要不要
担保不要
お得な情報初めての方に30日間無利息サービス
お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

プロミスは申込み・借入れ・返済までWebサイトや公式アプリで完結できるのが特徴。契約書類やローンカードの郵送物なしで申込みできるため、親バレしたくない方でも安心です。さらに最短3分で融資可能なので、今すぐお金が必要な方に向いています。

またプロミスでは30日間無利息サービスが用意されているのも魅力。初回借入れの翌日から無利息で借入れできる30日間がスタートするため、急いで借入れする必要がありません。

申し込み条件は満18歳からと、他社に比べて対象年齢の下限が低いのもポイント。20歳未満でも利用できるカードローンをお探しの方はチェックしてみてください。

\ 30日間の無利息期間あり! /

②アイフル

アイフル
出典:aiful.co.jp
金利(実質年率)3.0~18.0%
利用可能限度額800万円※1
利用対象者満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方
申込方法Web・アプリ・電話・無人店舗
審査可能時間非公開
最短審査時間最短18分※2
借入方法振込・スマホアプリ(セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM)・提携ATM
返済方法振込・提携ATM・コンビニ・口座振替
返済回数・期間1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い、借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)※3
遅延した際の年率  (遅延損害金)20.0%
口座開設の要・不要不要
お得な情報初めての方に最大30日間利息0円サービス
※1ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です
※2お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます
※3500万円を12.0%(実質年率)で借入した場合

大手消費者金融のアイフルは、24時間365日スマートフォンから簡単に申込み可能です。最短18分※2で融資可能なほか、Web契約時にカードレス・口座振替(自動引落)を選択すれば郵送物は一切なし。原則、勤務先への在籍確認が不要と明言しているため、親バレしたくない方はもちろん、アルバイト先に知られたくない学生にもおすすめです。

契約・融資・借入れ状況など、カードローンに必要な情報をスマホアプリで確認できるのもポイント。利便性が高いカードローンをお探しの方に向いています。

\ 申し込み時に原則在籍確認なし/

③アコム

出典:acom.co.jp
金利(実質年率)3.00%~18.00%
利用可能限度額800万円
利用対象者20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方
申込方法Web、店舗、電話、郵送
審査可能時間9時~21時
最短審査時間最短20分※1
借入方法Web、スマホアプリ、電話、全国のアコムATM、コンビニ、金融機関ATM
返済方法Web、アコムATM、提携ATM、振込、口座振替
返済回数・期間最終借入日から最長9年7ヵ月・1回~100回
遅延した際の年率  (遅延損害金)20%
口座開設の要・不要不要
担保不要
お得な情報初めて利用する人に30日間無利息サービス
※1お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

三菱UFJフィナンシャル・グループに属するアコムは、2023年6月末時点で利用者数165万8,000件(参照:アコム公式サイト「事業概況に関するご質問 カードローン会員は何万人いるのか教えてください。」)とトップクラスの人気を誇る消費者金融です。さらに自宅や勤務先への電話確認が不要なほか、ローンカード・契約書類の郵送も原則なしで契約可能。プライバシーに配慮している点も魅力です。

また楽天銀行の口座がある方であれば、24時間受付で最短1分で借入れできるサービスを利用できます。初めてカードローンを申し込む方はもちろん、急な支払いで今すぐお金が必要という方にもおすすめです。

\最短20分審査で書類手続き不要!/

④SMBCモビット

出典:SMBCモビット
金利(実質年率)3.0~18.0%
借入/返済手数料三井住友銀行のATMなら手数料無料
利用可能限度額800万
利用対象者年齢満20歳〜74歳の安定した定期収入のある方(当社基準を満たす方)
アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能
収入が年金のみの方はお申込いただけません。
申込方法Web・ローン契約機・電話
審査可能時間9時〜21時
最短審査時間30分
申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
借入方法振込キャッシング・提携ATM・スマホATM取引
返済方法口座振替・ATM返済・振込返済・インターネット返済ならびにポイント返済
返済回数・期間最長60回(5年)ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、
合理的な理由があると当社が認めた場合には、最長106回(8年10ヶ月)
遅延した際の年率 (遅延損害金)20%
口座開設の要・不要不要
お得な情報利息分の返済でVポイント付与

