PayPay後払いに審査はある!申し込みの際の注意点も解説

PayPay後払い

「PayPay後払いに審査はあるの?」
「PayPay後払いの審査に落ちてしまった!なぜ?」

上記のように悩んでいませんか。

PayPay株式会社が運営し、キャッシュレス決済が可能なPayPay後払い。最短2分で審査手続きが完了しますが、審査に落ちてしまう人もいます。

この記事では、PayPay後払いの審査に落ちる原因5つや申し込む際の注意点を解説。PayPay後払いの申し込み方法や利用手順、メリット・デメリットまで説明するので、ぜひ最後までご覧ください。

PayPay後払いを利用するなら「PayPayカード」の発行がおすすめです。年会費無料で利用金額200円ごとに1%のPayPayポイントが付与されます。

今なら新規発行+3回利用で最大5,000円相当PayPayポイントが受け取り可能です。PayPay後払いを利用したい人は、以下のボタンをタップして申し込みをしましょう。

年会費永年無料!

目次

PayPay後払いを利用するには審査が必要

PayPay後払いを利用するには審査が必要

PayPay後払いを利用したい場合、オンライン審査が必要です。スマートフォンから個人情報を入力し申請を行うと審査手続きが完了します。

申し込み条件を満たす人であれば最短2分で審査が完了し、即日でPayPay後払いを利用できます。

ただし、審査が早いからといって審査基準が甘いわけでは決してありません。しっかりとした審査で申請者の返済能力をチェックしているので、審査に落ちてしまう人もいます。

実際に、PayPay後払いの審査が厳しいという口コミも見受けられます。返済能力がなければ審査には通過できないので、安定した収入があることがポイントです。

PayPay後払いの申し込み方法

PayPay後払いの申し込み方法

PayPayカードを新規発行する場合、PayPay後払いは以下の手順で申し込めます。

PayPay後払い申し込み手順

  1. PayPayアプリを立ち上げる
  2. ホーム画面の「残高」と表記されているスイッチを右にスワイプ
  3. 個人情報の取扱事項を確認し「同意」をタップする
  4. 必要情報を入力
  5. プラスチックカードの有無を選ぶ
  6. PayPay後払いで利用する口座を登録する
  7. 審査結果がメールで届くと完了

審査通過後、バーチャルカードが発行されます。プラスチックカードも同時に申し込めば、クレジットカード加盟店での決済も可能です。

PayPayカードを持っている場合は、個人情報の取扱事項に同意後「PayPayアプリに登録する」を押せば利用できます。

PayPay後払いの審査に落ちる5つの原因

PayPay後払いの審査に落ちる5つの原因

PayPay後払いに申し込んだけれど審査に落ちてしまう人は少なからずいます。ここでは、PayPay後払いの審査に落ちる原因を以下の5つ紹介します。

それぞれ見ていきましょう。

①申込条件を満たしていない

PayPay後払いの審査に落ちる原因の1つとして、申込条件を満たしていないことが挙げられます。

PayPay後払いには年齢制限があり、18歳未満の人は申し込めません。満18歳になっていても高校生は例外です。高校在籍中の非tpは、卒業するまでPayPayあと払いに申し込めないので注意してください。

また、申請者・配偶者に一定以上の収入があることも申し込み条件の1つです。PayPay後払いを安全に利用できるかも判断基準となります。自分が申し込み条件をしっかり満たしているか確認してから申し込みましょう。

②返済能力が無いと判断された

PayPay後払いは、利用した金額を翌月にまとめて支払うサービスです。そのため、PayPay株式会社は返済リスクを回避するため、一定以上の安定した収入がある人を条件の一つとしています。

収入が無い、収入が不安定だとお金を稼ぐ環境を整えない限り、何度申請をしても審査で落とされる可能性が高いです。仮に収入が高くても、月によって差が激しかったり不定期だったりすると審査に通りにくくなります。

自営業者や専業投資家がローン審査で不利なのはこのためです。

③過去に金融事故を起こし信用情報に傷がある

③過去に金融事故を起こし信用情報に傷がある

過去に金融事故を起こし信用情報に傷がある人は、PayPay後払いの審査に落ちるケースが多いです。

信用情報の傷と審査落ちの原因は密接な関係にあります。金融サービスにおける利用状況・返済状況を管理し、契約審査の合否を左右する情報を収集しているのが信用情報機関です。

