ニュースレター登録

【令和3年版】40代の平均年収はどれくらい?職業別の年収や年収を増やすためのポイントも解説

40代は一定の職務経験を積んできた世代ですが、雇用形態や業種等によって年収が大きく異なります。「職種等で違いがあるとわかっているが、自分は平均的な40代の年収を得ているかどうか気になる」という方もいらっしゃるでしょう。

そこで本記事では、40代の平均年収を男女別および業種別に解説します。さらに、40代から年収を増やすためのポイントと転職を成功するためのコツもご紹介します。40代は、まだまだ切り換えができる年齢です。まずは、平均年収と自分の年収を比較してみましょう。

もしかして、「なかなかお金が貯まらない。。」とお悩みではないですか?
マネーコーチの家計診断では、FPに無料で診断してもらい、家計を診断・改善することができます。
今なら、家計状況をまとめたオリジナルの診断書をプレゼントしています。
お金のことで悩みがあるという方も、この機会に是非一度利用してみてください。

オリジナル家計診断書をプレゼント中

【男女別】40代の平均年収は?男女差がある理由は「雇用形態や役職の違い」

まず、40代前半と後半の男女別平均年収を見てみましょう。

  40代前半 40代後半
男性の平均年収 582.1万円 629.2万円
女性の平均年収 317.9万円 323.7万円
男女計の平均年収 476.1万円 499.3万円

出典:国税庁長官官房企画課「令和元年分民間給与実態統計調査」

男女ともに、40代前半よりも40代後半の方が年収が上がっています。しかし、男女間には平均年収額の大きな差があります。年収格差の理由は次の2点です。

まず、40代女性はパートなど非正規雇用が多いため、その結果平均年収が押し下げられてしまいます。それに対し、40代男性は女性と比べると正規雇用が多く、その上管理職などのポジションに就く人も40代になると増えます。

雇用形態とポジションの違いにより、月数万円レベルの収入のパート女性と、正規雇用で管理職手当や待遇を受ける男性で平均年収の差が生じます。

【業種別】40代の平均年収は?同じ業界でも男女で高い業界低い業界が異なる

40代の平均年収は、男女間で大きな差があるとわかりました。平均年収を業種別で見た場合も、業種間で差があります。また、年収の高い(低い)業種は、男女で異なります

もし、現在の自分の年収に不満があり転職を考えているなら、平均年収が高い業種を転職先に選ぶのがおすすめです。どのような業種が平均年収が高いか、確認しておきましょう。

【一覧表】40代男性の業種別平均年収

業種を12分野に分類し、40代男性の業種別平均年収を一覧にまとめました。自分や夫の業種の平均年収と比較したうえで、他業種の平均年収もチェックしてみましょう。

40代男性の業種別平均年間賃金

業種 40代前半 40代後半
建設業 361.6万円 401.9万円
製造業 337.4万円 369.7万円
情報通信業 438.0万円 469.8万円
運輸業、郵便業 310.2万円 316.4万円
卸売業、小売業 370.4万円 406.7万円
金融業、保険業 532.2万円 588.3万円
学術研究、専門・技術サービス業 459.5万円 482.8万円
宿泊業、飲食サービス業 308.3万円 325.8万円
生活関連サービス業、娯楽業 337.2万円 358.3万円
教育、学習支援業 445.7万円 490.0万円
医療、福祉 348.2万円 385.1万円
他サービス業 307.7万円 324.8万円

出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査の概況」

40代男性の平均賃金が最も高いのは、「金融業と保険業」です。「学術研究、専門・技術サービス業」と「教育、学習支援業」が続きます。

いずれの業種も、40代後半の方が金額が増えています。

【一覧表】40代女性の業種別平均年収

40代女性が稼げる業種は、どのようなジャンルでしょうか。各業種の平均年収を自分や妻の年収と比較してみましょう。

40代女性の業種別平均年間賃金

業種 40代前半 40代後半
建設業 255.8万円 271.4万円
製造業 232.1万円 239.9万円
情報通信業 347.9万円 347.0万円
運輸業、郵便業 241.6万円 231.4万円
卸売業、小売業 258.9万円 269.2万円
金融業、保険業 296.0万円 311.6万円
学術研究、専門・技術サービス業 330.9万円 328.4万円
宿泊業、飲食サービス業 225.4万円 218.4万円
生活関連サービス業、娯楽業 235.2万円 234.6万円
教育、学習支援業 336.5万円 360.9万円
医療、福祉 278.5万円 277.1万円
他サービス業 233.7万円 237.9万円

出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査の概況」

40代女性の平均賃金が高い業種は「情報通信業」「教育、学習支援業」「学術研究、専門・技術サービス業」です。これら3業種のみが300万円を超えています。

ただし、男性と異なり、女性は40代後半になると40代前半よりも年収が下がる業種が6つもあります。40代後半になっても稼ぎたい場合は、業種を慎重に選びましょう。

この記事を読んでいる方の中に「なかなかお金が貯まらない。。」とお悩みの方はまずは自分の貯蓄力がどれくらいか把握しましょう!LINE登録でカンタンに貯蓄力を診断できる。結果に応じてお金のプロであるFPから貯蓄力UPのコメントがもらる。

