TECROWD(テクラウド)の怪しい評判の真相とメリット・デメリットを徹底比較

ビル群 不動産投資
  • PR

    PRを含んでおりますが、一般消費者のリアルな口コミを紹介しています。

「TECROWD(クラウド)ってどうなの?」

「TECROWD(テクラウド)が安全なの?」

「どんな人が利用しているの?」

このような悩みや疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、初心者からベテランまで、幅広い投資家が利用できるサービスを提供しているTECROWD(テクラウド)について、基本情報から評判や口コミ、さらにはテクラウドの魅力と注意点まで、詳しく解説しています。

この記事を読んでわかる事:

  • TECROWD(テクラウド)の基本的な仕組みとは何か?
  • TECROWD(テクラウド)の手数料体系についての詳細
  • TECROWD(テクラウド)で新興国の不動産投資のメリット/デメリット
  • TECROWD(テクラウド)がおすすめな人の特徴
  • TECROWD(テクラウド)の会員登録から投資までの手順

- 最新版 -
\ おすすめ不動産投資会社TOP3 /

MIRAP

アマギフ5万円分
増額中!

日本財託

日本財託評判

トータルサポート

FJネクスト

FJネクストロゴ

4年連続供給
ランキング1位

 
1位
2位
3位
4位 5位 6位 7位
 
MIRAP

MIRAP

日本財託評判

日本財託

FJネクストロゴ

FJネクスト

J.P.Returns

J.P.Returns

RENOSY

RENOSY

武蔵コーポレーション

武蔵コーポレーション

おすすめ
ポイント
安定的なのでNISAの
ように
不動産投資を
始められる!
東京中古1Rマンションに特化。セミナーにはオーナーが登壇! 首都圏投資用マンション供給ランキング4年連続1位! AIを活用した
確度の高い物件を厳選!
仲介手数料0円!
でも手軽に始められる!
累計販売実績2,403棟
1棟アポートを中心に展開。
こんな人に
おすすめ
  • 不動産初心者
  • 会社員
  • 年収500万円〜
  • GALAブランドがいい
  • 全物件タイプを比較したい
  • 年収700万円〜
  • 不動産初心者
  • 会社員
  • 年収700万円〜
  • 10万円〜手軽に始めたい方
  • 上場企業会社員
  • 年収500万円〜
  • 医師/弁護士/その他士業
  • 年収1,200万円〜
  • 相続資産あり
物件タイプ
  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分
  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分
  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分
  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分
  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分
  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分
主要エリア
  • 関東
  • 関西
  • 全国
  • 関東
  • 関西
  • 全国
  • 関東
  • 関西
  • 全国
  • 関東
  • 関西
  • 全国
  • 関東
  • 関西
  • 全国
  • 関東
  • 関西
  • 全国
表面利回り

主要駅付近4-5%程度

2〜4%程度

3-5%程度

3.9%程度

3-5%程度

9.5%

入居率

99.8%

99.9%

99.9%

99.95%

99%

97.04%

特典
初回面談で
Amazonギフト券
50,000円分プレゼント

 

詳しくはこちら

 

詳しくはこちら

えらべるギフト
50,000円分プレゼント
初回面談で
PayPayポイント
50,000円分プレゼント
口コミ・評判
評判を見る
評判を見る
評判を見る

※各社ホームページ掲載情報を参考

信頼できる不動産投資会社TOP3

  • 1位:MIRAP(ミラップ) →不動産投資の全工程が1社で完結テクノロジーを用いた良質物件の選定が魅力で管理手数料も安い。現在Amazonギフト券がもらえるキャンペーン中!
  • 2位日本財託年間平均入居率98%以上!1億を稼ぐ資産家現役サラリーマンオーナーが限定登壇セミナー開催中!
  • 2位FJネクスト東証プライム上場企業×41年にわたる信頼と実績自社ブランド【GALA】を通し、マンションの企画開発、設計施工、分譲、管理、売却等FJグループですべてのノウハウを蓄積!

