ニュースレター登録

ローン

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の審査を通過するには、在籍確認が必要です。在籍確認と聞くと、勤務先にカードローンの利用がばれるのを不安に感じたり、うまく在籍確認ができるか心配になる人もいるでしょう。

今回の記事では、バンクイックの在籍確認について解説します。在籍確認のタイミングや確認内容、在籍確認を避ける方法についても紹介するので、「バンクイックを利用したいけど在籍確認が不安」という人も安心してカードローン申込ができます。

もしかして、「なかなかお金が貯まらない。。」とお悩みではないですか?
マネーコーチの家計診断では、FPに無料で診断してもらい、家計を診断・改善することができます。
今なら、家計状況をまとめたオリジナルの診断書をプレゼントしています。
お金のことで悩みがあるという方も、この機会に是非一度利用してみてください。

\ 「オリジナル家計診断書」無料プレゼント /

無料診断する

バンクイックの在籍確認とは?

バンクイックに限らずカードローンを申込すると在籍確認が行われるのはなぜでしょう。在籍確認の目的と概要について説明します。

在籍確認はカードローン審査のひとつ

在籍確認はカードローンの審査のひとつで、利用者が申告した会社に本当に勤務しているかを確認するために行います。会社に勤めて安定した収入を得ていることが分かれば、借入金の返済能力があると判断できるからです。

源泉徴収票や所得証明書などで前年の収入は把握できますが、現在も同じ会社で働いているのかまでは判断できません。そのため、カードローン審査においては在籍確認が重要になります。

カードローンの申込方法にかかわらず在籍確認は必須

SMBCモビットのWEB完結申込は在籍確認がない(※)ことで人気ですが、バンクイックはどうでしょうか。残念ながら、バンクイックのカードローンでは在籍確認が必須です。

銀行は「利用者の収入状況や返済能力の正確な把握」が求められているからです。過剰な借入で消費者が返済困難にならないように、平成29年3月16日には「銀行による消費者向け貸付けに係る申し合わせ」が行われました。

※SMBCモビットの公式サイトに「お勤め先への電話確認なし」「自宅への郵送物なし」と掲載されています。ただし、本人確認書類の提出は必須、収入証明書類が必要なケースもあります。

バンクイックの在籍確認の具体的な内容

バンクイックの在籍確認はどのように行うのでしょう。在籍確認の方法やタイミング、確認内容について見ていきましょう。

在籍確認の方法は勤務先への電話連絡

バンクイックの在籍確認方法は、原則勤務先への電話連絡です。バンクイックの担当者から、カードローン申込時に記載した勤務先電話番号に連絡が入ります。

バンクイックからの電話連絡で「勤務先にカードローンの利用がばれるのでは?」と不安を感じる人もいますが心配ありません。バンクイックの担当者は「三菱UFJ銀行」または「担当者の個人名(※)」を名乗るため、電話を受けた人がカードローンだと気付くことはまずありません

※要事前相談(必ず対応してもらえるわけではありません)。

在籍確認はローン申込後から始まる

次は、在籍確認のタイミングです。カードローン会社各社は審査スピードを競っているため、早ければ仮審査の段階で在籍確認が入ることもあります。カードローンを申込んですぐに勤務先に連絡が入る可能性もあることを考慮しておきましょう。

バンクイックから電話があるのは以下の営業時間内の時間です。土日も営業しているため在籍確認が行われます。

  • 平日  :9:00~21:00
  • 土日祝日:9:00~17:00

在籍確認で聞かれることは利用者の在籍状況

在籍確認で聞かれることは、利用者の在籍状況だけです。バンクイックの担当者は電話を受けた人に利用者に電話を代わってもらうように依頼します。利用者本人につながれば確認終了、不在の場合でも「外出しています」などの応答があれば在籍していると判断されます。

勤続年数や勤務状況などの質問は一切ないため安心してください。在籍確認による審査について、より詳しく知りたい人は次の記事をご確認ください。

職場への電話連絡を避ける方法

バンクイックの在籍確認でカードローンの利用がバレることはまずありませんが、どうしても在籍確認を避けたい場合の対応を紹介します。

「職場への電話連絡を避けたい」ことを電話連絡

バンクイックの在籍確認(職場への電話連絡)を避けるには、バンクイックにその旨を電話連絡しましょう。連絡先は「第二リテールアカウント支店(電話番号0120-959-555)」です。

