不動産投資の表面利回りとは?利回りと物件選びを徹底解説

グラフ 不動産投資
スタッフB

著者:
スタッフB

柴田 剛秀

監修者:
柴田 剛秀

  • PR

    PRを含んでおりますが、一般消費者のリアルな口コミを紹介しています。

不動産投資で物件を選ぶ際に「表面利回り」をチェックする人は多いでしょう。ですが、物件を選ぶ際に、実は表面利回りとは何かよく知らなかったり、求め方がわからなかったりする人も多いでしょう。

本記事では、表面利回りとは何かを確認し、求め方や実質利回りとの違いについて解説します

この記事読んでわかる事

  • 表面利回りとはどのような値なのか
  • 表面利回りと実質利回りの違い
  • 表面利回りと実質利回りの求め方
  • 表面利回りの目安

お読みいただくことで、利回りについて知識をつけ、実際に物件を選ぶ際に、自分自身で利回りを計算したり物件同士を比較できるようになったりします。

- 最新版 -
\ おすすめ不動産投資会社TOP3 /

MIRAP

アマギフ5万円分
増額中!

日本財託

日本財託評判

トータルサポート

FJネクスト

FJネクストロゴ

4年連続供給
ランキング1位

 
1位
2位
3位
4位 5位 6位 7位
 
MIRAP

MIRAP

日本財託評判

日本財託

FJネクストロゴ

FJネクスト

J.P.Returns

J.P.Returns

RENOSY

RENOSY

武蔵コーポレーション

武蔵コーポレーション

おすすめ
ポイント
安定的なのでNISAの
ように
不動産投資を
始められる!
東京中古1Rマンションに特化。セミナーにはオーナーが登壇! 首都圏投資用マンション供給ランキング4年連続1位! AIを活用した
確度の高い物件を厳選!
仲介手数料0円!
でも手軽に始められる!
累計販売実績2,403棟
1棟アポートを中心に展開。
こんな人に
おすすめ
  • 不動産初心者
  • 会社員
  • 年収500万円〜
  • GALAブランドがいい
  • 全物件タイプを比較したい
  • 年収700万円〜
  • 不動産初心者
  • 会社員
  • 年収700万円〜
  • 10万円〜手軽に始めたい方
  • 上場企業会社員
  • 年収500万円〜
  • 医師/弁護士/その他士業
  • 年収1,200万円〜
  • 相続資産あり
物件タイプ
  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分
  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分
  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分
  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分
  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分
  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分
主要エリア
  • 関東
  • 関西
  • 全国
  • 関東
  • 関西
  • 全国
  • 関東
  • 関西
  • 全国
  • 関東
  • 関西
  • 全国
  • 関東
  • 関西
  • 全国
  • 関東
  • 関西
  • 全国
表面利回り

主要駅付近4-5%程度

2〜4%程度

3-5%程度

3.9%程度

3-5%程度

9.5%

入居率

99.8%

99.9%

99.9%

99.95%

99%

97.04%

特典
初回面談で
Amazonギフト券
50,000円分プレゼント

 

詳しくはこちら

 

詳しくはこちら

えらべるギフト
50,000円分プレゼント
初回面談で
PayPayポイント
50,000円分プレゼント
口コミ・評判
評判を見る
評判を見る
評判を見る

※各社ホームページ掲載情報を参考

信頼できる不動産投資会社TOP3

  • 1位:MIRAP(ミラップ) →不動産投資の全工程が1社で完結テクノロジーを用いた良質物件の選定が魅力で管理手数料も安い。現在Amazonギフト券がもらえるキャンペーン中!
  • 2位日本財託年間平均入居率98%以上!1億を稼ぐ資産家現役サラリーマンオーナーが限定登壇セミナー開催中!
  • 2位FJネクスト東証プライム上場企業×41年にわたる信頼と実績自社ブランド【GALA】を通し、マンションの企画開発、設計施工、分譲、管理、売却等FJグループですべてのノウハウを蓄積!