TECROWD(テクラウド)の基本情報

参照元:TECROWD【公式サイト】

TECROWD(テクラウド)は、新興国の不動産プロジェクトに特化した不動産投資型クラウドファンディングプラットフォームです。

個人投資家が海外の不動産投資に参入するための多くの障壁を取り除き、10万円からモンゴルなどの新興国の不動産に投資できるようにしました。

TECROWD(テクラウド)が取り扱う不動産は多岐にわたり、国内だけでなく海外の物件への投資も可能です。クラウドファンディング型の投資であるため、運用は全てTECROWD(テクラウド)が行います。

そのため、放置型投資が可能であり、忙しい方でも気軽に投資を始めることができます

会社名 TECRA株式会社
サービス名 TECROWD(テクラウド)
設立・開業 2001年5月
資本金 1億5,660万円
本社 〒220-6004 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-1 クイーンズタワーA4FTEL:045-663-7787 FAX:045-264-9774
最低投資金額 10万円~
想定利回り(年利) 平均8.0%以上
想定運用期間 24ヶ月
実績 サービス開始後1年で累計調達額25億円以上会員数6,000名突破

引用元:TECROWD【公式サイト】

TECROWD(テクラウド)の仕組み

TECROWD(テクラウド)は、不動産投資型クラウドファンディングサービスで、投資家からの少額の出資を募り、特定の不動産に投資します。その不動産から得られる利益や賃料収入は、出資金の割合に応じて投資家に分配されます。

さらに、TECROWD(テクラウド)「優先劣後出資」という仕組みを採用しています。これは、事業が損失を出した場合に、事業者が先に損失を負うことで、投資家の損失を抑えるための仕組みです。

これらの特徴により、TECROWD(テクラウド)はインターネット上で投資家を募り、集めた資金で不動産に投資する新たな方式を提供しています。このサービスは透明性が担保されており、投資家は安心して利用することができます。また、海外の不動産だけでなく、国内の障害者向けグループホームなども扱っており、社会貢献にもつながっています。

参照元:TECROWD【公式サイト】

TECROWD(テクラウド)の手数料体系

TECROWD(テクラウド)は、手数料体系がシンプルで低コストなため、投資家が海外不動産投資を始める際の大きなメリットを提供しています。

具体的には、ファンドへの応募や運用時に手数料が発生しないので、投資家が負担するのは振込手数料だけとなります。

これにより、投資家は自分の資金をより効率的に運用することが可能となります。さらに、楽天銀行を利用すれば振込手数料が無料になるため、さらなるコスト削減も期待できます。

口座の開設費用・年会費 無料
維持費 無料
振込手数料 お客様負担
※楽天銀行を登録のお客様は無料

引用元:TECROWD【公式サイト】

TECROWD(テクラウド)の評判・口コミ

この章では、TECROWD(テクラウド)のサービスを利用したユーザーからの評判や口コミを集め、その内容を紹介します。

TECROWDのポジティブな評判・口コミ

TECROWD(テクラウド)に関するポジティブな評判と口コミは、主に「新興国不動産への投資機会」「想定利回りの高さ」「初心者でも投資しやすい」「信頼できる運営企業」などが挙げられています。これらの点が、投資家たちにとって魅力的であり、TECROWDのサービスへの信頼と満足度を高めています。

利回りが大きい|★★★★★

TECROWDは元々利回りが大きい海外物件を多く取り扱っていますが、上手く行けば上振れ償還もされるみたいですね。 私は3,000万円近く投資しています。
(30代/男性)

引用元:Twitter【公式サイト】

ついつい・・| ★★★★☆

テクラウドに突っ込みすぎるのは良くない気もするんですが、、
ちょっとだけ出しとくか!
って毎回なってしまします笑
(20代後半/男性)

引用元:Twitter【公式サイト】

先着いけました。|★★★★☆

TECROWD 51号AMANEKU八王子美山町、投資しました 抽選は落選しましたが、先着いけました。
(30代/男性)

引用元:Twitter【公式サイト】

早期償還のお知らせ|★★★★★

本日はTECROWDさんからの早期償還のお知らせ〜。
「想定していた売却価格を上回る金額での購入申込みが寄せられたため」 なっ、何だって!モンゴルか~
(30代/男性)

引用元:Twitter【公式サイト】

TECROWDのネガティブな評判・口コミ

TECROWD(テクラウド)は、少額から始められる不動産投資クラウドファンディングサービスであり、その平均想定利回りは他社サービスと比較しても高めであるため、人気が高くなりやすいです。

