引越し費用が払えない場合の対処法4選!項目別の費用相場や初期費用を抑えるコツをご紹介

引越しは新生活のスタートを切る大切なイベントですが、その際にはさまざまな費用がかかります。引っ越しの初期費用が払えないかもしれないと悩んでいる人もいることでしょう。

本記事では、引っ越しの初期費用が払えない場合の対処法を5つ紹介します。初期費用をできるだけ抑える方法も解説するので、引っ越しを検討している人はぜひ最後までお読みください。

引っ越しの初期費用のような一時的な出費には、アイフルがおすすめです。審査時間は最短20分、手続きはWEB完結で完了できます。初めての利用なら最大30日間無利息なので、以下のボタンをタップしてアイフルに申し込みましょう。

\ 申し込み時に原則在籍確認なし/

【最短即日】おすすめのキャッシングサービス

  • 1位:アイフル|最短20分の融資に対応
  • 2位:SMBCモビット|提携ATM数全国12万台以上(2022年4月現在)
  • 3位:アコム|新規契約率No. 1!安心の実績が魅力
目次

引っ越しの初期費用が払えないときの対処法5選

引っ越しの初期費用が払えないときの対処法5選

引っ越しの初期費用が払えないときは、以下の5つの方法を利用して対処しましょう。

それぞれ詳しく解説するので、自分の状況と照らし合わせて適切な方法を選択してください。

①カードローンを利用する

引越しの初期費用の支払いに便利なのは、カードローンです。カードローンは申し込み完了から借入開始までの時間が短く、すぐに利用できるのが特徴です。

安定した収入があればアルバイトでも融資を受けられるため、引っ越しを予定している学生でも利用できる可能性が十分あります。

ただし、クレジットカードでの分割払いと同じように、利息がかさみ、返済総額が高くなる可能性があります。利息や返済計画をよく検討してから利用しましょう。

おすすめのカードローンが知りたい人は、下記記事を参考にしてください。

②クレジットカードを利用する

物件の契約にクレジットカードを利用できるなら、すぐに現金が用意できない場合に重宝します。クレジットカードには分割払い機能があり、引っ越しの初期費用を複数回にわけて支払うことも可能です。一括での支払いが無理でも、分割払いを利用すれば支払える人も多いでしょう。

ただし、分割方法によっては手数料が発生するため注意が必要です。分割回数が多いほど、返済総額が高くなります。返済総額やクレジットカードの利用枠などをしっかり把握したうえで利用しましょう。

おすすめのクレジットカードが知りたい人は、下記記事を参考にしてください。

③国や自治体の助成金制度を利用する

③国や自治体の助成金制度を利用する

自治体によっては、引っ越し費用や家賃の援助をしてくれる助成金制度を利用できる場合があります。学生や子育て・新婚世帯、高齢者など対象者には条件がありますが、給付を受けられれば負担を軽減できます。

全国の主な助成金制度は、以下のとおりです。

全国の主な助成金制度

  • 結婚生活支援事業(国)
  • 住宅確保給付金(国)
  • 次世代育成転居助成(東京都新宿区)
  • 子育て世帯住替え助成事業(福岡県福岡市)
  • 愛知県移住支援事業(愛知県)

引っ越しのための助成金制度を設けている自治体は多数存在します。引っ越しを検討している人は、移転先の自治体のホームページや国の制度を確認しましょう。

④家族や友人に借りる

カードローンやクレジットカードなどが利用できない場合は、引っ越しの初期費用を家族や友人に借りるのも1つの手段です。頼れる人が身近にいるのであれば、相談してみましょう。

貸してもらえた場合は、家族や友人であっても借用書を作成し、具体的な返済計画を明示してください。「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉の通り、近しい間柄であっても金銭トラブルによって関係が壊れることは多々あります。

身内に相談するのは気が引ける人もいるかもしれません。しかし、しっかりと事情を話し、具体的な返済プランを説明すれば、前向きに検討してくれるはずです。

⑤分割払いができるか相談する

不動産会社や賃貸仲介業者に、分割払いオプションがあるか確認してみましょう。会社によっては、初期費用の分割払いに対応しています。分割払いができる場合、入居後数ヶ月の家賃に分割分を上乗せして支払う形が一般的です。