目次

表面利回りとは何か

結論、表面利回りとは不動産投資をする際に選んだ物件が、どれだけ効率良く収益をあげられるのかがわかる数値のことです

利回りに関しては、表面利回りの他に「実質利回り」と「想定利回り」があります。それぞれ意味や使用する場面が異なるため、物件を見比べるときのために理解しておかなければいけません。

  • 実質利回りとは?表面利回りとの違い
  • 1棟物件でマンション投資をする際に利用する想定利回り

実質利回りとは?表面利回りとの違い

実質利回りとは

不動産投資で収益を上げて、最後にどれだけ効率良く手元にお金が残るかがわかる数値です

不動産投資は、収益が全て自分の手元に残るわけではありません。例えば、物件が古くなってくると修理する場合がありますが、この際に修理費が必要です。また、儲けが出た分に対して税金もかかります。

実質利回りは、これらの出費を収益から差し引いた額をどれだけ効率良く稼げるかがわかる数値です。この2つの違いとしては、年間の支出分が含まれているかどうかです。

1棟物件でマンション投資をする際に利用する想定利回り

想定利回りとは

マンション投資などをする際に、1棟全ての部屋が埋まっている状態での家賃収入をもとにして計算する利回りのことです

広告などに記載されている情報の中には、想定利回りが使用されていることもあります。満室状態でない場合、記載されている利回りほど高い収益は見込めないので注意が必要です。

目的によって表面利回りと実質利回りを使い分ける

それぞれの利回りについて解説してきましたが、実際にどのような場面で使用されるのかも把握しておきましょう。

  • 表面利回り(グロス利回り)を使用する場面
  • 実質利回り(ネット利回り)を使用する場面

表面利回り(グロス利回り)を使用する場面

表面利回りは、不動産投資の物件を選ぶ際によく使用されています物件同士を比較する際に、検討している物件がどの程度収益を挙げられそうか大方わかります。

ただし、表面利回りだけでは年間の支出分も収益に含まれたままのため、実質利回りと合わせて比較する必要があるでしょう。

そのため、数ある物件の中から目星をつける際に表面利回りを見ると、効率良く物件を探せるかもしれません。

実質利回り(ネット利回り)を使用する場面

実質利回りは、不動産投資の際に発生する費用を考慮した上で、検討している物件同士を比較したい場合などに使用しますできるだけ正確な数値を求めるのであれば、実質利回りで求めるのがおすすめです。

ただし、実質利回りは物件探しの際に提示される場合が少なく、自分自身で計算して求める必要があります。なぜなら、計算時に利用する費用の定義が正確に定められていないからです。

そのため、人それぞれ費用に入れる項目が異なる可能性があるため、実質利回りを提示していないところも多いです。物件を検討する際は、どの項目まで費用に含めるか考えつつ選ぶようにしましょう。

利回りの計算の仕方

それぞれの利回りの意味と使用場面を把握したら、最後は実際の求め方です。とくに、実質利回りは自分自身で求めなければいけない場合も多いため、情報を集めて計算できるようにしておきましょう。

  • 表面利回り(グロス利回り)の計算式
  • 実質利回り(ネット利回り)の計算式

表面利回り(グロス利回り)の計算式

表面利回りの求め方は、実質利回りの求め方と比較するとシンプルです。求める際は、年間の家賃収入と物件の価格だけ見ておけば問題ありません必要な情報がわかったら以下の式に当てはめてみましょう。

表面利回りの求め方

表面利回り=(年間の家賃収入÷物件の価格)×100

例えば、物件の価格が2,000万円で年間の家賃収入が100万円の場合、表面利回りは5%となります。

ただし、表面利回りは年間にかかる表までは算出できていないため、この式を発展させて実質利回りを求める必要があります。

実質利回り(ネット利回り)の計算式

実質利回りを計算する際は、最初にどの項目を費用に含めるか考える必要があります費用に含める項目を全て洗い出したら、以下の式に家賃収入や年間の費用を当てはめていきましょう。

実質利回りの求め方

実質利回り=(年間の家賃収入-年間の費用)÷(物件の税込価格+購入にかかる費用)×100

例えば、物件の税込価格が1,900万円で、物件を購入する際に100万円の費用がかかったとします。年間の家賃収入が110万円で、10万円の費用が発生したとすると、実質利回りは5%となります。

表面利回りの目安

利回りは物件を探す地域によって異なります。本記事では、関東圏と関西圏の物件に絞り、目安を解説していきます。

  • 関東圏の目安
  • 関西圏の目安

関東圏の目安

関東圏の利回りの相場は以下のとおりです。データについては2023年10月のものになります。

利回り(%) 価格(万円) 築年数(年)
区分マンション 6.24 2,182 31.6
一棟アパート 7.55 8,378 22.2
一棟マンション 6.83 19,917 28,9

