サラリーマンはカモにされる?怪しい不動産投資会社を見抜く方法

不動産投資 不動産投資
スタッフB

著者:
スタッフB

柴田 剛秀

監修者:
柴田 剛秀

  • PR

    PRを含んでおりますが、一般消費者のリアルな口コミを紹介しています。

不動産投資の世界では、サラリーマンが「カモ」にされることがあります。安定した収入があるため不動産投資への関心を持つサラリーマンが多いですが、その一方で、悪徳業者による罠に陥るリスクも潜んでいます。

この記事では、サラリーマンがカモにされやすい理由や具体例、注意すべきリスクを徹底解説します。

この記事を読んでわかる事

  • サラリーマンがカモにされやすい理由
  • サラリーマンが不動産投資でカモにされる具体例
  • 不動産投資で注意すべきリスク
  • 不動産投資のメリットとデメリット
  • サラリーマンが不動産投資を成功させるコツ

この記事を読めば、サラリーマンが不動産投資で成功するための注意点やポイントがわかります。これから不動産投資を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

- 最新版 -
\ おすすめ不動産投資会社TOP3 /

MIRAP

アマギフ5万円分
増額中!

日本財託

日本財託評判

トータルサポート

FJネクスト

FJネクストロゴ

4年連続供給
ランキング1位

 
1位
2位
3位
4位 5位 6位 7位
 
MIRAP

MIRAP

日本財託評判

日本財託

FJネクストロゴ

FJネクスト

J.P.Returns

J.P.Returns

RENOSY

RENOSY

武蔵コーポレーション

武蔵コーポレーション

おすすめ
ポイント
安定的なのでNISAの
ように
不動産投資を
始められる!
東京中古1Rマンションに特化。セミナーにはオーナーが登壇! 首都圏投資用マンション供給ランキング4年連続1位! AIを活用した
確度の高い物件を厳選!
仲介手数料0円!
でも手軽に始められる!
累計販売実績2,403棟
1棟アポートを中心に展開。
こんな人に
おすすめ
  • 不動産初心者
  • 会社員
  • 年収500万円〜
  • GALAブランドがいい
  • 全物件タイプを比較したい
  • 年収700万円〜
  • 不動産初心者
  • 会社員
  • 年収700万円〜
  • 10万円〜手軽に始めたい方
  • 上場企業会社員
  • 年収500万円〜
  • 医師/弁護士/その他士業
  • 年収1,200万円〜
  • 相続資産あり
物件タイプ
  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分
  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分
  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分
  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分
  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分
  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分
主要エリア
  • 関東
  • 関西
  • 全国
  • 関東
  • 関西
  • 全国
  • 関東
  • 関西
  • 全国
  • 関東
  • 関西
  • 全国
  • 関東
  • 関西
  • 全国
  • 関東
  • 関西
  • 全国
表面利回り

主要駅付近4-5%程度

2〜4%程度

3-5%程度

3.9%程度

3-5%程度

9.5%

入居率

99.8%

99.9%

99.9%

99.95%

99%

97.04%

特典
初回面談で
Amazonギフト券
50,000円分プレゼント

 

詳しくはこちら

 

詳しくはこちら

えらべるギフト
50,000円分プレゼント
初回面談で
PayPayポイント
50,000円分プレゼント
口コミ・評判
評判を見る
評判を見る
評判を見る

※各社ホームページ掲載情報を参考

信頼できる不動産投資会社TOP3

  • 1位:MIRAP(ミラップ) →不動産投資の全工程が1社で完結テクノロジーを用いた良質物件の選定が魅力で管理手数料も安い。現在Amazonギフト券がもらえるキャンペーン中!
  • 2位日本財託年間平均入居率98%以上!1億を稼ぐ資産家現役サラリーマンオーナーが限定登壇セミナー開催中!
  • 2位FJネクスト東証プライム上場企業×41年にわたる信頼と実績自社ブランド【GALA】を通し、マンションの企画開発、設計施工、分譲、管理、売却等FJグループですべてのノウハウを蓄積!

