ニュースレター登録

保険

「大学生に保険は必要か?」と疑問を持つ方に向けて、賠償責任・病気・怪我・育英費用など考え得るリスクについて解説。また、保険加入率や一人暮らしの大学生におすすめの保険(学生賠償責任保険・学生総合共済等)を紹介します。“保険はいらない”と感じている方は参考にしてください。

\ 「オリジナル家計診断書」無料プレゼント /

無料診断する

大学生になると、バイトや旅行、サークルやボランティアなど新しいことにチャレンジをする機会が増えます。しかし、楽しいことが増えると同時にさまざまなリスクが伴うのも事実。

自分や他人に怪我をさせたり、物を壊してしまったりと、思いがけないトラブルに巻き込まれる可能性があります。

そんなとき、自分で責任を負わなければなりません。自分の貯金や親の援助だけでは対処できない場合もあるでしょう。

この記事では、大学生における保険の必要性や加入すべき保険の種類を紹介します。一人暮らしの大学生で保険の必要性に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

大学生は保険に加入すべき?大学生の保険加入状況

大学生の保険加入状況はどうなっているのでしょうか。生命保険文化センターによる2022年度の調査によれば、大学1・2年生の年代である18〜19歳の生命保険の加入者は25.4%にとどまっています。
※参考:公益財団法人生命保険文化センター「2022(令和4)年度「生活保障に関する調査」(2023年3月発行)

一方、20歳代の保険加入率は51.5%と大幅に増えていますが、これは20〜29歳の全般を見た数字です。すでに社会人となっている方も含まれているので、大学生の保険加入状況としては参考にしづらいかもしれません。

大学生の年代である18〜22歳を調査対象にすれば25.4%よりは多くなるでしょうが、せいぜい30%程度であると推察できます。

大学生が保険に入るべき理由とは?考え得る3つのリスクについて

大学生になると、新しいことに挑戦する機会が増えます。

  • 一人暮らしを始める
  • サークルに参加する
  • 友達と旅行する

しかし、同時にさまざまなリスクにも遭遇する可能性が高くなるため、以下の3つのリスクについてチェックしておきましょう。

  1. 自分の病気・ケガ
  2. 他人への賠償責任
  3. 一人暮らしの火災リスク

自分の病気・ケガ

大学生の年代でも重い病気にかかったり、ケガをしたりすることは十分あり得ます。特に、一人暮らしの場合は病気やケガのときに助けてくれる人が近くにいない率が高いでしょう。

また、車やバイク、自転車などを利用すると交通事故に遭うリスクも高くなります。例えば、レンタカーで友達と旅行に出かける方や、バイクで通学する方は交通事故の危険性が高いといえます。

自分の病気やケガに対処するためには、医療保険に入っておくのがおすすめです。

他人への賠償責任

他人のものを壊したりケガをさせたりすると、賠償責任を負わなければなりません。車やバイク、自転車などを運転するときは、特に気をつけなければなりません。

また、サークル活動で何か問題が起きて相手にケガをさせたり、相手のものを壊したりすることも十分あり得ます。仲間内で起きたこととはいえ、自分に過失があると判断されれば損害賠償を負うことになります。

