ニュースレター登録

カード

40代のクレジットカードの平均保有率は男女共に8割を超えており、多くの40代がクレジットカードを所有しています。

しかし、ライフスタイルやビジネススタイルに応じた適切なクレジットカードを選択できているでしょうか。

本記事では、40代のクレジットカードの選び方のポイントを解説した上で、おすすめのクレジットカードを紹介します。自分に合うクレジットカードを選ぶ際に、ぜひ参考にしてください。

\ 「オリジナル家計診断書」無料プレゼント /

無料診断する

40代のクレジットカードの選び方

40代のクレジットカードの選び方を以下で確認しましょう。

信頼が高く高級感もある!「ステータスの高さ」で選ぶ

クレジットカードは、一般(普通)カード・ゴールドカード・プラチナカードの3つのランクに分けることができ、一般的にはゴールドカード以上はステータスカードと呼ばれます。

ゴールドカード以上のクレジットカードは、一般(普通)カードと比べて入会時の審査が厳しく、中にはカード会社からのインビテーション(招待)がなければ保有できないカードもあります。

ステータスカードは年会費が高めに設定されており、その分付帯特典やサービスが手厚いことが特徴です。カードの利用限度額も一般カードよりも高く設定されており、ワンランク上の買い物や旅行時にも便利に利用できます。

よりお得に買い物ができる!「還元率」で選ぶ

公私共に忙しい40代は、支出額もおのずと大きくなる年代です。そのため、少しでも還元率のいいカードを所有することでクレジットカードをよりお得に利用できます。

ただし、ポイントの貯まりやすさだけに注目してカードを選ぶのではなく、ポイントの使いやすさにも同様に目を向けると良いでしょう。

ポイントの使途がどの程度充実しているのかといった点や、日常の中で利用頻度の多い店舗でポイントの使えるかどうかを確認した上で入会することが大切です。

ラウンジも利用可能!「ビジネスシーンで利用できるかどうか」で選ぶ

国内外への出張が多い人は、ビジネスシーンでの利用も想定してカードを選ぶと良いでしょう。クレジットカードにはさまざまな特典やサービスが付帯されており、無料で空港ラウンジの利用特典が付加されているカードなら出張時にも非常に便利に利用できます。

また、各種保険が付帯されていれば国内外でトラブルに遭遇した際にも安心です。

【40代向け】ステータスの高さが魅力のクレジットカード3選

ステータスが高い40代向けのクレジットカードを以下で確認しましょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード:高いステータス性と多彩なサービス

年会費 31,900円
還元率 0.5%
国際ブランド AMERICAN EXPRESS

アメックスカードは富裕層が持つクレジットカードとして認知度が高く、その中でも「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」は憧れの1枚ともいえるカードです。

空港のラウンジ利用はもちろんのこと、海外旅行時は自宅から空港間のスーツケースの配送が1つ無料など、トラベル系のサービスの充実度には定評があります。

継続特典としてザ・ホテル・コレクション・国内クーポンが15,000円、スターバックスで利用できるドリンクチケット3,000円がもらえ、継続の度に楽しみが増えるカードです。

三井住友カードゴールド:信頼と安心感の高さが魅力

年会費 11,000円
還元率 0.5%
国際ブランド Visa・Mastercard

海外で大きなシェアを持つVisaと、カード会社大手の三井住友カードが提携して発行している「三井住友カードゴールド」は、信頼性と安心感が抜群で利便性も高いことが特徴です。

「WEB明細」コースなど支払い方法の指定や特定のサービスの申し込みを条件に、翌年度以降の年会費が安くなる割引サービスがあります。

ポイントの有効期限は3年間と通常の三井住友カードよりも1年長く設定されており、大手コンビニエンスストアなど対象店舗での利用でポイントが+2%に。「Vpassアプリ」の利用通知機能や家計管理機能はキャッシュレス生活を送る上で非常に便利なツールです。