サラリーマンが不動産投資でカモにされやすい理由

サラリーマンが不動産投資の世界で「カモ」にされやすいと言われる理由は、下記の通りです。

  • 安定した収入があるためローンが通りやすいから
  • 不動産投資を行う目的が不明確だから
  • 良い物件と悪い物件の見分けがつかないから

それではそれぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

理由①安定した収入でローンが通りやすい

サラリーマンが不動産投資でカモになる最大の理由は、安定した収入があるためにローンが通りやすいことです。

銀行や金融機関は、ローンの承認を決定する際に、申請者の収入の安定性を重視します。サラリーマンは定期的な給与収入があるため、この点で高い評価を受けやすく、比較的容易に大きな金額のローンを組むことができます。

しかし、これが逆にリスクとなる場合があります。不動産投資においては、高額なローンを組むことは大きな負担となり、さらに投資の失敗が生活に直接的な影響を及ぼす可能性もあります。

また、ローンが簡単に通ってしまうため、適切なリスク評価を怠ることがあります。そのためローンを利用する際には、返済計画を慎重に立て、自分の経済状況に合った投資を心がけることが重要です。

理由②投資を行う目的が不明確

サラリーマンが不動産投資でカモになる理由の一つに、投資を行う目的の不明確さがあります。多くのサラリーマンは、具体的な投資目的を持たずに不動産投資に手を出すことが多いです。

例えば、単に「資産を増やしたい」「将来のために投資を始めたい」といった漠然とした理由で投資を開始することがあります。しかし、このような不明確な目的では、自分にとって最適な投資戦略を立てることが難しく、結果的にリスクの高い投資に手を出してしまう可能性があります。

また、目的が不明確な場合、不動産業者による誇大広告や美化された情報に惑わされやすくなります。例えば、高い利回りや安定した収益を謳う物件に飛びついてしまいがちですが、これらは現実とは異なる場合があります。

投資目的が明確であれば、自分の目的に合った物件を選ぶことができ、業者の誘導に乗せられるリスクを減らすことができます。そのため、まずは投資の目的を明確にし、その目的に基づいた戦略を立てることが重要です。

理由③良い物件と悪い物件の見分けがつかない

サラリーマンが不動産投資で「カモ」にされるもう一つの大きな理由は、良い物件と悪い物件の見分けがつかないことにあります。

不動産投資の経験が浅いサラリーマンの多くは、物件の価値を正確に評価する知識や経験が不足しています。これが原因で、表面的な魅力や業者の説得力に惑わされ、実際には収益性が低い物件や将来的な価値の下落が予想される物件に投資してしまうリスクがあります

良い物件とは、適正な価格で購入でき、安定した収益を見込める物件のことを指します。これに対して、悪い物件とは、過大評価された価格で販売されているか、立地や建物の状態、市場の需要などに問題があり、将来的に価値が下がる可能性が高い物件です。

しかし、不動産市場は非常に複雑で、これらの要素を正確に評価するには専門的な知識が必要なのです。

サラリーマンが不動産投資でカモにされる具体例

サラリーマンが不動産投資でカモにされてしまう具体例を見ていきましょう。よくあるパターンは下記の2つです。

  • 割高な新築ワンルームマンションを購入させられてしまう
  • デート商法による悪質な勧誘行為に引っかかってしまう

それではそれぞれの具体例を詳しく見ていきましょう。

割高な新築ワンルームマンションの購入

割高な新築ワンルームマンションの購入は、サラリーマンが不動産投資でカモにされるよくあるパターンです。

このケースでは、不動産業者が新築のワンルームマンションを「高い賃貸需要」と「確実な収益」をうたって売り込みます。サラリーマンは新築の物件に対して安心感を持ちがちで、特に不動産投資の経験が浅い場合、その魅力に引き寄せられてしまいます。

しかし、これらの物件は市場価格よりも高く設定されており、実際の収益性は低いことが多いです。また、新築物件の価値は時間が経つにつれて下がる傾向にあり、特にワンルームマンションは賃貸市場での競争が激しく、空室リスクも高まります。

不動産投資をする場合は、物件の価格設定や将来の賃貸市場の動向を慎重に分析し、表面的な魅力に惑わされないようにすることが重要です。不動産投資は長期的な視野で行うべきであり、短期的な見返りや外見の良さだけで判断するのは避けましょう。

デート商法による悪質な勧誘行為

サラリーマンが不動産投資でカモになる典型的な例の一つに、「デート商法」による悪質な勧誘行為があります。

デート商法とは、親しげな態度や友好的な関係を装いながら、不動産投資などの高額商品を勧める手法です。これによりサラリーマンは判断を誤り、不利な投資に誘導されることがあります。