どんなに注意して生活を送っていても、賠償リスクは日常生活につきもの。賠償責任に備えるためには、損害保険に入っておくと安心です。

一人暮らしの火災リスク

一人暮らしをする場合は、火災のリスクも忘れてはなりません。自分の部屋で火災が発生したら、家具・家電に加え、部屋の壁や床などが損傷するかもしれません。

部屋の火災が起きた場合は、自分で修理したり、家主に修理費を支払ったりしなければなりません。

火災リスクに応じて火災保険に入っておくといいでしょう。火災保険に入っておくと、火災で失ったものや損傷したものの費用を一部または全額保障してもらえます。

大学生が加入すべき保険とは?4つのおすすめ保険を紹介

保険に入ることで、予期せぬ事態に対処できるようになり大学生活を充実させられるかもしれません。以下では、大学生におすすめの4種類の保険を紹介します。

①学生総合共済|1年間の掛金14,400円

学生協保険である「学生総合共済」は、保険加入者が怪我や病気になったり、扶養者に不幸があったりした場合に共済金がもらえます。

共済金は、「学生総合共済」に加入する学生・院生・教職員が共同で積み立てた金額から支払われる仕組みで、学生同士の助け合いを目的としています。

同保険の掛け金は年間14,400円で、以下のようなケースで共済金を受け取れます。

  • 本人が入院した場合:10,000円/日
  • 本人が通院した場合:2,000円/日
  • 本人が死亡した場合:100万円+α

参考:CO-OP学生総合共済「学生総合共済 G1200コース

大学生にとっては頼りになる保険ですが、契約申し込み時にすでにかかっていた病気については共済金がもらえないなどの条件があるので注意が必要です。

②学生賠償責任保険|1年間の掛金1,800円or8,500円

大学生協の「学生賠償責任保険」は、学生が普段の生活や授業中に引き起こした賠償事故に対して保険金がもらえます。

保険の契約プランは、以下の2種類です。

  • 19H(一人暮らし特約なし):1,800円/年
  • 19HK(一人暮らし特約あり):8,500円/年

参考:株式会社 大学生協保険サービス「大学生活のための保障制度 学生賠償責任保険

保障内容はプランによって異なり、以下のような場合に保険金がもらえます。

  • 自転車で人に怪我をさせた場合:最高3億円
  • 実習中に人に怪我をさせた場合:最高3億円
  • 被保険者の過失により借用住宅を損壊させた場合:最高1,000万円

参考:株式会社 大学生協保険サービス「大学生活のための保障制度 学生賠償責任保険

さらに、学生賠償責任保険には『示談交渉サービス』がついており、被害者とのやりとりを保険会社が代わりに行ってくれるサービスが利用できます。

③学生のための総合保険|一括28,900円~

総合保険センターが提供する保険は、学生が快適に学生生活を送ることができるように、いろいろなトラブルから学生を守ってくれる保険です。

保険料は加入するコースや補償内容によって異なります。

  • 最も安いプラン:一括払い25,000円(月換算521円)
  • 最も高いプラン:一括払い54,030円(月換算1,126円)

参考:総合保険センター「学生のための総合保険
支払いは保険契約時に一括払いが原則です。他にも複数のプランが用意されているので、具体的な補償内容が気になる方は公式サイトにてご確認ください。

④学生教育研究災害傷害保険|4年間3,300円

本国際教育支援協会が提供する保険は、学生が教育研究活動中に起こった災害に対して必要な給付を行う災害補償制度です。

教育研究活動中とは、以下のような場面での事故を想定しています。

  • 正課中:講義、実験、実習、演習または実技による授業等を受けている間、指導教員の指示に従って研究活動を行っている間の傷害事故
  • 学校行事中:学校の主催する入学式・オリエンテーション・卒業式など教育活動の一環として各種学校行事に参加している間に生じた傷害事故
  • キャンパス内にいる間:学校が教育活動のために所有、使用、または管理している学校施設内にいる間の傷害事故
  • 課外活動(クラブ活動)中:学校の規則に従った所定の手続きにより学校の認可を受けた学生団体・サークルの管理下で行う体育・文化活動を行っている間の傷害事故

参考:日本国際教育支援協会「学生教育研究災害傷害保険

保険料は加入年数に応じた一括払いとなっています。

  • 4年間:3,300円
  • 3年間:2,600円
  • 2年間:1,750円
  • 1年間:1,000円

参考:国立大学法人 鹿屋体育大学「学生教育研究災害傷害保険(略称:学研災)

大学によっては同保険の加入が原則となっている場合があるため、気になる方は親御さんに聞いてみるか、各大学に問い合わせてみてください。

この記事の内容の他にも、「お金が貯まる29の知恵」を1冊にまとめました。
今ならLINE登録するだけで、無料でプレゼントしています。
この機会に是非一度LINE登録して、特典を今スグ受け取ってください。

保険のメリット・デメリットを知って大学生活を楽しもう

大学保険に限らずとも、保険加入の際はメリットとデメリットを把握することが大切です。以下では、大学保険に考え得るメリット・デメリットをそれぞれ紹介します。

大学生が保険に加入するメリット

大学生が保険に加入するメリットは、以下の2つです。

  • 医療費の負担軽減
  • 家財の補償

医療費の負担軽減

大学生が保険に加入することで、急な病気やケガによる医療費の負担を軽減できます。たとえば、部活動の試合中にケガをしてしまった場合、治療やリハビリに掛かる費用を保険で補填できたら安心です。

学業やアルバイト、その他のアクティブな活動に影響を与えることなく、安心して治療に専念できるでしょう。

家財の補償

また、家財を補償する保険に加入することで、大学生活において大切なアイテムや住居を守ることができます。

盗難に遭った場合や、自宅の火災によって大事なノートパソコンやスマートフォンが破損してしまったとしても、保険に加入していることで急な損失からくる経済的な負担を軽減できます。

