ニュースレター登録
資産運用

「個人向け国債は低リスク」は本当?注目される安全性と陰に潜むデメリット

国債は、銀行預金よりも金利が高く、値下がりのリスクが少ない金融商品として人気が高いです。しかし、メリットが多く安心だといわれている個人向け国債にもリスクはあるので、購入前にしっかりと把握しておく必要があります。

今回は、個人向け国債の特徴やリスクについて解説します。個人向け国債を検討している方は確認しておきましょう。

国債とは?

そもそも国債とは、国の発行する債券のこと。国に一定期間お金を投資し、定期的に利子が支払われます。満期になれば元本が戻ってくるため、元本を減らさずに利子を得ることができます。

国債には、個人が購入できる「個人向け国債」と、法人も購入することができる「新窓販国債」の2つがあります。それぞれについて見ていきましょう。

個人向け国債

個人向け国債は、個人のみが購入可能で、法人は購入できません。

元本と利息の支払いを国が保証しているため、安全性が高く、銀行に預金をするよりも金利が高いことから、手軽に資産を運用することができます。

最低1万円から1万円単位で購入することができ、以下の3つに分けられます。

  • 変動金利型10年満期
  • 固定金利型5年満期
  • 固定金利型3年満期

発行後1年経過すれば、中途換金も可能です。

金利の下限が0.05%と定められているので、FXや株など、他の金融商品に比べてリスクが少なく、購入しやすいのが個人国債の特徴です。

新窓販国債

新窓販国債は、個人のみならず法人やマンションの管理組合なども購入することができる国債です。

購入価格は最低5万円から5万円単位で、固定金利のみ。金利の下限はありません。満期は2年、5年、10年の3種類です。

市場でいつでも売却が可能ですが、その時々の市場価格による売却損や売却益が発生し、元本割れのリスクもあります。

個人向け国債の2つのリスク

個人向け国債は購入がしやすく、メリットも大きいですが、少なからずリスクはあります。個人向け国債のリスクは以下の2つです。

  • 金利変動リスクがある
  • 信用リスクがある

それぞれについて詳しく解説します。メリットだけではなくリスクも理解したうえで国債を投資対象にするか検討しましょう。

金利変動リスクがある

国債には固定金利と変動金利があります。市場の金利が上昇した場合、固定金利ではその分の金利を受け取れません。市場の金利が下落した場合、変動金利では金利が減ってしまうこともあります。

そのため、金利が高い場合には固定金利、低い時には変動金利を選び、リスクを軽減する対策が必要です。

信用リスクがある

国債は国が発行しているものですが、万が一国が破綻した場合には元本が返ってこないリスクがあります。国の信用度は、JCR、R&Iなどといった機関が発表しており、この格付けのランクが低くなると国が債務不履行を起こす可能性が高くなってしまいます。

2020年6月には、アメリカの格付け会社S&Pグローバル・レーティングが、日本の格付け見通しを「ポジティブ」から「ステーブル(安定的)」に引下げました。新型コロナウイルスの感染拡大などの理由から、日本の財政が客観的に見て好ましくない状態であることは意識する必要があります。

「個人向け国債変動10年」はなぜ安全性が高いといわれるのか?

国債の中でも特に安全性の高い商品が「個人向け国債変動10年」です。

「固定金利3年」「固定金利5年」の場合は金利が上昇した時の恩恵を受けられません。しかし、「変動10年」の場合には金利の動きに応じて半年ごとに利用利率が変わるので、金利が上がれば受け取り利子が増えます。

個人向け国債は最低金利が0.05%と定められているため、金利がマイナスになることはありません。

満期は10年ですが、1年が経過すれば中途換金が可能です。中途換金の場合も元本割れはしません。固定金利型の個人向け国債に比べて利子を多く受け取ることができる可能性があるため、人気があります。

海外の国債のデフォルト事例

デフォルトリスクとは、信用リスクと同様に、投資した債券について元本の払い戻しが滞る可能性があることを指します。

例えば、ギリシャでは2009年の政権交代で発覚した財政問題から「ギリシャ危機」が始まり、デフォルトに相当する状況に陥りました。

2019年には、石油価格の下落やアメリカの経済制裁により、ベネズエラが事実上のデフォルトとなり、元利金の支払い遅延が起こっています。

日本ではデフォルトリスクはほぼないと考えられていますが、万が一日本が財政破綻してしまった場合には、元本が戻らないというリスクもあるので、先を見据えた慎重な投資が必要です。

日本国債にはデフォルトリスクはないのか

日本は経常収支の黒字が保たれており、日本国債の9割が日銀や国内金融機関が保有しています。

世界的に見ても日本は政情が安定していることや、緩和政策により日銀が国債を大量購入していることで国債の償還も順調に進んでいます。日本国債のデフォルトのリスクは低いといえるでしょう。

ただし、日銀の国債の大量購入にも限界がありますし、今後日本が財政破綻するリスクもゼロではありません。個人向け国債は絶対に安全というわけではなく、リスクも少なからずあることは理解しておきましょう。

換金タイミングでの別商品案内には慎重に

個人向け国債は、発行してから1年経過することで換金が可能になりますが、その際に証券会社から別の商品に乗り換えるように営業が行われることがあります。

換金には直前2回分の利息×0.79685が差し引かれます。利息がほとんど得られないということもあるので、証券会社などから短期間での換金を進められ、別商品の案内をされた場合には、本当に換金をしてもいいのか慎重に検討しましょう。

まとめ:個人向け国債は低リスク!しかしリスクはゼロではない

個人向け国債は国が発行している債券です。1万円から購入ができ、元本が残ること、最低金利が0.05%で固定されていることなどから、低リスクで一定の利子収入をもたらしてくれます。

ですが、国がデフォルトするリスクはゼロではありません。全ての金融商品には必ずリスクはあるので、安易に手を出さずに、リスクについてもしっかりと確認してから購入しましょう。

よく読まれている記事 すべて見る