JCBゴールド:優待店の利用でポイントアップ

年会費 初年度無料
2年目以降11,000円
還元率 0.5%
国際ブランド JCB

「JCBゴールド」は、日本唯一の国際ブランドであるJCBのプロパーカードです。補償額最高1億円の海外旅行傷害保険をはじめ、国内旅行やショッピングの際のトラブルの保障が手厚く、高い安心感を得ることができます。

JCB ORIGINAL SERIESパートナーと呼ばれるポイント優待店では、amazonや成城石井、ホテル椿山荘東京といった多数の有名な店舗や施設が登録されており、利用時のOki Dokiポイントは2倍以上が付与されとさらにお得に

利用状況次第ではワンランク上の「JCBゴールド・ザ・プレミア」に招待され、最上位のステータスと価値を持つ完全招待制のカードを所有することができるかもしれません。

この記事の内容の他にも、「お金が貯まる29の知恵」を1冊にまとめました。
今ならLINE登録するだけで、無料でプレゼントしています。
この機会に是非一度LINE登録して、特典を今スグ受け取ってください。

【40代向け】ポイント還元率が高いクレジットカード3選

支出が増える40代なら、ポイントの還元率がいいカード選びにもこだわりましょう。ポイント還元率が高いカードを以下で3つご紹介します。

ライフカード:誕生月の利用で還元率1.5%に

年会費 無料
還元率 0.5%
国際ブランド Visa・JCB・Mastercard

「ライフカード」は、誕生月の利用でポイントが通常時の3倍にアップし、さらにライフカードが運営するL-Mallの利用でポイントが最大25倍になります。

厳選された人気ショップが500店以上あり、L-Mallの経由忘れを教えてくれるL-Mallナビゲーターを利用することでさらに効率良くポイントを貯めることができます。

年会費はかからず最短3営業日でカードが発行でき、家族カードやETCカードの発行も無料です。

入会条件は「日本国内に居住する18歳以上(高校生を除く)で、電話連絡が可能な方」とされており、他のクレジットカードに比べて入会条件が比較的緩いため加入しやすいカードといえるでしょう。

リクルートカード:基本還元率1.2%の高水準

年会費 永年無料
還元率 1.2%
国際ブランド Visa・JCB・Mastercard

「リクルートカード」の魅力はなんといっても1.2%を誇る還元率の高さであり、さらに年会費が永年無料で所有コストがかからないことです。

リクルートカードで決済をすることで、食品や日用品が揃うポンパレモールの利用で4.2%以上、じゃらんでは3.2%が還元され、日々の買い物から特別な日の支出がよりお得にすることができます。

dポイントやPontaポイントとの互換性が高く、1ポイント=1円としてさまざまなジャンルの店舗で利用でき、幅広い使途が用意されています。

Orico Card THE POINT:入会後半年間は還元率が2%

年会費 永年無料
還元率 1.0%
国際ブランド JCB・Mastercard

還元率は常時1%と高く、入会後半年は還元率2%で買い物が楽しめる「Orico Card THE POINT」はネットショップの利用頻度が高い人に最適な1枚です。

オリコモールを経由すると、0.5%のオリコポイントが特別加算、さらにショップごとに0.5%以上の利用加算がつくため、amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングといった人気ショップを利用するたびにポイントアップを実感することができます

また、iDとQUICPayの2つの電子マネーが搭載され、対応店舗ならカードをかざすだけで支払いが完了します。Apply Payにも対応しており、決済時の負担が軽い点もメリットです。

【40代向け】ビジネスシーンでも使いたいおすすめクレジットカード4選

ビジネスシーンで利用できるクレジットカードの詳細を以下にまとめました。

JALカード:会員限定サービスが充実

年会費 2,200円(入会後1年無料)
還元率 0.5%
国際ブランド Visa・JCB・Mastercard

「JALカード」は、ビジネスを含めJALの利用頻度が高い人におすすめです。

日常の買い物から趣味やレジャーまで、日々のさまざまな場面で200円=1マイルとしてマイルが自動積算され、さらに3,300円を追加してショッピングマイル・プレミアムに入会することで100円=1マイルに還元率がアップされます。