具体的には、不動産業者やその関連者が、友人や恋人のような親密な関係を演じ、信頼関係を築きます。その後、彼らは「特別な情報」や「限定の投資チャンス」と称して、不動産投資を勧めます。

この人間関係に基づく信頼感から、通常よりも慎重さを欠いた判断をしてしまうことが多いです。特に、不動産投資に関する知識が乏しい場合、高額な投資を行ってしまうリスクが高まります。

サラリーマンが不動産投資で注意すべきリスク

サラリーマンが不動産投資でカモにされないために、注意すべきリスクは下記の3つです。

  • 不利なサブリース契約の締結
  • 無理なローン条件の押し付け
  • 入居者トラブルや空室リスク

それではそれぞれのリスクについて詳しく見ていきましょう。

不利なサブリース契約の締結

サラリーマンが不動産投資で注意すべきリスクの一つに、不利なサブリース契約の締結があります。

サブリース契約は、物件の所有者が別の業者に賃貸管理を委託するもので、不動産投資初心者にとっては管理の手間を省ける魅力的な選択に見えます。しかし、この契約には多くの落とし穴があり、よく考えずに契約すると不利な条件に縛られるリスクがあります

例えば、契約において賃料が市場価格よりも低く設定されている場合、投資家は適正な収益を得られない可能性があります。また、契約期間が長く、市場の変動に柔軟に対応できない場合もあります。

さらに、物件のメンテナンスや修繕に関する費用が全て投資家の負担になることもあり、これらのコストが収益を圧迫することも少なくありません。

サラリーマンは、サブリース契約を結ぶ前に契約内容をよく確認し、必要に応じて法律や不動産の専門家のアドバイスを求めることが重要です。また、市場の動向を常に把握し、契約の見直しを行うことも大切です。

無理なローン条件の押し付け

不動産投資において、購入資金の多くはローンで賄われることが一般的ですが、このローンの条件が投資家にとって不利なものである場合、大きな負担となり得ます。

無理なローン条件とは、例えば、高い金利、長期にわたる返済期間、返済額が収入に見合わない高額なものなどが含まれます。特にサラリーマンは安定した収入があるため、金融機関から比較的容易にローンを受けられる傾向にあります。

しかし、その収入に見合わない過大なローンを組むことは、将来的に深刻な影響を及ぼす可能性があります。

不動産投資を行う際には、自身の収入や返済能力を慎重に考慮し、無理のないローン計画を立てることが重要です。また、複数の金融機関の条件を比較検討し、最も有利な条件を選ぶことも大切です。無理なローン条件によって、投資が負担に変わってしまわないよう、慎重な判断が求められます。

入居者トラブルや空室リスク

サラリーマンが不動産投資で注意すべき重要なリスクの一つに、入居者トラブルや空室リスクがあります。これらのリスクは、不動産投資の収益性に直接影響を及ぼす要因です。

入居者トラブルは、賃貸物件における様々な問題を指します。例えば、家賃の滞納、物件の破損、騒音問題などが挙げられます。これらのトラブルは、物件の管理コストを増加させるだけでなく、他の入居者への悪影響や物件の評判の低下にもつながります。

一方で、空室リスクは、物件が長期間にわたって空室状態になることで、予定された収益が得られない状況を指します。これは、立地の悪さ、物件の古さや設備の不足、市場の需要の変化などによって発生することがあります。

これらのリスクを管理するためには、物件の選定段階で立地や物件の状態を慎重に評価することが重要です。また、信頼できる賃貸管理会社を選び、適切な管理体制を整えることも必要です。

不動産投資は危険?やばいと言われる理由

不動産投資が「危険」「やばい」と言われる理由は、主にそのリスク性と複雑さにあります。

不動産投資は高額な資金が必要で、市場の変動や経済状況に大きく左右されるため、投資家は潜在的なリスクに常に晒されています。例えば、不動産市場の価格変動、物件の空室リスク、入居者からのトラブル、不動産の流動性の低さなどが挙げられます。

また、不動産投資は多くの法律や税制に関わるため、これらの知識が不足していると、思わぬ落とし穴にはまる可能性があります。特に初心者や経験の浅い投資家は、市場の理解不足や不動産業者の誇大広告に惑わされやすく、不利な投資をしてしまうリスクが高いです。