参考:不動産投資と収益物件の情報サイト 健美家「収益物件 市場動向 マンスリーレポート 2023年10月期」

利回り自体は一棟アパートが1番高いため、収益が高い可能性だけに着目すると、一棟アパートが1番収益を上げられる可能性が高いです

しかし、その分購入する際の価格も1番低い区分マンションと比較すると4倍程度高いため、購入価格を抑えたい人には向いていないと言えます。

関西圏の目安

関西の利回りの相場は下記の表のとおりです。データについては、首都圏と同様に2023年10月のものになります。

利回り(%) 価格(万円) 築年数(年)
区分マンション 7.02 1,345 28.8
一棟アパート 8.68 6,741 24.1
一棟マンション 8.24 13,503 31.5

参考:不動産投資と収益物件の情報サイト 健美家「収益物件 市場動向 マンスリーレポート 2023年10月期」

関西圏は関東圏と比較すると、利回りが高く、物件の価格が安い傾向にありますあくまでも目安ですので、物件を選ぶ際に参考にしてみてください。

利回りを求める際に気をつけるべきポイント2点

利回りを自分で求められるようになると、物件選びが楽になります。ただし、物件選びをする際の利回り計算では、気をつけなければいけないポイントが2つあります。

せっかく計算できても物件選びを失敗するかもしれないので、しっかり把握しておきましょう。

  1. 記載されている情報だけを頼りにしない
  2. 利回りを求める際は複数の方法で計算する

1.記載されている情報だけを頼りにしない

利回りには、主に表面利回りと実質利回りがあることを解説してきました。物件を探す際は、不動産会社のホームページや雑誌などをもとに探すのが一般的です。

自分で物件を探す際に1番気をつけなければいけないのは、記載されている数値が何の利回りなのかです情報によっては、どちらの利回りで求めた数値なのかわからない場合があります。

そのため、できれば1度自分で数値が正しいか計算して確認してみると良いでしょう。自分で計算して確認することで、後々自分が想定していた数値と違うといったズレも少なくなります。

2.利回りを求める際は複数の方法で計算する

物件を検討する際は、複数の方法で利回りを計算して物件を検討しましょう物件を探す際は、表面利回りを頼りにする人が多い傾向にあります。

物件探しや比較する際の目安としては役立ちますが、それだけでは不十分です。なぜなら、不動産投資をする際はどれだけ手元にお金が残るかが重要だからです。

不動産投資するときのことをイメージするためにも、表面利回りだけでなく、実質利回りも求めつつ物件を探したり比較したりしましょう。

利回りの高い物件を選ぶメリットとデメリット

不動産投資で物件を探す際に、利回りの高い物件を選ぶと良いと聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。実際に利回りの高い物件を選んだ場合どうなるのか、メリットとデメリットを見ていきましょう。

  • 利回りの高い物件を選ぶメリット
  • 利回りの高い物件を選ぶデメリット

利回りの高い物件を選ぶメリット

利回りが高い物件は、収益が多くなると予想されます具体的な数字を用いて確認していきましょう。例えば、2,000万円の物件で年間150万円の家賃収入が得られる場合と、年間100万円の家賃収入が得られる場合を比較します。

表面利回り

【年間150万円の場合】150万円÷2,000万円×100=7.5%

【年間100万円の場合】100万円÷2,000万円×100=5%

利回りは物件の部屋が全て埋まっている状態で運用できた場合の数値のため、実際は利回りで計算した家賃収入を下回ることもあるため、注意しましょう。

利回りの高い物件を選ぶデメリット

利回りの高い物件は収益が多くなることが予想されますが、実際に不動産投資をする際は、予想した収益を稼げるわけではありません

また、利回りの高い物件は地方であったり中高物件であったりする可能性が高い傾向にあります。例えば、中古物件の場合、古くなった内装などを新しくしたりする必要があるでしょう。

しかし、不動産投資を始めたばかりの人は、投資に慣れるのに精一杯で物件の修繕にまで手が回らないことの方が多いです。ある程度不動産投資に慣れた人でないと、利回りの高い物件で利益を出すのは難しいでしょう。

利回りの低い物件を選ぶメリットとデメリット

逆に利回りの低い物件を選んだ場合、どのようなメリットとデメリットがあるか解説します。「結局利回りが高い物件の方が良いのでは」と考える人もいるかもしれません。

しかし、利回りの低い物件にもメリットがあるので、しっかり把握しておきましょう。

  • 利回りの低い物件を選ぶメリット
  • 利回りの低い物件を選ぶデメリット

利回りの低い物件を選ぶメリット

利回りの低い物件は、空室率が低くなる傾向にありますなぜなら、利回りが低いということは家賃が低くなるからです。例えば、2,000万円の物件で、利回り5%と7.5%の年間の家賃収益を比較してみましょう。