しかし、その一方で、「とにかく抽選に当たりにくい」や「数回配当されるとき手数料が気になってしまう」というネガティブな評判・口コミも存在します。案件の募集が開始しても応募が殺到しやすく、自身が気になる案件に思うように投資できないことがあるでしょう。

手数料がかかる。|★★☆☆☆

TECROWD配当時手数料が痛いんですよね・・・
GMOあおぞらネット銀行にしてくれないかなぁ
あんまり銀行口座は増やしたくないし・・
それか、最初から引いてわからなくしてくれたらいいんだけどなぁ・・
(30代/女性)

引用元:Twitter【公式サイト】

ボタンすら見当たらない|★★☆☆☆

本日、18時募集開始のテクラウドですが、申込ボタンすら
見られませんでした。抽選にかけるしかない泣
(20代後半/女性)

引用元:Twitter【公式サイト】

不器用者に出来るのか?|★★★☆☆

TECROWDの投資家登録で手間取ってしまった。 無事出来てほっと安心 。でもここから投資の申し込みが大変みたい。秒で満杯になるらしい。 こんな不器用者に出来るのか?頑張るしかないか
(30代/女性)

引用元:Twitter【公式サイト】

TECROWD(テクラウド)の魅力・メリット

この章では、TECROWD(テクラウド)が提供する独特の魅力やメリットを詳しく解説します。

TECROWD(テクラウド)の魅力・メリット:

  1. 想定年利9%超!高利回りファンドに投資できる
  2. 新興国の不動産へ気軽に投資できる
  3. 為替変動の影響を受けにくい
  4. 国内にも投資できる

1.想定年利9%超!高利回りファンドに投資できる

TECROWD(テクラウド)は、不動産特定共同事業法に基づいて運用され、その魅力・メリットの一つは平均想定利回りが年9.3%以上と非常に高いことです。

これは他の不動産クラウドファンディングサービスと比較してもトップクラスの数字であり、高利回りを求める投資家にとって魅力的な投資先となっています。さらに、最低投資額が10万円からとなっているため、少額からでも高利回りの不動産投資を始めることが可能です。

2.新興国の不動産へ気軽に投資できる

TECROWD(テクラウド)は、新興国の不動産プロジェクトに特化したプラットフォームであり、その多様な投資先として新興国の不動産が注目されています。新興国の不動産市場は急速な経済成長により投資家から注目されていますが、一般的には言語の壁や法的な問題、現地の事情に詳しくないと投資は難しいとされています。

しかし、TECROWD(テクラウド)を利用することで、これらのハードルを一気にクリアし、そのリスクを最小限に抑えつつ、気軽に投資することが可能です。また、TECROWD(テクラウド)が提供する情報は非常に透明性が高く、投資家自身でしっかりとしたリスク評価ができます。これにより、新興国の不動産投資が初めてでも、安心して投資を行うことが可能です。

3.為替変動の影響を受けにくい

TECROWD(テクラウド)では、海外の物件を円建てで一括借上げることで、為替変動リスクを緩和しています。さらに、現地の金融機関と連携して、投資家から得た日本円をそのまま日本円で返却するシステムを採用しており、これにより為替変動の影響を大幅に軽減することが可能です。

また、カントリーリスクも低く抑えており、新興国の不動産市場の政治的な不安定性や経済の変動を考慮に入れ、安全な投資先を提供しています。ただし、海外不動産投資は一定のリスクも伴うため、それらを理解した上で投資を行うことが重要です。

このように、為替変動の影響を受けにくい仕組みを持っており、海外不動産投資に興味があるが、為替のリスクが気になって一歩踏み出せないという人にとって、非常に魅力的なポイントと言えます。

参照元:TECROWD【公式サイト】

4.国内にも投資できる

TECROWD(テクラウド)は、主に新興国の不動産に投資することが多いプラットフォームですが、それだけでなく国内の不動産にも投資することが可能で、この多様性が投資家にとって大きな魅力となっています。国内不動産に投資することで、為替リスクを気にすることなく、安定したリターンを期待することができます。

また、国内不動産の市場は比較的安定しており、多くの情報が公開されているため、リスクヘッジがしやすいというメリットもあります。特に、日本の不動産市場は発展しているため、投資先としての信頼性が非常に高いです。

