5万円を借りる方法!審査なしでブラックリストでも即日借入できるアプリやカードローン、少額融資はある?

5万-借りる-審査なしのアイキャッチ

ブラックリストや無職の人は、銀行や大手消費者金融の審査を通過して借入できる可能性は低くなります。なぜなら、消費者金融カードローンも銀行系カードローンは無担保で利用できる分、安定した収入がある人が申込条件に記載されているからです。

ここでは、「5万円を審査なしで借入する方法を、どうしても知りたい」と考えているブラックリストや無職の人のために5万円を借りる方法を紹介します。なお、「支払いを遅らせたことがあるからブラックだと思っていたけど、ローン審査に申し込んだら審査に通って借入できた」というケースが多数あるのも事実です。

なぜなら、ブラックすなわち金融事故の履歴は5年で失効するからです。

確かに「審査に落ちたらショックを受けてしまう」という気持ちは痛いほど分かりますが、行動をしなければ現状は変わりません。

まずは勇気を出してカードローンの審査に申し込んでみてはいかがでしょうか?5万円を即日借りられるおすすめのカードローン・消費者金融は以下のボタンから確認できます。

また「ブラックだと思っていたらそうではなかった」という方が実は多数いらっしゃいます。信用機関の事故情報、すなわち金融ブラックの履歴は5年で失効します。

上記に該当する方は、消費者金融などからの融資を通常通りに受けられる可能性があります。この記事では金融ブラックか否かに関わらずお金を借りることができる方法を1つずつ説明していきます。

なお「ブラックリストかもしれない…」と心配で5万円を即日借りたいあなたにおすすめなカードローンはアイフルです。

アイフルなら10秒で簡易審査の結果が出る上に、WEB完結で電話での職場や家への連絡が原則としてないので周囲にバレるリスクを抑えながら利用が可能です。

今すぐ5万円が必要なあなたは以下のボタンから簡易審査のお申し込みをしてみてください。

\ 申し込み時に原則在籍確認なし/

【最短即日】おすすめのキャッシングサービス

目次

5万円を審査なしで借りる6つの方法!ブラックリストでもできる

ブラックリストや無職の人は、銀行や大手消費者金融の審査を通過する可能性は低くなります。なぜなら、消費者金融カードローンも銀行系カードローンも安定した収入がある人が申込条件に記載されているからです。

ここでは、ブラックリストや無職の人のために5万円を借りる方法を紹介します。なお、「ブラックだと思っていたけど、審査に申し込んだら審査に通った」というケースが多数あるもの事実です。

なぜなら、ブラックすなわち金融事故の履歴は5年で失効するからです。

確かに「審査に落ちたらショックを受けてしまう」という気持ちは痛いほど分かりますが、行動をしなければ現状は変わりません。

まずは勇気を出してカードローンの審査に申し込んでみてはいかがでしょうか?5万円を即日借りられるおすすめのカードローン・消費者金融は以下のボタンから確認できます。

即日で5万円借りるなら

それぞれ詳しくみていきましょう。

①手持ちのクレジットカードのキャッシング枠を利用する

どうしても審査なしで5万円を借入したい人におすすめの方法の1つ目は、「クレジットカードのキャッシング枠」です。カードローンと同じく無担保で借入ができます。

まずは手持ちのクレジットカードの契約内容を確認しましょう。審査はカード発行時に完了しているため、クレジットカードのキャッシングを事前申し込みしていればATMですぐに利用できます。支払いの締め切りがすぐに迫っているような場合でも、キャッシング枠が残ってさえいれば審査なしで簡単に借入することが可能です。カード1枚あればショッピングにもキャッシングにも対応している点も便利です。

ATMで借入してお金を引き出す場合、利用可能なATMを確認しておきましょう。指定口座への振込では、金融機関の営業日・時間帯によりますが、振込は最短即日です。外出先などですぐに現金が必要な場合に便利な機能です。なお、クレジットカードのキャッシング枠は、貸賃金法の総量規制対象となる点を理解しておきましょう。他のカードローンの利用状況次第では利用額が少なくなるケースもあります。

キャッシングにおすすめのカードは、こちらの記事でランキング形式で紹介しています。あなたにピッタリの1枚を見つけ、発行しておくと安心です。

②生命保険の契約者貸付を利用する

審査なしで5万円を借入するなら、自身が契約している生命保険を確認してみましょう。

生命保険に加入している人は、契約者貸付制度を利用できるかもしれません。契約者貸付とは、解約返戻金を担保に保険会社から融資してもらえる制度です

契約者貸付はカードローンと違って借入時の審査はほぼなしで、利用可能上限額は一般的に保険契約で積み立てた解約返戻金の7〜8割といわれています。金利は2〜6%程度となっており、カードローンよりも金利は低く設定されている点がメリットの1つです。

ただし、保険商品によっては契約者貸付に対応していない商品もあります。また、貸付金には各生命保険会社所定の利息がかかるデメリットがあります。どうしても返済できなければ保険が失効したり、保険金から借入金額が相殺されたりする点にも注意しましょう。借りたお金を確実に支払いできることを確認したうえで申し込み、計画的に借りることが大切です。返済できないと、担保にした大切な保険が利用できなくなります。

③専業主婦であれば配偶者貸付を利用する

自身が収入を得ていなくても「どうしてもお金を借りたい」と考えている方は多いでしょう。

専業主婦であれば配偶者貸付を利用できます。配偶者貸付とは、借入れする人の年収と配偶者の年収の合計金額について3分の1まで融資が受けられる制度です。この制度を利用することで、申込者である専業主婦の年収に関しては審査なしで5万円を借りることが可能になります。通常のローン同様、担保は必要ありません。

ただし、借入したお金の支払いに配偶者の収入が不可欠であることから、利用には配偶者の同意が必要です。配偶者に内緒で借りたいと希望しているのであれば、配偶者貸付は避けましょう。大手消費者金融ではほとんど取り扱っていません。ベルーナノーティスなどの中小消費者金融では、配偶者貸付の商品を展開しているため確認してみましょう。

また、審査そのものが「なし」ではなく、配偶者の審査は必要です。

④質屋に預けて融資を受ける

質屋とは、品物を預けて融資を受ける店舗のことです。質屋では信用情報や年収による審査なしで、品物を持参して担保に設定すれば、その場で簡単にお金・資金が受け取れるメリットがあります

質屋で借入できる金額は担保にする品物やブランド品の価値にもよりますが、審査なしで5万円を借りることも可能です。持ち込んだその場で担保の価値が審査されるので、審査完了後はすぐに質屋でお金を借りて支払いできるので便利に利用できます。

期限までに借入した元金と利息を返済すれば、担保として預けた品物は戻ってきます。どうしても返済できなければ、品物は質屋で販売されてしまうので注意してください。ただし、質屋ではカードローンの上限金利20.0%と比較しても高額な年率109.5%の金利が設定されていることに注意が必要です。後から返済額でトラブルにならないように事前に返済額はシミュレーションしておきましょう。

