PayPay後払いのデメリット6選|おすすめのカードローンも紹介

PayPay後払い

「PayPay後払いにはどんなデメリットがある?」
「PayPay後払い以外のおすすめカードローンは?」

上記のような疑問をもっている人は多いことでしょう。

この記事では、PayPay後払いのメリットだけでなくデメリットも徹底解説。PayPay後払いを申し込む方法も解説します。

PayPay後払い以外のおすすめカードローン3つも合わせて紹介。PayPay後払いやカードローンが気になる人は、ぜひ最後までご覧ください。

PayPay後払いを利用するには、PayPayカードの発行が必要です。年会費は無料で、基本の還元率は1.0%。5のつく日はヤフーショッピングで+4%となってお得なので、今すぐ申し込みましょう。

年会費永年無料!

目次

PayPay後払いの6つのデメリット

PayPay後払いの6つのデメリット

PayPay後払いの主なデメリットは以下の6点です。

PayPay後払いは便利な反面、注意すべき点がいくつかあります。それぞれ具体的に説明します。

①利用するには審査が必要

PayPay後払いは事前に使用するための申請が必要なため即時利用できません。すでにPayPayアプリを利用している人でも申請時には審査が行われます。

審査基準は一般的なクレジットカードやローン契約の審査と同じです。審査内容により審査完了までの時間も異なります。

PayPay後払いを利用したい場合は、時間の余裕をもって申請しましょう。PayPay後払いの審査に関しては下記記事からも詳しく確認できます。

PayPay後払いに審査はある!申し込みの際の注意点も解説

②リボ払いにすると手数料が発生する

PayPay後払いでは、利用した金額を翌月に一回で支払えば手数料は無料です。しかし、支払いの際にリボ払いを選択すると手数料が発生します。

PayPay後払いでのリボ払い手数料は実質年率18.0%です。平均的なリボ払い年率は15%程度であるため、PayPay後払いの年率18%は無視できません。

リボ払いができない店舗がある点にも注意しましょう。

③利用可能額に上限があり、大きな買い物には向かない

③利用可能額に上限があり、大きな買い物には向かない

PayPay後払いでは利用できる金額に限度があります。過去30日間で10万円に設定されているので、大きな買い物に使えない場合もあるでしょう。

本人確認を行えば、上限金額は過去24時間で50万円、過去30日間で200万円まで上がります。本人確認にはマイナンバーカードや運転免許証などが必要です。

余裕を持って使いたい人は、本人確認を行いましょう。

④利用できるのはPayPay加盟店のみ

PayPay後払いはPayPayアプリを利用したサービスです。基本的には、電子マネーPayPay加盟店の実店舗でしか利用できません。

2022年2月から、一部のショッピングサイトでもPayPay後払いによる決済サービスが導入され始めました。PayPayモールなどから導入がはじまり、現在ではコミックシーモアやスシローなどさまざまな業種で利用可能です。

これからも加盟店が増えることが期待されます。事前にPayPay公式サイトを確認しておきましょう。

⑤PayPayカードの発行が必須である

PayPay後払いを利用するには、クレジットカードであるPayPayカードの発行が必須です。

2023年8月1日から、PayPayアプリでの決済に対応可能なクレジットカードはPayPayカードしかありません。

PayPayカードを持っていない人は、新規でクレジットカードを発行する必要があります。申請時には審査が必要となるので、必ずしも誰でも利用できるわけではないことを覚えておきましょう。

⑥支払いが遅れると延滞金が発生する

⑥支払いが遅れると延滞金が発生する

PayPay後払いでは、支払い期日に遅れると延滞金(遅延損害金)が発生します。延滞金は、支払い予定日の翌日から入金された日数で請求され、年率は14.6%です。延滞金は次回のカード代金支払日に請求されます。

支払いが遅れた場合、支払いが完了した後でも数日間は利用が停止されます。遅延や滞納を繰り返すと、信用情報にキズが付き、他のローンの審査にも影響が及ぶので注意が必要です。