三大メガバンクのひとつ、三井住友銀行を傘下に持つSMBCグループに属するSMBCモビット。インターネットで契約を完結でき、即日最短30分で本審査の結果がでるのが大きな特徴です。公式アプリでの借入れにも対応しているほか、Web明細への切替で郵送物をなしにできるため、家族や周囲にバレたくない方でも安心して利用できます

またVポイントサービスとの連携が可能なのも魅力。カードローン・クレジットカード・Tカードと3つの機能を備えたTカードプラスを利用すれば、返済やショッピングによりVポイントが貯まります。Vポイントをメインに利用している方は着目してみるといいでしょう。

\ 10秒で簡易審査後、本審査も進めておけば手続きがスムーズに

⑤レイク

レイクALSA
出典:lakealsa.com
金利(実質年率)4.5%~18.0%
利用可能限度額500万円
利用対象者満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)
申込方法Web・電話・来店
審査可能時間8:10~21:50(Web申し込み)
最短審査時間25分
借入方法ATM,振り込み
返済方法口座振替,振り込み,Web,ATM
返済回数・期間最大60回・最長5年
遅延した際の年率  (遅延損害金)20.0%
口座開設の要・不要不要
担保不要
お得な情報最大180日間利息0円

レイクは初めて利用される方を対象に、選べる無利息サービスを提供しているのが大きな特徴。Webからの申し込みで60日間無利息、もしくは5万円までの借入れで180日間無利息を選べます。利息をなるべく節約したい方・5万円までの小額の借入れをしたい方におすすめです。

また月々の返済日を都合に合わせて柔軟に変更可能。返済日を自由に決められるのもレイクならではのメリットです。

初めての利用なら60日間無利息!

学生が利用できる銀行カードローンおすすめ3選

学生が利用できる銀行カードローン3選を紹介します。おすすめの銀行カードローンは以下の3社です。

銀行カードローンは消費者金融カードローン・学生カードローンに比べ、審査や申込み条件が厳しいものの、金利が低いのが大きなメリット。なるべく利息を節約したい方は、ぜひチェックしてみてください。

①楽天銀行スーパーローン

引用:楽天銀行スーパーローン

金利(実質年率)1.9%~14.5%
利用可能限度額最大800万円
利用対象者毎月安定した定期収入がある方
以下の全ての条件を満たす方 ①満年齢20歳以上62歳以下の方(※1) ②日本国内に居住している方(外国籍の方は、永住権または特別永住権をお持ちの方) ③お勤めの方で毎月安定した定期収入のある方、または、専業主婦の方 ④楽天カード株式会社または三井住友カード株式会社の保証を受けることができる方(※2)
※1 但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下 ※2 当行が認めた場合は不要です
申込方法インターネット、アプリ
審査可能時間
最短審査時間最短当日
借入方法提携ATM、振込
返済方法ご指定口座からの自動振替
随時返済時は提携ATM、振込、インターネットが利用可能
返済回数・期間回数指定なし、月1回以上(引落日は1日、12日、20日、27日から選択可能)
※27日は楽天銀行口座をお引き落とし口座にご指定いただく場合のみお選びいただけます。
遅延した際の年率19.9%
口座開設の要・不要不要
お得な情報楽天会員ランクに応じて審査優遇(※一部例外あり)

楽天銀行スーパーローンは楽天カード・楽天銀行口座がある方や楽天ポイントをメインに利用されている方におすすめ。楽天会員ランクに応じ審査優遇されるほか、新規ご入会特典で楽天ポイントがもらえるのが最大の魅力です。

楽天銀行口座がなくても利用できますが、楽天銀行口座があれば24時間借入れ・返済が可能。さらに手数料もかからないので、利用を検討中の方は楽天銀行口座の開設をおすすめします。ただし電話による在籍確認・ローンカードの送付が必須です。カードローンの利用が周囲にバレやすいので注意しましょう

②auじぶん銀行カードローン

auじぶん銀行 じぶんローン

出典:auじぶん銀行 じぶんローン

金利(実質年率)1.48%~17.5%
利用可能限度額最大800万円
利用対象者20歳以上70歳以下の安定した収入のある方
申込方法Web
審査可能時間不明
最短審査時間60分
借入方法ATM、振込
返済方法口座引落、ATM
返済回数・期間不明
遅延した際の年率19.94%
口座開設の要・不要不要
お得な情報新規契約でPontaポイント1,500ポイント付与

auじぶん銀行とはKDDIと三菱UFJ銀行の共同出資によって設立したインターネット銀行です。低金利で借入れできるのが大きな特徴で、auIDをお持ちの方ならau限定割により年利0.98%〜で借入れ可能。携帯キャリアがauの方や利息をなるべく抑えたい方におすすめです。