質屋で担保にできる主な品物は、腕時計やジュエリーなどの貴金属・ブランド品・カメラやパソコンなどの電化製品です。お金を借りる方法をもっと知りたい方は、こちらの記事を読んでください。34通り紹介しているので、あなたに最適な方法が必ず見つかります。

⑤両親や親戚・友達にお願いする

どうしても審査なしで5万円を借りたい場合、家族や親戚・友達に相談してお金を借りる方法もあります。金融機関からローンを借りるのでなければ、審査なしで借りることが可能です。担保も不要で、返済が多少遅れたとしてもブラックリストに載るようなこともありません

ただし、簡単に借りられるとしても、家族や友人から借金する方法には注意点もあります。

両親や親戚・友達にお願いする方法は審査も利息も発生しませんが、相談できる間柄であるとは限りません。また、身内や友達であっても、お金の貸し借りを敬遠する人は多いはずです。

きちんと返済を完了しなければ、あなたの信用は崩壊する恐れがあるため気をつけなければなりません。家族や親戚に相談するなら、「いつまでに借入したお金を支払いできるか」を明確にしておくことが大切です。

5万円の借入れならカードローンで借りたほうが周囲に迷惑をかけずに済むとも考えられます。カードローンは審査なしとはなりませんが、のちの大きなトラブルに発展するリスクを回避することにもつながるでしょう。「誰かお金貸してください」とお困りのときは、この記事を読めば解決できます。借り方だけでなく選び方のコツも紹介しているので、今すぐ読んでみましょう。

⑥個人向け公的融資制度を利用する

5万円をブラックでも借りるには、国や地方の個人向け公的融資制度を利用するのも一つの手です。公的制度によっては金融機関ほどの厳しい審査なしで、5万円を借りることができます。また、制度によっては担保なしでも借入できます。

2024年3月現在利用できる個人向けの公的融資は以下の2種類が代表的です。利用できる条件・目的をクリアしていれば、小口の資金を借り入れできるかもしれません。

生活福祉資金貸付制度所得者や障害者、高齢者など、生活が困窮している世帯に対し、生活費や教育費、介護費用などの貸付を行う制度
求職者支援訓練融資制度職業訓練受講中の生活費を補うための貸付制度

ただし、これらの融資制度には本来の目的があり、利用には条件があるので注意してください。もちろん、公的制度とはいっても借りた以上は元金や利息の支払いも必要です。どうしてもお金が足りない場合、まずは公的制度ごとの利用条件を確認してみましょう。

5万円を審査なしで借りる方法⑦フリマアプリ

審査なしで5万円を借りる方法として、フリマアプリのサービスを利用する方法もあります。例えば「メルカリ」では「メルペイスマートマネー」というサービスにより、メルカリのアプリ内で借入も返済も完結させることが可能です。

借入したお金は「振込申請」を完了させることで現金を引き出すことができます。通常はメルカリの振込申請では1回につき200円の振込手数料の支払いが必要ですが、メルペイスマートマネーで借入中なら振込手数料はかかりません。

質屋と違って担保も不要で取引を完結できるので、メルカリのユーザーの方で信用情報がブラックの人は利用を検討してみると良いでしょう。

5万円を即日で借りるのにおすすめな消費者金融5選比較一覧表

消費者金融をはじめとした貸金業者・金融機関では審査なしで借りることはできません。消費者金融は審査の際、個人信用情報機関にアクセスして申込者の信用情報を確認します。

信用情報がブラックになっている場合、消費者金融でもお金を借りることはできません。しかし、「ブラックだと思っていたらそうでなかった」というケースや「ブラックの期間(5年間)が終了していた」というケースの場合、借入れできる可能性があります。

信用情報に延滞などの事故情報が記録された人(いわゆる「ブラックリストに載っている」状態)の人でも諦めず、どうしてもお金が必要なら信用情報を開示してみましょう。

信用情報に問題なければ、即日融資を受けることも可能です。担保も保証人も不要であり、ブラックリストでない返済能力が認められた人なら5万円を借りる可能性は十分にあるでしょう。

ここでは、消費者金融カードローンのなかから、特におすすめな以下の5社を厳選しました。。

おすすめ消費者金融カードローン

大手消費者金融は、SMBCモビット・アイフル・アコム・プロミス・レイクです。各社の特徴を比較一覧表にまとめたので参考にしてみてください。

カードローン名
アイフル

SMBCモビット

プロミス

アコム

レイク
金利(実質年率)3.0%~18.0%   3.00%~18.00%  4.5〜17.8% 3.0%~18.0%  4.5%~18.0% 
利用可能限度額1,000円~800万円※1 1~800万円   500万円 1~800万円1~500万円  
利用対象者満20歳以上69歳までで定期的な収入と返済能力を有する者   満年齢20才~74才の安定した収入のある者 18〜74歳の安定した収入がある者   20歳以上の安定した収入と返済能力を有する者 満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)  
申し込み方法Web、アプリ、電話、無人店舗  Web、ローン契約機、電話、郵送    Web、アプリ、電話、来店Web、店舗、電話、郵送 Web、自動契約機、電話  
審査可能時間9:00〜21:00  9:00〜21:00   9:00〜21:00  8:10〜21:50(毎月第3日曜日は8:10〜19:00
最短審査時間最短18分※2  30分  最短3分※4  最短20分 ※3 25分
借入方法スマホアプリ、ATM、銀行口座への振込み 振込、提携ATM、スマホATM取引 プロミスATM、提携ATM   口座への送金、ATMからの借入 振込、SBI新生銀行カードローンATM、スマホATM、提携ATM 
返済方法インターネット、口座振替(自動引き落とし)、振込、スマホアプリ(セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM)、提携ATM口座振替、ATM返済、振込返済、インターネット返済、ポイント返済 口座自動引き落とし、ATMで支払い、振込みWeb返済、アコムATM、提携ATM、振込、口座振替(自動引き落とし)   Web返済、SBI新生銀行カードローンATM、口座振替、スマホATM、提携ATM、振込 
返済回数・期間最大151回・借入直後14年6ヶ月以内 最大60回・5年以内(特例として認められる場合のみ最大106回・8年10か月以内)  最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回最大100回・最終借入日から最長9年7ヵ月  最大60回・5年以内 
遅延した際の年率 
(遅延損害金)
20.0%20.00%  20.0% 20.0% 20.0%  
口座開設の要・不要不要 不要 不要   不要不要  
お得な情報初めての方は最大30日間金利0円 なし30日間無利息、V1,000ポイントプレゼント  初めての申し込みなら
30日間金利0円サービス  
 初めてならWeb申し込みで60日間利息0円
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
※1一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります ※1ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です※2お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます※3お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。※4お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

5万円を即日で借りるのにおすすめな消費者金融カードローン5選

消費者金融系カードローンの最大の特徴は、融資までのスピードが早いことです。即日で借入れしたい人におすすめの借入先となります。審査は最短で約30分、融資を受けるまで最短で1時間スムーズな借り入れが魅力です。最近は審査から融資までのスピードがどんどん早くなっており、大手のなかには申込から約3分で完了する消費者金融もあります。

ただし、銀行系や信販・クレジット系よりも審査が通りやすい反面、最高金利が高めに設定されています。とはいえ、少額5万円借入れの場合、消費者金融の金利負担(18%)を感じないかもしれません。

