ニュースレター登録

家計

専業主婦が「働きたくない!」と思う理由は?専業主婦の心理

昨今では、いわゆる「共働き世帯」も多く、収入が増えるメリットがあります。夫婦のあり方は家庭ごとに異なりますが、専業主婦のパートナーに働いてもらい、収入を増やしたいと考える方も少なくありません。一方で、専業主婦のすべてが働くことに前向きなわけではなく、「専業主婦でいたい!」と考える方も多いです。

本記事では、なぜ専業主婦の一部が「働きたくない!」と考えるのか、その理由について考察してみます。

\ 「オリジナル家計診断書」無料プレゼント /

無料診断する

専業主婦が働きたくない主な理由

各家庭や人の事情・考えはそれぞれですが、よくある「専業主婦が働きたくないと思う理由」としては、以下の5つが考えられます。

  • 貧乏だと思われるのが嫌
  • 自信がない
  • 理由を見いだせない
  • 専業主婦でいることが楽だと思うから
  • 家事や子育て、その他に専念したいことがある

理由①貧乏だと思われるのが嫌

家庭が「貧乏だ」と思われるのを嫌がって働きたくないという専業主婦は少なくありません。

夫婦が共働きすることによって家計が潤いますが、人によっては「共働き=収入を増やしたい=現状で家計が困窮している」という考え方をする場合もあるでしょう。専業主婦の中には、自身が働きに出ることで自分の家庭がお金に困っていると周囲に思われることを嫌がる人もいるようです。

理由②自信がない

「働くことに自信がない」と思う専業主婦も少なくありません。

「働く」ということは、以下の行動が必要です。

  • 採用面接を受ける
  • 他人と一緒に働く
  • もらう給料に見合う仕事をしなければならない
  • (接客業や小売業であれば)他人であるお客と接する必要がある

アルバイト等の経験がない人や、結婚等を機に職場を離れてから時間が経過している人だと、こうした行動が必要になる仕事に対して自信がなくなることもあるでしょう。

理由③理由を見いだせない

「外で働く理由を見いだせない」ことも理由の1つとして考えられます。

働くことで家計を助けることもできますし、人間関係が広がったりします。このような「働くメリット」について、誰もが同じように感じるわけではありません。働くことに明確な理由を見出せなければ、働くというデメリットもある行動に積極的になれないのも仕方がありません。

理由④専業主婦でいることが楽だと思うから

働くことよりも「専業主婦として家事に専念したほうが楽だと感じる」という人も多いでしょう。

専業主婦の仕事である家事などの仕事も大切な仕事であり、決して楽なものではありません。しかし、しばらく外で働いていなかった専業主婦にとっては、新しく外でする仕事よりも、長年慣れ親しんできた家事などの仕事の方が楽だと感じる可能性があります。

理由⑤家事や子育て、その他に専念したいことがある

働くための時間があるのであれば、それを家事や子育て、その他さまざまな「本人が本当にやりたいこと」のために費やしたいと思うことも理由の1つです。

すでに生活の中に組み込まれていることだけでなく、これから新しく始めてみたい趣味があるという場合もあるでしょう。仕事のためには相応の時間を家の外で過ごさなければならず、やりたいことを優先させたいと思うのも仕方がありません。

この記事の内容の他にも、「お金が貯まる29の知恵」を1冊にまとめました。
今ならLINE登録するだけで、無料でプレゼントしています。
この機会に是非一度LINE登録して、特典を今スグ受け取ってください。

働きたくない専業主婦に見られる特徴

「人の性格」等の話は、必ずしも合致するようなものではありませんが、以下のような性格・特徴を有している専業主婦の場合だと働きたくないと感じる可能性が上がるかもしれません。

  • プライドが高い
  • 働くことに自信が持てない
  • 働くことに対してトラウマを持っている
  • 金銭的な危機感が薄い

特徴①プライドが高い

「プライドが高い」専業主婦の方は、働きたくないと感じるかもしれません。

人によっては「専業主婦が外で働くことは負けを意味する」と感じることもあるかもしれません。「専業主婦として家事等に専念する」ことに一種のステータス性を感じる人の場合、働きに出ることにネガティブな感情を持つことがあります。