また金利9%以下・10万円未満の場合、月々の最低返済額が1,000円と小額。毎月の返済で生活費が圧迫される心配がありません。

③ソニー銀行カードローン

ソニー銀行カードローン

出典:ソニー銀行カードローン

金利(実質年率)2.5%~13.8%
利用可能限度額800万円
利用対象者ソニー銀行に普通預金口座をお持ちの方、
20歳以上65歳未満の安定した収入がある方
申し込み方法Web
審査可能時間不明
最短審査時間翌営業日
借入方法ATM、サービスサイト
返済方法口座引落、ATM、サービスサイト
返済回数・期間不明
遅延した際の年率14.6%
口座開設の要・不要不要
お得な情報なし

ソニー銀行カードローンは上限金利が年13.8%と、一般的な銀行カードローンに比べて低金利なのが魅力。多くのカードローンでは利用限度額が低い場合、上限金利が適用されます。小額で借入れしたい方・上限金利が比較的低いところを検討されている方におすすめのカードローンです。

ソニー銀行カードローンの申込みは、ソニー銀行の口座を開設している方に限定されており、口座を保有していない方は申込みと同時に口座開設を求められます

学生が利用できる学生カードローンおすすめ3選

学生が利用できる学生カードローンおすすめ3選を紹介します。おすすめの学生カードローン会社は以下の3社です。

学生カードローンおすすめ3選

学生カードローンは学生でも審査に通りやすいほか、大学卒業後でも追加融資に対応してくれるところも多くあります。

①アミーゴ

アミーゴ

出典:gakusei-loan.com

金利(実質年率)14.4%~16.8%
利用可能限度額50万円
利用対象者20歳以上34歳までの安定した収入のある学生
申し込み方法Web
審査可能時間平日11:00~18:00
最短審査時間審査可能時間内であれば当日中に審査
借入方法銀行振込
返済方法銀行振込
返済回数・期間5年間(最大60回)
遅延した際の年率20%
口座開設の要・不要不要
お得な情報

アミーゴは、創業40年以上の歴史を誇る学生カードローンです。新規申込み条件は安定した収入のある満20歳以上29歳までの学生の方ですが、会員の方であれば卒業後でも利用可能。就活や社外研修など、卒業後の支出がかさみやすい時期に備えられます。長く付き合える学生ローンをお探しの方はチェックしてみてください

また24時間Web申込み対応、融資決定後最短10分で融資可能なので、授業やアルバイトで忙しい方にもおすすめです。

24時間いつでも申し込みOK

②イー・キャンパス

出典:ecampus.jp
金利(実質年率)14.5%~16.5%
利用可能限度額50万円
利用対象者満18歳以上30歳までの安定した収入のある学生
申し込み方法Web
審査可能時間平日 10:00〜18:00土曜日10:00〜16:00
最短審査時間即日
借入方法Web・電話
返済方法銀行振込・店頭
返済回数・期間5年間・最大60回
遅延した際の年率20%
口座開設の要・不要不要
お得な情報30日間無利息期間会員後、友達紹介で現金(2,000円~5,000円)プレゼント

イー・キャンパスは、上限金利が年16.5%と他の学生カードローンに比べて低金利なのが大きな特徴。運転免許証の所持で16%、学費目的や渡航目的での借入れで15.5%に下がるなどの金利優遇があるのも大きな魅力です。

また卒業後40歳までなら利用可能なのもポイント。社会人になると学生のときより利用限度額の上限が30万円高くなり、上限金利も年16.5%のままです。上限金利が年18%前後の消費者金融カードローンに比べ低金利で利用できるため、長期に渡って使いやすいカードローンといえます。