PayPay後払いの6つのメリット

PayPay後払いの6つのメリット

PayPay後払いは、手元にお金がなくとも買い物ができる便利なサービスです。PayPay後払いの主なメリットは以下の6点です。

下記より詳しく紹介します。

①手元に現金がなくてもチャージ不要で使える

PayPay後払いなら、手元に現金がなくても使えます。通常、PayPayアプリは事前にチャージしなければ決済できません。しかし、PayPay後払いを使えばチャージ不要で決済可能です。

会計時にチャージすると、意外と時間が長く感じるもの。店員や後ろに並んでいる人を待たせるのが申し訳ないと感じる人は多いでしょう。

PayPay後払いなら、そのような時間をなくせます。いちいちアプリを操作してチャージするのが面倒に感じる人にもおすすめです。

②残高払いよりもポイントが貯まりやすい

PayPay後払いは、使用時のポイント還元率が残高払いよりお得です。通常のチャージによるPayPay利用時では還元率が0.5%ですが、PayPay後払いを利用すると1.0%に上がります。さらに、PayPayステップというプログラムを活用すれば、1.5%の還元率です。

PayPayポイントに有効期限はありません。効率よくポイントを貯めて、系列店でのショッピングやPayPay証券サイトでの資産運用などに使いましょう。

③利用可能枠が決まっており使いすぎを防げる

③利用可能枠が決まっており使いすぎを防げる

PayPay後払いでは利用の限度額が決まっています。本人確認なしなら30日間で10万円までしか利用できず、使いすぎを防げるでしょう。

通常のPayPayではチャージを行えば無限に決済可能です。支払い時に現金を出さないため、ついつい使いすぎてしまうおそれがあります。

PayPayアプリから利用履歴を確認できる点も、使いすぎを防ぐ上でメリットです。

④手数料・年会費等がかからない

PayPay後払いは、利用における年会費は永年無料で、一回払いなら何度利用しても手数料はかかりません。申請に手間がかかるクレジットカードとは異なり、アプリをダウンロードするだけで利用可能です。

しかし、支払い方法を一回払いではなくリボ払いに変更すると手数料がかかります。このあたりの仕組みはクレジットカードと同じです。

⑤在籍確認は原則不要

一般的なカードローンの場合、審査時に在籍確認が行われます。在籍確認とは、審査会社が勤務先などに電話をして、申請した人が実際に在籍しているかを確認する作業です。実際に本人が勤務していることを確認し、返済能力を確かめています。

PayPay後払いの申請時には審査が行われますが、すでにPayPayカードを持っている場合、在籍確認は原則不要。20秒ほどで審査が完了します。

⑥請求書払いでも使用可能

⑥請求書払いでも使用可能

ガス代や電気代などの請求書が発行される公共料金も、PayPay後払いを使えば家にいたままでも便利に支払えます。支払い方法は一回払いやリボ払い、分割払いが選択できます。下記はアプリからの操作方法です。

支払いステップ

  1. アプリホーム画面の「スキャン」を選択する
  2. 送られてきている請求書(振込表)に印刷されているバーコードを読み取る
  3. 支払い額を確認して「支払う」を選択すると支払い完了

対応している支払い先は、順次追加されているので、便利に活用しましょう。

PayPay後払いとは利用料金を翌月にまとめて支払えるサービス

PayPay後払いとは利用料金を翌月にまとめて支払えるサービス

PayPay後払いの最大の特徴は、チャージ不要で利用料金を翌月にまとめて支払える点です。手持ちの残高が足りない場合でも利用できます。チャージを忘れて慌てがちな人にもおすすめです。

他にもPayPay後払いを詳しくまとめた記事もあります。興味がある人は、併せてご覧ください。

PayPay後払いとは?メリット・デメリット・審査時のポイントを解説

同時発行が必要なPayPayカードとは?

同時発行が必要なPayPayカードとは?