30分以内など即日で5万円を即日で借りるのにおすすめな消費者金融カードローンについて詳しくみていきましょう。

1.アイフル【最短18分※2での融資も可能】

アイフル
出典:aiful.co.jp
金利(実質年率)3.0~18.0%
利用可能限度額800万円※1
利用対象者満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの基準を満たす方
申し込み方法Web・アプリ・電話・無人店舗
審査可能時間非公開
最短審査時間最短18分※2
借入方法振込・スマホアプリ(セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM)・提携ATM
返済方法振込・提携ATM・コンビニ・口座振替
返済回数・期間1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い、借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
遅延した際の年率  (遅延損害金)20.0%
口座開設の要・不要不要
お得な情報初めての方に最大30日間利息0円サービス
※1ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です
※2お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます

アイフルは株式会社ショッパーズアイが実施した調査の「初めてでも安心」「返済方法が充実している」の2部門で1位に輝いたカードローンです。安心感と使い勝手の良さに定評があります。女性オペレーターが応対する専用ダイヤルも設置しており、アイフル利用者の約3割は女性とのことです

Webでの申し込みは24時間365日受け付けており、審査結果は最短18分※2でメール連絡されます。急ぎの借入れであれば、スマホアプリから契約当日にセブン銀行ATM・ローソンATMを利用しましょう。Web完結・スマホアプリは融資までのスピードが速いだけでなく、周囲に知られずに済むため安心です。(※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。)

また、金利の年率は3.0~18.0%ですが、契約の翌日から最大30日間利息0円サービスを実施しています。対象は、初めてアイフルを利用する人かつ無担保キャッシング・ローンを利用する人です。初めてのキャッシングで不安なあなたは、今すぐ下のボタンをタップしてアイフルに申し込みましょう。

大手金融機関の傘下でなく、独自運営ができる点もアイフルの強みです。銀行カードローンもまとめられる「おまとめMAX」「かりかえMAX」など、他の消費者金融にはない複数の商品から選択して借入できます。

【ポイント】

  • ショッパーズアイの調査で2部門の1位に輝いている
  • 審査結果は最短18分でメール連絡される可能性がある
  • 銀行カードローンもおまとめできる

\ 申し込み時に原則在籍確認なし/

2.SMBCモビット【会社への電話連絡なしで借りられる】

出典:SMBCモビット
金利(実質年率)3.0~18.0%
借入/返済手数料三井住友銀行のATMなら手数料無料
利用可能限度額800万
利用対象者年齢満20歳〜74歳の安定した定期収入のある方(当社基準を満たす方)
アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能
収入が年金のみの方はお申込いただけません。
申し込み方法Web・ローン契約機・電話
審査可能時間9時〜21時
最短審査時間30分
申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
借入方法振込キャッシング・提携ATM・スマホATM取引
返済方法口座振替・ATM返済・振込返済・インターネット返済ならびにポイント返済
返済回数・期間最長60回(5年)ただし、返済能力その他の事情にかんがみ、
合理的な理由があると当社が認めた場合には、最長106回(8年10ヶ月)
遅延した際の年率 (遅延損害金)20%
口座開設の要・不要不要
お得な情報利息分の返済でVポイント付与

SMBCモビットは、申し込みも利用もWebで完結できます。Web完結によって勤務先などへの電話連絡はなく、審査結果はメール連絡のみです。Web完結申し込みなら契約書類をWeb上で交付でき、smbcモビット提供の「モビットカード」を発行する必要もありません。

Web完結でも在籍確認の電話連絡が例外的に行われる可能性もありますが、周囲にバレることを防ぎたい人にとっては有力な選択肢になるでしょう。SMBCモビット公式アプリをインストールすれば、24時間全国のセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMで取引が可能です。手数料は次回の返済で清算するので、借入時は手数料を気にする必要はありません。また三井住友銀行ATMでは手数料はかかりません。

また、SMBCモビットでは利息200円のうち1円のVポイント(旧Tポイント)が貯まり、返済で1ポイント=1円として利用することもできます。

金利の年率は3.0~18.0%と一般的な値で、ほかの大手消費者金融と違って無利息期間こそありませんが、それを補って余りある魅力にあふれたカードローンです。申し込みも利用もWebで完結させたいあなたは、今すぐ下のボタンをタップしてSMBCモビットに申し込みましょう。

【ポイント】

申し込みも借入もWebで完結できる
原則として会社への電話連絡による在籍確認がない
セブン銀行ATMやローソン銀行ATMならアプリで借入できる

\ 10秒で簡易審査後、本審査も進めておけば手続きがスムーズに

3.プロミス【審査時間は最短3分!】

出典:promise.co.jp
※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。
金利(実質年率)4.5~17.8%
利用可能限度額500万円
利用対象者年齢18~74歳のご本人に安定した収入のある方(高校生および定時制高校生、高等専門学校生を除く)
・18歳および19歳の方は収入証明書類のご提出が必須となります。
・収入が年金のみの方はお申込いただけません。
申し込み方法Web・アプリ・来店・電話
審査可能時間9:00~21:00
最短審査時間最短3分
借入方法インターネット振込・スマホATM・コンビニ・提携ATM・プロミスATM・プロミスコール(電話)
返済方法インターネット返済・口座振替・スマホATM・コンビニ・提携ATM・プロミスATM・銀行振込
返済回数・期間最終借入後原則最長6年9ヶ月(1~80回)
遅延した際の年率  (遅延損害金)20.0%(実質年率)
口座開設の要・不要不要
担保不要
お得な情報初めての方に30日間無利息サービス
お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

プロミスの最大の特徴の1つは、最短3分で審査を完了させて借入できることです

以前のプロミスはアコムと同じく最短20分審査でしたが、ついに最短3分という超スピードでの審査を可能にしました。この最短時間3分というのは数ある消費者金融のなかでもプロミスがもっとも短いです(2024年5月2日現在)。状況次第では、もっと時間がかかることもありますが、早く借りたい人にはおすすめできます。

また、金利(年率)も上限17.8%と、ほかの大手消費者金融より低い点も魅力です。プロミスは借入れにおける利便性でユーザーから高い評価を得ています。申し込みは24時間365日Web・アプリから受け付けており、審査結果はメールまたは電話で通知。最短3分※で借入れできます

複数の商品のなかには、女性が安心して申し込めるレディースキャッシングも提供されています。利息は利用日数分だけなので、給料日前など数日間のみの借入れに最適です。

さらに、メールアドレスを登録してWeb明細を利用することで、初回借入日の翌日から30日間無利息サービスがプレゼントされます。30日以内に完済すれば、再度利用した際にも無利息の対象となるため良心的です。数日間のみの借入れを希望しているあなたは、今すぐ下のボタンをタップしてプロミスに申し込みましょう。