さらに、TECROWD(テクラウド)は日本の物件と同様の基準で工程から品質管理、監督などを行っているため、国内外を問わず、安心して投資することができます。

TECROWD(テクラウド)の注意点・デメリット

TECROWD(テクラウド)には多くのメリットがありますが、一方で無視できないリスクも存在します。

この章では、その注意点やデメリットについて詳しく解説し、投資を行う前に知っておくべき重要なポイントを紹介します。

TECROWD(テクラウド)の注意点・デメリット:

  1. 最低投資額が10万円以上必要である
  2. 元本が保証されていない
  3. 新興国であるため、政治情勢のリスクがある
  4. 海外であるため、不動産の状態確認が難しい

1.最低投資額が10万円以上必要である

TECROWD(テクラウド)は不動産投資型クラウドファンディングのプラットフォームで、最低投資額が10万円以上必要です。これは一見高額に感じられますが、その背後には理由があります。TECROWD(テクラウド)は新興国の不動産に投資するプラットフォームで、リスクも高いため、一定額以上の投資が求められます。

また、提供する案件は高い利回りが期待できるものが多く、「入場料」とも言えます。この最低投資額設定により、投資家自身がリスクを考慮した上で、投資する意志があるかどうかも見極められます。他のプラットフォームでは最低投資額が1万円から設定されていますが、これらを踏まえるとTECROWD(テクラウド)の最低投資額は理解できます。

「最低投資額が10万円以上」という点は一見デメリットに思えますが、その背後にはTECROWDのサービスの質を高めるため、また投資家自身がしっかりとした意志で投資を行うための重要な条件となっています。

2.元本が保証されていない

TECROWD(テクラウド)においても、元本保証がないというデメリットがあります。これは、多くの投資家が「元本割れ」、すなわち投資した金額を回収できないリスクを感じる主な要因となっています。

元本割れが発生する状況とは、具体的には物件が想定よりも安く売れてしまった場合です。しかし、TECROWD(テクラウド)では市場状況を随時チェックし、早期売却や早期償還などの措置を実施しています。これにより、元本割れのリスクに対する対策がしっかりと行われていると言えます。

元本割れのリスクがあるからといって、その投資先を避けるのはもったいない。大切なのは、そのリスクがどのような状況で発生するのかをしっかりと理解し、その上で投資判断をすることです。元本割れのリスクを減らす一つの方法は、分散投資です。複数の物件やプロジェクトに投資することで、一つの投資先で失敗した場合でも、全体の損失を最小限に抑えることができます。

3.新興国であるため、政治情勢のリスクがある

TECROWD(テクラウド)は、新興国への不動産投資を専門としているため、政治情勢のリスクがあります。新興国とは、経済が急速に成長している国々のことを指しますが、その多くは政治的にも不安定な場合があります。

さらに、新興国には法的な制度が未熟な場合も多く、突如として不動産取引に影響を与えるような法律が施行されることも考えられます。そのような状況下では、投資家としては十分なリスクヘッジが困難となる可能性が高いです。また、新興国の政治情勢は、その国の通貨価値にも影響を与えることが多いです。

通貨価値が急落した場合、投資対象となる不動産の価値も相対的に下がってしまう可能性があります。これは、特に外貨建てで投資を行っている場合、リスクとなります。このように、政治情勢の不安定さにより、投資先の国や地域の経済が悪化したり、投資先の不動産の価値が下落したりする可能性があります。

4.海外であるため、不動産の状態確認が難しい

TECROWD(テクラウド)は、新興国への不動産投資を専門としているため、海外の不動産の状態確認が難しいという点が特に重要です。海外の不動産投資には、日本国内とは異なるリスクがあります。

TECROWD(テクラウド)は新興国の不動産投資を専門とし、物件の状態確認が難しいという海外投資のリスクを抱えています。

日本国内であれば、物件を訪れて現地の状況を把握することが可能ですが、海外物件についてはそのような行動が制限されます。これにより、物件の品質や状態、周辺環境などについての情報が不足する可能性が高くなります

さらに、海外の法制度やビジネス習慣に疎い場合、意図しないトラブルに巻き込まれるリスクもあります。例えば、契約内容の解釈が異なる、現地の法律に抵触する可能性がある、といった問題が考えられます。

これらの問題を解決するためにMIRAP(ミラップ)では都市部の中古1Rマンションに特化した不動産投資サービスを提供しています。特に初心者におすすめで、月々5,000円から始められるという手軽さがあります。