40代から年収を増やすためのポイント3選

「私の年収は平均より低いから、どうにかしたい」とあせっていらっしゃるかもしれません。今からでも遅くはないので、年収アップを目指しましょう。年収を増やすポイントは次の3点です。

  • 昇進や昇格で給与のアップを目指す
  • 現状維持に加えて副収入を得る
  • 思い切って転職する

それぞれについて以下でご紹介します。

1.昇進や昇格で給与のアップを目指す

今お勤めの職場で、昇進や昇格をして給与のアップを目指しましょう。職場の人事評価・査定基準を確認し、上司から評価されるように行動を変えてください。たとえば、以下のような行動を起こしてみましょう。

  • 後輩の育成やプロジェクトリーダーに名乗りを上げる
  • 仕事を効率よくこなし成果を出す
  • 業務に関する資格を取得する

ただし、昇進や昇格の機会は年間数回と限られており、長期的に取り組む必要があります。昇進や昇格による即時の年収アップは難しいと、前もって認識しておいてください。

2.現状維持に加えて副収入を得るのもアリ

「昇進や昇格は私には無理」という場合は、勤務先では現状維持を目指し、空き時間で副収入を得るという選択もおすすめです。

副業が許されている職場なら、アルバイトやクラウドソーシングなどで稼ぎを増やせます。ただし、副業で疲れ過ぎて本業に悪影響を与えないよう、ご注意ください。

副業が禁じられている場合は、投資を始めてみてはいかがでしょうか。低リスクの投資信託や、ロボットやAIによる運用など、投資初心者も行ないやすい手法が数多くあります。リスクが小さい場合、リターンも小さい場合が多いですが、収入アップにはつながります。

3.思い切って転職する

「今の職場で昇進や昇格は望めないし、副収入を稼ぐ余裕もない」という場合、思い切って転職することを考えてみてください。次の2点を満たしていると、転職で年収アップできる可能性が高くなります。

  • 自分の現在のスキルを活かせる職場に転職をする
  • 業界や職種のいずれかに関連性がある転職をする

業務内容がさほど変わらないのに、勤務先が変わっただけで年収が上がる可能性もあります。

転職を成功するために必要な準備を詳しく解説

転職を成功させるためには、念入りな準備が必要です。やみくもに応募しても落とされるだけで時間と労力の浪費にしかなりません。40代の方は、転職活動をする前に以下の3点を準備しておきましょう。

  • 自分のキャリアなどを整理してスキルと強みを把握する
  • 面接の対策をする
  • 高望みしすぎない範囲で応募先を検討する

これら3点を入念に行なっておくと、望みどおりの転職先を得られる可能性が高まります。

1.自分のキャリアなどを整理してスキルと強みを把握する

40代の方は、今までのキャリアなどを整理して自分のスキルと強みを把握する、いわゆる「キャリアの棚卸し」を行ないましょう。40代は20代と異なり、フレッシュさや将来性はアピールポイントになりません。

しかし、今まで業務に取り組んできたキャリアの蓄積があります。自分のキャリアを振り返り、スキルや能力、適性などを丁寧に客観的に把握しましょう。自分のキャリアが活かせる職場に転職できたなら、より高い評価を得やすいです。

2.面接の対策をする

転職活動において、面接対策は重要です。40代という世代では、ある程度キャリアを経験したとして、マネジメントの能力も求められる場合があります。そのため、転職先企業からスキルなどに加えて「人柄」も求められます。職場によっては、上司が年下となる可能性があります。その場合、年下相手に上から目線で語る人は、即アウトです。

「ウチの職場でうまくやれる人かどうか」を面接で見られるため、想定問答はもちろん、好感度の高い受け答えも練習しておきましょう。

3.高望みしすぎない範囲で応募先を検討する

応募先は高望みしすぎない範囲で検討しましょう。「年収アップを目指すのだから」と好条件のみを追いかけても、転職はうまくいきません。

「自分が転職先に求める絶対譲れない条件は何か」という点を明確にします。そして、条件に優先順位をつけます。譲れない条件は妥協せず、多くの条件を求めすぎないことで、転職が成功しやすくなるでしょう。

まとめ:業界や年齢別の平均年収を把握して転職も視野に入れよう

40代の平均年収を、男女別や業種別でご紹介しました。男女別では雇用形態や役職の有無の違いによって、年収に差がついています。また、男性または女性で限ってみた場合、業種別で年収が異なります。

今の年収に不満がある場合、キャリアやスキルを活かせる年収の高い業種や職場への転職を目指してみましょう。本記事で紹介した3つの準備を行なうことで、40代の転職を成功させられます。

もしかして、「なかなかお金が貯まらない。。」とお悩みではないですか?
マネーコーチの家計診断では、FPに無料で診断してもらい、家計を診断・改善することができます。
今なら、家計状況をまとめたオリジナルの診断書をプレゼントしています。
お金のことで悩みがあるという方も、この機会に是非一度利用してみてください。

オリジナル家計診断書をプレゼント中

よく読まれている記事 すべて見る