大学生が保険に加入するデメリット

大学生が保険に加入するデメリットは、以下の2つです。

  • 保険料の支払い
  • 特定の条件や制約事項

保険料の支払い

具体的なデメリットのひとつは、保険料の支払いです。保険に加入するためには、保険料を支払う必要があります。保険の種類や保険会社によりますが、1年ごとにまとめて支払ったり、4年間分を一括前払いしたりすることもあります。

いずれにしても、保険料は予算に影響を与える多大な出費であるため、学生生活においては慎重な計画が必要となります。

特定の条件や制約事項

保険契約には特定の条件や制約事項が含まれることがあります。たとえば、契約内容によっては日常生活全般における事故がすべて補償される一方で、講義中や学校内での事故に限定される場合も。

契約をする際には、各種条件や制約事項をよく理解し、注意深く確認することが重要です。特に、保険提供の範囲や条件について十分な認識を持っておくことで、必要な時にしっかりと補償を受けることができます。

大学生向け保険に関するよくある質問

大学生協が提供する保険について、疑問点が解消しきれていない方がいるかもしれません。以下では、大学生協保険に関するよくある質問と回答について紹介します。

自分の大学に生協がないときはどうすればいい?

大学生協は、すべての大学にあるとは限りません。もし、自分が通う予定の大学に生協がなかったら、大学生協の共済保険などに入れないのでしょうか。

安心してください。自分の大学に生協がなくても、諸条件さえクリアすれば大学生協の保険に加入できます。

条件とは、自分の大学がある地域や都道府県に「インターカレッジコープ」という組織があること。組合員になることで、大学生協の保険に入ることができます。

もしくは、

  • 兄弟姉妹が生協のある大学に在籍していて生協の組合員である
  • 同じ家族で2親等以内の人が大学生協組合員

であれば、組合員の人が契約者、組合員でない人が被保険者として保険に入ることができます。ただし、契約者である組合員が組合から抜けたり、大学を卒業したりしたら、保険の加入はできなくなりますのでご注意ください。

友達と一緒に住むとき、火災共済は入れるの?

大学に入学すると、アパートや寮で一人暮らしを始めることもありますよね。その際、友達と一緒に住むという選択肢もあります。では、友達と一緒に住むときに火災共済は入れるのでしょうか。

友達と一緒に住むときでも、火災共済に入ることはできます。ただし、保障の対象となるのは、被保険者の持ち物や被保険者が原因で起こした借家人の損害のみです。

友達の持ち物や、友達が原因で起こした借家人の損害は保障されません。そのため、一緒に住む友達が火災共済などの保険に入っていなかったら、トラブルにならないように加入を勧めてみましょう。

在学中に保険に入りたくなったら?

大学入学の時点で共済保険に入らなかったとしても、在学中に保険が必要だと感じることがあるかもしれません。大学生協では、在学中にも共済保険に入ることができます。ただし、保障が始まるのは、申し込んだ日の翌日からです。

申し込む前に起きたことには保障が適用されません。共済保険に新しく入りたいときは、大学生協の窓口に問い合わせましょう。

持病がある場合、どんなことを伝えないといけない?

保険というと、持病のことを申告しないといけないと思うかもしれません。では、大学生協の共済保険に入るとき、持病がある場合にはどんなことを伝えないといけないのでしょうか。

大学生協の共済保険に入るときに伝えるべきことは、以下の2つです。

  • 保険の申し込み日に入院中である
  • 保険の申し込み時点で「病気で1年以内に入院や手術をする必要がある」と医師にいわれている

上記2つに当てはまらない場合には、持病のことを伝える必要はありません。ただし、申し込んだときにすでに病気になっていたり、伝えていた病気で入院や手術をしたりした場合には、保障を受けることができません。

ただし、新しく入った後に1年が経過したら共済金がもらえることもありますので、保障の詳細は大学生協に聞いてみましょう。

まとめ:大学生は保険に入るメリットとリスクを比較しよう

この記事では、大学生における保険の必要性を始め、必要性を感じる方向けにおすすめの保険商品を紹介しました。

大学生限定で加入できる保険は格安であるため、もし加入を検討されている場合は以下の4種類から選ぶのがおすすめです。

  • 学生総合共済
  • 学生賠償責任保険
  • 学生のための総合保険
  • 学生教育研究災害傷害保険

保険金が支払われる条件や範囲などが明確に定められていますので、保険に加入する前に、よく調べてから決めましょう。

\ 「オリジナル家計診断書」無料プレゼント /

無料診断する

CONTENTS 注目のコンテンツ

THIS WEEK’S RANKING 今週の記事ランキング