表面利回り

【5%の場合】5%=100万円÷2,000万円×100

【7.5%の場合】7.5%=150万円÷2,000万円×100

上記のとおり、利回り5%の方が年間の家賃収益が低いことがわかります。つまり、年間の家賃収益が低いということは、部屋を借りる人の家賃が低いということに繋がります。

家賃が低い部屋は高い部屋に比べて、多くの人が利用しやすい傾向があります。以上のことから、利回りが低い物件のメリットは、空室が減る可能性が高いことです。

利回りの低い物件を選ぶデメリット

利回りが低い物件では、大きな収益を期待しにくいですなぜなら、利回り以上の収益は上げられないからです。そのため、不動産投資でしっかり収益を上げたいのであれば、ある程度利回りの高い物件を選ぶ必要があります。

また、利回りが低い物件では空室率が低い傾向がありますが、空室が出ないわけではありません。もし、空室の状況が続いてしまうと、大きな収益を期待できるわけではないので、赤字になってしまう可能性もあります。

物件を購入する際に利回り以外で見るべきポイント3点

物件を購入する際は、利回りだけに注目していれば良いわけではありません。選ぶ際は利回り以外にも、主に以下の3つを見ておきましょう。

  1. 検討している物件にどの程度ニーズがあるのか
  2. 不動産投資にかかる必要資金を把握しておく
  3. 売却時のことも考えて物件を選ぶ

1.検討している物件にどの程度ニーズがあるのか

物件を探す際は、その物件がどれだけニーズがあるのか考えて見るようにしましょう不動産投資は、購入した物件の部屋をどれだけ借りてもらえるかで収益が変わります。

つまり、誰も借りてくれないニーズのない物件を購入してしまうと、安定した収益は得られません。また、物件を購入する際は、物件の将来性も考えて購入する必要があります。

以上のことから、検討している物件が現在、そして将来的にどの程度ニーズがあるのか判断した上で購入を考えましょう。

2.不動産投資にかかる必要資金を把握しておく

利回り計算では、表面利回りと実質利回りの両方を求めることが重要であることを解説してきました。しかし、実質利回りはどの項目を費用に含めるのか考えた上で計算する必要があります

そのため、まずは年間で発生する費用にはどのようなものがあるのか知っておきましょう。例えば、費用項目としては主に以下のようなものがあります。

  • 物件の修繕費
  • 物件の管理費
  • 保険(火災保険や地震保険)
  • 入居者募集にかかる費用
  • 税金など

年間に発生する費用は利回りの計算時にも必要ですが、不動産投資を始めるときに、どの程度の支出があるのか把握するためにも知っておく必要があるでしょう。

3.売却時のことも考えて物件を選ぶ

不動産投資で収益を上げる方法は家賃収入だけではありません。不動産投資では、物件を売却した際にも収益が発生します売却する理由はいくつかありますが、どのような状況であっても高く売れた方が良いでしょう。

もし、誰も欲しがらない物件を購入してしまうと、売却時に高値で売るのは難しいです。利回りだけでは売却時の予想までできませんので、検討している物件が将来的にどの程度ニーズがありそうか考えることも重要でしょう。

不動産投資の利回りについてよくある質問

最後に、不動産投資をする際に、利回りに関してよく出る疑問に回答していきます。

  • 利回りの高い物件と低い物件のどちらがおすすめ?
  • 表面利回りと実質利回り以外で知っておくべき利回りは?
  • 表面利回りと実質利回りはどちらが大事?

利回りの高い物件と低い物件のどちらがおすすめ?

自分の物件を選ぶ基準によって、利回りが高い方を選ぶか低い方を選ぶかは変わりますつまり、どちらのメリットを取るのか、どちらのデメリットを避けたいかによるでしょう。

以下は、それぞれのメリットとデメリットです。

メリット デメリット
利回りの高い物件 収益多い可能性がある 予想より収益が下がりやすい
利回りの低い物件 空室が出にくい あまり利益を期待できない

表面利回りと実質利回り以外で知っておくべき利回りは?