【ポイント】

  • 審査時間は最短3分とスピーディ
  • 条件を満たせば初回借入日の翌日から30日間の無利息期間がある
  • SMBCグループの一員という安心感もある

\ 30日間の無利息期間あり! /

4.アコム【初回契約なら最大30日間金利が0円】

出典:acom.co.jp
金利(実質年率)3.00%~18.00%
利用可能限度額800万円
利用対象者20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アコムの基準を満たす方
申し込み方法Web、店舗、電話、郵送
審査可能時間9時~21時
最短審査時間最短20分※1
借入方法Web、スマホアプリ、電話、全国のアコムATM、コンビニ、金融機関ATM
返済方法Web、アコムATM、提携ATM、振込、口座振替
返済回数・期間最終借入日から最長9年7ヵ月・1回~100回
遅延した際の年率  (遅延損害金)20%
口座開設の要・不要不要
担保不要
お得な情報初めて利用する人に30日間無利息サービス
※1お申込時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

アコムの親会社は、日本で最大級の金融機関である株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループです。株式会社ドゥ・ハウスの2022年の調査で3部門において1位を獲得。融資までのスピードと手続きの簡単さ・安心感で評価されています。

手続きはスマホで完結できるため最短20分※1で融資可能となり、来店は不要です。希望すれば、ローンカードの郵送もないため、周囲に知られることもありません。

アコムを初めて利用する人であれば、契約日翌日から30日間は金利0円です。無利息期間中は金利(年率)から計算される利息が0円で、借入しても期間中に完済すれば何度借りても利息はかかりません

無利息期間終了後の利息は利用日数だけとなるので、早く返済すれば少ない利息に抑えられます。早めに返済できそうなあなたは、今すぐ下のボタンをタップしてアコムに申し込みましょう。

【ポイント】

  • 株式会社ドゥ・ハウスの調査では3部門で1位に輝いている
  • 最短20分で融資を受けられる可能性あり
  • 初回契約なら無利息期間によって、契約の翌日から最大30日間無利息

\最短20分審査で書類手続き不要!/

5.レイク【5万円まで最大180日間の無利息期間がある】

レイクALSA
出典:lakealsa.com
金利(実質年率)4.5%~18.0%
利用可能限度額500万円
利用対象者満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)
申し込み方法Web・電話・来店
審査可能時間8:10~21:50(Web申し込み)
最短審査時間25分
借入方法ATM,振り込み
返済方法口座振替,振り込み,Web,ATM
返済回数・期間最大60回・最長5年
遅延した際の年率  (遅延損害金)20.0%
口座開設の要・不要不要
担保不要
お得な情報最大180日間利息0円

レイクは大手の金融機関「SBI新生銀行グループ」と提携しており、新生フィナンシャル株式会社が展開するカードローン事業です。レイクはWebで21時までに契約手続きを完了させれば、最短25分で融資を受けられる可能性があるスピード融資が魅力です。

また、ニーズに合わせて選択できる無利息期間を用意しています。初めてレイクを利用する場合に選択できる無利息期間は、以下の3つです。申込者の状況次第で、複数の無利息期間のうち、どれがもっとも有利かは異なります。

選べる無利息期間

  • 借入額のうち5万円まで180日間利息0円
  • Web申し込みに限り、借入額全額60日間利息0円
  • 契約額が200万円超の人・Web申し込み以外に限り、30日間利息0円

5万円のみを借りたいなら、180日間も利息なしで借入れできるレイクを使わない手はありません。契約の翌日から180日以内に完済すれば、本来は年率18.0%の金利から計算される利息が0円になります

今すぐ下のボタンをタップしてレイクで5万円を借りましょう。

初めての利用なら60日間無利息!

5万円を借りるのにおすすめのアプリ4選比較一覧表

5万円を借りる方法は、消費者金融だけではありません。もう1つおすすめなのはスマホアプリです。スマホアプリは簡単な手続きで借入れできる魅力があります

一部の決済アプリではショッピング利用に限り審査がありませんが、基本的に審査はあるものだと認識しておきましょう。今回紹介するのは以下の4つです。

スマホアプリで少額の融資を行なう人は増加傾向です。5万円を借りるのにおすすめする4つのアプリの特徴をそれぞれ比較すると、以下のようになります。

アプリ名
LINEポケットマネー

au PAY スマートローン

メルペイスマートマネー

dスマホローン
金利(実質年率)3.0〜18.0%   2.9%〜18.0%  3.0〜15.0% 3.9〜17.9%(ドコモユーザーなら最大年率3.0%金利優遇※1) 
利用可能限度額 300万円 1万円〜100万円  1,000円〜20万円  300万円 
利用対象者 20〜65歳 20歳〜70歳 20歳〜70歳  20歳〜68歳 
申し込み方法 LINEポケットマネー  アプリ・Web  アプリ・Web   アプリ・Web
審査可能時間 非公開  非公開非公開   8時〜22時 
最短審査時間10分   30分 1日 即日  ※2
借入方法LINE Pay、口座振込等  口座振込・au PAYチャージ・ATM口座振込・メルペイチャージ   d払い残高、口座振込 
返済方法 LINE Pay、口座引き落とし等 口座引き落とし・ATM   口座引き落とし口座引き落とし 
返済回数・期間1〜60回、1〜60ヶ月  1〜60回・5年  2回〜36回・3年   1〜96回・8年1ヶ月 
遅延した際の年率20.0% 20.0%   20.0%20.0%  
口座開設の要・不要 不要  不要  不要 不要  
お得な情報100日間利息キャッシュバック   Pontaポイントプレゼント  なし dポイントプレゼント 
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

※1 ドコモ回線やその他ドコモサービスのご利用状況に応じて、最大年率3.0%の金利優遇が適用。適用条件詳細はサービスサイトをご確認ください。
※2 年末年始を除く。17:00までのお申込みに限ります。なお、お申込み状況等により、翌営業日以降の審査となる場合がございます。

5万円を借りるならアプリもおすすめ!人気のアプリ4選を紹介

スマホアプリと一口にいっても、消費者金融系・銀行系も公式アプリを提供しています。ここではキャッシュレス決済系の流通からLINE・メルカリ、携帯キャリアからau・ドコモが提供するアプリを紹介します。

スマートフォン1つで申し込みから借入れまで完結するだけでなく、即日融資も対応しています。店頭へ出向く必要もないため、手軽に借入れできる点が魅力です。金利の年率は消費者金融と同等で、5万円ならあまり気にする必要はないでしょう。

お金が急に必要になったときにすぐに申し込んで借入するためにも、今のうちから候補を絞り込んでおくことをおすすめします。それぞれ詳しくみていきましょう。

1.LINEポケットマネー

LINEポケットマネー

出典:LINEポケットマネー

金利(実質年率)3.0〜18.0%
利用可能限度額300万円
利用対象者20〜65歳
申し込み方法LINEポケットマネー
審査可能時間非公開
最短審査時間10分
借入方法LINE Pay、口座振込等
返済方法LINE Pay、口座引き落とし等
返済回数・期間1〜60回、1〜60ヶ月
遅延した際の年率20.0%
口座開設の要・不要不要
お得な情報100日間利息キャッシュバック

LINEポケットマネーは、LINEで手軽にお金を借りられます。申し込みはスマートフォンのみとなり、審査・借入れはLINEで完結。借入方法はLINE Payへチャージする方法と銀行口座へ入金する方法があり、いずれも24時間365日即時入金可能です。100円からであっても、いつでも返済できるため活用してみましょう。