③カレッヂ

カレッジ

出典:3205-1105.co.jp

金利(実質年率)15.0%~17.0%
利用可能限度額50万円
利用対象者高卒以上の大学生、短大生、予備校生、専門学生でアルバイトなどの収入がある方
申し込み方法来店、Web、電話
審査可能時間平日10:00~18:00
土曜10:00~14:00
(日祝・第二・四土曜日はお休み)
最短審査時間営業時間内であれば即日可能
借入方法店頭窓口、銀行振込、カレッヂ店舗ATM、セブン銀行ATM
返済方法カレッヂ店舗ATM、セブン銀行ATM、銀行振込、現金書留、店頭持参
返済回数・期間5年(最長60回)
遅延した際の年率20%
口座開設の要・不要不要
お得な情報

カレッヂは、学生の街・高田馬場に拠点を置く学生専門の消費者金融。Webからでも申込みでき、全国の学生対象で利用できます。さらにカレッヂカードを利用すれば、全国のセブン銀行ATMで手数料無料で借入れ・返済可能です。少額の借入れを予定している方・手数料を節約したい方はチェックしましょう。

金利は17.0%の1パターンのみ。ほかの学生カードローンに比べて金利が高めです。また無利息期間サービスがないため、返済総額が膨らんでしまうのがデメリットです。

学生カードローンに関するよくある質問

ここからは学生カードローンに関する、よくある質問についてまとめています。内容は以下の2つです。

学生カードローンの利用を検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

カードローンを利用した学生は就活に不利になる?

カードローンを利用したからといって、就活に不利になることは無いでしょう。その理由は、カードローンの利用履歴などが残されている信用情報は個人情報であり、原則本人の同意無しに信用情報を開示できないためです。過去にカードローンの利用歴がある方・カードローンを利用中の方でも、就職・転職への影響を心配する必要はありません。

ただし金融機関への就活を考えている方は注意が必要。ほとんどの金融機関では自社内で顧客管理のためのデータベースを持っています。もし借入れ先が就活先だった場合、自社内で持つデータからカードローンの利用が知られる可能性が無いとは限りません。就活に影響しないよう、複数のカードローンの申込み・支払いを滞納しないことが重要です。

学生ローンの審査に通りやすいポイントはある?

カードローンの審査内容は非公開ですが、審査通過するためのポイントとしては以下の4つがあげられます。

審査通過するためのポイント

  • 安定した収入を得る
  • 希望の借入れ限度額を少額にする
  • クレジットカードやローンの支払いを延滞をしない
  • 申込み時は正しい内容を申告する

学生ローンは、アルバイトなどで毎月安定した収入を得てから申込むのがおすすめです。数万円の収入でも、継続して勤務している方のほうが信頼性が増し、審査に通りやすくなります。

審査通過を重視するのであれば、希望の利用限度額を少額で申し込むといいでしょう。利用限度額が低ければ低いほど、元金の回収が短期で完了するため、審査基準が低くなります。

また学生カードローンを含む消費者金融では総量規制により、年収の3分の1を超える貸付が原則禁止されています。(参照:日本貸金業協会「1 お借入れは年収の3分の1までです」)アルバイトで得た年収の3分の1以上で利用限度額を希望すると、審査通過できないので注意しましょう。

クレジットカードやローンの返済は延滞せず、期日内に支払うのが審査に通るための重要なポイントです。カードローンの審査では、申込者本人の信用情報を照会し、クレジットカードやローンの支払い状況・返済履歴を調べています。万が一、信用情報に延滞などの履歴があると審査に影響がでるため、返済期日を守るよう心がけましょう

まとめ

この記事では学生におすすめのカードローンについて解説いたしました。学生がカードローンを利用するうえで以下のポイントに注意しましょう。

注意するポイント

  • 申込み条件・融資までの時間・金利をしっかり確認し、自分の用途に合ったカードローンを選ぶこと
  • 審査に通りやすくするためにも、アルバイトを継続し安定した収入を得ること
  • 必要最低限の限度額で申込みし、返済が滞らないよう注意すること

急な出費に備えられるカードローンは、学生にとって強い味方ですが、返済を怠ると信用情報に傷がつき、さまざまな悪影響を及ぼす可能性があります。無理なく返済していくためにも、借入れは必要最小限に留めるようにしましょう。

なお、学生に最もおすすめのカードローンはプロミス。最短20分融資が可能なので、お金に困っている方はこちらからプロミスへ申し込んでください。

\ 30日間の無利息期間あり! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次