ニュースレター登録

カード

家計のために生活費を少しでも減らそうと、日々努力している人も多いでしょう。実は、生活費の支払いをクレジットカードで済ませると、苦労せずに節約ができます。

「でも、どんなクレジットカードを選べば効果的なのかがわからない」と悩んでしまうかもしれません。そこで、本記事では生活費の支払いがオトクになるクレジットカード12選をご紹介します。

また、カードの選び方のポイントカードの活用方法も解説しています。自分に合ったクレジットカードを選んで、生活費をストレスフリーで節約してください。

\ 「オリジナル家計診断書」無料プレゼント /

無料診断する

生活費の支払いに最適なクレジットカードの選び方4つのポイント!自分に合ったカードを選ぼう

生活費の支払いに最適なクレジットカードを選ぶために、次の4つのポイントをおさえておきましょう。

  1. 還元率で選ぶ
  2. 年会費で選ぶ
  3. ブランドで選ぶ
  4. 特典や付帯サービスで選ぶ

これらのポイントを知らずにカードを選ぶと、後から後悔することも。「カード選びを間違った」と、カードを作り直すと手間が余分にかかります。4つのポイントを確認したうえで、最適なクレジットカードを選びましょう。

①還元率で選ぶ

生活費をオトクに支払うためには、還元率をチェックしてください。支払った金額に対してどの程度ポイント還元されるのか、還元率の高さによって異なります。

カードによっては、特定の店舗で還元率が上がるものもあります。普段利用している店舗が高還元率の対象になっていると、よりオトクにポイントを得られます。また、還元されるポイントの種類が自分の生活圏内で使えるかどうかも確認が必要です。

年間の生活費をカードで支払うとまとまった金額になるため、還元率の高さがオトクさを左右します。各カードの還元率を重視して、カードを選びましょう。

なお、高還元率のクレジットカードについては以下の記事でも紹介しています。ぜひご覧ください。

②年会費で選ぶ

クレジットカードには、年会費無料のタイプから、年会費が必要なタイプまでいろいろあります。おすすめのタイプは、年会費無料のカードです。

生活費をクレジットカードで支払ううえで、カードの維持費が不要という点は重要です。生活費を上手に節約するという目的にも合っています。本記事で紹介するクレジットカード12選はすべて年会費無料なので、ぜひ参考にしてみてください。

③ブランドで選ぶ

クレジットカードには多くのブランドがあり、どれがいいのか悩んでしまうかもしれません。迷った場合は、海外でも利用できる国際ブランドを選びましょう。海外旅行の時も、宿泊費用やショッピング代をカードで支払うことができます。

おすすめのカードブランドは、世界シェア1位のVISAと2位のMastercardです。VISAは世界シェアが約54%と高く、次いでMastercardも約26%を占めています。国内・海外問わず使用できる店舗が多いため、カード払いができる範囲が広がります。

④特典や付帯サービスで選ぶ

還元率だけではなく、特典や付帯サービスで選ぶといっそうオトクになるケースがあります。特典等を活用すると、より生活費が節約できます。

例えば、いつも利用しているスーパーが提携しているカードを使うことで割引を受けられる特典があれば、ポイント還元と合わせて節約につながります。特典や付帯サービスも見逃さず、チェックしておきましょう。

生活費の支払いがオトクになるクレジットカード12選|迷ったらおすすめをチェック!

それでは、生活費の支払いがオトクになるクレジットカード12選をご紹介します。どのカードも基本スペックが優れているうえに、それぞれが異なる強みを持っています。よく利用する店舗やオンラインサービスがある場合、提携したカードを選ぶとよりオトクです。

記事を参考に、ぜひあなたにぴったりの1枚を見つけてください。

①JCB CARD W:パートナー店舗を賢く利用して大幅ポイントアップ

年会費 0円
還元率 1%
ポイント名 OkiDokiポイント
国際ブランド JCB
申し込み条件 満18歳以上39歳以下の方
付帯サービス 旅行傷害保険(海外):最高2,000万円
ショッピングガード保険(海外):最高100万円

JCB CARD Wは、パートナー店舗での利用でポイント還元率が最大11倍になります。パートナー店舗には、スターバックスやセブンイレブン、モスバーガーなどの店舗に加え、アマゾンとメルカリのようなオンラインサービスも含まれています。

これらのお店をよく利用している人にとって、非常にオトクなカードです。JCB CARD Wは18歳~39歳の人のみが申し込めるため、該当年齢の人はチャンスを逃さず利用してください。いったんカードを作ると、40歳以降も同じ条件のまま使えます。

②楽天カード:楽天ユーザーはオトクにポイントゲット

年会費 0円
還元率 1%
ポイント名 楽天ポイント
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB・AmericanExpress
申し込み条件 満18歳以上の方
付帯サービス 新規入会&利用で5,000ポイント