LINEポケットマネーを初めて利用する人を対象に、最大100日間の支払利息がLINE Pay残高にキャッシュバックされます。金利の年率は消費者金融と変わりませんが、利用の仕方次第で実質的に元金だけで完済も可能です。

いつものLINEで手軽に借入れしたいあなたは、今すぐ下のボタンをタップしてLINEポケットマネーに申し込みましょう。

最大30日間分の利息がキャッシュバック

2.au PAY スマートローン

au PAY スマートローン

出典:au PAY スマートローン

金利(実質年率)2.9%〜18.0%
利用可能限度額1万円〜100万円
利用対象者20歳〜70歳
申し込み方法アプリ・Web
審査可能時間非公開
最短審査時間30分
借入方法口座振込・au PAYチャージ・ATM
返済方法口座引き落とし・ATM
返済回数・期間1〜60回・5年
遅延した際の年率20.0%
口座開設の要・不要不要
お得な情報Pontaポイントプレゼント

au PAY スマートローンはauが提供していますが、スマートフォンがauでなくても申込可能です。au PAY スマートローンアプリをインストールすれば、全国のセブン銀行ATMで借入れ・返済ができます。ただし、au IDに登録していれば、申込時に入力項目を省略可能。借入方法は、au PAY残高にチャージ・登録口座へ振込・セブン銀行スマホATMのいずれかです。

au PAY残高にチャージする方法であれば、全国のコンビニ・スーパー・au PAY加盟店など多くの場所で利用可能です。また、au PAYまたはau PAYプリペイドカードで使うと200円(税込)利用するごとに1Pontaポイントも貯まります。お得にPontaポイントを貯めたいあなたは、今すぐ下のボタンをタップしてau PAY スマートローンに申し込みましょう。

Pontaポイントプレゼント中

3.メルペイスマートマネー

メルペイスマートマネー

出典:メルペイスマートマネー

金利(実質年率)3.0〜15.0%
利用可能限度額1,000円〜20万円
利用対象者20歳〜70歳
申し込み方法アプリ・Web
審査可能時間非公開
最短審査時間1日
借入方法口座振込・メルペイチャージ
返済方法口座引き落とし
返済回数・期間2回〜36回・3年
遅延した際の年率20.0%
口座開設の要・不要不要
お得な情報なし

メルペイスマートマネーは、メルカリアプリでの信用情報をもとに借入れできるサービスです。必要なときに借入れでき、売上金でも返済できます。また、1ヶ月分の利息が実質無料となる点も見逃せません。メルペイスマートマネーの特徴は、以下の5つです。

メルペイスマートマネーの特徴

  • 初回利用時の利息分をポイント還元
  • メルカリでの販売実績に応じて金利優遇
  • メルカリでの売上金やポイントで返済可能
  • 申し込みから返済までメルカリアプリで完結
  • メルペイ利用可能店や銀行口座からも出金できる

メルカリで出品しているあなたは、今すぐ下のボタンをタップしてメルペイスマートマネーに申し込みましょう。

メルカリの実績により金利優遇

4.dスマホローン

dスマホローン

出典:dスマホローン

金利(実質年率)3.9〜17.9%(ドコモユーザーなら最大年率3.0%金利優遇※1)
利用可能限度額300万円
利用対象者20〜68歳
申し込み方法アプリ・Web
審査可能時間8時〜22時
最短審査時間即日 ※2
借入方法d払い残高、口座振込
返済方法口座引き落とし
返済回数・期間1〜96回・8年1ヶ月
遅延した際の年率20.0%
口座開設の要・不要不要
お得な情報dポイントプレゼント

※1 ※ドコモ回線やその他ドコモサービスのご利用状況に応じて、最大年率3.0%の金利優遇が適用。適用条件詳細はサービスサイトをご確認ください。
※2 年末年始を除く。17:00までのお申込みに限ります。なお、お申込み状況等により、翌営業日以降の審査となる場合がございます。

dスマホローンは、ドコモが提供するローンサービスです。手続きはスマートフォンで完結するため、ローンカードは必要ありません。

dアカウントさえあれば、ドコモユーザーでなくでも申込可能です。とはいえ、ドコモ回線やdカード契約状況に応じて金利が優遇されるため、ドコモユーザーはさらにお得です。ドコモユーザーなら最大3.0%も金利が優遇。加えてdポイントクラブのランクに応じて最大300万円まで30日間も利息なしになります。
※優遇金利適用条件および利息無料特典の適用条件はサービスサイトでご確認ください。

d払い残高へは1,000円から借入れ額がチャージされ、金融機関口座へは10,000円から借入れ可能です。ドコモユーザーのあなたは、今すぐ下のボタンをタップしてdスマホローンに申し込みましょう。

ドコモユーザにピッタリ

5.Paidy

出典:pady

金利(実質年率)
利用可能限度額本人確認が完了していればアプリで確認可能本人確認が未完了では利用の都度で変動する
利用対象者18歳以上
申し込み方法Web
審査可能時間8:00~24:59※日曜日は21:59まで
最短審査時間5分
借入方法
返済方法コンビニ払い、銀行振込等
返済回数・期間3回・6回・12回
遅延した際の年率14.6%
口座開設の要・不要不要
お得な情報6回や12回払いでも手数料無料

Paidyは「Amazon」などのオンラインショップの支払いを手数料無料で後払いにできるサービスです。ファッションや美容、電化製品のほか食品まで利用できるラインナップが幅広く、バーチャルカードを発行すればVisaマークのあるネットショップで利用可能です

利用するのも手間いらずで、メールアドレスと携帯番号を登録するだけで手続きが完了します。実際に利用する際はPaidyに対応したネットショップで「あと払い(ペイディ)」を選択すれば分割払いを利用できるようになります。分割払いは最大12回まで選択でき、手数料は不要です。

Paidyで買い物した翌月1~3日のあいだにメールとSMSで請求金額が知らされるので、翌月10日までにコンビニ払い、銀行振込、口座振替のいずれかで支払いすることになります

注意!カードローンは審査なしではお金を借りられない

5万円を即日で借りるのにおすすめの消費者金融カードローン・スマホアプリを紹介してきました。貸金業者は貸金業法を遵守する必要があるため、顧客の返済能力を確認しなければなりません。そのため、いずれのカードローンも審査なしではお金を借りられないことを覚えておきましょう。よって無職ではカードローンは借入できません。

とはいえ、審査なしで5万円やそれ以上の金額を借りられると謳う会社を見かけるかもしれません。しかし、その借入先は悪質業者(闇金)である可能性が高いため注意してください。

①貸金業者は審査なしではお金を貸付けできない

貸金業者は審査なしではお金を貸付けできません。理由は、貸金業法により以下のように定められているからです。

○ 全ての借入れについて、①借入れの際の返済能力の調査義務、②返済能力を超える貸付けの禁止

引用元:金融庁公式HP

第十三条 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。

引用元:e-Gov「貸金業法」

過剰な貸付の規制を強化するため、すべての借入れについて顧客の返済能力を調査したうえで返済能力を超える貸付を禁止しています。貸し手の義務である返済能力の確認を怠れば、法律違反になります。お金を借りる際には必ず審査があることを覚えておきましょう。