国内ツアーは5%、海外ツアーは3%の割引になり、フリーダイヤルを利用した国内線の予約が可能になるなど、会員限定のトラベル系付帯特典が豊富です。

楽天プレミアムカード:快適さと安心を兼ね備えたサービスが充実

年会費 11,000円
還元率 1.0%
国際ブランド Visa・JCB・AMERICAN EXPRESS・Mastercard

1,300ヶ所以上の海外空港ラウンジで使えるプライオリティ・パスに無料で申し込めることが「楽天プレミアムカード」の魅力です。搭乗前の待ち時間を会員制ラウンジで過ごせるほか、空港内のレストランやスパを割引料金で利用できます。

楽天市場の利用は諸条件を満たすとポイントが5%になり、誕生月の利用は還元率が1%アップと、ポイントが貯まりやすいこともプレミアムカードならではの特典です。

優待サービスとして、「楽天市場コース」「楽天トラベルコース」「エンタメコース」から気になるサービスを1つ選ぶことができます。例えば、エンタメコースならRakuten TVや楽天ブックスの利用でポイントが+1%になるなど、ライフスタイルに合うサービスを利用できます

ANAワイドカード:搭乗ボーナスマイルが普通カードに比べて大幅アップ

年会費 7,975円
還元率 0.5%
国際ブランド Visa・Mastercard

「ANAワイドカード」は搭乗ボーナスマイルが25%も貯まり、入会時や毎年のカード継続時に付与されるボーナスマイルと合わせてマイルが貯まりやすく、ANAマイルを貯めたい人向けのカードといえます。

日々の買い物200円につき1ポイントが付与され、1ポイント=1マイルとしてマイル移行が可能なため、普段使いでもマイルを取得できる優れたカードです。

マイ友プログラムと呼ばれる紹介者特典を利用すると、紹介者・入会者共に500マイルがもらえ、WEB明細の利用で次年度の年会費が550円割引されるなど、独自特典も豊富に揃っています。

ダイナースクラブカード:国内外の1,000ヶ所以上の空港ラウンジが無料

年会費 24,200円
還元率 0.5%
国際ブランド Diners Club

利用限度額は個別に設定され、一律の制限を設けていない「ダイナースクラブカード」は、車の購入や海外旅行時など高額な決済時にも便利です。ダイナースクラブコンタクトレスと呼ばれるタッチ決済機能が搭載され、対象店舗の端末にかざすだけで支払いが完了します。

また、国内外の1,000ヶ所を超える空港ラウンジの利用が無料で、ダイナースクラブが厳選する国内ホテルや旅館なら、部屋のアップグレードなどの宿泊優待が利用できるなどサービスも充実しています。

国内・海外傷害旅行保険は最高で1億円の補償額が付帯されており、ショッピング・リカバリーと呼ばれる購入後の破損・盗難への補償などのサポートも手厚く、年会費以上の価値のあるカードです。

まとめ

本記事では、40代におすすめのクレジットカードと選び方のポイントを紹介しました。公私共に充実する40代は支出額が増えることも多く、カードを選ぶ際には還元率に注目するといいでしょう。

また、ビジネスや旅行などで海外に行く頻度が高い人は、マイルが貯まるカードや海外でも利用できる各種付帯保険特典の豊富なカードが選択肢になるかもしれません。

クレジットカードをよりお得に、便利に利用するためにはライフスタイルや利用頻度に応じたカードを選ぶことが重要です。経済的にゆとりの出てくる40代ならではのカードをぜひ選んでみてください。

\ 「オリジナル家計診断書」無料プレゼント /

無料診断する

CONTENTS 注目のコンテンツ

THIS WEEK’S RANKING 今週の記事ランキング