さらに、不動産投資は長期的な視野での運用が必要であり、短期的な利益を追求すると失敗する可能性が高まります。

これらの理由から、不動産投資は「危険」や「やばい」と表現されることがあり、投資には慎重な判断と十分な知識が求められます。投資家は、リスクを理解し、適切なリスク管理と戦略を持って投資に臨むことが重要です。

不動産投資のメリットとデメリット

不動産投資は多くのメリットがある一方で、デメリットもいくつか存在します。おもにメリット・デメリットは下記の通りです。

  • デメリット①流動性の低さ
  • デメリット②初めに自己資金が必要

 

  • メリット①節税効果と収入源の多様化
  • メリット②管理に負担がかからず本業に影響が出ない

それではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

デメリット①流動性の低さ

不動産投資のデメリットの一つが、流動性の低さです。流動性とは、資産をいかに迅速に現金化できるかという意味で、不動産はこの点で他の投資手段に比べて劣ります。

不動産の売却は一般的に時間がかかり、市場の状況や物件の条件によっては、望む価格での売却が難しい場合もあります。特に緊急に資金が必要になった場合、不動産はすぐに現金化することができないため、資金繰りに影響を及ぼす可能性があります。

また、不動産市場は地域の経済状況や政策、自然災害など外部要因の影響を受けやすく、これらの要因によって物件の価値が大きく変動することもあります。このような流動性の低さは、短期的な利益を求める投資家にとって大きなリスクとなります。

したがって、不動産投資を行う際には長期的な視点を持ち、資金の流動性に関するリスクを十分に考慮することが重要です。

デメリット②初めに自己資金が必要

不動産投資のデメリットの一つに、初期投資としての自己資金が必要である点が挙げられます。不動産を購入する際には、物件価格の一部を自己資金として支払う必要があり、かなりの額になることもあります。特に高価な物件を購入する場合、その自己資金の額はさらに増加します。

この自己資金には、特に資金力の限られた初心者やサラリーマンにとって大きな障壁となり得ます。また、大きな自己資金を投じることは、その他の投資機会を逃す可能性もあり、資金の流動性を制限することにもつながります。さらに、初期投資の回収には時間がかかるため、短期間での資金回収を期待することは難しいです。

不動産投資を行う際には、この初期の自己資金が長期的な投資計画に与える影響を十分に考慮する必要があります。自己資金の額に見合った物件を選ぶこと、そしてその投資が将来的にどのようなリターンをもたらすかを慎重に評価することが重要です。

メリット①節税効果と収入源の多様化

不動産投資の大きなメリットの一つは、節税効果と収入源の多様化です。不動産投資により得られる賃貸収入は、サラリーマンの給与収入とは異なる収入源となり、経済的な安定性を高めることができます。

さらに、不動産投資には様々な税制上の優遇措置があります。例えば、物件の減価償却費や管理費、修繕費などの経費を所得から控除することができ、これにより納税額を軽減することが可能です。

また、不動産投資は、長期的な視野で見ると、資産価値の増加によるキャピタルゲイン(資産売却時の利益)を期待することもできます。これにより、賃貸収入とは別の利益を得ることが可能となり、収入源の多様化を図ることができます。

安定した給与収入に加え、不動産投資からの収入があれば、経済的な安心感を得られます。また、税制上の優遇措置を活用することで、効率的な資産運用が可能となり、長期的な資産形成も可能です。

メリット②管理に負担がかからず本業に影響が出ない

不動産投資のもう一つの大きなメリットは、適切な管理体制を整えることで、日常の管理に大きな負担がかからず、本業に影響を与えない点です。

多くのサラリーマンにとって、本業と並行して別の投資活動を行うことは、時間的・精神的な負担が大きいものです。しかし、不動産投資の場合、賃貸管理会社に管理を委託することで、物件の日々の運営や入居者からの問い合わせ対応、メンテナンスなどを代行してもらうことが可能です。

このような管理委託により、投資家は物件の日常的な管理に関わることなく、安定した収入を得ることができます。これにより、本業に集中することができ、投資活動が生活や仕事に悪影響を及ぼすことを防ぐことができます。

