ニュースレター登録

銀行口座は3つ持つべし!お金が貯まりやすい口座の使い分けを解説します

「贅沢をしていないのに、なぜかお金が貯まらない」という方は、給与口座のみで家計管理をしていませんか。保有している銀行口座が給与用口座1つの場合、無駄遣いはしていないつもりでも、お金が貯まりにくいです。

貯金するためには、銀行口座を3つ持つことがおすすめです。給与用以外に貯金用と緊急出費用の口座を用意すると、各口座の役割が明確になり、いざというときでもまとまったお金を用意することができます。。本記事では、3つの銀行口座を持つべき理由と、口座の選び方のポイントをご紹介します。

3種類の銀行口座を持つだけで家計管理の仕組みができあがり、無理なく貯金をすることができるので、読了後にぜひ始めてみてください。

給与口座1つのみではお金が貯まりにくい

貯金をするためには、保有する銀行口座が給与口座1つのみでは難しいです。「給与が振り込まれるし、無駄遣いを避ければお金が自然と貯まる」と思うかもしれません。しかし、実際は銀行口座が1つだけの場合は、自然と出費が増えてお金が貯まりづらいのです。

口座が1つの場合、生活費や突然の出費、貯金をしようとしても「今必要なお金」と「貯めるべきお金」の区別はなかなかつけられません。

口座にお金があるため「もう少し使っても余裕だ」と思い、ついつい出費が増えてしまいます。「来月からはちゃんと貯めよう」と決意しても、財布のひもが緩くなってしまいがちです。

貯金ができないのはあなたの意志が弱いからではなく、1つの口座で全てを行なおうとしていることが原因です。お金を貯めるには、給与口座とは別の口座を作ることが効果的です。

給与用、貯金用、緊急出費用の3つの口座を持つススメ

給与用口座以外に、貯金用と緊急出費用の口座を作ると貯金がしやすいです。「3種類もいるかな。新たに貯金用だけ作ればいいのでは」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

貯金用口座と緊急出費用にさらに口座を分割する理由は、貯金用口座を目標額や目標期間まで「絶対に手をつけない」というルールを設けておくためです。給与用と貯金用、緊急出費用の3種類を作ることで、口座の役割をより明確に分けられます。

そのため、収入を「使えるお金」と「貯めるお金」、「万が一の時に備えるお金」に分けることをルール化することで、お金が自然に貯まる習慣がつきます。あとはルールどおりに生活するだけで貯金が自然と増えます。

3種類の口座の役割について、以下で詳しくご説明します。

①貯金用口座には基本手を出さない

貯金用口座は、基本的には普段手をつけないようにします。マイホームやマイカーなど大きな買い物の費用や、旅行代、子供の教育費、老後資金などのために必要なお金を準備する口座です。

基本的には将来のために準備するお金なので、引き出しは厳禁です。できれば、毎月手取りの1割以上を貯金用口座に入れるようにすると、着実にお金が貯まります。

②給与口座はメインバンクとして使う

給与口座は、家計のメインバンクとして使います。給与が毎月振り込まれ、生活費を引き出したり、公共料金やクレジットカード代金が引き落とされたりと、3つの口座のうち、最も頻繁に使うことになるでしょう。

ポイントは、給与が振り込まれた時に一定額を、貯金用口座と後述する緊急出費用口座に入れておくことです。貯金用口座と緊急出費用口座があれば、給与口座内の預金は自由に使いたいだけ使うことができます。倹約のストレスから解放され、心にゆとりを持つことができます。

③緊急出費用口座は突発的な出費に備えて

緊急出費用口座は、突発的な出費に備える口座です。結婚式やお葬式など突然のイベントや、家電が壊れて急遽買い替えるなどの突発的な予定外の支出に対応します。これらの出費を貯金用口座から引き出すと、いつまでたってもお金が貯まりません。