表面利回りと実質利回り以外で知っておくべき利回りとしては、想定利回りがあります想定利回りは、満室時の家賃収入をもとにして利回りを計算します。

想定利回りの計算方法

想定利回り=満室時の家賃収入÷物件の価格(税込)

表面利回りと実質利回りはどちらが大事?

表面利回りと実質利回りでは、使用目的が異なるためどちらが大事かは一概に言えませんどちらが自分の知りたい情報を知れるかによって、使用する利回りを決めて計算しましょう。

利回り 特徴
表面利回り 初期の物件探しや比較の際に使用
実質利回り より詳しく物件の収益性を知りたい際に使用

まとめ:投資スタイルに合わせて物件を考える

不動産投資で物件を購入する際は、自分の投資スタイルに合わせて選ぶと良いでしょう

利回りが高い物件、低い物件のメリット・デメリットを解説しましたが、自分がどのように不動産投資をしたいかで選び方は変わります。

そのため、物件を探す前に、自分はどのようなスタイルで不動産投資を進めていきたいのか考えておくと良いでしょう。

【厳選】おすすめの不動産投資サービス6選

MIRAP(ミラップ)

取扱いエリア

  • 関東
  • 関西
  • 全国

取扱い物件

  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分

表面利回り

主要駅付近
4-5%程度

特徴

  • 独自開発のAIが投資価値の高い物件を厳選するので、物件の質が高い
  • 1人ひとりのライフプランに合わせた資産形成をサポートしている
  • 仲介手数料は無料・管理手数料は業界最安水準なのでリスクが少ない

みんなの口コミ

話がわかりやすく、不動産投資の不安が消えた

開く

ライフプランを細かくヒアリングしてくれた

開く
MIRAP(ミラップ)の運営情報
運営会社
株式会社 SURE INNOVATION (シュアーイノベーション)
所在地
〒 530-0001 大阪府大阪市北区梅田2丁目4-9ブリーゼタワー2F SYNTH×Business-Airport
事業内容
・不動産売買仲介・不動産販売・不動産管理・アプリケーション開発・不動産価格査定AIのR&Dなど
設立
2017年9月29日
取り扱いエリア
東京・大阪ほか
入居率
98.3%

MIRAPは、関西のマンション投資に特化した不動産投資サービスです。不動産×テクノロジーで、クライアントの資産形成を一貫してサポートするので、資産形成を通して自分らしい理想のライフプランを実現したい人に向いているサービスと言えます。

アフターサービスの充実、管理手数料の安さでも人気です。また、MIRAPでは物件選びから購入手続き・購入後の管理まで一貫してサポートしてもらえるので、時間に余裕がない人も手軽に始められるのが魅力です。

日本財託

日本財託

取扱いエリア

  • 関東
  • 関西
  • 全国

取扱い物件

  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分

表面利回り

3-5%程度

特徴

  • 独自開発のAIが投資価値の高い物件を厳選するので、物件の質が高い
  • データにより厳選された都市部の投資用賃貸物件を提案してくれる
  • オンライン・管理手数料はで手続きが完結する

みんなの口コミ

仲介料がゼロなので安心できた

開く

少額から投資ができる

開く
RENOSY(リノシー)の運営情報
運営会社
株式会社GA technologies
(ジーエーテクノロジーズ)
所在地
〒 106-6290
東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー40F
事業内容
・ネット不動産マーケットプレイス「RENOSY」の開発・運営
・SaaS型のBtoB PropTechプロダクトの開発
設立
2013年3月12日
取り扱いエリア
東京ほか
入居率
99.5%

RENOSYは、株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)が運営する不動産投資サービスです。東京を中心とした中古マンション投資に特化しています。

RENOSYでは、物件選定・融資手続き・賃貸管理・リノベーション・売却まで、不動産投資に必要な5つのプロセスをすべて1社で完結させることができるため、手続きが面倒な方には非常に大きいメリットと言えます。

これらがすべてオンラインで完結します。

また、AI技術を活用することで長期で安定的に運用できる物件を選定できるのも魅力です。

JPリターンズ

JPリターンズFV

取扱いエリア

  • 関東
  • 関西
  • 全国

取扱い物件

  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分

表面利回り

3.9%程度

特徴

  • 区分マンション専門
  • ワンストップコンシェルジュサービス
  • 駅近×東京都心を中心の取り扱いエリア

みんなの口コミ

一番納得できました。

開く

熱心に初歩的に教えてくださりました。

開く
JPリターンズの運営情報
運営会社
J.P.Returns株式会社
所在地
〒 100-6906
東京都千代田区丸の内2-6-1
丸の内パークビルディング6F
設立
2002年11月
取り扱いエリア
東京ほか
入居率
99.4%