また、不動産投資会社による適切な管理は、物件の価値を維持し、長期的な収益性を高めることにもつながります。

サラリーマンでも不動産投資を成功させるコツ

サラリーマンが不動産投資を行う際に、カモにされず、成功させるコツは下記の3つです。

  • 不動産投資の正しい知識を身に着ける
  • 不動産投資を月5000円程度の少額から始める
  • 複数の不動産会社に問い合わせて信頼できる会社を探す

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

コツ①不動産投資の正しい知識を身につける

サラリーマンが不動産投資で成功を収めるためのコツは、不動産投資に関する正しい知識を身につけることです。

不動産投資は、単に物件を購入し賃貸するだけではなく、市場分析、物件選定、資金管理、税務処理など、多岐にわたる知識が必要です。

特にサラリーマンの場合、不動産投資に関する専門知識が不足していることが多いため、学ぶことが非常に重要です。市場のトレンドを理解し、物件の選定基準を知ること、資金計画の立て方、税金や法律に関する基礎知識など、幅広い知識が必要です。これらの知識を身につけることで、リスクを適切に評価し、賢い投資判断を下すことができます。

また、不動産投資に関する知識は、書籍やセミナー、オンラインコース、不動産投資会社主催の勉強会などを通じて学ぶことができます。実際に投資を行う前に、これらのリソースを活用して基礎から応用までしっかりと学ぶことが、不動産投資の成功への鍵となります。

コツ②不動産投資を月5000円程度の少額から始める

サラリーマンが不動産投資を成功させるための一つのコツは、月5000円程度の少額から投資を始めることです。

不動産投資と聞くと大きな資金が必要というイメージがありますが、最近では少額から始められる投資方法も増えています。

このように少額から始めることのメリットは、まずリスクの低さにあります。大きな資金を投じることなく、不動産市場の動向を学びながら、徐々に投資の知識と経験を積むことができます。また、少額投資は資金の流動性を保ちやすく、他の投資機会への対応も柔軟に行えます。

サラリーマンにとって、初めての不動産投資は大きな一歩です。そのため、少額から始めて徐々にステップアップしていくことは、賢明な戦略と言えます。少額投資を通じて得られる経験と知識は、将来的により大きな投資を行う際の貴重な財産となります。不動産投資の世界に足を踏み入れる際には、無理のない範囲で始めることが成功への鍵となるでしょう。

コツ③複数の不動産会社に問い合わせて信頼できる会社を探す

サラリーマンが不動産投資を成功させるための重要なコツの一つは、複数の不動産会社に問い合わせて、信頼できる会社を見つけることです。

不動産投資は複雑で専門的な知識が必要な分野であり、信頼できるパートナーの存在は非常に重要です。一つの会社だけでなく、複数の会社に問い合わせることで、さまざまな視点から情報を得ることができ、よりバランスの取れた判断が可能になります。

それぞれの会社の提案内容、サービスの質、過去の実績、顧客からの評判などを比較検討してみましょう。また、自分の投資目的や戦略に最も合致する会社を選ぶことが重要です。信頼できる不動産会社は、適切な物件の選定、資金計画のアドバイス、市場動向の解説など、投資の各段階で有益なサポートを提供してくれます。

不動産投資においては、情報の質が投資成果に直結します。そのため、複数の会社から情報を収集し、比較検討することで、より良い投資判断を下すことが可能になります。サラリーマンが不動産投資で成功するためには、信頼できるパートナーを見つけることが、成功への大きな一歩となるでしょう。

Q

不動産投資を始めるのに必要な最低資金はどれくらいですか?

A

不動産投資を始めるのに必要な最低資金は、物件の種類や地域によって大きく異なります。一般的に、小規模な物件や地方の物件は数百万円から投資可能ですが、大都市圏の物件では数千万円が必要になることもあります。しかし一部地域の不動産投資に関しては、フルローンの場合月5000円程度から始めることが可能です。

Q

不動産投資で失敗しないためのポイントは何ですか?