信用情報機関によって滞納・自己破産などの信用情報に傷がついた情報は、すべて信用情報として記録されています。貸し倒れのリスクがあると判断された場合はPayPayあと払いの審査は通過できないと覚えておくといよいでしょう。

④同時に複数の金融機関に申し込みをしている

PayPay後払いの申込みと同時に複数の金融機関に申し込みをしている場合は、審査に落ちやすくなります。審査が必要なカードローンなどのサービスを短期間に集中して申し込むと「この人はお金に困っている」とみなされてしまうためです。

通常、金融機関に申し込んだ情報は 6ヶ月間記録されます。PayPay後払いの審査に落ちた場合は、再申し込みまで6ヶ月間空けましょう。

⑤虚偽の申請、または入力ミスをしている

PayPay後払いの申し込み情報に虚偽があるもしくは入力ミスをしている場合、審査に落ちる原因となります。氏名・年齢・住所等の本人情報は運転免許証などで確認でき、虚偽の申請をおこなってもすぐにバレるため注意してください。

申告する内容に入力ミスがあれば、故意ではなくても信頼性が失われる可能性もあります。審査する側は入力ミスか虚偽記載かを判断できないからです。少しの入力ミスでも審査落ちする場合があるので、申し込み情報を記入する際は十分に気をつけましょう。

PayPay後払いの登録ができないときの原因

PayPay後払いの登録ができないときの原因

PayPay後払いの審査には通ったけれど登録ができない人は、以下の原因が考えられます。

それぞれ詳しく解説します。

PayPayカードの初回登録を行っていない

PayPay後払いが登録できない原因の1つとして、PayPayカードの初回登録を行っていないことが挙げられるでしょう。

PayPayカードを申し込んだ際に、預金口座振替依頼書での口座登録を希望した人は会員メニューから初回登録が必要です。カードの再作成をした人ですでに初回登録をしている場合は、登録の必要はありません。

初回登録の手順は以下のとおりです。

初回登録の手順

  1. PayPayアプリもしくはWebでPayPayにログインする
  2. 「会員メニュー」をタップする
  3. PayPayカード裏面記載の「お問い合わせ番号」を入力する
  4. 「利用開始」をタップで初回登録は完了

上記のように初回登録は簡単にできるので、早めに済ませておくことをおすすめします。

複数のアカウントで登録をしている

PayPay後払いを複数のアカウントで登録している場合も、登録できない原因になるので注意してください。PayPay後払いの契約は不正利用防止・セキュリティの観点から、1人につき1つと決められています。

過去にPayPay後払いを登録したことがある場合、パスワードを忘れたから新しく登録しようとしてもできません。PayPay後払いを複数アカウントで登録をしているときは、他の人の名義で新規登録を行ってください。

パスワードを忘れた場合は前のアカウントのパスワードを再発行し、ログイン後に後払いを申し込みましょう。

PayPayとPayPayカードの本人情報が異なる

PayPayとPayPayカードの本人情報が異なる

PayPay後払いは、PayPayの本人確認情報とPayPayカードの登録情報が異なる場合は登録できません。

PayPayに登録した本人確認情報を確認・変更する手順は以下のとおりです。

本人確認情報を確認・変更する手順

  1. PayPayアプリ右下の「アカウント」から「詳細」を開く
  2. 「本人確認・口座認証」の項目をタップする

PayPayカードの登録情報を確認・変更したい場合は以下の手順で行えます。

登録情報を確認・変更したい場合

  1. PayPayカード会員メニューの「管理」ページを開く
  2. 「お客様情報の照会・変更」をタップする

さらに、PayPayとPayPayカードの本人情報が最新になっているかも確認しましょう。

PayPayカードを再作成・再発行の手続き中である

PayPayカードを再作成・再発行の手続き中の間も、PayPay後払いは登録できません。PayPayカードを再発行するのは、PayPayカードの紛失・破損・盗難などが理由です。

クレジットカードも同様に支払い機能をスマホに登録しておかないと、再発行中はカードが使えません。PayPayカードが届いたらすぐに後払いを登録し、PayPay後払いが利用できない状況を回避してください。

PayPayカード再発行中であと払いが登録できないときは、PayPayカードが届くまで待ちましょう。

PayPayカードが一時的に利用出来ない状況

PayPay後払いの登録ができないのは、PayPayカードが一時的に利用出来ない状況にあるからかもしれません。

PayPay後払いを利用するには、PayPayカードを持っている必要があります。しかし、PayPayカードが一時的に利用停止されている間は後払いに登録できないので注意が必要です。