PayPay後払い機能を利用する上で必要なPayPayカードは、PayPayアプリとの同時発行が可能です。PayPayカードには、下記2種類が存在します。

カードによって年会費や還元率が異なります。それぞれのカードについて詳しく解説します。年会費や、還元率などの情報を下記より詳しく解説しますので自分に最適なカードを探しましょう。

①PayPayカード|年会費無料

①PayPayカード|年会費無料

出典:PayPayカード公式サイト

会社名PayPayカード株式会社
入会費無料
年会費永年無料
ポイント還元率1%
国際ブランドVISA、MasterCard、JCB
申し込み対象日本国内在住の満18歳以上(高校生除く)の方、ご本人様または配偶者に安定した継続収入がある方、本人認証が可能な携帯電話をお持ちの方
発行までの日数申し込み&審査で最短5分で使える
カード付帯保険なし
利用可能枠非公開
支払い日27日払い(前月末締め)
追加カードETCカード(年会費550円)
利用可能な電子マネーApple Pay
お得な情報新規入会&3回利用で最大5,000円相当のPayPayポイントプレゼント

PayPayカードとは、PayPayカード株式会社が発行する年会費無料のクレジットカードです。通常のチャージしてからの買い物では還元率が0.5%ですが、PayPayカードでは1.0%に上がります。

PayPayステップにて設定された条件を達成すれば、還元率1.5%も目指せます。ヤフーショッピングでの買い物では、5のつく日は+4%となりさらにお得です。

PayPayカードは、ゴールドカードと並んで電子マネーPayPayにチャージ決済可能な唯一のクレジットカードです。ぜひ、下記からクリックして申し込みしてください。

年会費永年無料!

②PayPayカードゴールド|ポイント還元率が1.5%

②PayPayカードゴールド|ポイント還元率が1.5%

出典:PayPayカード公式サイト

会社名PayPayカード株式会社
入会費無料
年会費11,000円(税込)
ポイント還元率1.5%
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
申し込み対象日本国内在住の満18歳以上(高校生除く)の方、ご本人様または配偶者に安定した継続収入がある方、本人認証が可能な携帯電話をお持ちの方
発行までの日数
カード付帯保険旅行保険(海外1億円、国内5,000万円)
300万円の買い物補償
利用可能枠非公開
支払い日27日払い(前月末締め)
追加カードETCカード(年会費無料)
利用可能な電子マネーApple Pay
お得な情報最大7000円のPayPayポイント

PayPayカードの上位クラスがPayPayカードゴールドです。年会費が11,000円かかりますが、PayPayカードよりも還元率が高く、1.5%に設定されています。

PayPayステップにて決められた条件を達成すれば、還元率は最大2.0%です。ヤフーショッピングでの利用では、5のつく日は+4%なのは通常カードと同じです。

PayPayカードと同じく、電子マネーPayPayにチャージ可能です。ETCカードも無料で発行できます。

海外旅行保険(最高1億円)や国内旅行保険(最高5,000万円)ショッピングカード保険も付帯されているので安心です。ぜひ、下記より検討してみましょう。

PayPay後払いを申し込む手順

PayPay後払いを利用するための手順を解説します。

PayPay後払いを利用するための手順

  1. 申請に必要な身分証明書類・勤務先住所・支払先の口座番号を準備する。
  2. スマホにPayPayアプリをダウンロードする
  3. アプリホーム画面の「残高」スイッチを右へスワイプする
  4. 個人情報や身分証明書、支払い口座番号、同意事項などの申し込み情報を入力する
  5. 審査開始
  6. アプリホーム画面の「残高」スイッチを右へスワイプするとホーム画面の赤色部分が青色に変わり後払い設定が完了する

利用限度額を増やしたい場合は、別途ホーム画面右下のアカウントから本人確認が必要です。

PayPay後払いを利用する手順

PayPay後払いを利用する手順

PayPay後払いの利用ステップを説明します。

PayPay後払いの利用ステップ

  1. スマホのPayPayアプリを立ち上げる
  2. アプリホーム画面の「残高」スイッチを右へスワイプすると画面の赤色部分が青色に変わる
  3. QRコードかバーコードを使用して支払いを行う

