ニュースレター登録

副業

ノマドワーカーという働き方(ノマドワーク)を選択する人が増えています。

ノマドワーカーに関心のある人の中には、「ノマドワーカーとフリーランスは同じ?」「ノマドワーカーのメリットとデメリットは?」「ノマドワーカーに適した仕事は?」などの疑問を抱く人もいるでしょう。

今回の記事では、ノマドワーカーの定義やメリット・デメリットについて解説します。ノマドワーカーに必要なものやノマドワーカーに適した仕事も紹介しますので、自分自身の働き方を見直すきっかけにしてください。

もしかして、「なかなかお金が貯まらない。。」とお悩みではないですか?
マネーコーチの家計診断では、FPに無料で診断してもらい、家計を診断・改善することができます。
今なら、家計状況をまとめたオリジナルの診断書をプレゼントしています。
お金のことで悩みがあるという方も、この機会に是非一度利用してみてください。

\ 「オリジナル家計診断書」無料プレゼント /

無料診断する

ノマドワーカーとは?定義を確認

まず最初に、「ノマドワーカー」という言葉の意味についてみていきましょう。

ノマドワーカーとは働く場所を自由に選択できる人

ノマドワーカーとは、職場を特定の場所に固定せず、働く場所を変えながら仕事をする人のことをいいます。インターネットの普及により、状況に応じて職場を自由に選択できるようになったため、ノマドワークが広がっています。

仕事の内容や雇用形態は様々ですが、インターネットを介して企業や顧客と連絡を取り合いながら仕事を進めることも特徴のひとつです。

ノマドワーカーとフリーランス

ノマドワーカーと混同されやすいのが「フリーランス」です。自由に働く場所を変えながらノマドワーカーとして働くフリーランスも多いのですが、事務所を構えて1つの場所で働くフリーランスもいます。

フリーランスとは、個人事業主として業務委託契約に基づいて仕事をする人のことで、雇用形態による分類を示す言葉です。一方、ノマドワーカーは職場が固定か変動かを分類する言葉であり、雇用形態に関わらず正社員の中にもノマドワーカーとして働く人もいます

ノマドワークとテレワーク

ノマドワークとよく似た言葉に「テレワーク」があります。テレワークとノマドワークは会社とは別の場所で仕事をする点では同じですが、次の2点で異なります。

  • テレワークの対象は会社員など雇用契約のある人に限定されるが、ノマドワークの対象はフリーランスなども含まれる
  • <テレワークする時間や場所は会社による一定の制約があるが、ノマドワークは自由(または、制約が少ない)/li>

ノマドワーカーのメリット3選

ノマドワーカーとして働く主なメリットは次の3つです。

メリット①:働く場所を自由に選択できる

ノマドワーカーであるメリットの1つ目は、働く場所を自由に選択できることです。インターネットがつながる環境さえあれば、自宅やカフェ、屋外でも仕事ができます。

通勤時間が節約できるだけではなく、自分が働きやすい環境を自由に選べることが、ノマドワーカーの大きな魅力です。また、仕事に関係する人と顔を合わせる可能性も低いため、服装や化粧などに気を使うことも少なくて済みます。

メリット②:ワークライフバランスを維持できる

メリットの2つ目は、時間を上手く活用できればワークライフバランスを維持できることです。打ち合わせなどで時間が制約されることもありますが、定時の勤務を強いられるオフィス勤務と比較して、自由に時間を使うことができるからです。

仕事の合間に子供の送り迎えをしたり、旅行先で急ぎの仕事だけを片付けるなど、出社して働く場合には難しいことも可能です。時間を効率的に活用して自由な時間を増やしたり、オン・オフの切り替えによる気分転換も容易になります。

メリット③:人間関係ではなく仕事に集中できる

メリットの2つ目は、職場内の人間関係に気を配る必要性が少なくなるため、仕事に集中できることです。上司に合わせて仕事をしたり、同僚の目を気にする必要がないため、自分のペースで効率よく仕事を進めることが可能です。

また、人間関係にストレスを感じやすい人にとっては、ストレスの少ない環境で仕事できることは、精神衛生上も大きなメリットになるでしょう。

ノマドワーカーのデメリット3選

一方、ノマドワーカーとして働く主なデメリットは次の通りです。

デメリット①:働く環境を準備しなければならない

ノマドワーカーであることのデメリットの1つ目は、働く環境を自分で準備しなければならないことです。会社員ならば、勤務先が席やパソコンなどを準備してくれますが、ノマドワーカーにはありません。

仕事に必要なパソコンなどを準備した上で、インターネット環境が整っている場所を探さなければなりません。また、ワーキングスペースやカフェを利用する場合にはその費用がかかります。

デメリット②:自己管理が必要

デメリットの2つ目は、自己管理が必要なことです。仕事の進捗管理や納期のチェックは勿論ですが、体調や精神面の管理も必要になります。働きすぎて体を壊したり、人と話す機会が少ないため孤独感を感じることもあります。

また、他人から管理されることがないため、ついサボってしまうというリスクもあります。納期に間に合わないと仕事を失うリスクもあるため、意志が強くない人は注意が必要です。

デメリット③:成果型の場合は収入が不安定

デメリットの3つ目は、収入が不安定なことです。ノマドワーカーとして働く会社員ならば毎月決まった給与をもらえますが、成果に応じて報酬が決まる場合は、受注した仕事が少ないと収入が減ってしまうからです。