過去に作ったPayPayカードが解約されている場合や、PayPayカードが使えない状態で申し込んでも後払いは登録できません。PayPayカードが利用できると、後払いも使えるようになると覚えておくとよいでしょう。

PayPay後払いとは利用料金を翌月にまとめて支払えるサービス

PayPay後払いとは利用料金を翌月にまとめて支払えるサービス

PayPay後払いとはPayPay決済サービスのひとつで、利用料金を翌月にまとめて支払える決済方法です。

PayPay残高へのチャージが可能で、1ヶ月最大200万円までチャージできます。PayPayあと払いの利用上限金額は1ヶ月最大25万円と低めに設定されています。使いすぎを防ぎたい人にはおすすめです。

PayPay後払いについてより詳しく知りたい人は、下記の記事も併せてご覧ください。


PayPay後払いとは?メリット・デメリット・審査時のポイントを解説

PayPay後払いを利用する手順

PayPay後払いを利用する手順

PayPay後払いは、以下の4STEPで簡単に利用できます。

PayPay後払いを利用する手順

  1. PayPayアプリを立ち上げる
  2. ホーム画面の「残高」と表記されているスイッチを右にスワイプする
  3. スイッチが「クレジット(旧後払い)」に切り替わり、ホーム画面の赤い部分が青色に変化する
  4. バーコードやQRコードで支払いを行う

オンラインストアで利用する際は、支払い方法を「PayPay後払い」にしてください。PayPay請求書払いでもPayPay後払いが利用できます。

PayPay後払いの5つのメリット

PayPay後払いの5つのメリット

幅広い利用用途をもち、キャッシュレス決済が可能なPayPay後払い。ここでは、PayPay後払いのメリットを以下の5つ紹介します。

それぞれ詳しく解説します。

①手数料・年会費がかからない

PayPay後払いは年会費無料で利用できます。手数料も翌月27日の1回払いであれば無料です。PayPay後払いに登録するPayPayカードも年会費無料で発行できるので、持っているだけではお金がかかりません。

ただし、支払いができなかった場合やリボ払いを利用する場合は、遅延障害金やリボ払い手数料がかかるので注意してください。支払いが遅れた際の遅延損害金は、年率14.6%と手痛い出費となるので気を付けましょう。

②残高払いよりもポイントを貯めやすい

PayPay後払いの還元率は基本残高払いの2倍です。残高払いの基本付与分0.5%に対して、PayPay後払いは1%なのでよりお得に買物ができます。

残高払いで1%還元を受ける場合、PayPayステップの条件を満たす必要があります。1ヶ月以内に200円の決済を30回以上、合計10万円以上を利用しないと還元率1%になりません。

しかし、PayPay後払いは最初から還元率が1%で、上記の条件を満たすと1.5%の還元率になります。PayPay後払いは、残高払いよりもポイントが貯めやすいのが特徴です。

③利用可能枠が決まっており使いすぎを防げる

③利用可能枠が決まっており使いすぎを防げる

PayPay後払いは、本人確認の有無によって利用可能枠が決まっています。利用可能額は、以下の表のとおりです。

過去24時間過去30日感
本人確認済み最大50万円最大200万円
本人確認未完了最大10万円最大10万円

PayPay後払いには利用可能額の上限が設定されているので、使いすぎを防止できます。利用履歴を一覧で管理できるのも、使いすぎ防止のためには嬉しいポイントです。

④手元に現金がなくてもチャージ不要で使える

PayPay後払いは、手元に現金がなくてもチャージ不要で利用できるので、残高を気にせずに買い物ができます。

PayPay残高払いのチャージは最低1,000円が必要です。残高が500円しか不足していない場合でも、1,000円をチャージしなければなりません。また、会計時にチャージをする手間や、店員や後ろに並んでいる人を待たせる心配も不要です。

PayPay後払いを利用すればチャージは不要なので、必要最低限の金額でお買い物ができます。

⑤在籍確認は原則不要

PayPay後払いの審査で、勤務先への在籍確認は原則ありません。クレジットカードやカードローンの場合、契約によっては勤務先への在籍確認が行われる可能性があります。

PayPay後払いは在籍確認がないので、勤務先に後払いの利用がバレたくない人でも安心して利用できます。

ただし、金融事故を起こしていたり他社での借り入れが多かったりする場合は、在籍確認される可能性があるので注意してください。

PayPay後払いの5つのデメリット

PayPay後払いの5つのデメリット

さまざまなメリットがあるPayPay後払いですが、以下のようなデメリットもあるので注意が必要です。

それぞれ詳しく解説します。

①審査完了までに時間がかかる場合がある

PayPay後払いは審査完了まで時間がかかることもあり、PayPay後払いをすぐに利用できない場合があります。すでにPayPayアプリを利用している人でも、申請時には審査が行われます。