ヤフーショッピングサイトやPayPayモールなど、PayPay後払いで決算可能なオンラインサイトもあります。オンラインサイトでの決済では、支払い方法を選択する際に「クレジット(旧後払い)」を選択してください。

PayPay後払いの審査に落ちる5つの原因

PayPay後払いの審査に落ちる5つの原因

PayPay後払いの審査に落ちてしまった人もいるかもしれません。審査に落ちる原因として下記5つが挙げられます。

それぞれ詳しく解説します。

①申込条件を満たしていない

PayPay後払いには、下記の申し込み条件が存在します。

PayPay後払いの申し込み条件

  • 日本国内に在住の18歳以上である(高校生不可)
  • 申請者本人及び配偶者に継続して安定した収入がある
  • 本人認証が可能な携帯電話をもっている

18歳以上でも、高校に在学中では申し込みができません。

また、PayPay後払いは支払いを翌月に伸ばす決済方法です。安定した収入がないと支払い能力があるとは認められません。

学生や専業主婦(夫)で収入のない人は、アルバイトでもよいので安定した収入を得るのが審査に通るコツです。

②返済能力が無いと判断された

18歳以上であっても、定職についていなければ安定的な収入が見込めないため、支払い能力があるとは認められません。

PayPay後払いの審査は、クレジットカードの審査と同等と考えられます。年収は申請者の支払い能力を測るうえで重要な判断基準です。

返済能力の判断基準はカード会社によって異なります。どれだけ収入が高くても、収入の変動が激しかったり、不定期だったりすると審査に落とされる場合も。自営業者や専業投資家がローン審査で不利といわれているのはこのためです。

一方でアルバイトや派遣・契約社員でも、毎月一定の収入があれば審査に通る可能性は十分あります。年収よりも定職についているかが重要な判断基準です。

③過去に金融事故を起こし信用情報に傷がある

③過去に金融事故を起こし信用情報に傷がある

審査に落ちる要因として過去の金融事故が挙げられます。金融事故とは、クレジットカード利用や融資、ローンの借入などの際に生じたトラブルのこと。具体的には、支払いや返済の滞納やそれによる契約の強制解除などです。

借り入れた金融機関が異なっていても、信用情報機関によって個人の信用情報はデータベースで共有されています。信用情報に傷があると、新規でクレジットカードを作る際に審査が厳しくなるのは避けられません。

信用情報の傷が深くなると俗にいう「ブラック」と呼ばれ、今後の融資やローンの利用が難しくなります。信用情報機関に記録される期間は、自己破産は10年間、その他は5年間が通常です。自分の信用情報は各機関で照会が可能なため、気になる人は調べてみましょう。

④同時に複数の金融機関に申し込みをしている

同時に複数の金融サービスに申し込んだ場合も審査に落ちやすいです。同時に申し込んでいると「お金に困っている」と思われ、返済能力を疑われてしまうためです。

申し込み状況は信用情報機関によって共有されているため、複数社に申し込んでいることは知られてしまいます。申し込み審査基準は金融機関によって異なるので、必ずしも審査に落ちるとは限りません。しかし、申し込み履歴は最低でも半年間は残ります。

短期間で申し込み審査を重ねるのは避けておくのが無難でしょう。

⑤虚偽の申請、または入力ミスをしている

申し込みの際に、自分で申告する個人情報は審査される上で重要な要素です。そのため、申請情報の虚偽記載は審査に落ちる原因になり得ます。

虚偽の申請をして審査に通った場合でも、後から虚偽が発覚すれば契約解除は免れません。情報は信用情報機関でも共有されているのでクレヒスにも残ります。今後の申し込み審査にも影響を及すので、虚偽記載は絶対にやめましょう。