A

不動産投資で失敗しないためには、まず適切な物件の選定が重要です。物件の立地や賃貸市場の動向をしっかり調査し、将来性を考慮した選択をしましょう。また、不動産に関する知識をしっかりと身につけ、過剰な借入れを避けること、そして信頼できる不動産会社や専門家との連携も成功の鍵となります。

まとめ

この記事では、サラリーマンが不動産投資でカモにされるリスクと、注意すべきポイントを詳しく解説しました。

安定した収入があるサラリーマンは特に標的にされやすいため、不動産投資の基礎知識を身につけ、市場の動向を理解することが重要です。

不動産投資のメリットとデメリットを把握し、サラリーマンでも不動産投資を成功させるコツをしっかりと抑えましょう。

また、信頼できる不動産投資会社を利用するのもオススメです。

おすすめの不動産投資会社として、MIRAP(ミラップ)をご紹介します。

不動産投資会社MIRAP(ミラップ)は、独自のAI技術を使用してエリアや物件を選定し、東京や大阪、名古屋、神戸、福岡などの物件を取り扱っています。

月々5,000円と少額で不動産投資を始められ、物件管理や各種手続きもWebで完結します。本業に支障が出ないように手厚いサポートをしてくれるので、副業として始める場合も安心です。気になる方はぜひチェックしてみてください

【厳選】おすすめの不動産投資サービス6選

MIRAP(ミラップ)

取扱いエリア

  • 関東
  • 関西
  • 全国

取扱い物件

  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分

表面利回り

主要駅付近
4-5%程度

特徴

  • 独自開発のAIが投資価値の高い物件を厳選するので、物件の質が高い
  • 1人ひとりのライフプランに合わせた資産形成をサポートしている
  • 仲介手数料は無料・管理手数料は業界最安水準なのでリスクが少ない

みんなの口コミ

話がわかりやすく、不動産投資の不安が消えた

開く

ライフプランを細かくヒアリングしてくれた

開く
MIRAP(ミラップ)の運営情報
運営会社
株式会社 SURE INNOVATION (シュアーイノベーション)
所在地
〒 530-0001 大阪府大阪市北区梅田2丁目4-9ブリーゼタワー2F SYNTH×Business-Airport
事業内容
・不動産売買仲介・不動産販売・不動産管理・アプリケーション開発・不動産価格査定AIのR&Dなど
設立
2017年9月29日
取り扱いエリア
東京・大阪ほか
入居率
98.3%

MIRAPは、関西のマンション投資に特化した不動産投資サービスです。不動産×テクノロジーで、クライアントの資産形成を一貫してサポートするので、資産形成を通して自分らしい理想のライフプランを実現したい人に向いているサービスと言えます。

アフターサービスの充実、管理手数料の安さでも人気です。また、MIRAPでは物件選びから購入手続き・購入後の管理まで一貫してサポートしてもらえるので、時間に余裕がない人も手軽に始められるのが魅力です。

日本財託

日本財託

取扱いエリア

  • 関東
  • 関西
  • 全国

取扱い物件

  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分

表面利回り

3-5%程度

特徴

  • 独自開発のAIが投資価値の高い物件を厳選するので、物件の質が高い
  • データにより厳選された都市部の投資用賃貸物件を提案してくれる
  • オンライン・管理手数料はで手続きが完結する

みんなの口コミ

仲介料がゼロなので安心できた

開く

少額から投資ができる

開く
RENOSY(リノシー)の運営情報
運営会社
株式会社GA technologies
(ジーエーテクノロジーズ)
所在地
〒 106-6290
東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー40F
事業内容
・ネット不動産マーケットプレイス「RENOSY」の開発・運営
・SaaS型のBtoB PropTechプロダクトの開発
設立
2013年3月12日
取り扱いエリア
東京ほか
入居率
99.5%

RENOSYは、株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)が運営する不動産投資サービスです。東京を中心とした中古マンション投資に特化しています。

RENOSYでは、物件選定・融資手続き・賃貸管理・リノベーション・売却まで、不動産投資に必要な5つのプロセスをすべて1社で完結させることができるため、手続きが面倒な方には非常に大きいメリットと言えます。

これらがすべてオンラインで完結します。

また、AI技術を活用することで長期で安定的に運用できる物件を選定できるのも魅力です。

JPリターンズ

JPリターンズFV

取扱いエリア

  • 関東
  • 関西
  • 全国

取扱い物件

  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分

表面利回り

3.9%程度

特徴

  • 区分マンション専門
  • ワンストップコンシェルジュサービス
  • 駅近×東京都心を中心の取り扱いエリア

みんなの口コミ

一番納得できました。

開く

熱心に初歩的に教えてくださりました。

開く
JPリターンズの運営情報
運営会社
J.P.Returns株式会社
所在地
〒 100-6906
東京都千代田区丸の内2-6-1
丸の内パークビルディング6F
設立
2002年11月
取り扱いエリア
東京ほか
入居率
99.4%