JPリターンズはJ.P.Returns株式会社によって運営されている不動産投資サービスです。

JPリターンズは東京近郊×駅近の厳選されたエリアを中心に物件を取り扱っていることが特徴です。すべての取り扱い物件が駅徒歩10分圏内に位置しています。

取り扱っている物件ラインナップとしては低価格物件都心築浅ハイスペック物件都心ファミリータイプ物件の3種類です。

RENOSY(リノシー)

RENOSY

取扱いエリア

  • 関東
  • 関西
  • 全国

取扱い物件

  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分

表面利回り

3-5%程度

特徴

  • 独自開発のAIが投資価値の高い物件を厳選するので、物件の質が高い
  • データにより厳選された都市部の投資用賃貸物件を提案してくれる
  • オンライン・管理手数料はで手続きが完結する

みんなの口コミ

仲介料がゼロなので安心できた

開く

少額から投資ができる

開く
RENOSY(リノシー)の運営情報
運営会社
株式会社GA technologies
(ジーエーテクノロジーズ)
所在地
〒 106-6290
東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー40F
事業内容
・ネット不動産マーケットプレイス「RENOSY」の開発・運営
・SaaS型のBtoB PropTechプロダクトの開発
設立
2013年3月12日
取り扱いエリア
東京ほか
入居率
99.5%

RENOSYは、株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)が運営する不動産投資サービスです。東京を中心とした中古マンション投資に特化しています。

RENOSYでは、物件選定・融資手続き・賃貸管理・リノベーション・売却まで、不動産投資に必要な5つのプロセスをすべて1社で完結させることができるため、手続きが面倒な方には非常に大きいメリットと言えます。

これらがすべてオンラインで完結します。

また、AI技術を活用することで長期で安定的に運用できる物件を選定できるのも魅力です。

武蔵コーポレーション

武蔵コーポレーションFV

取扱いエリア

  • 関東
  • 関西
  • 全国

取扱い物件

  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分

表面利回り

9.5%

特徴

  • 収益不動産に特化した不動産会社
  • 出口戦略までをワンストップでサポート
  • メイン対象者は高年収層の駅近×富裕層向け

みんなの口コミ

常にスピーディーな対応してくれて満足しています。

開く

営業担当の方が誠実でした

開く
武蔵コーポレーションの運営情報
運営会社
武蔵コーポレーション株式会社
所在地
〒 330-86696-5-1
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5
ソニックシティビル21F
事業内容
・収益用不動産の売買
・仲介
・賃貸管理
設立
2005年12月9日
取り扱いエリア
関東
入居率
97%

武蔵コーポレーションは、物件の選定・資金融資・出口戦略までをワンストップで提供しています。武蔵コーポレーションは日本ではまだ数少ない個人向け資産運用会社として展開しています。

ラインナップとしてはアパートを中心に、マンションなどの収益不動産をメインに取り扱っています。物件の販売だけでなく、買取、資産形成の専門業務も請け負う「プライベートアセットマネジメント」を目指しています。

FJネクスト

取扱いエリア

  • 関東
  • 関西
  • 全国

取扱い物件

  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分

表面利回り

9.5%

特徴

  • 収益不動産に特化した不動産会社
  • 出口戦略までをワンストップでサポート
  • メイン対象者は高年収層の駅近×富裕層向け

みんなの口コミ

常にスピーディーな対応してくれて満足しています。

開く

営業担当の方が誠実でした

開く
武蔵コーポレーションの運営情報
運営会社
武蔵コーポレーション株式会社
所在地
〒 330-86696-5-1
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5
ソニックシティビル21F
事業内容
・収益用不動産の売買
・仲介
・賃貸管理
設立
2005年12月9日
取り扱いエリア
関東
入居率
97%

武蔵コーポレーションは、物件の選定・資金融資・出口戦略までをワンストップで提供しています。武蔵コーポレーションは日本ではまだ数少ない個人向け資産運用会社として展開しています。

ラインナップとしてはアパートを中心に、マンションなどの収益不動産をメインに取り扱っています。物件の販売だけでなく、買取、資産形成の専門業務も請け負う「プライベートアセットマネジメント」を目指しています。