虚偽の申請をするつもりはなくても単純な入力ミスが重なり、信憑性が失われ審査に落ちる可能性はあります。申請の際はミスがないか十分に確認しましょう。

PayPay後払いの登録ができない4つの理由

PayPay後払いの登録ができない4つの理由

PayPay後払いを行うために必要な審査は通ったのに、PayPay後払いの登録が出来ない場合があります。下記4つが主な理由です。

それぞれの理由を詳しく説明します。

①複数のアカウントで登録を行っている

PayPay後払いを行うためにはPayPayカードが必要です。複数のアカウントを持っていても、カードの契約は一人一枚までのためPayPay後払いが使えるアカウントは一つだけです。

PayPay後払いを登録する際に混乱する原因となるので、複数のアカウントを持つのは避けましょう。

②重要な登録情報が異なっている

PayPayアプリに登録した個人情報と、PayPayカード申請時の登録情報は一致していなければなりません。これらの情報の不一致は、登録ができない原因になり得ます。

PayPayアプリのダウンロードと、PayPayカードの申し込みを同時に行っていれば不一致は発生しません。しかし、それぞれ個別に登録を行った場合、苗字や住所などが異なる場合があります。

登録をスムーズに申し込むためには、アプリのダウンロードとカードの申し込みは同時に行いましょう。既にアプリのダウンロードが完了している人は、登録情報が最新の状態になっているか確認してください。

③PayPayカードの初回登録を行っていない

③PayPayカードの初回登録を行っていない

カード申し込み時に「預金口座振替依頼書」を使用して口座登録を行った場合、PayPayカードの登録を忘れてはいけません。PayPayカードを受け取った後に、別途会員メニューからの登録が必要です。

会員メニューでの登録が完了してから、改めてPayPay後払いの登録を行いましょう。

④PayPayカードがつかえない状態

PayPay後払いでの支払いは、PayPayカードを使用して行われます。そのため、PayPayカードが使用できない状態ではPayPay後払い機能も使えません具体的には、以下2つの状況が考えられます。

PayPayカードがつかえない状態

  1. 一時的に使用できない状態か、すでに解約している
  2. 紛失や破損などで再発行の手続き中

状況が不明な場合はカスタマーサポートに連絡して、カードが使用できる状態かどうかを確認しましょう。

PayPay後払いに関するFAQ

PayPay後払いに関するFAQ

PayPay後払いを利用するにあたって、よくあるFAQを解説します。

上記4つの疑問に対して、下記より回答します。

①家族カードでもPayPay後払いはつかえるの?

2023年8月1日より、PayPayカードの家族カードでもアプリ登録すればPayPay後払いが行えます。使用限度額が本会員とは異なり、本会員の30日間200万円に対して、家族会員では30日間25万円です。

家族会員も一回払いなら手数料は無料ですが、リボ払いにすると手数料が発生するので注意しましょう。

②PayPay後払いのために選択したPayPayバーチャルカード、後から変更は可能なの?

変更自体は可能ですが、いくつか注意点があります。

まずバーチャルカードの国際ブランドはJCBのみです。プラスチックカードを発行しても、国際ブランドは自動的にJCBになります。

VISAやMastercardのカードが欲しい場合は、はじめからプラスチックカードを選択しましょう。

また、最初にプラスチックカードでJCB以外を選択し、バーチャルカードに変更するのは不可能なので注意してください。

③PayPay後払いを使っていますが、PayPayカードの申し込みをしたら落ちたのはなぜ?

③PayPay後払いを使っていますが、PayPayカードの申し込みをしたら落ちたのはなぜ?