また、物件管理はMIRAP(ミラップ)が代行してくれます。さらに、独自開発のAIを用いてエリア選定を行い、資産運用を効率的に行えるようサポートしています。このようなサービスは、海外投資のリスクを軽減し、安心して不動産投資を行うことができます。

TECROWD(テクラウド)の不動産ファンドがおすすめな人

不動産ファンドは多くの人々にとって新たな領域であり、それが自分に適しているかどうかを理解することは重要です。

この章では、TECROWD(テクラウド)の不動産ファンドが特にどのような人々に適しているのか、その詳細を解説します。

TECROWD(テクラウド)がおすすめな人:

  • 想定年利9%以上のリターンを狙いたい人
  • 海外の不動産投資に魅力を感じる人
  • 新興国の発展をサポートしたい人

想定年利9%以上のリターンを狙いたい人

TECROWD(テクラウド)は、新興国の不動産に特化した不動産投資型クラウドファンディングで、その経済成長が著しく、不動産価格も上昇する可能性が高いため、多くの投資家にとって魅力的です。

特に、中央アジアなどの地域は経済発展が進んでおり、その中でもTECROWD(テクラウド)が取り扱う物件は、高いリターンが期待できます。また、10万円からの投資が可能であり、分散投資をすることでリスクを分散し、より安全に高いリターンを追求することができますしたがって、想定年利9%以上のリターンを狙いたいという方には、TECROWD(テクラウド)がおすすめです。

海外の不動産投資に魅力を感じる人

TECROWD(テクラウド)は、新興国への不動産投資を専門としているため、海外の不動産投資に魅力を感じる人におすすめです。

その理由は、経済成長が著しい新興国の不動産であり、そのため高い利回りが期待できること、日本とは異なる動きをしている海外の不動産市場へのアクセスが可能であること、そして海外への投資経験を積むことができる点です。

これらは、海外の不動産投資の第一歩として始めやすい要素となっています。また、TECROWD(テクラウド)は、日本の基準に則った品質管理を行っており、安全性も確保されています。さらに、為替リスクを低減するための仕組みもあり、投資家は比較的安心して投資を行うことができます。

新興国の発展をサポートしたい人

TECROWD(テクラウド)が取り扱う案件は経済成長が著しい新興国の不動産であり、そのため想定年利は9%以上と非常に魅力的です。また、TECROWDは現地の金融機関と連携しており、為替リスクが低いシステムを採用しています。

さらに、ラグジュアリーな住宅から商業施設、社会貢献プロジェクトまで、多様な不動産プロジェクトに投資することができます。TECROWDは日本国内の企業が品質管理を行っており、安全性が高く、随時市場状況のチェックを行い、リスク対策もしっかりと行っています。

これらの特性は、社会貢献と資産形成を同時に実現することが可能であり、新興国の発展をサポートしながら高いリターンを得たいと考えている方には最適な投資先と言えます。

とはいえ、利回りが高いということはその分リスクが高いということです。不動産投資の一番の強みは安定性にあるため、国内都市部の需要と高い安定的なエリアで不動産を始めるには、MIRAP(ミラップ)のようなサービスが理想的です。

MIRAP(ミラップ)は「所有」による資産形成を提案しており、これはNISAやiDeCoと同様に、短期的な利益追求よりも長期的な資産運用を目指す方には最適です。

TECROWD(テクラウド)の始め方・会員登録の方法

「テクラウドに興味はあるけれど、始め方や会員登録が難しそうで手を出せていない」と感じている方、多いのではないでしょうか。

この章では、TECROWD(テクラウド)の始め方から会員登録までの手順をわかりやすく説明します。

TECROWD(テクラウド)の始め方・会員登録の方法は、以下のとおりです。

TECROWD(テクラウド)の登録から投資手順:

step①:公式サイトから無料会員登録

step②:本人確認書類の提出

step③:登録内容の審査

step④:ファンド募集に申し込む

step①:公式サイトから無料会員登録

TECROWD(テクラウド)で不動産投資を始めるには、最初のステップとして公式サイトから無料会員登録を行う必要があります。

登録の流れ:

参照元:TECROWD【公式サイト】

本登録に必要な情報:

  • 名前
  • 電話番号
  • 住所
  • 性別
  • 生年月日
  • マイナンバー
  • 必要事項情報
  • 口座情報

step②:本人確認書類の提出

次のステップは、本人確認書類の提出です。

本人確認の方法は「スマホで完結。本人確認」「必要書類アップロード」の2種類あります

本人確認必要書類:

本人確認方法 必要書類
「スマホで完結。本人確認」の場合
※完了まで最短1日です。
【いずれか1点】運転免許証マイナンバーカード(顔写真付き)
必要書類をアップロードする場合
※完了まで約5〜7営業日かかります。
【A・Bグループからそれぞれ1点(合計2点)】
Aグループ
・運転免許証(表・裏)
・個人番号カード(顔写真付き)(表)
・パスポート(顔写真掲載ページ・住所掲載ページ)
・住民基本台帳カード(表・裏)
・運転経歴証明書(表・裏)
Bグループ(Aグループとは異なるもの)
運転免許証(表・裏)
・個人番号カード(顔写真付き)(表)
・パスポート(顔写真掲載ページ・住所掲載ページ)
・住民基本台帳カード(表・裏)
・健康保険証(表・裏)
・公共料金(電気、ガス、水道、固定電話、NHK)の領収証書
・社会保険料の領収証書
・国税、地方税の領収証書または納税証明書
・住民票の写し(マイナンバー・個人番号不要、発行から6ヶ月以内)
・母子健康手帳(氏名、生年月日、現住所ページ)
・国民年金手帳(氏名、生年月日、現住所ページ)
・身体障害者手帳(氏名、生年月日、現住所ページ)

引用元:TECROWD【公式サイト】

step③:登録内容の審査

第3ステップは、提出された登録内容の審査です。

審査には約1〜2営業日かかりますが、投資家登録が完了するまでの日数は登録方法によって異なります。

  • 「スマホで完結。本人確認」をご選択された場合は審査含めて約1〜3営業日
  • スマホでの本人確認が難しく、必要書類をアップロードしていただく場合、審査含めて約5〜7営業日

急いで投資を始めたい場合は、審査時間の短い「スマホで完結。本人確認」を選びましょう。

step④:ファンド募集に申し込む

最終ステップは、ファンド募集に申し込むことです。

下記の「ファンド選びのポイント」を参考に公式サイト上で募集可能なファンドのリストを確認し、希望するファンドに申し込むことができます。

ファンド選びのポイント:

  • 運用期間
  • 想定利回り
  • 立地条件
  • 最小投資金額
  • 想定されるリスク

TECROWD(テクラウド)に関するよくある質問

この章では、TECROWD(テクラウド)に関するよくある質問をまとめました。

Q

TECROWD(テクラウド)で税金はかかりますか?

A

はい。TECROWD(テクラウド)で得た利益には税金がかかりますその税金は源泉徴収されるため、投資家自身が手続きして納税する必要は基本的にありません。ただし、確定申告が必要な場合もありますので、それぞれの状況に応じて適切な手続きを行うことが重要です。

Q

TECROWD(テクラウド)は手数料がかかりますか?

A

会員登録・口座開設・口座維持費用は一切かかりません。 投資資金をお振込みいただく際の振込み手数料については、ご負担いただくことになります。 また、口座へ配当金や出資元本を振り込む際の振込手数料につきましては、 楽天銀行をご登録の場合はテクラウドが負担してくれます。

Q

投資物件に空室が出たらどうなりますか

A

TECROWD(テクラウド)では、投資家が受け取る賃料に空室の影響を受けない仕組みがあります。これは、TECROWD(テクラウド)のグループ企業が対象不動産をマスターリース(一括貸し)という形で借り上げ、個々の部屋を借り手に貸し出す契約形態を採用しているからです。そのため、対象不動産に空室が出ても、投資家が受け取る賃料に変動は生じません。

TECROWD(テクラウド)のまとめ

TECROWD(テクラウド)は、新興国の不動産に投資できるクラウドファンディングサービスで、平均想定利回りが9%以上と高く、楽天銀行では振込手数料が無料となっています。

一方で、応募した案件に当選しづらいという声や、運用期間が長いため短期的な収益を目指す人には向かない可能性もあるという意見もあります。投資は元本保証ではないため、リスクを理解した上で参加することが重要です。