審査基準は一般のクレジットカードやローン契約の審査と同じ基準です。審査内容によっては、審査完了までの時間は異なりますが、基本的に審査結果がでるまで最短当日から3日程度かかります。

PayPay後払いを利用したい場合は、事前に余裕をもって申請を行いましょう。

②リボ払い設定すると手数料が発生する

PayPay後払いは、翌月の一括支払いであれば手数料が無料ですが、リボ払いに設定すると手数料が発生してしまいます。

PayPay後払いにおけるリボ払いの手数料は、利用代金×18.0%÷12ヶ月で計算が可能です。

PayPay後払いにおけるリボ払いの利息は年間18.0%と高めなので、安易にリボ払いを選択しない方が賢明です。返済期間が長くなるほど利息の負担が増加して、大きな損失を生む可能性があります。

③大きな買い物には向かない

③大きな買い物には向かない

PayPay後払いには利用できる金額に限度があります。過去30日間では10万円なので、大きな買い物には向かない場合もあるでしょう。

本人確認を行えば過去24時間50万円、過去30日間で200万円までの利用が可能となります。※PayPayカード家族会員では過去30日間25万円

本人確認とは、セキュリティ対策として、PayPayアプリを利用した登録者が本人なのかを確認する作業です。本人確認にはマイナンバーカードや運転免許証などが必要となるので準備してから行いましょう。

④PayPayカードの発行が必須である

PayPay後払いを利用するには、PayPayカードの発行が必須です。PayPay後払いはPayPayカードと紐づけて利用料金をまとめて支払う仕組みです。

クレジットカードの枚数を増やしたくなかったり、カードの審査に通らなかったりする人には向いていません。

一方で、クレジットカードを持ちたい人にはおすすめのサービスです。

⑤店舗によっては利用できないケースもある

PayPay後払いを利用できる店舗は限られています。

PayPay後払いが利用できる場所

  1. PayPay加盟店
  2. 一部のオンラインストア

すべてPayPay後払いで購入できるわけではないことを覚えておきましょう。

PayPay後払いのデメリットについてさらに詳しく知りたい人は、以下の記事もご覧ください。

PayPay後払いのデメリット6選|おすすめのカードローンも紹介

同時発行が必要なPayPayカードとは?

①PayPayカード|年会費無料

出典:PayPayカード公式サイト

会社名PayPayカード株式会社
入会費無料
年会費永年無料
ポイント還元率1%
国際ブランドVISA、MasterCard、JCB
申し込み対象日本国内在住の満18歳以上(高校生除く)の方、ご本人様または配偶者に安定した継続収入がある方、本人認証が可能な携帯電話をお持ちの方
発行までの日数申し込み&審査で最短5分で使える
カード付帯保険なし
利用可能枠非公開
支払い日27日払い(前月末締め)
追加カードETCカード(年会費550円)
利用可能な電子マネーApple Pay
お得な情報新規入会&3回利用で最大5,000円相当のPayPayポイントプレゼント

PayPayカードはPayPay後払いを利用するのなら、発行必須のクレジットカードです。また、PayPay後払いの利用の有無を問わず、PayPayユーザーであればメリットの大きいクレジットカードです。

PayPayカードは永年年会費無料で、利用金額や回数に応じてPayPayポイントが貯まります。Yahoo!ショッピング・LOHACO利用した場合、最大5%のポイント還元があるので、ネットショッピングにも便利です。

今なら新規入会&3回の利用で、5,000円相当のポイントがもらえます。PayPayカードでお得に買い物したい方は、以下のボタンをタップして確認してください。

年会費永年無料!