審査なしで融資をするのは貸金業法違反であるため、正規の金融機関や貸金業者は融資前に必ず審査で返済能力をチェックします。

②借入れできる金額は年収の3分の1までと決められている

過剰な貸付による多重債務が社会問題となったことがきっかけで、貸金業法に総量規制制度が導入されました。総量規制の内容は、以下のとおりです。

総量規制とは
総量規制とは、借りることのできる額の総額に制限を設ける、新しい規制のことです。
この新しい規制は、平成22年6月18日から実施されています。
具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借入れをすることができなくなります。ただし、すでに、年収の3分の1を超える借入残高があるからといって、その超えている部分についてすぐに返済を求められるわけではありません。

引用元:金融庁「貸金業法のキホン」

総量規制は、年収などを基準にその3分の1を超える貸付を原則禁止しています。これは過度な借入れから消費者を守るための制度です。

そして、カードローン・クレジットカードキャッシングは総量規制の対象ですが、銀行カードローンは対象外です。銀行が遵守する法律は貸金業法ではなく、銀行法が適用されるためです。銀行法には年収に対する借入金の制限は設けられていません。

5万円を借りるなら消費者金融カードローンがおすすめな理由

5万円という少額の借入れなら、消費者金融カードローンがおすすめです。消費者金融カードローンがおすすめな理由は、以下の7つです。審査なしとはいきませんが、さまざまなメリットを得られることが分かるはずです。

消費者金融カードローンの最大の特徴は審査スピードです。金利は銀行系カードローンと比べて高い傾向ですが、無利息期間を設けている消費者金融も数多くあります。急な入用で借入れしたとしても、早めに返済できれば問題ありません。それぞれ詳しくみていきましょう。

なお、おすすめ消費者金融はこちらの記事でも紹介しています。より詳しく知りたい方は、事前に読んでおきましょう。

①最短20分!審査が早くて最短即日融資が受けられるから

消費者金融カードローンの最大の魅力は即日融資にも対応した審査スピードです。銀行カードローンは最短翌営業日になるのに対し、消費者金融カードローンは最短20分で借入れできる可能性があります。

融資スピードに関しても、銀行カードローンは最短2日〜1週間かかるのに対し、消費者金融は最短20分〜1時間以内です。あくまで「最短」なのでもっと時間がかかることもありますが、銀行より早く審査が終わる可能性は高いです。

消費者金融の調査は、AIによる自動審査により、職業・収入・過去の利用履歴などから融資可否を判断しています。審査が早くて最短即日融資が受けられるのは、消費者金融だと認識しておきましょう。

②少額なら積極的に融資してもらえるから

5万円の融資で消費者金融をおすすめする理由は、銀行と比較すれば積極的に融資をしてくれる可能性があると考えられる点です。預金業務がある銀行と違って消費者金融は個人向けの融資専門であり、融資しないと利益を得ることはできません。リスクの少ない少額の借入なら積極的に融資してくれると考えられます。

5万円程度であれば消費者金融の借入額としては少額とみなされます。50万円以上の借入れとなれば本人確認書類だけでなく、収入証明書の提示も必要です。

消費者金融は少額なら積極的に融資を行なうため、審査に不安を感じる必要はありません。雇用形態は会社員に限らず、時給で働くパートやアルバイトの人でも利用できます。

③Webのみで申し込みを完結できるから

冒頭で紹介したおすすめ消費者金融7社はすべてWebに対応しています。申し込み・借入れ・返済まで、すべての手続きをWebで完結できます

以前は郵送などでの対応が必要だった本人確認書類の提出も、スマートフォンでのカメラ撮影やWebでのアップロードで対応可能です。Web申し込み限定の特典もあるため、Web手続きを賢く利用しましょう。

④無利息期間がある消費者金融もあるから

多くの消費者金融では初めて利用する人を対象に無利息期間を設けています。例えば、プロミス・アイフル・レイク・アコム・フタバ・セントラルです。無利息期間中に5万円を完済すれば、利息の負担なくお金を借りられます。

ただし、消費者金融業者によって無利息サービス開始日の基準が異なります。契約の翌日が基準日になるところもあれば、借入日の翌日が基準日になるところも。契約から借入れまでの期間が長いと大きな差になるため、必ずチェックしておきましょう。

カードローンの無利息期間について詳しく知りたい方は、こちらの記事を読んでください。賢く活用し、利息の負担を減らしましょう。

⑤誰にも知られることなく借りられるから

消費者金融では周囲に借入れが知られないよう配慮してくれます。手続きはWebのみで完結するため、利用明細書・ローン契約書・ローンカードも必要ありません。手続き書類・郵送物から周囲に知られる可能性が低くなります。

無人契約機を利用している場面を目撃されることもありません。在籍確認は書類確認のみで行える場合もあるため、周囲に借入れが知られるリスクを最小限に抑えられるはずです

在籍確認の電話なしで借りたい方は、こちらの記事が参考になります。誰にも知られず、こっそりお金を借りましょう。誰にも知られず、バレる可能性を最大限減らしてこっそりお金を借りましょう。

⑥5万円の融資は年収が15万円あれば受けられるから

消費者金融は、貸金業法に導入されている総量規制制度を遵守する必要があります。総量規制制度の内容は貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新たな借入れはできないというものでした。

つまり、5万円を借入れしたい人は年収が15万円あれば受けられることになります。月収で換算すると1万2,500円の収入があれば、5万円を借りられる可能性は高いでしょう。月2~3万円程度の月収を得ているパート社員やアルバイトの方なら、5万円の融資を受けることは十分に可能です。

⑦利用限度額までなら何度でも借りられるから

消費者金融の最低利用限度額は1万円です。申込時に決定された利用限度額内までなら何度でも借りられます。使途が限定されたローンであれば、基本的にその1回のみしか借りられません。

そのため、消費者金融カードローンで契約しておけば、困った時に利用限度額までならいつでもお金が借りられます。いざという時に備えて、年収が安定している間に消費者金融で申し込みしておきましょう。

5万円を最短即日や翌日で借りたい人に銀行カードローンが向かない理由

5万円を最短即日や翌日に即日で借りたい人に消費者金融カードローンをおすすめしましたが、銀行カードローンはどうなのでしょうか。銀行カードローンは最高金利を低めに設定しているため、できれば利用したいと考えるのも当然です。実は、銀行カードローンは5万円を借りるのには向いていません。銀行カードローンが向かない理由は、以下の3つです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

①銀行カードローンは審査が厳しい傾向があるから

銀行カードローンは審査なしができないことはもちろん、消費者金融よりも審査が厳しい傾向があります。銀行カードローンの審査は、消費者金融よりも厳しい傾向があります。銀行カードローンの審査厳格化に伴って警視庁のデータベースへの照会・収入証明書の提出判断基準の引き下げなどが影響しています。