また、MIRAP(ミラップ)は、都市部の中古1Rマンションに特化した不動産投資とテクノロジーを融合した資産形成サービスで、初心者にもおすすめのミドルリスク・ミドルリターンの投資商品となっています。

このサービスでは、融資を活用することで少額からでも大きな資産形成が可能となり、物件を購入した後はMIRAP(ミラップ)が管理を代行してくれるため、オーナーは時間をかけずに本業に集中できます。

さらに、独自開発のAIでエリアを厳選し、アプリで資産の管理が可能です。これらの特長を考慮すると、不動産投資で新たな資産形成を考えている方や、少額から始めて長期的な運用を目指す方にとって、MIRAP(ミラップ)のサービスは特におすすめです。

これらの情報を考慮に入れ、自身の投資スタイルや目標に合うかどうかを検討してみてください。

【厳選】おすすめの不動産投資サービス6選

MIRAP(ミラップ)

取扱いエリア

  • 関東
  • 関西
  • 全国

取扱い物件

  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分

表面利回り

主要駅付近
4-5%程度

特徴

  • 独自開発のAIが投資価値の高い物件を厳選するので、物件の質が高い
  • 1人ひとりのライフプランに合わせた資産形成をサポートしている
  • 仲介手数料は無料・管理手数料は業界最安水準なのでリスクが少ない

みんなの口コミ

話がわかりやすく、不動産投資の不安が消えた

開く

ライフプランを細かくヒアリングしてくれた

開く
MIRAP(ミラップ)の運営情報
運営会社
株式会社 SURE INNOVATION (シュアーイノベーション)
所在地
〒 530-0001 大阪府大阪市北区梅田2丁目4-9ブリーゼタワー2F SYNTH×Business-Airport
事業内容
・不動産売買仲介・不動産販売・不動産管理・アプリケーション開発・不動産価格査定AIのR&Dなど
設立
2017年9月29日
取り扱いエリア
東京・大阪ほか
入居率
98.3%

MIRAPは、関西のマンション投資に特化した不動産投資サービスです。不動産×テクノロジーで、クライアントの資産形成を一貫してサポートするので、資産形成を通して自分らしい理想のライフプランを実現したい人に向いているサービスと言えます。

アフターサービスの充実、管理手数料の安さでも人気です。また、MIRAPでは物件選びから購入手続き・購入後の管理まで一貫してサポートしてもらえるので、時間に余裕がない人も手軽に始められるのが魅力です。

日本財託

日本財託

取扱いエリア

  • 関東
  • 関西
  • 全国

取扱い物件

  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分

表面利回り

3-5%程度

特徴

  • 独自開発のAIが投資価値の高い物件を厳選するので、物件の質が高い
  • データにより厳選された都市部の投資用賃貸物件を提案してくれる
  • オンライン・管理手数料はで手続きが完結する

みんなの口コミ

仲介料がゼロなので安心できた

開く

少額から投資ができる

開く
RENOSY(リノシー)の運営情報
運営会社
株式会社GA technologies
(ジーエーテクノロジーズ)
所在地
〒 106-6290
東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー40F
事業内容
・ネット不動産マーケットプレイス「RENOSY」の開発・運営
・SaaS型のBtoB PropTechプロダクトの開発
設立
2013年3月12日
取り扱いエリア
東京ほか
入居率
99.5%

RENOSYは、株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)が運営する不動産投資サービスです。東京を中心とした中古マンション投資に特化しています。

RENOSYでは、物件選定・融資手続き・賃貸管理・リノベーション・売却まで、不動産投資に必要な5つのプロセスをすべて1社で完結させることができるため、手続きが面倒な方には非常に大きいメリットと言えます。

これらがすべてオンラインで完結します。

また、AI技術を活用することで長期で安定的に運用できる物件を選定できるのも魅力です。

JPリターンズ

JPリターンズFV

取扱いエリア

  • 関東
  • 関西
  • 全国

取扱い物件

  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分

表面利回り

3.9%程度

特徴

  • 区分マンション専門
  • ワンストップコンシェルジュサービス
  • 駅近×東京都心を中心の取り扱いエリア

みんなの口コミ

一番納得できました。

開く

熱心に初歩的に教えてくださりました。

開く
JPリターンズの運営情報
運営会社
J.P.Returns株式会社
所在地
〒 100-6906
東京都千代田区丸の内2-6-1
丸の内パークビルディング6F
設立
2002年11月
取り扱いエリア
東京ほか
入居率
99.4%