PayPay後払い以外におすすめのカードローン3選

PayPay後払い以外におすすめのカードローン3選

日常の買い物でPayPay後払いは便利ですが、今すぐ手元に現金が必要な場合は不向きです。キャッシング専用で利用したい方はカードローンを利用するといいでしょう。

カードローン会社は審査時間が短く、最短20分でキャッシングが可能な場合もあります。ここでは、以下のおすすめカードローン3選を紹介しましょう。

キャッシング名
アイフル

SMBCモビット

アコム
金利(実質年率)3.0%~18.0%3.00%~18.00%3.0%~18.0%
利用可能限度額800万円※2800万円800万円
利用対象者満20歳以上69歳までで定期的な収入と
返済能力を有する者
満年齢20才~74才の安定した収入のある者20歳以上の安定した収入と
返済能力を有する者
申し込み方法Web、アプリ、電話、無人店舗Web、ローン契約機、電話、郵送インターネット、店舗、電話、郵送
審査可能時間非公開9:00~21:009:00~21:00
最短審査時間最短20分※3最短30分最短20分※1
借入方法スマホアプリ、ATM、銀行口座への振込み振込、提携ATM、スマホATM取引口座への送金、ATMからの借入
返済方法インターネット、口座振替(自動引き落とし)、振込、スマホアプリ、提携ATM口座振替、ATM返済、振込返済、
インターネット返済、ポイント返済
インターネット、アコムATM、提携ATM、
振込、口座振替(自動引き落とし)
返済回数・期間最大151回・借入直後14年6ヶ月以内最大60回・5年以内(特例として認められる
場合のみ最大106回・8年10か月以内)
最大100回・最終借入日から最長9年7ヵ月
遅延した際の年率20.0%20.00%20.0%
口座開設の要・不要不要不要不要
お得な情報はじめての方なら最大30日間金利0円なし初めての申し込みなら
30日間金利0円サービス
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る
※1お申込時間や審査によりご希望に沿えない場合がございます。
※2ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です
※3お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます

それぞれ詳しく見ていきます。

①アイフル:最短20分※2融資に対応

出典:aiful.co.jp
金利(実質年率)3.0~18.0%
利用可能限度額800万円※1
利用対象者満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方
申し込み方法Web・アプリ・電話・無人店舗
審査可能時間非公開
最短審査時間最短20分※2
借入方法振込・スマホアプリ・提携先ATM
返済方法振込・提携ATM・コンビニ・口座振替
返済回数・期間1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い、借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
遅延した際の年率20.0%
口座開設の要・不要不要
お得な情報初めての方に最大30日間利息0円サービス
※1ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です
※2お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます

TVCMを積極的に放映しており、知っている人は多いでしょう。審査は最短20分※2で完了し、来店不要でスマホだけで申し込みが可能です。

アイフルは審査の際に原則電話による在籍確認がありません。郵送物もないため、家族や職場の人にバレたくない人も安心して利用できます。

借り入れは、スマホが有ればセブン銀行・ローソン銀行ATMで取引ができます。提携ATMなど、全国のATMにて借り入れできるほか、銀行口座へ振込融資も可能です。

はじめて利用する人なら、最大30日間は利息が無料です。ぜひこの機会に下記から申し込みしてみましょう。

\ 申し込み時に原則在籍確認なし/

②SMBCモビット:返済や借り入れでTポイントがたまる

出典:SMBCモビット
金利(実質年率)3.0~18.0%
利用可能限度額800万
利用対象者年齢満20歳〜74歳の安定した定期収入のある方(当社基準を満たす方)
アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能
収入が年金のみの方はお申込いただけません。
申し込み方法Web・ローン契約機・電話
審査可能時間9時〜21時
最短審査時間30分
申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
借入方法振込キャッシング・提携ATM・スマホATM取引
返済方法口座振替・ATM返済・振込返済・インターネット返済ならびにポイント返済
返済回数・期間最長60回(5年)ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、
合理的な理由があると当社が認めた場合には、最長106回(8年10ヶ月)
遅延した際の年率20%
口座開設の要・不要不要
お得な情報利息分の返済でTポイント付与

SMBCモビットは、三井住友カードが運営しているカードローンです。借り入れ後の返済でお得にTポイントが貯められます。返済額の利息分200円につき1ポイントを付与。1ポイント1円で返済にも利用できるため、お得に利用したい人におすすめです。

貯まったTポイントは提携店でのショッピングや、公共料金の支払い、ANAマイレージへの交換・PayPayへのチャージにも使えます。

Webでの申し込みなら、スマホでの本人確認から最短30分で審査が完了します。さらに、最短3分で融資を受けることも可能。来店・書類・電話・郵便物も一切ありません。取引は銀行振り込み振込み・ATMどちらもアプリを利用できます。