楽天ユーザーは楽天カードを使うと、どんどんポイントが貯まります。基本還元率は1%ですが、楽天市場では常時3%以上に還元率がアップします。楽天銀行や楽天証券などの利用条件達成で、楽天市場の還元率は15%以上になることも。

また、楽天市場でのクレジットカード利用額が2万円を超えると、その月の街でのポイント還元率が2%になるキャンペーンも開催されています。(2021年10月現在のキャンペーンでエントリーが必要、付与上限あり)

楽天経済圏で利用することで、ポイントが簡単に増やせるので、楽天ユーザー必携の1枚といえるでしょう。カードブランドは4種類の国際ブランドから選べるので、海外旅行もオトクに楽しめます。

③リクルートカード:高い還元率と汎用性の高いポイントで節約

年会費 0円
還元率 1.2%
ポイント名 リクルートポイント
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB
申し込み条件 満18歳以上の方
付帯サービス 旅行傷害保険(国内・海外):最高2.000万円
ショッピング保険(国内・海外):年間200万円

リクルートカードは、使いやすいうえに還元率が高いクレジットカードです。還元率が1.2%なので、1万円使うと120円分のポイントが還元されます。出費が多いほど還元率の高さが効果を発揮するので、まとまった金額となる生活費の支払いにぴったりです。

さらに、リクルートが運営する「じゃらん」や「ポンパレモール」を利用すると、最大4.2%還元されます。

また、貯まったポイントは1ポイント=1円として使えるほか、Pontaやdポイントに交換できます。Pontaやdポイントを利用している人にとって、ありがたい機能といえるでしょう。

④dカード:電子マネー機能を活用してスマートに節約

年会費 0円
還元率 1%
ポイント名 dポイント
国際ブランド VISA・Mastercard
申し込み条件 満18歳以上の方
付帯サービス 海外旅行保険(29歳以下の方のみ):最大2,000万円
国内旅行保険(29歳以下の方のみ):最大1,000万円
お買い物あんしん保険:年間100万円

dカードはNTT DOCOMOによって運営されているクレジットカードです。クレジットカード単体で利用してもポイントが還元されますが、おすすめはd払いと合わせて活用することです。d払いとは、店舗やネットショッピングの支払いを携帯料金と合算して支払える決済サービスです。

d払いで決済すると0.5%~1%のポイントが還元されるのですが、d払いの支払い方法をdカードに設定することで、さらに1%ポイントが還元されます。

いわばポイントをダブルで貯められるので、効率よくポイントが貯まり、オトクです。さらに、NTT DOCOMOの携帯をご利用の場合は、新規申し込み時に特典ポイントを得られます。DOCOMOユーザーは、要チェックのカードです。

⑤イオンカードセレクト:イオン系列ユーザーは普段の買い物がオトクに

年会費 0円
還元率 1%
ポイント名 WAONポイント
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB
申し込み条件 満18歳以上の方
付帯サービス ショッピングセーフティ保険:年間50万円

イオンカードセレクトは、クレジットカードとイオン銀行のキャッシュカード、電子マネーのWAONが一体化したカードです。このカードを次のようにフル活用すると、ポイントが効果的に貯まります。

  • イオングループ対象の店舗なら、ポイントがいつでも2倍
  • 毎月10日の「AEONCARD Wポイントデー」なら、対象店舗以外でもポイントが2倍
  • 優待加盟店での利用でもポイントが貯まる
  • イオン銀行を給与振込口座に指定すると、毎月10ポイント
  • オートチャージ200円ごとに1ポイント

イオンのスーパーやショッピングモールでよく買い物をしているなど、イオン系列を利用している人におすすめします。

⑥三井住友カードNL:生活費の支払いで貯まったポイントを運用して節約

年会費 0円
還元率 0.5%
ポイント名 Vポイント
国際ブランド VISA・Mastercard
申し込み条件 満18歳以上の方
付帯サービス 海外旅行傷害保険:最大2,000万円

三井住友カードNLは、カード番号や有効期限が印字されていないナンバーレスのカードです。番号が必要なときはカード郵送時の台紙やVアプリからすぐに確認できます。印字がないことでカードの余分な厚みがなくなり、財布がよりスッキリします。

基本の還元率は低いですが、3大コンビニとマクドナルドでは最大5%還元されます。コンビニをよく利用する場合、非常にオトクです。

提携企業であるSBI証券で、カードで投資するとポイントが取引金額に応じて貯まります。現在資産運用を始めるかどうか迷っている方にもぜひおすすめしたいカードです。

⑦Orico Card THE POINT:還元率1%以上保証でポイントが貯まりやすい

年会費 0円
還元率 1%
ポイント名 オリコポイント
国際ブランド Mastercard・JCB
申し込み条件 満18歳以上の方
付帯サービス 紛失・盗難保障

Orico Card THE POINTは、ポイントをためやすいカードです。基本の還元率が1%ですが、入会後6か月間は還元率が2%です。さらに、オリコモールを利用してネットショッピングすると、最大2%が還元されます。