JPリターンズはJ.P.Returns株式会社によって運営されている不動産投資サービスです。

JPリターンズは東京近郊×駅近の厳選されたエリアを中心に物件を取り扱っていることが特徴です。すべての取り扱い物件が駅徒歩10分圏内に位置しています。

取り扱っている物件ラインナップとしては低価格物件都心築浅ハイスペック物件都心ファミリータイプ物件の3種類です。

RENOSY(リノシー)

RENOSY

取扱いエリア

  • 関東
  • 関西
  • 全国

取扱い物件

  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分

表面利回り

3-5%程度

特徴

  • 独自開発のAIが投資価値の高い物件を厳選するので、物件の質が高い
  • データにより厳選された都市部の投資用賃貸物件を提案してくれる
  • オンライン・管理手数料はで手続きが完結する

みんなの口コミ

仲介料がゼロなので安心できた

開く

少額から投資ができる

開く
RENOSY(リノシー)の運営情報
運営会社
株式会社GA technologies
(ジーエーテクノロジーズ)
所在地
〒 106-6290
東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー40F
事業内容
・ネット不動産マーケットプレイス「RENOSY」の開発・運営
・SaaS型のBtoB PropTechプロダクトの開発
設立
2013年3月12日
取り扱いエリア
東京ほか
入居率
99.5%

RENOSYは、株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)が運営する不動産投資サービスです。東京を中心とした中古マンション投資に特化しています。

RENOSYでは、物件選定・融資手続き・賃貸管理・リノベーション・売却まで、不動産投資に必要な5つのプロセスをすべて1社で完結させることができるため、手続きが面倒な方には非常に大きいメリットと言えます。

これらがすべてオンラインで完結します。

また、AI技術を活用することで長期で安定的に運用できる物件を選定できるのも魅力です。

武蔵コーポレーション

武蔵コーポレーションFV

取扱いエリア

  • 関東
  • 関西
  • 全国

取扱い物件

  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分

表面利回り

9.5%

特徴

  • 収益不動産に特化した不動産会社
  • 出口戦略までをワンストップでサポート
  • メイン対象者は高年収層の駅近×富裕層向け

みんなの口コミ

常にスピーディーな対応してくれて満足しています。

開く

営業担当の方が誠実でした

開く
武蔵コーポレーションの運営情報
運営会社
武蔵コーポレーション株式会社
所在地
〒 330-86696-5-1
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5
ソニックシティビル21F
事業内容
・収益用不動産の売買
・仲介
・賃貸管理
設立
2005年12月9日
取り扱いエリア
関東
入居率
97%

武蔵コーポレーションは、物件の選定・資金融資・出口戦略までをワンストップで提供しています。武蔵コーポレーションは日本ではまだ数少ない個人向け資産運用会社として展開しています。

ラインナップとしてはアパートを中心に、マンションなどの収益不動産をメインに取り扱っています。物件の販売だけでなく、買取、資産形成の専門業務も請け負う「プライベートアセットマネジメント」を目指しています。

FJネクスト

取扱いエリア

  • 関東
  • 関西
  • 全国

取扱い物件

  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分

表面利回り

9.5%

特徴

  • 収益不動産に特化した不動産会社
  • 出口戦略までをワンストップでサポート
  • メイン対象者は高年収層の駅近×富裕層向け

みんなの口コミ

常にスピーディーな対応してくれて満足しています。

開く

営業担当の方が誠実でした

開く
武蔵コーポレーションの運営情報
運営会社
武蔵コーポレーション株式会社
所在地
〒 330-86696-5-1
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5
ソニックシティビル21F
事業内容
・収益用不動産の売買
・仲介
・賃貸管理
設立
2005年12月9日
取り扱いエリア
関東
入居率
97%

武蔵コーポレーションは、物件の選定・資金融資・出口戦略までをワンストップで提供しています。武蔵コーポレーションは日本ではまだ数少ない個人向け資産運用会社として展開しています。

ラインナップとしてはアパートを中心に、マンションなどの収益不動産をメインに取り扱っています。物件の販売だけでなく、買取、資産形成の専門業務も請け負う「プライベートアセットマネジメント」を目指しています。