Tポイントをお得に貯めたい方は、下記よりSMBCモビットに申し込みましょう。

\ 10秒で簡易審査結果がわかる! /

③アコム:カード作らずWebで完結

出典:acom.co.jp
金利(実質年率)3.00%~18.00%
利用可能限度額800万円
利用対象者20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方
申し込み方法Web、店舗、電話、郵送
審査可能時間9時~21時
最短審査時間最短20分※1
借入方法Web、スマホアプリ、電話、全国のアコムATM、コンビニ、金融機関ATM
返済方法Web、アコムATM、提携ATM、振込、口座振替
返済回数・期間最終借入日から最長9年7ヵ月・1回~100回
遅延した際の年率20%
口座開設の要・不要不要
お得な情報初めて利用する人に30日間無利息サービス
※1お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコムは、カードレスを選択すれば郵送物なしで即日利用できるカードローンです。申し込みから融資実行までWeb完結可能で、自宅や勤務先への電話も原則ありません。

総利用者数も約160万人を誇り、他社と比較しても認知度の高いカードローンです。

インターネットや店頭窓口など5つの窓口が用意されており、インターネットであれば24時間年中無休で業務に対応しています。アコム公式スマホアプリもあり、登録しておけばよりスムーズに借り入れ、返済などの対応が可能です。

初めて利用する人は、契約日翌日から30日間は無利息で融資を受けられます。早めに返済できそうな人は無利息で利用できるため、今すぐ下のボタンをタップしてアコムに申し込みましょう。

\最短20分審査で書類手続き不要!/

PayPay後払いでよくある質問

PayPay後払いでよくある質問

PayPay後払いを利用するにあたって、以下のよくある質問に回答します。

それぞれ見ていきましょう。

PayPay後払いとPayPayカードの違いは?

PayPay後払いは、当月に使った金額を翌月にまとめて支払う決済サービスです。後払いで支払った利用代金は、PayPayカードの利用料金として引き落とされます。

PayPayカードはクレジットカード加盟店で使える一般的なクレジットカードです。プラスチック製のクレジットカードとバーチャルカードの2種類があります。プラスチック製のカードは、国際ブランドのクレジットカードとして世界中で利用可能です。

手数料や年会費はかかるのか?

PayPayカードや後払いは年会費無料ですが、PayPayカードゴールドは年会費11,000円がかかります。

基本的な利用方法では、ゴールドカードの年会費以外は発生しません。

ただし以下の場合、遅延損害金やリボ払いの手数料が発生するため注意が必要です。

手数料や年会費はかかる場合

  • 利用代金の支払いができなかった場合
  • リボ払いを利用する場合

詳しくはPayPayカード株式会社のヘルプページをチェックしてみましょう。

PayPay後払いが利用できない店舗は?

PayPay後払いが利用できない店舗は?

以下の支払いでは、PayPay後払いは利用できないので注意しましょう。

PayPay後払いが利用できない店舗

  • 「PayPay残高限定」「PayPayマネー限定」加盟店での支払い
  • PayPay後払い非対応の一部オンラインサービス

PayPay後払いは、PayPayが使える街の実店舗やYahoo!ショッピングで使えます。その他、PayPay決済を導入しているオンラインサービスでの利用が可能です。

利用可能金額の上限を引き上げるには?

PayPayの「本人確認」を行うと利用可能金額の上限を引き上げられます。PayPay後払いは、利用可能額にかかわらず、過去24時間/30日間で使える金額が設定されています。利用可能額を超えての利用はできないので注意してください。

PayPayカードが盗難・紛失した場合の問い合わせ先は?

PayPay後払い/PayPayカードが盗難・紛失した場合は以下へ問い合わせてみましょう。

盗難・紛失した場合の問い合わせ先

  • 紛失盗難に関するお問い合わせ:0120-08-1817
  • ※フリーダイヤルが利用できない場合:093-330-3564
  • ※海外からの紛失盗難窓口:(国番号)+81-93-330-3564

問い合わせは24時間受け付けており、土日祝日を含む365日対応しているので安心です。

まとめ:PayPay後払いの申し込み時は審査条件を確認しよう

まとめ:PayPay後払いの申し込み時は審査条件を確認しよう

PayPay後払いは最短2分で審査が完了しますが、審査条件に引っかかり審査に落ちてしまうケースもあります。要因としては返済能力が無いと判断されたり、多重申し込みや入力ミスなどが考えられます。

PayPay後払いを利用したい場合は、自分が審査条件をしっかりと満たしているか、入力ミスが無いか確認して申し込みましょう。

新規発行+3回利用で最大5,000円相当PayPayポイントが受け取り可能です。PayPay後払いを利用したい方は、以下のボタンから申し込んでみましょう。

年会費永年無料!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次