すべての不動産会社や引越し業者で対応しているわけではありませんが、相談すれば柔軟な支払い方法を提示してくれるかもしれません。初期費用全額は難しくても、敷金や礼金だけなど一部の費用だけ分割にできる可能性もあります。

確実に分割払いを利用したい場合は、不動産会社を選ぶ時点で対応の有無を確認しましょう。

引っ越しの初期費用を抑える5つの方法

引っ越しの初期費用を抑える5つの方法

引っ越しの初期費用が足りなくなる可能性がある人は、以下の初期費用を抑える5つの方法を試してみましょう。

初期費用を抑えるコツを事前に抑えておけば、払えなくなるリスクを軽減できます。1つずつ解説するので、引っ越しを検討している人はぜひ参考にしてください。

①敷金・礼金0円の物件を探す

近年では、敷金・礼金が0円の物件も多く見られるため、そのような物件を選べば初期費用を抑えられます。敷金・礼金の役割は、以下の通りです。

敷金賃貸物件を借りる際に入居者が大家や管理会社に預ける担保金
礼金入居者が大家や管理会社にお礼の意味を込めて渡すお金

敷金は、家賃の不払いがあった場合や、入居者の不注意または故意に発生した物件の汚損などの退去時の修繕に当てられる費用です。そのため、敷金が0円の物件を選ぶと退去時の費用が高くなる場合があります。とはいえ敷金は返ってくるお金ではあるため、支払っても無駄にはなりません。

対して礼金は返ってこないお金のため、積極的に節約したい費用の一つです。敷金礼金どちらも0円の物件が見つからないときは、礼金だけなしの物件で探してみましょう。

②初期費用の値下げが可能か交渉をする

賃貸物件へ引っ越しするときの初期費用の内訳を、以下の表にまとめました。

項目相場
共益費・管理費家賃の5~10%程度
礼金家賃1ヶ月分
敷金家賃1ヶ月分
日割り家賃(月の途中で入居する場合)家賃÷月の日数×入居日数
前家賃(翌月分の家賃)家賃1ヶ月分(家賃+管理費・共益費)
仲介手数料家賃1ヶ月分まで
鍵交換費用1万5,000円~2万円
部屋の消毒費用1〜2万円
火災保険料1万5,000円~2万円
保証会社の利用料(保証人がいない場合)家賃半月~1ヶ月分

初期費用は家賃の5〜6ヶ月程度が一般的と言われています。しかし、入居タイミングや物件選びをうまくすれば家賃の2ヶ月分程度まで下げられることもあります。値下げしてもらえる可能性がある項目は、以下のとおりです。

値下げしてもらえる可能性のある初期費用

  • 仲介手数料
  • 部屋の消毒費用
  • 鍵交換費用など

物件を借りる際に不動産会社や管理会社に相談してみると、コストを抑えられるかもしれません。

ただし、入居希望者が多い物件で過度に交渉してしまうと審査で落とされる可能性があるので注意してください。

③フリーレント物件を探す

③フリーレント物件を探す

フリーレント物件とは一定期間、家賃が無料になる物件です。フリーレントの期間は入居後1〜3ヶ月程度の場合が多いです。前家賃に当たる費用が削減できるため、初期費用を抑えるのに大きく貢献します。不動産会社に値下げ交渉をする際も、フリーレントは交渉次第で付けてもらいやすい部分です。

フリーレントの物件で注意しておきたい点は「短期違約金」です。フリーレント物件の多くは、半年や1年といった短期間で解約してしまった場合、違約金の支払いを求められます。

すぐに引っ越す予定がある人は避けた方がよいですが、1年以上住む見込みがあるならそこまでデメリットにはならないでしょう。

④繁忙期を避けて引っ越す

引っ越し業者の料金設定は、時期や曜日によって異なります。2〜4月上旬や異動が多い9月といった引っ越しが多いとされる時期や、土日祝日は料金が高く設定されている場合が多いです。平日でも大安の日や時間指定をすると、費用がかさみがちなので、できるだけ避けましょう。

