ニュースレター登録

一生涯のパートナー - 株式会社FCTGファイナンシャルプランナーズ - 土屋ごう

今回は株式会社FCTGファイナンシャルプランナーズの土屋ごうさんにお話しをお伺いさせていただきました。

ーまずは簡単に 土屋さんのご経歴を教えてください。
神奈川県生まれ。静岡県賀茂郡河津町にて育ちました。法政大学文学部史学科出身。会計事務所にて相続税コンサルティングや会計税務コンサルティング、個人のファイナンシャルプランニング業務に従事後、FPを志し、保険会社へ転職しました。内部から保険会社の営業姿勢を見て、真に相談者の役に立ち、公平なFPになるには独立するしかないと決意して、独立しました。その気持ちを忘れず、営業第一ではなく、真のお客様の代理人となり、気軽に頼ることができるファイナンシャルプランナーを目指して、個別相談を中心に日々活動しています。個別相談実績は700世帯以上になります。

ー土屋さんが考える理想のファイナンシャルプランナー像があれば教えてください。
知識量に加えて、親身になって相談に乗ってくれて、相談しやすい人が理想だと考えています。

ー土屋さんがファイナンシャルプランナーを目指そうと思ったきっかけがあれば教えてください。
会計事務所勤務時からFPの仕事に携わりはじめ、対法人向けの仕事より個人向けの仕事の方がダイレクトな喜びを感じられてやりがいを感じこの道に進むことに。そして保険会社に勤務したものの、ひどい営業を目の当たりにし、ちゃんとしたFPとして活動できるよう独立しました。

ー土屋さんが大切にされている理念や考え方どのようなものなのでしょうか?
特徴
1.クライアントのためだけを想った仕事をします!
2.安心の料金設定~時間料金ではなく解決までのパック料金です~
3.他所で満足できなかった人、銀行や証券会社勤務の人、上場企業や外資系企業社長が継続的に相談にくるプロフェッショナルクオリティです!

ー土屋さんのアピールポイントをどんなところになりますか?
10年以降の経験を持ち、他社とは相談解決へのソリューション、クオリティに違いがあると感じています。その証拠が、他社で納得できなかった人や、金融機関関係者、社長等の知識層からも繰り返し相談をいただける支持を得ているのだと思います。
ライフプランをベースにした資産運用や、住宅購入を多く相談をいただいています。

ーお客様に言われて一番印象に残っている嬉しかったことはなんですか?
「土屋さんのおかげで人生が変わりました。早く相談できてよかったです」と仰っていただいたことがありましたが、うれしかったとともに、自分は人の人生に大きな影響を与える可能性がある立場なのだとより責任を感じました。

ファイナシャルプランナーになってから失敗や後悔していることがあれば教えてください。
開業当初は今と比べるとクオリティが低かったかな、と感じて、それが後悔といえば公開です。

ご自身がファイナンシャルプランナーだからこそわかる、みなさんが自分に合ったFPの見つけ方などあれば教えてください。
話しやすい人というのが自分に合っているFPなのだと思います。自分に合ったFPという概念は難しいですが、知識がないわりに話がうまい人に流れがちなので、気を付けていただきたいですね。


ー老後や教育費など将来の家計に関して、土屋さんから何かアドバイスなどはありますか?
若いうちは貯蓄や投資などを考えるのなら、自己投資をし収入を上げることを考えるのが一番効率のよい資産運用だと思います。家庭などを持った後にFPへ相談いただき、まずはライフプランシミュレーションを作成し、その後どうすればよいかを考えていけばよいと思います。

ー社会人が自分に合った保険を選ぶ方法やコツに関して土屋さんから何かアドバイスなどはありますか?
なるべく保険は入らないこと。でももし万一そうなってしまったら本当に困ること、に保険を掛けることを意識しましょう。

ー最後にみなさんに何か伝えたいことはございますか?
ネットやSNSを見ていると、わかりやすいを意識しすぎて本質を見誤っている記事をよく目にします。特にこれからの時代、変化が激しく頑張り続けなければならない社会です。変にご自身で中途半端な勉強をするよりも、ご自身はご自身の専門の仕事の学びに集中し、家計や資産運用のことは最初からプロ中のプロにお任せいただいた方が早いと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

株式会社FCTGファイナンシャルプランナーズへのHPはこちらから
 

よく読まれている記事 すべて見る