高い報酬を受け取っている人や安定して仕事を受注している人がいる反面、ノマドワークを始めたばかりの人や得意分野を持たない人などでは、十分な収入を得られないケースもあります。

この記事の内容の他にも、「お金が貯まる29の知恵」を1冊にまとめました。
今ならLINE登録するだけで、無料でプレゼントしています。
この機会に是非一度LINE登録して、特典を今スグ受け取ってください。

ノマドワーカーに必要なもの

次に、ノマドワーカーとして仕事をするために何が必要になるかを説明します。

必要なもの①:仕事をするためのスキル

ノマドワーカーに必要なものの1つ目は、仕事をするためのスキルです。会社員と違って先輩などにやり方を教えてもらって仕事をするわけではないため、経験やスキルがないと仕事を受注できないからです。

経験・スキル不要の募集もありますが報酬はあまり高くありません。顧客がノマドワーカーにを求めるスキルは様々ですが、主なものは次の通りです。

  • ITスキル(システム開発、Webデザイン、イラストや音楽制作など)
  • 経理や税務、総務などの事務系のスキル
  • 特定分野における専門知識(学術や趣味、音楽、スポーツなど)
  • 弁護士、税理士などの資格 など

必要なもの②:インターネット環境

必要なものの2つ目は、インターネット環境です。パソコンを使ってする仕事でなくても、顧客との主な連絡手段はインターネット経由になるケースが多いからです。無料Wi-Fiが使えるカフェを利用するケースもありますが、安全性には注意が必要です。

また、インターネットを使った顧客とのコミュニケーションツールとして、次のものがよく使われます。

  • Zoom:ビデオ会議システム
  • GoogleDrive:オンライン上のファイル保管サービスで情報の共有が可能
  • ChatworkやSlack:ビジネスチャットツール(ラインのビジネス版) など

必要なもの③:パソコンやITツール

必要なものの3つ目は、パソコンやITツールです。パソコンやタブレット端末など作業に直接関わるもの以外にも、外で仕事をする場合には充電用のバッテリーや充電器があった方がいいでしょう。

仕事内容によってはカメラやマイク、録音機などが必要なケースもあります。

ノマドワーカーに適した仕事

ノマドワーカーの仕事は多種多様ですが、ノマドワーカーに適した仕事を3つ紹介します。

適した仕事①:クラウドソーシングの仕事

ノマドワーカーに適した仕事の1つ目は、「クラウドソーシング」の仕事です。クラウドソーシングとは、企業がインターネットを通じて不特定多数の人に業務を発注する方法です。簡単に言うと、インターネットを使った業務のアウトソーシングです。

企業とノマドワーカーを仲介するクラウドソーシングサイトにはいろいろな種類の仕事が多件数あるため、ノマドワーカー初心者でも比較的仕事を探しやすいといえます。

インターネットを使った仕事について詳しく知りたい人は、次の記事を参照してください。

適した仕事②:ブログの運営

2つ目の仕事はブログの運営です。ブログはホームページの1種ですが、日記のように随時、新しい内容を追加できます。ブログの利用目的は人によって異なりますが、アフィリエイトによって報酬を得ることも可能です。

アフィリエイトは、ブログなどで企業の商品やサービスを紹介し売れれば報酬がもらえる仕組みのことで「成果報酬型広告」とも呼ばれます。成果が出るまでに一定の時間がかかりますが、初期費用0円で始められます。また、納期に追われる心配もありません。

適した仕事③:証券やFXの運用

2つ目の仕事は証券やFXの運用です。株や通貨を売り買いして収益を上げる方法です。専用口座があれば簡単に始められ、スマホ1つあればどこにいても株や通貨の売買ができます。

投資資金が少なくてもレバレッジ取引を利用すれば、大きな金額で投資(株式は元本の3.3倍、FXは25倍、など)可能です。リスクを抑えながら運用する方法もありますが、損失を被ることもあるため、運用経験や投資に関する知識が少ない人は注意が必要です。

クラウドソーシングや証券・FX の運用について詳しく知りたい人は、次の記事を参照してください。

まとめ:適性があればノマドワーカーは自分らしく能力発揮できる働き方

ノマドワーカーは、働く場所を変えながら仕事をする人のことです。仕事をする場所や時間を自由に選択できるため、自分にあった仕事や能力を発揮しやすい働き方であるといえます。また、時間を効率的に活用して、ワークライフバランスを実現することも可能です。

ただし、自己管理能力や仕事のスキルなどが必要で、収入が安定しないこともあります。ノマドワーカーという働き方に興味のある人は、適性を慎重に検討した上で自分にあった働き方を選択しましょう。

もしかして、「なかなかお金が貯まらない。。」とお悩みではないですか?
マネーコーチの家計診断では、FPに無料で診断してもらい、家計を診断・改善することができます。
今なら、家計状況をまとめたオリジナルの診断書をプレゼントしています。
お金のことで悩みがあるという方も、この機会に是非一度利用してみてください。

\ 「オリジナル家計診断書」無料プレゼント /

無料診断する

CONTENTS 注目のコンテンツ

THIS WEEK’S RANKING 今週の記事ランキング