繁忙期に引越す場合と、オフシーズンに引越す場合では倍近く費用が変わる可能性があります。引っ越しの時期を自由に選べるなら、5~8月や10~1月のオフシーズンを狙うとよいでしょう。

⑤複数の引っ越し業者に見積もりを依頼する

引っ越し業者によっても料金設定に差があります。複数の業者から見積もりを取ることで、できるだけ安い業者を選択できるでしょう。他の業者から見積もりを取っていることを担当者に伝えると、値下げ交渉もできる可能性があります。

荷物が少ない場合や転居先までの距離が近い場合は、自分自身で引っ越しを行う方法もあります。もしレンタカーを借りたとしても、引っ越し料金よりも安く済むことが多いです。

自分1人だけでは大変な場合は、友人や家族の手を借りて引越し作業を行うことで、引っ越し業者の費用を削減できます。

引っ越しの初期費用が払えないときにおすすめのカードローン5選

引っ越しの初期費用が払えないときにおすすめのカードローン5選

カードローンは審査申し込みから借り入れまでの時間が短いので、引っ越しの初期費用を払う際に便利に利用できます。おすすめのカードローンは、以下の5つです。

消費者金融名 アイフル
アイフル

SMBCモビット
アコム
アコム
プロミス レイク
レイク
金利3.0%~18.0%3.0%~18.0%3.0%~18.0%4.5%~17.8%4.5%~18.0%
利用可能限度額800万円※2800万円800万円500万円500万円
利用対象者満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方で、基準を満たす方 堅実な生計を営み、かつ収入と
不調和な債務をお持ちでない方で、
基準をみたす方
20歳以上の安定した収入と
返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方
年齢18~74歳のご本人に安定した収入のある方(高校生および定時制高校生、高等専門学校生を除く)
・18歳および19歳の方は収入証明書類のご提出が必須となります。
・収入が年金のみの方はお申込いただけません
満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)
申し込み方法Web,アプリ,電話,来店Web,電話,来店Web,電話,来店,郵送Web,電話,来店Web,電話,来店
審査可能時間非公開9:00~21:009:00~21:009:00~21:008:10~21:50(Web申し込み)
最短審査時間最短20分※3 最短30分最短20分※1最短3分※425分
借入方法ATM,振り込みATM,振り込みATM,振り込みATM,振り込み,電話,来店ATM,振り込み
返済方法インターネット、口座振替(自動引き落とし)、振込、スマホアプリ、提携ATM口座振替、ATM返済、振込返済、
インターネット返済、ポイント返済
インターネット、アコムATM、提携ATM、
振込、口座振替(自動引き落とし)
口座振替,振り込み,
ATM,来店
Web返済、SBI新生銀行カードローンATM、
口座振替、スマホATM、提携ATM、振込
返済回数・期間最大151回
最長14年6ヶ月
最大60回・5年以内(特例として認められる
場合のみ最大106回・8年10か月以内)
最大100回
最長9年7ヵ月
最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回最大60回
最長5年
遅延した際の年率20.0%20.0%20.00%20.0%20.0%
口座開設の
要・不要
不要不要不要不要不要
お得な情報はじめての方なら最大30日間利息0円Vポイントが貯まる・使える初めての申し込みなら
30日間利息0円
30日間無利息
V1,000ポイントプレゼント
初めてならWeb申し込みで60日間利息0円
公式サイト 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
※1お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。※2ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です※3お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。※4お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

それぞれの特徴を解説するので、カードローン会社を選ぶ際の参考にしてください。

①アイフル:最短20分の融資に対応

アイフル
出典:aiful.co.jp
金利(実質年率)3.0~18.0%
利用可能限度額800万円※1
利用対象者満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方
申込方法Web・アプリ・電話・無人店舗
審査可能時間非公開
最短審査時間最短18分※2
借入方法振込・スマホアプリ(セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM)・提携ATM
返済方法振込・提携ATM・コンビニ・口座振替
返済回数・期間1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い、借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)※3
遅延した際の年率  (遅延損害金)20.0%
口座開設の要・不要不要
お得な情報初めての方に最大30日間利息0円サービス
※1ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です
※2お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます
※3500万円を12.0%(実質年率)で借入した場合