緊急出費用口座を作ることで、貯金用口座に手をつけずに済みます。ポイントは、使った金額は必ず補充しておくことです。緊急出費用口座には、常に一定額がある状態をキープしておきましょう。

「貯金もして、さらに緊急出費用口座を作るのは厳しい」と思うかもしれません。毎月少しずつ積み立てたり、ボーナス時にある程度まとまった金額を貯めたり、自分にとって貯めやすいルールを作るとうまくいきます。

銀行口座の選び方のポイント

3種類の銀行口座を作る際は、銀行選びにも注意しましょう。それぞれの口座は利用頻度や目的が異なることから、選び方のポイントが異なります。メインバンクとなる給与口座を決めた後、給与口座との相性を考慮して貯金用口座や緊急出費用口座を選びます。

貯金用口座の選び方:給与口座との相性、金利にこだわろう

貯金用口座は、給与口座と同じ銀行を選ぶと、自動積立定期預金の利用が可能です。自動積立定期預金なら、自分が決めた一定額を毎月自動的に給与口座から定期預金口座に移し替えるので、着実にお金が貯まります。お金の流れを自動化することで、貯金に苦手意識がある方も簡単にお金を貯められます。

ネット銀行も選択肢のひとつです。他の銀行口座からの振込が、毎月一定額までなら手数料無料となるサービスもあります。ネット銀行なら金利が通常の銀行よりも高いため、より効果的に貯金が増やせます。自動積立定期預金の利用はできませんが、移し替えが面倒でない場合はおすすめです。

給与口座の選び方:利便性や特典に注目しよう

給与口座はメインバンクとなるため、利便性や特典に注目して選びましょう。もちろん、勤務先の会社に給与口座の銀行を指定される場合もありますが、自由に選べる場合は慎重にお選びください。使用頻度が高いため、利便性を重視することがおすすめです。

ATMの設置数の多さや、給与口座にしていると他行口座への振込手数料が無料になるなどの特典は、要チェックです。使いやすく、かつお得な銀行口座をメインバンクに選ぶと、便利で無駄な出費なく毎日が過ごせます。

緊急出費用の口座の選び方:貯金用口座と同じく給与口座の相性で選ぼう

緊急出費用の口座は、貯金用口座と同様に給与口座との相性の良さで選びます。毎月定期的に積み立てるなら、メインバンクと同じ銀行が便利です。

しかし、緊急出費用の口座は「ボーナス時にまとめて入金する」や「毎日の小銭を貯めてある程度の額になったら入金する」という方法でも構いません。その場合はATMや支店の場所の利便性なども考慮して選びましょう。

銀行口座は多ければよいというわけではない

「目的ごとに口座を分けるのなら、もっと細かく分けるとさらに貯金ができそう」と思うかもしれません。しかし、口座を数多く作り過ぎると、全体でどの程度預金があるのかわかりづらくなってしまいがちです。また、各口座のチェックをするなど、手間も増えてしまいます。

そして、口座をたくさん作ることで、口座の存在自体を忘れてしまうおそれもあります。出入金や振込などの取引がないまま長期間放置された口座は、休眠口座になってしまうことも。手続きをすれば、休眠口座の預金を払い戻されることが多いですが、余分な手間がかかります。

3つの銀行口座は多すぎず、管理しやすい口座数です。貯金がはかどり、かつ自由に使えるお金が明確になり、節約に追われずストレスフリーな生活を過ごせます。

まとめ:銀行口座は役割ごとに使い分けてお金が貯まる習慣をつくろう

銀行口座は1つではなく3つ持つべきである理由を解説しました。おさえておきたいポイントは次の3点です。

  • 給与用と貯金用、緊急出費用の3つの目的に分ける
  • 口座の選び方は、それぞれの口座の相性の良さや金利を重視
  • 口座数は3つが最適

口座ごとに役割を分けるだけで、簡単に家計管理ができます。どなたでもお手軽に始められ貯金に成功するので、ぜひお試しください。

よく読まれている記事 すべて見る