電子マネーのiDとQUICPay、Apple Payを搭載しているため、コンビニ等での少額の買い物がしやすい点も特徴です。ポイントがためやすいうえに使い勝手がいいカードといえるでしょう。

⑧セブンカードプラス:クレジットカードとプリペイドカードの活用で賢く節約

年会費 0円
還元率 0.5%
ポイント名 nanacoポイント
国際ブランド VISA・JCB
申し込み条件 満18歳以上の方
付帯サービス イトーヨーカドーとセブンイレブンで、
対象商品にボーナスポイント付与など

セブンカードプラスは、クレジットカードとプリペイドのnanacoカードが一体化したカードです。nanacoにクレジットカードからチャージするだけで、ポイントが貯まります。そして、チャージしたnanacoで買い物をすると、またポイントが貯まるという仕組みです。

イトーヨーカドーなどセブン&アイ系列で対象商品を購入すると、通常ポイントに加えてボーナスポイントが付与されるというサービスもあります。セブン&アイ系列のユーザーにおすすめの1枚です。

⑨au PAYカード:ポイントを携帯料金に使って固定費削減

年会費 0円
還元率 1%
ポイント名 Pontaポイント
国際ブランド VISA・Mastercard
申し込み条件 満18歳以上の方
付帯サービス 海外旅行あんしん保険:最大2,000万円
お買い物あんしん保険:年間100万円

au PAYカードは、auユーザーの方に特におすすめしたいクレジットカードです。

新規入会して次の条件を満たすと、最大1万ポイントを付与されます。

  • au PAY残高へのチャージで最大3,500ポイント
  • au PAYカードでのショッピング利用で最大3,500ポイント
  • au PAYカードでの公共料金支払い、またはETCカードの新規発行と利用で3,000ポイント

貯まったポイントはさまざまな用途に使えますが、大きな魅力はポイントをauの携帯料金支払いに使えることでしょう。auのスマホをご利用の場合、ポイントで料金を支払えるのでとてもオトクです。

⑩Amazon Mastercardクラシック:Amazonユーザーは高還元率でお買い物

年会費 0円(年1回以上の利用で翌年も0円)
還元率 1%
ポイント名 Amazonポイント
国際ブランド Mastercard
申し込み条件 満18歳以上の方
付帯サービス 入会特典で2,000ポイント付与

Amazonでよく買い物をする人にぴったりなカードが、Amazon Mastercardクラシックです。基本の還元率は1%ですが、Amazonで使用すると1.5%還元されます。Amazonでの買い物が多いほど、オトクになるカードです。

また、入会特典の2,000ポイントは無条件で得られます。Amazon Mastercardクラシックが発行された次の日に加算されるため、すぐにお買い物をポイントで楽しめます。

⑪エポスカード:ポイントの使い道が豊富で楽しみながら節約

年会費 0円
還元率 0.5%
ポイント名 エポスポイント
国際ブランド VISA
申し込み条件 満18歳以上の方
付帯サービス インターネットからの新規申し込みで2,000円分還元

エポスカードは、ポイントの使い道が豊富なクレジットカードです。使い道の例として、以下のものが挙げられます。

  • マルイでのショッピング時にポイントで支払う
  • ネット通販でポイント分を割引する
  • 商品券やギフトカードに交換する
  • 他社ポイントやマイルに交換する

また、ポイントで投資信託を購入して資産形成することも可能です。100ポイントから始められるので、気軽にポイントで投資をしながら資産を増やしてみませんか。

⑫ANA JCBカードZERO:必要経費でポイントをためてオトクに旅行しよう

年会費 0円
還元率 0.5%
ポイント名 ANAマイル
国際ブランド JCB
申し込み条件 満18歳以上29歳以下の方
付帯サービス ショッピング保険(海外):最高100万円

旅行が好きな人におすすめなのが、ANA JCBカードZEROです。ANA JCBカードシリーズの中で唯一、年会費無料で利用できます。

毎日の必要な買い物代金や支出をこのカードで支払うことで、マイルをためられる点が特徴です。飛行機をよく利用するジェットセッターにぴったりの1枚です。

ただし、申し込めるのは18歳~29歳の人に限られています。該当年齢の人は大きなチャンスなので、ぜひ見逃さないでください。

この記事の内容の他にも、「お金が貯まる29の知恵」を1冊にまとめました。
今ならLINE登録するだけで、無料でプレゼントしています。
この機会に是非一度LINE登録して、特典を今スグ受け取ってください。