アイフルは、WEB申し込みなら最短20分で融資が可能な消費者金融カードローンです。来店不要で、借り入れまでの時間が短いので急な出費にも十分対応できます。

価格.comの調査によると、カードローンカテゴリの人気ランキングで、2023年上半期第1位を獲得しています。ユーザー評価も上々です。

Web申込みは24時間365日対応で、審査結果はメールを待つだけです。銀行振込やスマホアプリを利用すれば、カードレスで最短20分で融資を受けられるので、急ぎで利用したい場合におすすめのカードローンです。

また「カードレスなら郵送物無し」「原則職場や自宅への連絡無し」なので、プライバシーへ配慮も徹底されています。

アイフルでは、はじめての方なら最大30日間利息0円サービスを実施中。引っ越しの初期費用のように一時的に借りるなら、はじめての方で最大30日間金利0円のアイフルを利用しましょう。

\ 申し込み時に原則在籍確認なし/

②SMBCモビット:提携ATM数全国12万台以上(2022年4月現在)

出典:SMBCモビット
金利(実質年率)3.0~18.0%
借入/返済手数料三井住友銀行のATMなら手数料無料
利用可能限度額800万
利用対象者年齢満20歳〜74歳の安定した定期収入のある方(当社基準を満たす方)
アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能
収入が年金のみの方はお申込いただけません。
申込方法Web・ローン契約機・電話
審査可能時間9時〜21時
最短審査時間30分
申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
借入方法振込キャッシング・提携ATM・スマホATM取引
返済方法口座振替・ATM返済・振込返済・インターネット返済ならびにポイント返済
返済回数・期間最長60回(5年)ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、
合理的な理由があると当社が認めた場合には、最長106回(8年10ヶ月)
遅延した際の年率 (遅延損害金)20%
口座開設の要・不要不要
お得な情報利息分の返済でVポイント付与

SMBCモビットは三井住友カードが提供するカードローンブランドです。初めて利用する人でも安心して申し込めます。申し込みから借り入れまでWeb完結可能で、勤務先への電話連絡も原則ありません。

SMBCモビット返済や借り入れを行うごとに、金額に応じたVポイントが付与されます。たまったVポイントは1ポイント=1円で返済に充てられるのも魅力的です。Vポイントを日常的に利用する人に特におすすめのカードローンです。

信頼性が高く、Vポイントがためられるカードローンを利用したい人は、今すぐ以下のボタンから申し込みましょう。

\ 10秒で簡易審査後、本審査も進めておけば手続きがスムーズに

③アコム:新規契約率No. 1!安心の実績が魅力

出典:acom.co.jp
金利(実質年率)3.00%~18.00%
利用可能限度額800万円
利用対象者20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方
申込方法Web、店舗、電話、郵送
審査可能時間9時~21時
最短審査時間最短20分※1
借入方法Web、スマホアプリ、電話、全国のアコムATM、コンビニ、金融機関ATM
返済方法Web、アコムATM、提携ATM、振込、口座振替
返済回数・期間最終借入日から最長9年7ヵ月・1回~100回
遅延した際の年率  (遅延損害金)20%
口座開設の要・不要不要
担保不要
お得な情報初めて利用する人に30日間無利息サービス
※1お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコムは、総利用者数約160万人を誇る日本トップクラスの消費者金融カードローンです。株式会社ドゥ・ハウスのイメージ調査では、以下の3部門で1位を獲得。

アコムがイメージ調査で1位を獲得した部門

  • 即日欲しい人向けと思う
  • 契約・手続きが簡単と思う
  • はじめてでも安心感があると思う

他社と比較しても認知度の高いカードローンだといえます。

アコムは、増額手続きの豊富さも魅力的です。引っ越しの初期費用のように予定外の出費が発生したときは、増額を相談してみましょう。

初めて利用する人は、契約日翌日から30日間は無利息で融資を受けられます。早めに返済できそうな人は無利息で利用できるため、今すぐ下のボタンをタップしてアコムに申し込みましょう。