特徴②働くことに自信が持てない

「働くことに自信が持てない」専業主婦の方は、働きに出ることに積極的になれない可能性が高いです。

誰しも最初の行動や慣れない行動には勇気が要るものです。今までバイト等を経験したことがない人や、寿退社から時間が経過していると、どうしても働きに出ることに対して不安を感じることがあります。自信が持てない行動に対して、積極的に「始めてみよう」と思うことは、簡単なことではありません。

特徴③働くことに対してトラウマを持っている

働くことに対して「自信がない」のではなく、よりネガティブな理由として「トラウマを持っている」という可能性もあります。

働く人や職場にも個別にさまざまな事情があり、専業主婦の中には過去にアルバイトや社員として働いた経験の中で何らかのトラウマを抱えてしまったこともあるかもしれません。「自信が持てない」以上にネガティブな理由であり、トラウマを克服できなければ働きに出ることはまず期待できないでしょう。

特徴④金銭的な危機感が薄い

家計の収支に不安を感じている場合、収入を増やす方法として専業主婦が外に働きに出るという選択を考えるでしょう。しかし、専業主婦本人や、あるいはパートナーが金銭的な危機感が薄い場合だと、収入を増やすことに積極的になれない可能性があります。

実際の家計の状況よりも、本人や家族の金銭的な危機感の有無が問題になることが多いです。

専業主婦が働く意欲を持つための方法

「専業主婦のパートナーに働きに出てもらいたい」「専業主婦本人が、働くための意欲を持ちたい」と、さまざまな事情があるでしょう。そこで、専業主婦が働くために必要なアプローチについて解説します。

  • 「働かない理由」を1つずつなくしていく
  • 同じ立場の仲間を見つける
  • 在宅ワークなどから始めてみる

方法①「働かない理由」を1つずつなくしていく

専業主婦が何らかの明確な理由で「働きたくない」と主張しているのであれば、その理由を1つずつ解消していくことをおすすめします。

重要なポイントは「1つずつ、無理なく解消していく」ことです。複数の理由があって働きたくないと主張している状況において、すべてを最初から否定してしまうと、トラブルの原因になったり、かえって働かないことに意地になる可能性があります。

複数の理由であれば、すべてを解消しなくても一部を解消するだけで働くことに意欲を持ってくれる可能性もあります。簡単な理由から1つずつ、無理のない方法で解消していきましょう。

方法②同じ立場の仲間を見つける

働くことに対して自信を持てない場合などに有効な方法が「同じ立場の仲間を見つける」ことです。

専業主婦であれば、同じ専業主婦であったり、同じ趣味を持つ友人がいれば心強いでしょう。一人では行動できないことも、仲間がいれば怖くない、積極的に行動に移せるという方は少なくありません。似た境遇であったり共通点の多い友人を作り、近所づきあいであれば同じ職場に一緒に応募するという方法もおすすめです。

方法③在宅ワークなどから始めてみる

働くことに慣れていないことがネックであると感じているのであれば、まずは「在宅ワークなど家庭内でできる仕事から慣れる」こともおすすめです。

昨今は古典的な内職だけでなく、クラウドソーシングなどで仕事を受注できる仕組みが確立しています。外に出て働くことへのステップとして、家庭内で仕事を始めてみて、「お金を稼ぐために働くこと」に慣れるという段階を踏むことは大きな意味があるはずです。

まとめ:働きたくないと感じる専業主婦にも働く未来は見える

本記事では、専業主婦が働きたくないという心理について解説しました、以下の内容を押さえておきましょう。

  • 自信などの精神的な理由だけでなく、やりたいことがあるといった場合もある
  • 働きたくない理由を潰す際には無理なく1つずつ解消していく
  • 在宅ワークから始めて外での仕事に慣れることも有効

働きたくない専業主婦にも、それぞれに異なる事情や考え方があるはずです。しかし、それでは家計の問題などで困るという家庭もあるでしょう。専業主婦に働いてもらいたい、あるいは働く自信をつけたい専業主婦は、無理なく理由を解消していき、働くことへの意欲を見出してください。

また、夫婦のかたちについて悩みがある方は、以下の記事も参考にしてみてください。

\ 「オリジナル家計診断書」無料プレゼント /

無料診断する

CONTENTS 注目のコンテンツ

THIS WEEK’S RANKING 今週の記事ランキング