また、以前は審査業務を消費者金融などの保証会社へ一任する傾向にありましたが、銀行でも審査体制を構築するようになりました。消費者金融と銀行のダブルチェック制度が審査の厳しさを表しています

審査体制の厳しさもあって融資ができない判断に至ることも多く、絶対に5万円を借りたい人にはおすすめできません。

②銀行カードローンは即日融資をしていないから

以前は銀行カードローンも最短即日融資を行なっていましたが、現在は最短即日融資に対応していません。以下の報道のように、新規の個人向けの最短即日融資を平成30年1月から原則停止しています。融資を受けられるのは早くても翌日以降です。

銀行、個人向け即日融資停止へ カードローン縮小
国内の銀行各行はカードローンなど新規の個人向け融資で審査を厳しくする。来年1月から警察庁のデータベース(DB)への照会で審査に時間をかけ、即日の融資を停止する。家族らの申し出で貸し付けを自粛することも検討。

引用元:日本経済新聞(2017年9月15日)

現在の銀行カードローンの融資は最短で翌営業日以降ですが、1週間はみておく必要があるため、借入れを急いでいる人にはおすすめできません。そのため、即日融資に対応しているのは消費者金融のみとなります。

③銀行カードローンは5万円の融資には向かないから

銀行カードローンは5万円の融資には向きません。以下のように主要銀行の最低利用限度額は10万円からとなるためです。

銀行カードローン名最低利用限度額
楽天銀行スーパーローン10万円
三井住友銀行カードローン10万円
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック10万円
みずほ銀行カードローン10万円
オリックス銀行カードローン10万円

1万円台の借入ができないことから、5万円の借入れでは銀行カードローンを利用できないことになります。最低利用限度額の基準を満たすために10万円を借りたとすると、余分に借りた5万円に対しても利息が発生してしまいます。銀行カードローンには無利息期間が設けられていないため、早くに返済しても利息を必ず支払わなければなりません。

高額な借入をすると利息も大きくなり、返済できずにブラックリストに載るリスクも高まります。5万円の借入なら、少額からの融資に対応した消費者金融カードローンがやはりおすすめです。

少額でも借入れは借入れ!5万円を借りる際の4つの注意点

5万円は借入額として少額ですが、少額でも借入れは借入れとなるため注意が必要です。5万円を借りる際の注意点は、以下の4つです。

少額融資だからといって審査は甘くなるわけではありません。そして、5万円の借入れでも様々なトラブルにつながる可能性があります。回避できるよう、しっかりチェックしておきましょう。

①希望額はできるだけ少額にしておく

5万円を借りたいのであれば、借入れ希望額はできるだけ少額にしておきましょう。カードローンの審査に落ちてしまう人の特徴として、年収と借入れのバランスが悪いことが挙げられます。

返済能力が低いと判断されると、ブラックリストに載らないための配慮もあって審査落ちする可能性が高くなります。

希望額を少額にすることで審査のハードルが下がり、余裕を持った返済計画を立てられます。消費者金融なら1万円以下の単位で借入金額を選べるので、自分に合った金額を指定できます。借入額を増やしたければ、申込後に増額申請も可能です。なお、増額のときも審査なしとはいかず、返済能力が調査されます。

返済計画を立てる際は金融広報中央委員会「知るぽると」や消費者金融・銀行のホームページの返済シミュレーションも活用してみましょう。

②5万円の少額でも滞納するとブラックリストに載る

クレジットカード・カードローンの返済において、ブラックリストに登録される条件は返済を61日以上滞納したときです。(参照元:CIC『「信用情報開示報告書」表示項目の説明』)5万円という金額は関係ありません。

金融事故情報が登録される期間は基本的には5年、自己破産の場合は10年程度です。ブラックリストに登録されると、クレジットカード・住宅ローン・マイカーローンにも影響するデメリットがあります。さらに、スマートフォンの分割払いや賃貸契約も困難となり、日常生活に与える影響は計り知れません

ブラックリストに載ると最低でも完済から5年間はローンが組めないことを念頭に、借りたお金は絶対に期日までに返済しましょう。

③親や親戚・友達に相談・借りるなら借用書を作成する

親や親戚・友達に借りるなら審査なしでお金が手に入ることもありますが、必ず借用書を作成しましょう。無職の人でもお金を借りることが可能です。

ただし、知り合いからの借金は、審査手続きや余分な利息の支払いがない分、その後の関係性が壊れないよう配慮しなければなりません。例え5万円ではなく1万円以下でも、借用書を作るのがおすすめです。

法的に有効な借用書を作成するためには、以下の事項を記載しましょう。

法的に有効な借用書に必要な項目

  • タイトル(借用書)
  • 作成日(金銭を受け取った日にち)
  • 金額
  • 返済方法、返済期日
  • お金を借りる人の名前、住所、印鑑
  • お金を貸す人の名前

親しい間柄だからこそ審査なしで貸してくれるわけですが、そこに甘えるだけではよくありません。返済日や金額を明確にして借用書を作成することで、あなたの誠意を示す必要があります

「ブラックリストには載らないから」と軽い気持ちで返済を遅らせると、関係に修復不可能な傷が入ることもありますよ?

④審査なしで借入れできる闇金は絶対に利用しない

審査なしで借入できるからといって、闇金を利用して借りることだけは絶対にしないように注意が必要です。闇金は無職でも問題なく即日で借りることができますが、いわゆる「トイチ(10日で1割)」など法外な金利による借金トラブルに発展します。

闇金とは貸金業の登録の有無にかかわらず、刑罰が課される出資法上限金利を超える金利で金銭貸付を行なう金融業者のことです。一般的な消費者金融やクレジットカード会社の返済はほぼ毎月1回なのに対し、闇金は1週間や10日ごとに1回の返済しなければならないケースも。

闇金の金利は、トゴ(10日で5割)など、年利換算すれば1,825%に上ります。たった1万円だけ借りるだけで、あっという間に利息が膨らんで借金が大きくなってしまいます。

闇金について「もっと詳しく見る▼」

利息制限法で定める上限金利は、年20%です。年20%を超えれば、利息制限法違反となり罰則の対象となります。利息が20%を超えていないか確認することも重要です。

貸金業を行なう場合には、登録を受ける必要があります。金融庁の登録貸金業者情報検索サービスを利用または財務局または都道府県へ最新情報を確認して、登録業者かどうか確認しましょう。登録業者で審査なしの融資をしてくれるところはありません。

闇金などの無登録業者にもかかわらず、「バンク」・「信託」などの商号を使用している業者もあるため気をつけてください。「低金利で融資」「他店で断られた方でもOK」「らくらく・簡単」「即日融資・審査なし」といった言葉に惑わされないようにしてください。最悪の場合、違法の借金取り立て屋(ファクタリング業者)が来る・危険に巻き込まれてしまうリスクも否定できません。申込しようとしている業者が正規業者なのかはローンの内容を間違いなく確認しましょう。

5万円なら正規の消費者金融でも、アルバイトをして安定収入を得れば借りることは十分に可能です。計画的に元金と利息を支払いすることでクレヒスに良い情報が残り、将来の審査で有利になることもあります

消費者金融での借入が嫌な人はクレジットカードのキャッシング機能もおすすめ

12)追加で借入したい場合はどうすればいい?