\最短20分審査で書類手続き不要!/

④プロミス:最短3分のスピード融資が可能

出典:promise.co.jp
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
金利(実質年率)4.5~17.8%
利用可能限度額500万円
利用対象者年齢18~74歳のご本人に安定した収入のある方(高校生および定時制高校生、高等専門学校生を除く)
・18歳および19歳の方は収入証明書類のご提出が必須となります。
・収入が年金のみの方はお申込いただけません。
申込方法Web・アプリ・来店・電話
審査可能時間9:00~21:00
最短審査時間最短3分
借入方法インターネット振込・スマホATM・コンビニ・提携ATM・プロミスATM・プロミスコール(電話)
返済方法インターネット返済・口座振替・スマホATM・コンビニ・提携ATM・プロミスATM・銀行振込
返済回数・期間最終借入後原則最長6年9ヶ月(1~80回)
遅延した際の年率  (遅延損害金)20.0%(実質年率)
口座開設の要・不要不要
担保不要
お得な情報初めての方に30日間無利息サービス
お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

プロミスは、申し込みから融資完了まで最短3分のスピード融資が特徴のカードローンです。大手消費者金融と比較しても最速クラスなので、急いで融資を受けたい人におすすめです。

プロミスは「瞬フリ」という独自サービスを用意。対応している金融機関の口座を持っていれば、24時間いつでも受付から約10秒で口座へ融資が行われます。対応金融機関は約200行、振込手数料も0円なのでサービスは手厚いです。

メールアドレスを登録してWeb明細を利用すれば、30日間無利息サービスがプレゼントされます。30日以内に完済すれば、再度利用した際にも無利息の対象となるため良心的です。数日間のみの借入れを希望している人は、今すぐ下のボタンをタップしてプロミスに申し込みましょう。

\ 30日間の無利息期間あり! /

⑤レイク:60日間利息0円で借りられる

レイクALSA
出典:lakealsa.com
金利(実質年率)4.5%~18.0%
利用可能限度額500万円
利用対象者満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)
申込方法Web・電話・来店
審査可能時間8:10~21:50(Web申し込み)
最短審査時間25分
借入方法ATM,振り込み
返済方法口座振替,振り込み,Web,ATM
返済回数・期間最大60回・最長5年
遅延した際の年率  (遅延損害金)20.0%
口座開設の要・不要不要
担保不要
お得な情報最大180日間利息0円

レイクは、2つの無利息期間が選べる消費者金融カードローンです。借入金額の上限まで無利息で融資を受けられる「60日間」と、借入金額の5万円までを無利息にできる「180日間」の2つを選べます。

他社の無利息期間は30日程度である場合が多いため、レイクの無利息期間が長いことが分かるでしょう。なお、60日間の無利息期間はWEB申し込み限定です。

また、審査申し込みから融資まで、すべてインターネット上で完結できるため24時間いつでも申込み可能です。「引っ越しの初期費用が思ったより高くて、すぐに現金が必要」そんなときも最短25分で融資を受けられます。

無利息期間が長いカードローンを利用したい方は、今すぐ下のボタンをタップしてレイクを利用しましょう。

初めての利用なら60日間無利息!

まとめ:引っ越しの費用が払えない場合はカードローンを利用しよう

まとめ:引っ越しの費用が払えない場合はカードローンを利用しよう

引越し費用が払えない場合の対処法と、引越し費用を抑える方法を解説しました。国や自治体の助成金や支払い方法の工夫など、引越し費用に困った際に活用できるものは数多くあります。

値下げ交渉やあらかじめ初期費用の安い物件を探すなど事前にできる対処法はすべて試しましょう。そのうえで初期費用が払えない場合は、カードローンがおすすめです。申込みから融資完了までの時間が短いので、引っ越しの初期費用などの急な出費にも対応できます。

カードローンごとに特徴があるので、ぜひ本記事を参考に申し込みを行ってください。

引っ越しの初期費用のような一時的な出費には、アイフルがおすすめです。審査時間は最短20分、手続きはWEB完結で完了できます。初めての利用なら最大30日間無利息なので、以下のボタンをタップしてアイフルに申し込みましょう。

\ 申し込み時に原則在籍確認なし/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次