生活費をクレジットカード払いにすると年間3~4万円オトク!?支払いシミュレーション

「生活費をクレジットカード払いにすると、どの程度オトクになるのか、具体的に知りたい」という人もいるでしょうう。

2人以上世帯の平均的な生活費を還元率1%のクレジットカードで支払った場合、1か月にどのくらいポイントが貯まるのかをシミュレーションしました。

<2人以上世帯の平均的な生活費をカード払い(還元率1%)にしたシミュレーション>

支出内訳 金額 ポイント
食費 8万198円 801
住居 1万7,374円 173
光熱・水道 2万1,836円 218
家具・家事用品 1万2,708円 127
被服および履物 9,175円 91
保険医療 1万4,296円 142
交通・通信 3万9.972円 399
教育 1万293円 102
教養・娯楽 2万4,987円 249
その他の消費支出 4万7,088円 470
合計 27万7.926円 2,772

参考:総務省統計局「家計調査報告(家計収支編)2020年平均結果の概要」

毎月2,772ポイントが貯まる場合、1年間では2,772×12=3万3,264ポイントが貯まります。1ポイント=1円なら、年間で3万円以上に相当します。

シミュレーションに用いた生活費は、あくまで全国平均の金額です。実際は家庭によって消費額が異なりますが、平均的な生活費で考えるとオトクなことがわかります。特典等を活用すると、さらにオトクになります。

賢く家計管理するためのクレジットカード活用法3選

生活費の支払いにぴったりのクレジットカードを選べたでしょうか。クレジットカードでさらに上手に家計を管理するために、次の3点を確認してください。

  1. 家族カードを利用する
  2. 決済を1枚のクレジットカードにまとめる
  3. キャンペーンを活用する

この3点を実行することで、よりオトクにクレジットカードを活用できます。それぞれについて解説します。

①家族カードを利用する

家族内で、自分だけではなく配偶者や子どもがクレジットカードを使う場合は、家族カードを利用しましょう。家族がそれぞれ別のクレジットカードを保有すると、ポイントが分散してしまってなかなか貯まりません。

しかし、家族カードにするとポイントを1つにまとめられ、1世帯で大きな還元を狙えます。上述のおすすめトップ3に挙げた「JCB CARD W」「楽天カード」「リクルートカード」を始めとして、多くのクレジットカードが家族カードを用意しています。

家族がクレジットカードを持つなら、ぜひ家族カードを活用しましょう。

②決済を1枚のクレジットカードにまとめる

生活費の支払いはすべて、1枚のクレジットカードにまとめましょう。理由は2つあります。まず、決済を複数のクレジットカードに分けると、1枚あたりのカード利用額が少なくなり、ポイントがなかなか貯まりません。

そして、複数枚のクレジットカードで生活費を支払っていると、利用額の引き落とし日やカードの使用期限、ポイントの失効期限がバラバラになり、家計管理が大変です。スケジュール管理が厄介なうえに、うっかり期限を見落として損をするおそれがあります。

ポイントが貯まりやすく、かつ家計管理が簡単になるので、決済は1枚のクレジットカードで行うこともおすすめです。

なお、クレジットカードを1枚にまとめるメリット・デメリットについて以下で詳しく解説しています。こちらも合わせてご覧ください。

③キャンペーンを活用する

クレジットカード会社が定期的に行うキャンペーンをうまく活用しましょう。キャンペーンやイベントは、カード利用者を増やす目的で行われるため、オトクになる場合が多いです。

「クレジットカードのキャンペーンといえば、入会特典なのでは」と思うかもしれませんが、実際にはカード利用に関するキャンペーンも定期的に実施されています。「一定期間内での利用で還元率アップ」「対象店舗での利用で還元率アップ」など、さまざまなキャンペーンがあります。

これらのキャンペーンはアプリ上やメールで告知されることが多いため、見逃さないように気をつけておきましょう。

まとめ:家計はクレジットカードで賢く管理しよう

生活費の支払いにぴったりのクレジットカード12選を紹介しました。カードの選び方や活用方法もあわせて解説しています。本記事でおさえておきたいポイントは次の3点です。

  • 年会費0円と還元率の高さ、特典等にこだわってカードを選ぶ
  • 生活費をカードで支払うと年間3~4万円節約できる/li>
  • 生活費の決済は1枚にまとめ、家族には家族カードを渡す

生活費を現金決済・口座振替からクレジットカード払いに変えるだけで、ポイントが貯まって楽に節約ができます。その上、支出がすべてクレジットカードの情報に集約されるので、家計管理が簡単に行えます。クレジットカードを使って、ストレスフリーに家計を賢く管理しましょう。

\ 「オリジナル家計診断書」無料プレゼント /

無料診断する

CONTENTS 注目のコンテンツ

THIS WEEK’S RANKING 今週の記事ランキング