JPリターンズはJ.P.Returns株式会社によって運営されている不動産投資サービスです。

JPリターンズは東京近郊×駅近の厳選されたエリアを中心に物件を取り扱っていることが特徴です。すべての取り扱い物件が駅徒歩10分圏内に位置しています。

取り扱っている物件ラインナップとしては低価格物件都心築浅ハイスペック物件都心ファミリータイプ物件の3種類です。

RENOSY(リノシー)

RENOSY

取扱いエリア

  • 関東
  • 関西
  • 全国

取扱い物件

  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分

表面利回り

3-5%程度

特徴

  • 独自開発のAIが投資価値の高い物件を厳選するので、物件の質が高い
  • データにより厳選された都市部の投資用賃貸物件を提案してくれる
  • オンライン・管理手数料はで手続きが完結する

みんなの口コミ

仲介料がゼロなので安心できた

開く

少額から投資ができる

開く
RENOSY(リノシー)の運営情報
運営会社
株式会社GA technologies
(ジーエーテクノロジーズ)
所在地
〒 106-6290
東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー40F
事業内容
・ネット不動産マーケットプレイス「RENOSY」の開発・運営
・SaaS型のBtoB PropTechプロダクトの開発
設立
2013年3月12日
取り扱いエリア
東京ほか
入居率
99.5%

RENOSYは、株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)が運営する不動産投資サービスです。東京を中心とした中古マンション投資に特化しています。

RENOSYでは、物件選定・融資手続き・賃貸管理・リノベーション・売却まで、不動産投資に必要な5つのプロセスをすべて1社で完結させることができるため、手続きが面倒な方には非常に大きいメリットと言えます。

これらがすべてオンラインで完結します。

また、AI技術を活用することで長期で安定的に運用できる物件を選定できるのも魅力です。

武蔵コーポレーション

武蔵コーポレーションFV

取扱いエリア

  • 関東
  • 関西
  • 全国

取扱い物件

  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分

表面利回り

9.5%

特徴

  • 収益不動産に特化した不動産会社
  • 出口戦略までをワンストップでサポート
  • メイン対象者は高年収層の駅近×富裕層向け

みんなの口コミ

常にスピーディーな対応してくれて満足しています。

開く

営業担当の方が誠実でした

開く
武蔵コーポレーションの運営情報
運営会社
武蔵コーポレーション株式会社
所在地
〒 330-86696-5-1
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5
ソニックシティビル21F
事業内容
・収益用不動産の売買
・仲介
・賃貸管理
設立
2005年12月9日
取り扱いエリア
関東
入居率
97%

武蔵コーポレーションは、物件の選定・資金融資・出口戦略までをワンストップで提供しています。武蔵コーポレーションは日本ではまだ数少ない個人向け資産運用会社として展開しています。

ラインナップとしてはアパートを中心に、マンションなどの収益不動産をメインに取り扱っています。物件の販売だけでなく、買取、資産形成の専門業務も請け負う「プライベートアセットマネジメント」を目指しています。

FJネクスト

取扱いエリア

  • 関東
  • 関西
  • 全国

取扱い物件

  • 中古
  • 新築
  • 一棟
  • 区分

表面利回り

9.5%

特徴

  • 収益不動産に特化した不動産会社
  • 出口戦略までをワンストップでサポート
  • メイン対象者は高年収層の駅近×富裕層向け

みんなの口コミ

常にスピーディーな対応してくれて満足しています。

開く

営業担当の方が誠実でした

開く
武蔵コーポレーションの運営情報
運営会社
武蔵コーポレーション株式会社
所在地
〒 330-86696-5-1
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5
ソニックシティビル21F
事業内容
・収益用不動産の売買
・仲介
・賃貸管理
設立
2005年12月9日
取り扱いエリア
関東
入居率
97%

武蔵コーポレーションは、物件の選定・資金融資・出口戦略までをワンストップで提供しています。武蔵コーポレーションは日本ではまだ数少ない個人向け資産運用会社として展開しています。

ラインナップとしてはアパートを中心に、マンションなどの収益不動産をメインに取り扱っています。物件の販売だけでなく、買取、資産形成の専門業務も請け負う「プライベートアセットマネジメント」を目指しています。