本来、PayPay後払いはPayPayカードがないと行えません。すでにPayPayカードを持っており、なんらかの事情でカードが使用できなくなったと思われます。そのため、再度申し込みをしても審査が通らない可能性が高いです。

カスタマーサポートに連絡して状況を確認してください。

④PayPayカードを持ってないのにPayPay後払いの審査で落ちました

PayPay後払いにおける審査は、通常のクレジットカード審査と同様に信用情報を基に行われています。信用が足りないと判断された場合、PayPay後払いの審査に落とされる可能性は十分あるでしょう。

PayPay後払い以外におすすめのカードローン3選

PayPay後払い以外におすすめのカードローン3選

日常の買い物でPayPay後払いは便利ですが、キャッシング専用で利用したい人にはカードローンがお得です。通常のクレジットカードよりも利用限度額が高く、長期的な返済に向いています長期で借り入れをしたい人にとって、負担が軽減されるのがカードローンです。

カードローンの申請には、クレジットカードと同等の審査があります。カードローン会社によって審査基準は異なるので、審査に落ちても他の会社では通るケースもあるでしょう。

カードローン会社は審査時間が短く、最短20分でキャッシングが可能な場合があります。おすすめのカードローンは下記3つです。

キャッシング名
アイフル

SMBCモビット

アコム
金利(実質年率)3.0%~18.0%3.00%~18.00%3.0%~18.0%
利用可能限度額800万円※2800万円800万円
利用対象者満20歳以上69歳までで定期的な収入と
返済能力を有する者
満年齢20才~74才の安定した収入のある者20歳以上の安定した収入と
返済能力を有する者
申し込み方法Web、アプリ、電話、無人店舗Web、ローン契約機、電話、郵送インターネット、店舗、電話、郵送
審査可能時間非公開9:00~21:009:00~21:00
最短審査時間最短20分※3最短30分最短20分※1
借入方法スマホアプリ、ATM、銀行口座への振込み振込、提携ATM、スマホATM取引口座への送金、ATMからの借入
返済方法インターネット、口座振替(自動引き落とし)、振込、スマホアプリ、提携ATM口座振替、ATM返済、振込返済、
インターネット返済、ポイント返済
インターネット、アコムATM、提携ATM、
振込、口座振替(自動引き落とし)
返済回数・期間最大151回・借入直後14年6ヶ月以内最大60回・5年以内(特例として認められる
場合のみ最大106回・8年10か月以内)
最大100回・最終借入日から最長9年7ヵ月
遅延した際の年率20.0%20.00%20.0%
口座開設の要・不要不要不要不要
お得な情報はじめての方なら最大30日間金利0円なし初めての申し込みなら
30日間金利0円サービス
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る
※1お申込時間や審査によりご希望に沿えない場合がございます。
※2ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です
※3お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます

それぞれ詳しく解説します。

①アイフル:最短20分※2融資に対応

出典:aiful.co.jp
金利(実質年率)3.0~18.0%
利用可能限度額800万円※1
利用対象者満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方
申し込み方法Web・アプリ・電話・無人店舗
審査可能時間非公開
最短審査時間最短20分※2
借入方法振込・スマホアプリ・提携先ATM
返済方法振込・提携ATM・コンビニ・口座振替
返済回数・期間1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い、借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
遅延した際の年率20.0%
口座開設の要・不要不要
お得な情報初めての方に最大30日間利息0円サービス
※1ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です
※2お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます

「愛がいちばん。アイフル」のCMでお馴染みのカードローンです。アイフルの強みは24時間365日の即時振込で、審査も最短20分※2で完了します。店舗を訪れる必要もなく、スマホだけで申し込みが可能です。

アイフルでは、審査の際に電話による在籍確認を原則しません。2023年4月1日から5月31日までの実施率は0.3%です。郵送される物もないため、誰にもバレたくない人にはおすすめです。