ここまで、5万円の借入なら消費者金融カードローンがおすすめであることを解説しました。ただ、人によっては「新しくカードローンに申し込むのは抵抗がある」「消費者金融という名前が不安になる」と感じる方もいるかもしれません。

消費者金融での借入が嫌ということなら、クレジットカードのキャッシング枠という便利機能を利用する方法があります。すでにお持ちのクレジットカードにキャッシング枠が設定されていれば、審査なしで最短即日融資を受けることもできて便利です。お金が必要になってから30分以内に借りることも十分にできるでしょう。

ただし、返済できないとブラックリスト入りするのはカードローンと変わらない点には注意しましょう。ここでは、キャッシング枠の機能を利用できるクレジットカードの中でもおすすめ度の高いカードを3つご紹介します。

【自動契約機で最短即日カード発行もできる?】ACマスターカード

ACマスターカードは、審査後に最短即日でのカード発行や最短即日融資にも対応したクレジットカードです。自動契約機(むじんくん)のコーナーまで出向く必要はありますが、その場でカードを受け取ってすぐに支払いに利用できます。

プラスチックカード以外に「バーチャルカード」にも対応しており、カードを持ち歩かずに支払いやカードローンを借入することもできます。時間をかけずにお金を借りたい方におすすめです。

一般的なクレジットカードと違ってポイント還元の機能はありませんが、代わりに「毎月の利用金額から0.25%の自動キャッシュバックを受けられる」というメリットがあります。

【ご自身の利用スタイルに合わせて選択肢が豊富】JCBカード

JCBカードは日本で唯一の国際ブランド「JCB」が発行するクレジットカードです。

会員専用WEBサービス「MyJCB」を利用することで借入ができるので、わざわざローンカードを金融機関やコンビニのATMに挿入する必要はありません。アプリ内で増枠・減枠や借り入れまで可能で、今の借入額で不足するようなら借入枠を増やす申込もスムーズに利用できます。

JCBカードには一般クラスの「JCBカードS」、ポイントが常に2倍の「JCBカード W」、ハイステータスなサービスを利用できる「JCBゴールドカード」など、クレジットカードの選択肢が豊富です。

返済方法は1回払いとキャッシングリボから選択でき、まとめて繰り上げ返済もできるなど、利用スタイルに応じて借入や返済、カードの種類の選択肢が豊富です。契約時にキャッシング枠を設定していれば追加の審査は不要で、融資までに時間はかかりません。

【審査が比較的通りやすい】エポスカード

エポスカードはファッションビル「丸井」が発行するクレジットカードで、クレジットカードのなかでも「流通系」に分類されます。

クレジットカードは発行会社によって「銀行系」「交通系」「信販系」「流通系」「消費者金融系」などに分類され、なかでも流通系は審査が比較的通りやすいとされている点が特徴です。丸井などファッションビルのターゲットは主婦や学生であり、正社員のような高年収でなくても審査を通過できると考えられます。

実際、多くのクレジットカードで申し込み条件に「安定収入」が記載されていますが、エポスカードは18歳以上で日本国内に居住していれば申し込むことができます。

1回で融資を受けられる金額は1,000円と少額であり、ほんの少しだけお金が足りないようなシチュエーションで少額を借入できます。

5万円を審査なしで借りるに関連する6つのよくある質問

本章では「5万円を審査なしで借りるには」に関連する、よくある質問以下6つをまとめました。

  • カードローンの審査に落ちてしまう人の特徴とは?
  • 信用情報に傷がある人でも審査なしで5万円借りることはできますか?
  • 無職でも審査なしで5万円借りられる?
  • ブラックリストでも審査なしで5万円借りれますか?
  • 学生におすすめの借り入れ方法は?
  • どうしても5万円が必要な時はどうすれば良いですか?

「どうしても5万円を審査なしで借りたい」「学生、無職、で収入証明が難しい」「ブラックリスト、信用情報に傷がついてる」などでお悩みの方はぜひ参考ください。5万円の融資を受けられるか不安な人は参考に読み進めてみてください。

カードローンの審査に落ちてしまう人の特徴とは?

審査に落ちる主な要因は、過去の信用情報の問題や収入証明がないこと、返済能力が不安定なことなどです。金融商品を利用する際は、計画的に返済スケジュールを立てて確実に支払いすることが大切になります。

信用情報に傷がある人でも審査なしで5万円借りることはできますか?

信用情報に傷がある場合、大手に限らず審査なしで5万円を借りることは難しいです。多くの場合、審査基準をクリアする必要があります。計画的に借りたお金の支払いをしないと「延滞」の記録が信用情報に残って傷になるため注意が必要です。

どうしてもお金を借りたい場合は「質屋」「生命保険の契約者貸付け」など審査なしでも借りられる方法を検討しましょう。

無職でも審査なしで5万円借りられる?

無職の場合、収入証明が難しいため、審査なしで借りるのは難しいです。安定した収入があることが審査基準の一つです。

無職の方は、返済能力が調査されない借入方法を検討しましょう。例えばご自身で「貯蓄性のある生命保険(解約返戻金があるもの)」に加入している場合、「契約者貸付制度」を利用して解約返戻金を担保にお金を借りることが可能です。

ブラックリストでも審査なしで5万円借りれますか?

ブラックリストに載っている場合、通常は審査なしで借りることはできません。ただし、生命保険の契約者貸付けなど、一部の借入はブラックの方でも借入可能です。

学生におすすめの借り入れ方法は?

学生向けには特別なプランが用意されている場合もありますが、収入や保証人の有無などが影響します。学生ローンや奨学金なども検討できます。学生ローンなら時間をかけずに借入可能です。大手消費者金融のうちプロミスは「18歳以上」から申し込めるので、学生にとって良い選択肢として検討できるでしょう。

どうしても5万円が必要な時はどうすれば良いですか?

5万円が急に必要な場合、質屋を利用する、家族や友人から相談し借りる、消費者金融や銀行の小口融資を利用する、クレジットカードのキャッシングを利用するなどが選択肢です。いずれも、30分以内に1万円単位で借入することも可能でしょう。ただし、無職やブラックリスト、学生などの、収入証明が難しい場合には、審査が必要な場合があるので覚えておきましょう。

まとめ:5万円を即日で借りたいなら消費者金融カードローンを

5万円を即日で借りたいなら、消費者金融カードローンがおすすめです。審査時間・融資スピード・審査の通りやすさは、銀行カードローンよりも消費者金融カードローンが優れているからです。融資額も1万円単位で指定できるため、返済能力に合った金額を借りやすいです。

消費者金融カードローンの最高金利は高めに設定されていますが、無利息期間を設けている消費者金融もあります。無利息期間中に5万円を完済すれば、実質利息なしで借入れできることになるため、消費者金融カードローンを賢く利用しましょう

安心してすぐに借入れできる消費者金融カードローンを探しているあなたは、今すぐ下のボタンをタップしてSMBCモビットに申し込みましょう。

\ 10秒で簡易審査後、本審査も進めておけば手続きがスムーズに

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次