申込後すぐに勤務先に連絡が入る可能性もあるため、どうしても在籍確認を避けたい場合は申込手続きが終わり次第連絡しましょう。

職場への電話連絡に代わる在籍確認資料

第二リテールアカウント支店に職場への電話連絡を止めてほしいことを伝えると、担当者が電話連絡に代わる対応を教えてくれます。具体的には、次の在籍確認資料の提出です。

  • 直近の給与明細
  • 健康保険証
  • 社員証 など

この記事の内容の他にも、「お金が貯まる29の知恵」を1冊にまとめました。
今ならLINE登録するだけで、無料でプレゼントしています。
この機会に是非一度LINE登録して、特典を今スグ受け取ってください。

バンクイックの在籍確認に関する注意点

バンクイックの在籍確認の概要について解説してきました。次は、審査をスムーズに進めるための注意点を説明します。

注意点①:バンクイックからの電話で在籍確認ができないことがある

1つ目の注意点は、バンクイックから勤務先への電話で在籍確認ができないケースがあることです。具体的には次のケースが考えられます。

  • 会社に人がいない、電話が立て込んでいる、などの理由で電話がつながらない
  • 電話を受けた人が利用者のことを知らなかったため在籍確認できない
  • 勤務先の方針などで私的な情報は一切教えてくれないため在籍確認できない など

つながりやすい時間帯や電話番号をバンクイックに伝える、自分宛てに電話があることを勤務先の人に伝えるなど、在籍確認がスムーズに進むように事前対応が重要です。

注意点②:在籍確認で勤務先にカードローン利用がばれることがある

2つ目の注意点は、在籍確認で勤務先にカードローン利用がばれる可能性があることです。「三菱UFJ銀行」というメガバンクから電話であるためカードローンだと気付かれることはまずありませんが、何事も100%とはいい切れません。

不安のある人は、バンクイック(第二リテールアカウント支店・0120-959-555)に電話連絡して、確認資料提出による在籍確認を依頼しましょう。

注意点③:在籍確認が当日完了しても即日融資は受けられない

2つ目の注意点は、在籍確認が当日完了してもその日に融資は受けられないことです。2018年1月から、銀行カードローンは即日融資できなくなったためです。反社勢力との取引を防ぐために警察庁に照会が必要となり、審査に時間がかかるようになりました。

即日融資が必要な人は、消費者金融カードローンの利用を検討しましょう。

バンクイックの在籍確認に関してよくあるQ&A

最後に、バンクイックの在籍確認に関して質問の多い点についてQ&A形式で紹介します。

Q1:在籍確認で審査に落ちることはある?

在籍確認で審査に落ちることもあります。例えば次のようなケースです。

  • 勤務先に電話してもつながらないなど、在籍を確認できない
  • 在籍は確認できたが休業していることが判明した
  • 申込時に申告した勤務先が虚偽であることが分かった など

また、在籍確認に問題がなくても、他社で借入が多かったり返済が滞っている場合など、ほかの理由で審査に落ちることもあります

Q2:パート・アルバイトも在籍確認はある?

パートやアルバイトの人でも在籍確認はあります。注意したいのは、パートやアルバイトの人の場合、電話を受けた人が自分の氏名を知らないケースです。パートやアルバイト先の人に自分宛に電話が入ることを、事前に伝えておきましょう

Q3:派遣社員の在籍確認は?

派遣社員の在籍確認は、派遣元の会社に対して行われます派遣社員の勤務先は派遣元になるからです。派遣社員がカードローンを利用する際に注意すべき在籍確認の概要と対処策については、次の記事を参照してください。

まとめ:早期の在籍確認が審査期間短縮のポイント

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の審査に通るには、在籍確認が必要です。バンクイックの担当者は「三菱UFJ銀行」を名乗り利用者が在籍していることを確認するだけであるため、勤務先にカードローンの利用がばれる心配はほぼありません

勤務先への連絡をどうしても避けたい場合は、申込後すぐに第二リテールアカウント支店に電話連絡して、給与明細など在籍確認資料による確認を依頼しましょう。

在籍確認が終わらないと審査に通らないため、融資を急ぐ人は在籍確認がスムーズに進むように対応しましょう。

もしかして、「なかなかお金が貯まらない。。」とお悩みではないですか?
マネーコーチの家計診断では、FPに無料で診断してもらい、家計を診断・改善することができます。
今なら、家計状況をまとめたオリジナルの診断書をプレゼントしています。
お金のことで悩みがあるという方も、この機会に是非一度利用してみてください。

\ 「オリジナル家計診断書」無料プレゼント /

無料診断する

CONTENTS 注目のコンテンツ

THIS WEEK’S RANKING 今週の記事ランキング