嬉しい特典として、はじめての利用でも最大30日間は利息が無料。ぜひこの機会に下記から申し込んでみましょう。

\ 申し込み時に原則在籍確認なし/

②SMBCモビット:返済や借り入れでTポイントがたまる

出典:SMBCモビット
金利(実質年率)3.0~18.0%
利用可能限度額800万
利用対象者年齢満20歳〜74歳の安定した定期収入のある方(当社基準を満たす方)
アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能
収入が年金のみの方はお申込いただけません。
申し込み方法Web・ローン契約機・電話
審査可能時間9時〜21時
最短審査時間30分
申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
借入方法振込キャッシング・提携ATM・スマホATM取引
返済方法口座振替・ATM返済・振込返済・インターネット返済ならびにポイント返済
返済回数・期間最長60回(5年)ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、
合理的な理由があると当社が認めた場合には、最長106回(8年10ヶ月)
遅延した際の年率20%
口座開設の要・不要不要
お得な情報利息分の返済でTポイント付与

SMBCモビットは、三井住友カードが運営しているカードローンです。借り入れ後の返済でお得にTポイントが貯められます。返済額の利息分200円につき1ポイントが貯められ、1ポイントあたり1円で返済にも利用可能です。

他にも、貯まったTポイントは以下のように使えます。

貯まったTポイントの使い道

  • 提携店でのショッピング
  • 公共料金の支払い
  • ANAマイレージへの交換
  • PayPayへのチャージ

申し込みは来店不要で、最短30分の審査が終われば最短3分で振込可能とスピーディです。提携コンビニのATMでも借り入れできます。ポイ活ユーザーは、ぜひこのチャンスに下記から申し込みをクリックしてください。

\ 10秒で簡易審査結果がわかる! /

③プロミス:最短20分で融資可能

出典:promise.co.jp
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
金利(実質年率)4.5~17.8%
利用可能限度額500万円
利用対象者年齢18~74歳のご本人に安定した収入のある方(高校生および定時制高校生、高等専門学校生を除く)
・18歳および19歳の方は収入証明書類のご提出が必須となります。
・収入が年金のみの方はお申込いただけません。
申し込み方法Web・アプリ・来店・電話
審査可能時間9:00~21:00
最短審査時間最短20分
借入方法インターネット振込・スマホATM・コンビニ・提携ATM・プロミスATM・プロミスコール(電話)
返済方法インターネット返済・口座振替・スマホATM・コンビニ・提携ATM・プロミスATM・銀行振込
返済回数・期間最終借入後原則最長6年9ヶ月(1~80回)
遅延した際の年率20.0%(実質年率)
口座開設の要・不要不要
お得な情報初めての方に30日間無利息サービス
お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

プロミスのカードローンにおける最大の特徴は、融資が可能かどうかの確認スピードです。サイト上の簡易診断を行えば、自分が借り入れ可能か最短15秒で確認できます。続いての本審査は最短20分で、即日融資が可能です。

銀行振込は瞬フリと呼ばれるほど早く、最短10秒程度で振り込まれます。もちろん提携コンビニATMでも借り入れ可能です。

電話による融資依頼では、女性専用ダイヤル「レディースコール」が設置されています。カードローンの申し込みに抵抗を感じている女性でも、安心して利用できます。

Vポイントが最大1000ポイントもらえるキャンペーン中のため、ぜひ、この機会に下記より融資の申し込みをしてみましょう。

\ 30日間の無利息期間あり! /

まとめ:使いすぎに注意してPayPay後払いを利用しよう

まとめ:使いすぎに注意してPayPay後払いを利用しよう

PayPay後払いは電子マネーPayPayに付随しているクレジット機能で、利用するためには審査があります。チャージを気にせず使えるのは便利ですが、使いすぎには注意が必要です。

リボ払いにすると手数料が発生するため、PayPay後払いでは可能な限り一回払いで使用しましょう。支払いが遅延すると遅延金が発生し、クレヒスに傷がついてしまうので気をつけてください。
複数回の支払いになる場合は、金利が低く設定されているカードローンがおすすめです。いくつかのカードローンを比較し、自分にあった会社を利用しましょう。

PayPay後払いを利用するには、PayPayカードの発行が必要です。年会費は無料で、基本の還元率は1.0%。5のつく日はヤフーショッピングで+4%となってお得なので、今すぐ申し込みましょう。

年会費永年無料!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次